妖精とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 伝承 > 精霊 > 妖精の意味・解説 

よう せい えう- [0] 【妖精】

主として西洋伝説物語に出てくる精霊善良なるもの,悪がしこい小人など,その姿性格多様である。フェアリー


ようせい 【妖精】

西洋伝説物語に出てくる自然物精霊美しくて親切な女性とすることが多い。仙女。英語でフェアリーfairy)だが、ラテン語の〈魅惑する〉という語から来ている。→ ニンフ

妖精

英語表記/番号出版情報
イベール:妖精Féerique作曲年: 1924年 
アプシル:妖精Féeries Op.153作曲年: 1971年  出版年: 1971年  初版出版地/出版社: Cebedem 

妖精

作者藤田宜永

収載図書はなかげ
出版社集英社
刊行年月1999.9

収載図書はなかげ
出版社集英社
刊行年月2001.10
シリーズ名集英社文庫


妖精

作者星新一

収載図書星新一ショートショートセレクション 1 ねらわれた星
出版社理論社
刊行年月2001.11


妖精

作者河永一

収載図書インコとの闘争
出版社文芸社
刊行年月2005.3


妖精

作者魔夜妖一

収載図書魔夜妖一先生学校百物語
出版社学習研究社
刊行年月2006.7
シリーズ名エンタティーン倶楽部


妖精

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/26 15:30 UTC 版)

妖精(ようせい、fairy)とは、西洋の伝説・物語などで見られる、自然物の精霊[1]。主としてフェアリーの訳語である。中国では、もともと妖怪や魔物を指して使われていた[注釈 1]


[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 西遊記』や『封神演義』に記述が見られる[2]

出典

  1. ^ 『広辞苑 第四版』[要文献特定詳細情報][要ページ番号]。当文献では、英語のフェアリー(fairy)のみを挙げている。
  2. ^ 『封神演義』上、安能務訳、講談社〈講談社文庫〉、1988年11月、50ページ。ISBN 978-4-06-184320-2
  3. ^ Dictionary.com”. Definition of "fey". 2018年5月26日閲覧。
  4. ^ Briggs (1976) – The Fairies in English Tradition and Literature p. xi.
  5. ^ fairy(Online Etymology Dictionary)
  6. ^ 妖怪バイブル』256ページ


「妖精」の続きの解説一覧





妖精と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「妖精」の関連用語

妖精のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

画像から探す

デクロワゾー石

アドニス

アップリケキルト

ごま油

ハモ

冷陰極管

1100形

ケ100





妖精のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
中経出版中経出版
Copyright (C) 2018 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
社団法人全日本ピアノ指導者協会社団法人全日本ピアノ指導者協会
Copyright 1996-2018 PianoTeachers' National Association of Japan
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの妖精 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS