説話とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 伝承 > 説話 > 説話の意味・解説 

せつ‐わ【説話】

読み方:せつわ

[名](スル)

人々間に語り伝えられた話で、神話・伝説民話などの総称。「仏教—」「民間—」

話をすること。ものがたること。また、その話。

「口に順いて—することを習わしめ」〈中村訳・西国立志編


説話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/03 02:27 UTC 版)

説話(せつわ)は、広義には、古くより伝承されて来た物語一般を意味する。狭義には、民話昔話)、伝説を指す。また、民話と同義の意味で使用されることもある[1]


  1. ^ 精選版 日本国語大辞典(小学館). “説話” (日本語). コトバンク. 2022年1月1日閲覧。


「説話」の続きの解説一覧

説話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/05 17:59 UTC 版)

説教、説話、祈り」の記事における「説話」の解説

第2曲はもっとも長く全体半分近く占める。歌詞は「使徒言行録」第6-7章の抜粋で、キリスト教最初の殉教者とされるステファノについて歌う。この曲では合唱休みかわりに語り手参加してメロドラマ形式を取る(語り手はこの曲にのみ登場)。 語り手アルトの歌が交互にステファノ殉教について物語るが、両者はしばし重なりあう。ステファノ自身の言葉テノールによって歌われるクライマックスの、人々ステファノ石を投げる箇所7章57-58節)はアルトテノール複雑に重なりあう。管弦楽はかなり複雑な構造を持つ。最後の部分7章59-60節)はアカペラで語り歌われる

※この「説話」の解説は、「説教、説話、祈り」の解説の一部です。
「説話」を含む「説教、説話、祈り」の記事については、「説教、説話、祈り」の概要を参照ください。


説話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/17 02:40 UTC 版)

藤原常行」の記事における「説話」の解説

常行若い頃、忌夜行日(陰陽道において、百鬼夜行の日である事から、夜の外出避けるべきとされた日)にも関わらず想い懸けている女の許へ出かけたために、百鬼夜行出会い鬼に捕らわれそうになる。しかし、常行乳母兄弟阿闍梨書いてもらった尊勝陀羅尼常行の服の襟に入れておいたおかげで、鬼は常行捕らえる事ができず、常行は何とか家に逃げ帰ることができたという。

※この「説話」の解説は、「藤原常行」の解説の一部です。
「説話」を含む「藤原常行」の記事については、「藤原常行」の概要を参照ください。


説話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/31 06:53 UTC 版)

藤原惟方」の記事における「説話」の解説

平治の乱後に配流となった人々が、次第都に召還されていく中で、惟方はいつ赦されるかわからないまま過ごしていたが、配所から都に対して女房ことづけて「この瀬にも沈むと聞けば涙川 流れしよりもぬるる袖かな 」という歌を詠んだ。この歌を聞いた後白河法皇哀れんで、惟方を赦免し都に召還したという。

※この「説話」の解説は、「藤原惟方」の解説の一部です。
「説話」を含む「藤原惟方」の記事については、「藤原惟方」の概要を参照ください。


説話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/03 09:06 UTC 版)

掃晴娘」の記事における「説話」の解説

説話には場所がとして伝わっているものと北京として伝わっているものがある

※この「説話」の解説は、「掃晴娘」の解説の一部です。
「説話」を含む「掃晴娘」の記事については、「掃晴娘」の概要を参照ください。


説話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/27 08:29 UTC 版)

七草がゆ」の記事における「説話」の解説

御伽草子七草草子に、説話が語られている。 唐の楚国に、大しうという親孝行者がいた。両親はもう百歳越し体がままならず、そんな両親嘆き悲しん大しうは、山に入って21日間もの苦行行い祈願した。 「私に老い移してもいいのでどうか両親若返らせてください」 そこに天上の帝釈天からお告げがあった。 「そなたの願い聞き入れた須弥山南に8000年の白鵞鳥がいるが、この秘術をぬしら親子授ける。ついては、毎年春のはじめに七種草を食べること。 1月6日までに7種類集めておくこと。次の時刻作った器に種を載せ玉椿で叩くこと。酉の刻から 戌の刻から 亥の刻から御形 子の刻から田平子 丑の刻から仏座 寅の刻から 卯の刻から清白 辰の刻からこれらの種を合わせ、東から清水汲んできて、これを煮て食べること一口で10歳七口70歳若返るので、ついには8000生きることできよう。」大しうはこの教え繰り返し暗唱すると、この日正月であったのですぐに山を降りて7種類集め6日夕方から教えの通り不思議な心持ち夜通し叩いた朝になり、東から汲んだ炊いて両親食べさせたところ、たちまち若返ったのはいうまでもない。これが世に伝わり、噂を聞いた当時の帝はこの親孝行感動して位を譲った。 すなわち、七草の由とともに、ここでは親孝行功徳説いた話だったのである

※この「説話」の解説は、「七草がゆ」の解説の一部です。
「説話」を含む「七草がゆ」の記事については、「七草がゆ」の概要を参照ください。


説話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/15 14:52 UTC 版)

河原院」の記事における「説話」の解説

河原院には融の幽霊が出るということで有名で『今昔物語集』などにいくつかの話載っている。 『今昔物語集』27-2 -- 宇多上皇滞在中に融の霊が現れ「ここは私の家です」と言ったので、上皇が「お前の息子から貰ったのだ」と一喝すると、それ以降、融の霊は現れなくなった。 『江談抄』 -- 宇多上皇京極御息所河原院で夜を過ごしていると、融の霊が現われ御息所がほしい」と言った上皇断ったが、御息所死んだようにぐったりとしていた。上皇急ぎ宮中戻り、僧に祈祷させたところ、御息所生き返った。 『紫明抄』 -- 宇多上皇御息所河原院で月を眺めていると、何物かが御息所建物の中引き入れようとした。上皇が「何物か」と問うと「融」と答えがあり、御息所放されたが、すでに御息所は息絶えていた。 『今昔物語集』27-17 -- 東国から上京した夫婦が、荒れはてた河原院一夜明かそうとしたが、夫が馬を繋いでいる間に妻は建物の中から差し出され手に捕えられた。夫が戸を開けようとしても堅く閉ざされて開かない。戸を壊して中に入ってみると、そこには血を吸いつくされた妻の死体が吊るされていた。

※この「説話」の解説は、「河原院」の解説の一部です。
「説話」を含む「河原院」の記事については、「河原院」の概要を参照ください。


説話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/01 06:08 UTC 版)

高向公輔」の記事における「説話」の解説

『今昔物語集』湛慶密通還俗に関する説話がある。 ある時慈覚大師弟子湛慶阿闍梨が、夢の中で不動尊から「前世の因縁により汝は某国某郡の誰某の娘と通じて夫婦になる」とのお告げ受けた湛慶戒律を破ることを防ぐために、10歳ほどのその女性を捜し当て女の首切って京に逃げ帰った。のちに、病気祈祷のために忠仁公藤原良房)の屋敷参上した際、湛慶その家女房密通してしまう。女房の首には大きな傷跡があり、果たし以前殺そうとした少女その人であった湛慶因縁深さ心を打たれ還俗してその女房と夫婦になったという。 なお、公輔の時代から約300年下った平安時代後期の『玉葉』にも筆者である九条兼実藤原長光から聞いた話としてほぼ同様の話が記されている(ただし、長光は公輔の法名を「惟修」、彼が殺そうとした少女当時4、5であったとする)。長光藤原公雅が「公輔」と改名したことについて新しい名に良くない先例があるとして、不祥事起こして還俗改名した高向公輔の例を挙げたとみられている

※この「説話」の解説は、「高向公輔」の解説の一部です。
「説話」を含む「高向公輔」の記事については、「高向公輔」の概要を参照ください。


説話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/19 02:51 UTC 版)

黄金の林檎」の記事における「説話」の解説

ヨーロッパの説話では、王のもとから黄金の林檎盗み出すのは、通常であることが多い。以下に例を挙げるイワン王子と火の鳥と灰色狼ロシア黄金の鳥ドイツ黄金人魚 The Golden Mermaidドイツ) 9羽のクジャク黄金の林檎 The Nine Peahens and the Golden Applesセルビアブルガリア勇敢なPrâsleaと黄金の林檎 Prâslea the Brave and the Golden Applesルーマニアではなくズメウが盗む)

※この「説話」の解説は、「黄金の林檎」の解説の一部です。
「説話」を含む「黄金の林檎」の記事については、「黄金の林檎」の概要を参照ください。


説話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/29 03:01 UTC 版)

アナーク」の記事における「説話」の解説

アナーク双子持たず一人で産まれた。また彼女はカイン姉妹であり、カインアベル殺した後、イエメンで彼と結婚したアナーク姦淫犯し、それは地上初め行われた悪だった。彼女に2つの頭と20本の指があり、指にはそれぞれ2つの爪が付いていた。

※この「説話」の解説は、「アナーク」の解説の一部です。
「説話」を含む「アナーク」の記事については、「アナーク」の概要を参照ください。


説話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/14 17:18 UTC 版)

豊前王」の記事における「説話」の解説

『今昔物語集』除目結果についての予想がよく的中する評判になったとする説話がある。

※この「説話」の解説は、「豊前王」の解説の一部です。
「説話」を含む「豊前王」の記事については、「豊前王」の概要を参照ください。


説話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/03 10:01 UTC 版)

宇喜多興家」の記事における「説話」の解説

大永4年1524年)、父・能家より家督譲られるが、天文3年1534年)に父が島村盛実により砥石城攻められ自害すると、子・直家を連れ備後国鞆津まで落ち延びる後に備前福岡豪商阿部善定に庇護されると、善定の娘を娶り、忠家、春家の男児2人恵まれた。なお、『常山紀談』では興家は愚であったため、阿辺定善に養われ牛飼童となり、年経て召使下女を娶わせて子が3人、直家・忠家・春家としている。 天文5年1536年)に病死した。なお、没年天文9年1540年)とする説もある。また家臣たちに暗愚と言われ、そのストレス自害し、このことが家臣嫡子・直家の混乱を招くと考えた正室側妻重臣らが自害したことを隠すため病死したと嘘をついたという説もある。ただ、直家は興家が自害したことを見抜いていたともいう。 既に家督譲られ家長となっていたにもかかわらず抵抗もせず城を明け渡し逃亡したことを受け、興家は暗愚であった後世評されるが、宇喜多家名や幼い直家を守るためにあえて暗愚装っていたという説もある。

※この「説話」の解説は、「宇喜多興家」の解説の一部です。
「説話」を含む「宇喜多興家」の記事については、「宇喜多興家」の概要を参照ください。


説話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 15:26 UTC 版)

日本お笑い史」の記事における「説話」の解説

また、をかしみのある話の源流は『竹取物語』、『今昔物語』または『宇治拾遺物語』収められた説話にさかのぼ事もできる。 仏教布教のための説経節 儒教伝来とともに日本渡ってきた故事

※この「説話」の解説は、「日本お笑い史」の解説の一部です。
「説話」を含む「日本お笑い史」の記事については、「日本お笑い史」の概要を参照ください。


説話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/10 02:47 UTC 版)

赤染衛門」の記事における「説話」の解説

息子大江挙周重病患っていた際、「大江挙周重病原因住吉神社による祟りではないか」との話を見聞したことから赤染衛門は挙周の快方祈願して、「代わらむと 祈る命は をしからで さてもわかれんことぞ悲しき」との和歌住吉神社祭殿奉納した赤染衛門の挙周への祈念が、住吉神社祭神聞き入れられ、挙周の重病根治したという。

※この「説話」の解説は、「赤染衛門」の解説の一部です。
「説話」を含む「赤染衛門」の記事については、「赤染衛門」の概要を参照ください。


説話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/21 20:48 UTC 版)

