ナルキッソスとは? わかりやすく解説

ナルキッソス【Narkissos】

読み方:なるきっそす

ギリシャ神話中の美青年ニンフエコー失恋させたあと、泉の水映った自分の姿に恋し満たされ思いにやつれ死んで水仙の花化したという。ナルシス


ナルキッソス 【Narkissos】

ギリシア伝説中の美少年。この名は〈水仙〉の意。フランス語ではナルシスNarcisse)。ニンフエコーから求愛されたが断り怒ったエコー復讐の女神頼んでナルキッソスを自分自身の姿に恋する男にしてしまったため、彼は池に映るわが姿に恋をつづけてやつれ死んでしまい、水仙の花化したという。精神分析自己愛ナルシシズムと呼ぶのは、この物語よる。水仙 エコー

ナルキッソス

名前 NarcissusNarkissos

ナルキッソス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/07 01:30 UTC 版)

ナルキッソス古代ギリシア語: Νάρκισσος, Narkissos英語: Narcissus)は、ギリシア神話に登場する美少年である。




「ナルキッソス」の続きの解説一覧

ナルキッソス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/13 14:11 UTC 版)

思春期ルネサンス!ダビデ君」の記事における「ナルキッソス」の解説

モデルギリシア神話の「ナルキッソス」。ナルキッソス絵画模す初登場は第21絵(3巻)。「ナル様」「ナル先輩」などと呼ばれる

※この「ナルキッソス」の解説は、「思春期ルネサンス!ダビデ君」の解説の一部です。
「ナルキッソス」を含む「思春期ルネサンス!ダビデ君」の記事については、「思春期ルネサンス!ダビデ君」の概要を参照ください。


ナルキッソス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/03 02:05 UTC 版)

オリンポスのポロン」の記事における「ナルキッソス」の解説

のような顔に、桃屋CMのような丸眼鏡で鼻がない。ポロン美少年変身させられうぬぼれていたエコーを振る。

※この「ナルキッソス」の解説は、「オリンポスのポロン」の解説の一部です。
「ナルキッソス」を含む「オリンポスのポロン」の記事については、「オリンポスのポロン」の概要を参照ください。


ナルキッソス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/15 09:09 UTC 版)

エーコー」の記事における「ナルキッソス」の解説

オウィディウス『変身物語』によればゼウス浮気相手となった山のニンフたちを助けるために、エーコーゼウスの妻ヘーラー相手長話をしつづけたことがあった。このためエーコーヘーラー怒りを買い、自分から話かけることができず、誰かが話した言葉繰り返すことしかできないようにされた。エーコーはナルキッソスに恋したが、話しかけることができないために相手にしてもらえず、屈辱と恋の悲しみから次第痩せ衰えついには肉体なくして声だけ存在になった復讐の女神ネメシスによって、ナルキッソスは水面に映る自分の姿に恋し終には命を落とす。ナルキッソスの嘆きの声は、そのままエーコー嘆きとなった

※この「ナルキッソス」の解説は、「エーコー」の解説の一部です。
「ナルキッソス」を含む「エーコー」の記事については、「エーコー」の概要を参照ください。


ナルキッソス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 02:19 UTC 版)

エイリアン2」の記事における「ナルキッソス」の解説

前作引き続いて登場したノストロモ号脱出艇サルベージ船により発見・収容される

※この「ナルキッソス」の解説は、「エイリアン2」の解説の一部です。
「ナルキッソス」を含む「エイリアン2」の記事については、「エイリアン2」の概要を参照ください。


ナルキッソス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/13 12:33 UTC 版)

ギリシャ神話劇場 神々と人々の日々」の記事における「ナルキッソス」の解説

初出は第29話。

※この「ナルキッソス」の解説は、「ギリシャ神話劇場 神々と人々の日々」の解説の一部です。
「ナルキッソス」を含む「ギリシャ神話劇場 神々と人々の日々」の記事については、「ギリシャ神話劇場 神々と人々の日々」の概要を参照ください。


ナルキッソス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 02:20 UTC 版)

エイリアン (映画)」の記事における「ナルキッソス」の解説

ノストロモ号右舷下部ドック搭載されている脱出シャトル定員3名普段はダラス一人で音楽を聴くための休憩スペースとして利用されていた。形式名はロックマート社製スターキャブ級軽イントラシステム・シャトル。

※この「ナルキッソス」の解説は、「エイリアン (映画)」の解説の一部です。
「ナルキッソス」を含む「エイリアン (映画)」の記事については、「エイリアン (映画)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ナルキッソス」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ナルキッソス」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ナルキッソスと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ナルキッソス」の関連用語

ナルキッソスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ナルキッソスのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2023 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのナルキッソス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの思春期ルネサンス!ダビデ君 (改訂履歴)、オリンポスのポロン (改訂履歴)、エーコー (改訂履歴)、エイリアン2 (改訂履歴)、ギリシャ神話劇場 神々と人々の日々 (改訂履歴)、エイリアン (映画) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS