自尊心とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 心情 > 気持ち > 自尊心の意味・解説 

自尊心

自尊心とは、自尊心の意味

自尊心とは、自分自分のことを誇らしく思う心を意味する。簡単にいうと、自分へ高評価ということである。英語で自尊心は selfrespect、あるいは self‐esteem表現できる。自尊心とよく似た意味の言葉に「自己肯定感」や「プライド」がある。自己肯定感は厳密な定義だと、自尊心に含まれている感覚といえる自己肯定感は、あくまで自分評価されることで、自分を大切だと思える心の動きである。それに対し、自尊心は自己肯定感と、自己有用感が合わさって生まれる。自己有用感とは、他人に評価されて自分を大事に思える感情である。すなわち、人は自己肯定感先に、自尊心を抱けるという仕組みである。

プライド正確な定義では、自尊心と同じ概念ではない。自尊心は多く場合自分自分正しく評価した結果として抱ける感情である。そこには、実績能力といった裏付けがともなう。しかし、プライド自我肥大した末の、ネガティブなりかねない感情である。自尊心はほとんどの場合歓迎されるものであるのに対し、プライド人生において邪魔となることもある。

なお、自尊心を育んで一人前人間へと近づく行為を「自尊心を高める」という。逆に、自尊心の低い人は、他人といて卑屈態度取ったり、危険行為への抵抗がなくなったりする。自尊心を高められるかどうかは、育ってきた環境によるところも大きい。ある程度成長してからでも、学校職場などでめざましい成果上げられれば、自尊心は高まっていく。

自尊心の類義語、対義語

自尊心の類義語として、「自信」「自我」「自負心」などが挙げられる。自信は「自分を信じる感情」を意味し、細かい点で自尊心と意味が異なる。自尊心が成果実績によって育まれていく一方自信根拠伴わないことも多い。また、自信過剰」といった表現があるように、否定的文脈で使われるケースもある。次に自我とは、「自分意識している自分自身あり方」である。自分が抱く、すべての感情感覚思考、すべてが自我一部である。そのためあくまでも自己評価部分だけに関連している、自尊心とは違う。

そして、自負心は、実績技能によって自分を誇らしく思うという部分が自尊心と似ている。しかし、自負心とは「自分能力責任を持つ」というニュアンスを含む。自負心は、「自分を大切に思う」という文脈で使われる自尊心と、使い分けるべきである。

自尊心には対義語もある。「劣等感」「自虐」「卑屈」などは、自尊心と逆の意味を持つ。劣等感とは要するに、コンプレックスである。自分自信を持てず、低評価をつけてしまう心である。次に自虐は、自分自分を悪く触れ回る行為、あるいは、そうした思考を意味する。そして、「卑屈」は過剰自分を低く見せる状態である。卑屈な人は、自分攻撃しながら他人に嫌味態度とっていることが多い。卑屈原因には、自尊心の低さが潜んでいる。それゆえ、自尊心が高まれば、卑屈態度も直っていく可能性はある。

自尊心が高い人、低い人

自尊心が高い人物は、自分能力現状ありのまま受け止めている。そのため不平不満を口にする機会少ない。また、他人に対してもおおむね寛容である。自分価値把握しているので、他人言葉素直に解釈できる。言葉尻をとらえて怒ったり、不要批判をしたりすることが少ない。その結果人間的余裕にもつながっていく。

自尊心の高い人間リーダー職、教育係向いている。他人から信頼されやすく、年少者からの良き手本にもなれるからである。こうした立場について、自尊心の高い人は謙虚になることはあっても、卑屈にはならない適切な責任感じながら、与えられたタスクを果たしていく。また、自分肯定できているので、ミス犯しても必要以上に落ち込まない。切り替え早さも、自尊心の高い人の特徴である。

一方、自尊心の低い人は他人に自分にも、攻撃的な面を見せる。自尊心の低い人はプライド肥大しやすく、それでいて能力自信がないので、他人言動敏感である。相手無意識に発した言葉にも、ネガティブな意味を見出してしまう。また、自分自分評価できないように、他人もそう思っているのだと信じ込みがちである。そうした心理状態が続くため、自尊心の低い人は相手態度素直に受け取れない。感謝思いやりを示す頻度が低いので、決して人当たりよくない人間へと育っていく。総じて、自尊心の低い人はいつでも不満を感じており、人間関係トラブル起こしやすい。

自尊心の例文、使い方

自尊心を使った文では「自尊心を傷つけられる」という表現が有名である。すなわち、誰か自己評価否定される状態である。多く場合他人からの批判理不尽であったり、的外れであったりする。ただし、正当性のない批判であっても日常的続け当人の自尊心はどんどん低くなっていく。幼児期虐待を受けた人間が、成長してから人間関係上手く築けなくなる現象は、自尊心を傷つけられているからだといえる

「自尊心を持つ」という言葉は「自尊心を高める」に似ているものの、「もともとなかったものを意識的に抱く」というニュアンスを含む。精神的領域において、「持つ」とは「強く意識するということである。つまり、自分自分を高く評価できるよう、考え方変える行為を指す。

「自尊心を高める」という表現を「自尊心を育てる」と言い換える場合もある。意味として、両者ほとんど同じである。「育てる」とは地道続けていくとのイメージを持つ言葉である。「自尊心を育てる」とは、自尊心が低い状態から継続的努力して少しずつ高めていくことを意味する。

「自尊心を満たす」は、他人の自尊心を意図的刺激し、自己肯定感高めてあげることである。そのため、自尊心を満たすための言葉行為本心からのものとは限らない相手の心を都合よく掌握しようと、でまかせ繰り出しているだけの場合もある。

自尊心

読み方:じそんしん

自尊心とは、自らの価値認め自己評価であり、自身優れた存在・価値ある存在・意義ある存在であると位置づけ気持ちのことである。または、自己の品格貶めるような振る舞い嫌悪する気持ちのことである。

自尊心という言葉は「自ら(を)尊ぶ心」とも読めるちなみに英語では self‐esteem もしくは selfrespect という。あるいは pride訳語として対応する。

一般的な文章表現の中では、自尊心は「自尊心が高い」「自尊心が許さない」といった言い回しで用いられることは多い。この両例における「自尊心」は「プライド」の語に置き換えられて用いられる場合多々ある

他人から貶されたり馬鹿にされたりした場合の「自分否定された」という心理的動揺は「自尊心が傷つく」と表現できる。それによってまとわりついた自己否定感情払拭することをば「自尊心を取り戻す」と表現できる。

自尊心と似たような意味合い表現として「自己肯定感」あるいは「プライド」などの語が挙げられる。自己肯定感プライドも、おおむね自尊心と同義といえる。「自尊心」の語には「尊大である」という否定的ニュアンス伴いがちであり、その否定的ニュアンス避ける意味で「自己肯定感」や「プライド」などの表現が用いられる場合少なくない

自尊心の対義語にあたる言葉は、「自尊心」の対極位置づけられるという意味では、「卑下」「卑屈」「劣等感」「自己否定」などが挙げられる。

直接的な「自尊心の対義語」と位置づけられる表現見出しにくい。字の構成からいえば「自卑心」とか「自貶心」あるいは「自虐心」のような言い回し考えられ得るが、そういった言い方があるわけではない少なくとも一般的な国語表現とは認識されていない同様に「他尊心」のような言い方もない。とはいえ利己心」に対する語として「利他心」が用いられることがあるように、いずれ使われはじめ人口に膾炙するようになることも考えられなくはない

じそん‐しん【自尊心】

自分人格大切にする気持ちまた、自分思想言動などに自信をもち、他からの干渉排除する態度プライド。「自尊心を傷つけられる


自尊心、自己評価

【仮名】じそんしん、じこひょうか
原文self-esteem

自己の価値認める、自信をもつ、自己を敬うといった感情

自尊心

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/25 19:17 UTC 版)

自尊心(じそんしん)とは、心理学的には自己に対して一般化された肯定的な態度である[注 1]。英語のままセルフ・エスティーム: self-esteem)とも呼ばれる。




  1. ^ より一般的な意味では、自分自身の名誉や品格を維持しようとする心理の全般を指すが、ここでの定義はT. M. Newcomb, R. H. Turner, P. E. Converseによる定義「自己に対して最も一般化された態度」に基づいている。
  1. ^ a b c d e ナサニエル・ブランデン 1992, pp. 20-24.
  2. ^ ナサニエル・ブランデン 1992, p. 21.
  3. ^ a b ナサニエル・ブランデン 1992, pp. 16-17.
  4. ^ Preventing Suicide, A resource for teachers and other school staff, WHO, Geneva, 2000
  5. ^ ナサニエル・ブランデン 1992, p. 3.
  6. ^ ナサニエル・ブランデン 1992, pp. 29-30.
  7. ^ ナサニエル・ブランデン 1992, p. 52.
  8. ^ ナサニエル・ブランデン 1992, pp. 76, 78, 80, 92.
  9. ^ ナサニエル・ブランデン 1992, p. 98.
  10. ^ ナサニエル・ブランデン 1992, pp. 101-102.
  11. ^ ナサニエル・ブランデン 1992, pp. 122-123.
  12. ^ ナサニエル・ブランデン 1992, pp. 129-130.
  13. ^ ナサニエル・ブランデン 1992, pp. 154, 168.
  14. ^ 菅村玄二、(本文著者)Z・V・シーガル、J・M・G・ウィリアムズ、J・D・ティーズデール共著「補遺 マインドフルネス心理療法と仏教心理学」『マインドフルネス認知療法 うつを予防する新しいアプローチ』越川房子訳、北大路書房、2007年、270-281頁。ISBN 978-4-7628-2574-3
  15. ^ Bajaj, Badri; Robins, Richard W.; Pande, Neerja; et al. (2016). “Mediating role of self-esteem on the relationship between mindfulness, anxiety, and depression”. Personality and Individual Differences 96: 127–131. doi:10.1016/j.paid.2016.02.085. https://www.researchgate.net/publication/297659660_Mediating_role_of_self-esteem_on_the_relationship_between_mindfulness_anxiety_and_depression. 
  16. ^ 本間 友巳 (2006). 居場所とは何か 浅井 利明・本間 友巳(編)不登校・引きこもりと居場所 (pp. 10-20) ミネルヴァ書房
  17. ^ ロイ・バウマイスター『意志力の科学』、渡会圭子訳、インターシフト、2013年、p18、ISBN 978-4772695350
  18. ^ 同上,バウマイスター,p.239
  19. ^ N. Branden, “In Defense of Self,” Association for Humanistic Psychology (August–September 1984): 12–13.
  20. ^ I. Davis, “Ministry for Feeling Good,” The Times (London), January 22, 1988.
  21. ^ a b The Social importance of self-esteem. Mecca, Andrew M., Smelser, Neil J., Vasconcellos, John.. Berkeley, Calif.: University of California Press. (1989). p. 1-23. ISBN 9780520909441. OCLC 45729103. https://www.worldcat.org/oclc/45729103 
  22. ^ a b c d Baumeister, Roy F.; Campbell, Jennifer D.; Krueger, Joachim I.; Vohs, Kathleen D. (2003-5). “Does High Self-Esteem Cause Better Performance, Interpersonal Success, Happiness, or Healthier Lifestyles?”. Psychological Science in the Public Interest: A Journal of the American Psychological Society 4 (1): 1–44. doi:10.1111/1529-1006.01431. ISSN 1529-1006. PMID 26151640. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26151640. 
  23. ^ 同上,バウマイスター,p242
  24. ^ Forsyth, Donelson R.; Lawrence, Natalie K.; Burnette, Jeni L.; Baumeister, Roy F. (2007-4). “Attempting to Improve the Academic Performance of Struggling College Students by Bolstering Their Self–esteem: An Intervention that Backfired” (英語). Journal of Social and Clinical Psychology 26 (4): 447–459. doi:10.1521/jscp.2007.26.4.447. ISSN 0736-7236. http://guilfordjournals.com/doi/10.1521/jscp.2007.26.4.447. 
  25. ^ Mathews, Jay (2006年10月18日). “For Math Students, Self-Esteem Might Not Equal High Scores” (英語). ISSN 0190-8286. http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2006/10/17/AR2006101701298.html 2019年2月22日閲覧。 