天邪鬼」の記事における「説話」の解説

民間説話においては前述のように、人の心察して口真似などで人をからかう妖怪とされるが、地方により伝承異なる。 秋田県平鹿郡茨城県稲敷郡群馬県邑楽郡静岡県田方郡などでは、人の声真似ことから木霊山彦が「アマノジャク」と呼ばれ山中の声の反響アマノジャクが声を真似しているなどという。栃木県芳賀郡富山県西礪波郡岐阜県加茂郡では山姥指して天邪鬼と呼ぶ神奈川県箱根静岡県伊豆では、天邪鬼巨人のようなものとして伝えられており、かつて天邪鬼富士山崩そうとして失敗しそのとき運び出した土がこぼれてできたのが伊豆大島だという。岡山県久米郡中央町(現・美咲町)では、天邪鬼二上山高くようとして石を積み上げたが、完成間近で夜が明けたために失敗し兵庫県多可郡では天邪鬼山々間に造ろうとしたが、同様に失敗したといい、これらの地方で山の上自然石転がっている場所や、製作者わからない石垣などは天邪鬼よるものとされている岩手県九戸郡では天邪鬼が炉の灰の中にいるといい、東北地方では天邪鬼のこと、秋田県仙北郡角館ではチャタテムシこととされる。また、同県平鹿郡(現・横手市)での俗信では、嬰児アマノジャク子守をして泣かせないと言われていた。 『うりこ姫』など、昔話日本の童話)にも登場する長野県南佐久郡小海の奥の「カッポウという所天邪鬼がいた。大きな体をしており一気一山越えて手桶をついたので、その跡がある。また付近に天邪鬼足跡残っている

※この「説話」の解説は、「天邪鬼」の解説の一部です。
「説話」を含む「天邪鬼」の記事については、「天邪鬼」の概要を参照ください。


説話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/06 21:54 UTC 版)

オオゲツヒメ」の記事における「説話」の解説

高天原追放され須佐之男命は、空腹覚えて大気都比売神食物求め大気都比売神おもむろに様々な食物須佐之男命与えた。それを不審に思った須佐之男命食事の用意をする大気都比売神の様子を覗いてみると、大気都比売神は鼻や口、尻から食材取り出し、それを調理していた。須佐之男命は、そんな汚い物を食べさせていたのかと怒り大気都比売神斬り殺してしまった。すると、大気都比売神頭から生まれ、目から稲が生まれ耳から粟が生まれ、鼻から小豆生まれ陰部から麦が生まれ、尻から大豆生まれた。これを神産巣日御祖神回収した。 また島根県石見地方伝わ伝説には、大気都比売神の娘に乙子狭姫がおり、雁に乗って降臨し作物種を地上伝えたとする。

※この「説話」の解説は、「オオゲツヒメ」の解説の一部です。
「説話」を含む「オオゲツヒメ」の記事については、「オオゲツヒメ」の概要を参照ください。


説話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/09 02:35 UTC 版)

藤原有国」の記事における「説話」の解説

有国若い頃豊前守任ぜられた父輔道とともに九州下向した。輔道は下向先で病気死亡してしまったため、有国父親のために泰山府君祭行った所、輔道は生き返った。輔道が言うところによると、現世の罪を裁く閻魔大王から、(泰山府君祭による)すばらしお供え物があったことから現世返してやるべきとの評定があった。しかし、評定際に陰陽道専門家でもない者(有国)が泰山府君祭を行うことは大罪あるため、輔道の代わりに有国あの世呼び寄せるべきとの意見があったが、あの世冥官の中で親孝行による行為である上に京都から遠い九州の地では陰陽道専門家がいないのはやを得ない、との意見があり親子共々許されたという。

※この「説話」の解説は、「藤原有国」の解説の一部です。
「説話」を含む「藤原有国」の記事については、「藤原有国」の概要を参照ください。


説話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/07 04:12 UTC 版)

遍昭」の記事における「説話」の解説

桓武天皇の孫という高貴な生まれであるにもかかわらず出家して天台宗僧侶となり僧正の職にまで昇ったこと、また、歌僧の先駆一人であることなど、遍昭は説話の主人公として恰好性格備えた人物であった在俗時代色好み逸話や、出家に際しその意志を妻にも告げなかった話は『大和物語をはじめ『今昔物語集』宝物集』『十訓抄』などに見え霊験あらたかなであった話も『今昔物語集』続本朝往生伝』に記されている。江戸時代製作され歌舞伎舞踊積恋雪関扉』では良岑宗貞の名で登場

※この「説話」の解説は、「遍昭」の解説の一部です。
「説話」を含む「遍昭」の記事については、「遍昭」の概要を参照ください。


説話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/06 08:55 UTC 版)

ヒュロノメー」の記事における「説話」の解説

テッサリアー地方ケンタウレの間でもヒュロノメーほど美しい女性はおらず同じく美貌知られたケンタウロスであるキュラロス英語版)の心を艶やかな物腰愛の告白つかんで結ばれた。 ヒョロノメーは半人半馬の姿に出来るだけ身だしなみ気を遣い、常にその毛並み整えてローズマリー迷迭香)やバラやすみれで編んだ花環首にかけたり時には白い百合の花さしたりした。また、山の頂から湧きだした泉で1日に2回顔を洗ったり水浴びをしていた。キュラロスとは互いに愛し合っており、一緒に山野駆けたり洞窟身体休めたりしており戦いきっかけとなったペイリトオスヒッポダメイア結婚式にも一緒に参列していた。 キュラロスとヒョロノメーも戦い巻き込まれたが、その最中飛んできたキュラロスの首と胸間に刺さって心臓かすった。すぐにキュラロス身体冷たくなっていき、それを見たヒョロノメーは彼の身体抱きしめて傷口手でふさいだり口づけをして何とか魂が身体から抜けるのを止めようとしたが、それが無理だと悟ると、絶叫しながら夫の命奪った槍先うつ伏せになると、に己の身体貫かせ、キュラロス身体抱きしめながら死んだという。 ケンタウロス族小惑星ヒュロノメヒュロノメーにちなん名付けられた。

※この「説話」の解説は、「ヒュロノメー」の解説の一部です。
「説話」を含む「ヒュロノメー」の記事については、「ヒュロノメー」の概要を参照ください。


説話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/22 13:46 UTC 版)

蘇民将来」の記事における「説話」の解説

古く鎌倉時代中期卜部兼方釈日本紀』に引用された『備後国風土記』の疫隈国社(えのくまのくにつやしろ。現広島県福山市素盞嗚神社比定される)の縁起にみえるほか、祭祀起源譚としておおむね似た形で広く伝わっている。 すなわち、旅の途中で宿を乞う武塔神(むたふ(むとう)のかみ、むとうしん)を裕福な弟の巨旦将来断り貧し兄の蘇民将来粗末ながらもてなした後に再訪した武塔神は、蘇民の娘に茅の輪付けさせ蘇民の娘を除いて、(一般的通俗的な説では弟の将来一族を、)皆殺しにして滅ぼした武塔神はみずから速須佐雄能神(スサノオ)と正体名乗り以後茅の輪付けていれば疫病避けることができると教えたとする。

※この「説話」の解説は、「蘇民将来」の解説の一部です。
「説話」を含む「蘇民将来」の記事については、「蘇民将来」の概要を参照ください。


説話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 23:20 UTC 版)

貞祥寺」の記事における「説話」の解説

メッコ和尚開山和尚妊娠中死亡し埋葬され母の墓の中で産声上げた。土を掘りだした時、鍬が眼にあたり片目失明したため「メッコ和尚と言われた鬼石貞祥寺和尚お経上げていると悪い鬼が手を出した和尚数珠でその腕を叩き落とした。鬼は「もう悪事はしません」と言ったので、和尚は腕を返してやった。鬼はその腕をはめ込み大きな石を持ち上げてみせた。その石を「鬼石と呼ぶ尾垂貞祥寺山号尾垂山とる説があるが貞祥寺建立1521年であり、甲賀三郎伝説とは時代整合性がなく間違いである。かつて貞祥寺南にあり廃寺となった尾垂龍覚寺取り違えたと思われる