  26. ^ 同上,バウマイスター,p244
  27. ^ 1971-, Twenge, Jean M., (2009). The narcissism epidemic : living in the age of entitlement. Campbell, W. Keith. (1st Free Press hardcover ed ed.). New York: Free Press. ISBN 9781416575986. OCLC 232979200. https://www.worldcat.org/oclc/232979200 
  28. ^ DeWall, C. Nathan; Pond, Richard S.; Campbell, W. Keith; Twenge, Jean M. (2011-8). “Tuning in to psychological change: Linguistic markers of psychological traits and emotions over time in popular U.S. song lyrics.” (英語). Psychology of Aesthetics, Creativity, and the Arts 5 (3): 200–207. doi:10.1037/a0023195. ISSN 1931-390X. https://doi.org/10.1037/a0023195. 
  29. ^ Paulhus, D. L. (1998-5). “Interpersonal and intrapsychic adaptiveness of trait self-enhancement: a mixed blessing?”. Journal of Personality and Social Psychology 74 (5): 1197–1208. ISSN 0022-3514. PMID 9599439. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/9599439. 
  30. ^ 同上,バウマイスター,p19
  31. ^ F., Baumeister, Roy (1994). Losing control : how and why people fail at self-regulation. Heatherton, Todd F., Tice, Dianne M.. San Diego: Academic Press. ISBN 0120831406. OCLC 30594010. https://www.worldcat.org/oclc/30594010 
  32. ^ Wolfe, Raymond N.; Johnson, Scott D. (1995-4). “Personality as a Predictor of College Performance” (英語). Educational and Psychological Measurement 55 (2): 177–185. doi:10.1177/0013164495055002002. ISSN 0013-1644. http://journals.sagepub.com/doi/10.1177/0013164495055002002. 
  33. ^ Tangney, June P.; Baumeister, Roy F.; Boone, Angie Luzio (2004-4). “High self-control predicts good adjustment, less pathology, better grades, and interpersonal success”. Journal of Personality 72 (2): 271–324. ISSN 0022-3506. PMID 15016066. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15016066. 
  34. ^ Moffitt, T. E.; Arseneault, L.; Belsky, D.; Dickson, N.; Hancox, R. J.; Harrington, H.; Houts, R.; Poulton, R. et al. (2011-02-15). “A gradient of childhood self-control predicts health, wealth, and public safety” (英語). Proceedings of the National Academy of Sciences 108 (7): 2693–2698. doi:10.1073/pnas.1010076108. ISSN 0027-8424. PMC: PMC3041102. PMID 21262822. http://www.pnas.org/cgi/doi/10.1073/pnas.1010076108. 
  35. ^ Google Books Ngram Viewer”. Google. 2019年2月23日閲覧。


「自尊心」の続きの解説一覧

自尊心

出典:『Wiktionary』 (2015/08/18 15:38 UTC 版)

名詞

自尊 じそんしん

  1. 自分優れた者であると思う気持ち
  2. 自分人格大切にしようとする気持ち

発音

じ↗そ↘んしん

類義語

翻訳




自尊心と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「自尊心」の関連用語

自尊心のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



自尊心のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2021 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2021 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの自尊心 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの自尊心 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 Weblio RSS