※この「説話」の解説は、「貞祥寺」の解説の一部です。
「説話」を含む「貞祥寺」の記事については、「貞祥寺」の概要を参照ください。


説話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/17 09:50 UTC 版)

天の御柱」の記事における「説話」の解説

イザナギイザナミ天浮橋ら天沼矛かき回してオノゴロ島作った。彼らはオノゴロ島降り立ち、八尋殿天の御柱建てたイザナミ自分の身体足りない所(女性器)があること発見しイザナギ余っている所(男性器)があること発見したイザナギイザナミ足りない所に彼の余っているところを差し込んで国産みを行うことを提案しイザナミ承諾した天の御柱イザナギは左から周りイザナミは右から回って鉢合わせお互い魅力褒め合ったが、イザナミの方先に言葉発したことは良くないとされた。イザナミヒルコ淡島産んだ

※この「説話」の解説は、「天の御柱」の解説の一部です。
「説話」を含む「天の御柱」の記事については、「天の御柱」の概要を参照ください。


説話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/19 19:17 UTC 版)

藤原保輔」の記事における「説話」の解説

『宇治拾遺物語』には、保輔が自分の屋敷床下に穴を掘り商人呼びつけて物を買ったそばからこの穴に突き落とし殺していた、という説話が語られている。

※この「説話」の解説は、「藤原保輔」の解説の一部です。
「説話」を含む「藤原保輔」の記事については、「藤原保輔」の概要を参照ください。


説話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/01 00:48 UTC 版)

合川町」の記事における「説話」の解説

房住山修験の場として開かれていた頃、房住山一帯支配し翁面上小阿仁村沖田面)に住む高倉長者という族長がいた。高倉長者坂上田村麻呂協力して長面三兄弟という蝦夷征伐しとされている。その長者に「たつこ」というひとり娘がいた。この娘の婿は阿仁と言ったので、人々彼のことを「阿仁殿」と言った。ところが、婿をとってしばらくしたら長者男子ができた。長者後に財産の争い起き血を見ることがないようにとクジ引き土地分け与えることにしたその結果娘婿阿仁殿は米ヶ沢(米内沢)、実子は鎌ヶ沢(合川町鎌沢)に住みそれぞれの地を支配することになったその後二人奥地切り開き娘婿は「大阿仁と言われる比立内地区まで、実子の方は「小阿仁」とよばれ形までをそれぞれ支配することになった

※この「説話」の解説は、「合川町」の解説の一部です。
「説話」を含む「合川町」の記事については、「合川町」の概要を参照ください。


説話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/23 07:46 UTC 版)

藤原良相」の記事における「説話」の解説

以前、良相は学生であった小野篁が罪を犯した際これを弁護した事があった。後に良相は病を得て一旦死去し地獄閻魔大王目前に引き据えられるが、閻魔王宮の臣として裁判手伝っていた篁の執り成しによって赦さ冥界から帰還したという。

※この「説話」の解説は、「藤原良相」の解説の一部です。
「説話」を含む「藤原良相」の記事については、「藤原良相」の概要を参照ください。


説話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/25 06:35 UTC 版)

橘俊綱」の記事における「説話」の解説

『宇治拾遺物語』には、昔尾張国の俊綱(すんごうと言う僧侶であった時、熱田神宮大宮司侮辱受けたが、のちに関白息子として生まれ変わり尾張守となって今度熱田神宮大宮司かつての雪辱をした、との説話がある。 『十訓抄』等にも俊綱に関する説話がある。

※この「説話」の解説は、「橘俊綱」の解説の一部です。
「説話」を含む「橘俊綱」の記事については、「橘俊綱」の概要を参照ください。


説話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/12 23:26 UTC 版)

帝辛」の記事における「説話」の解説

『封神演義』などをはじめとした小説作品において、紂王の名で広く登場見られる日本でも高井蘭山絵本三国妖婦伝』などに妲己正体天竺中国・日本をまたにかけた九尾の狐であるとした物語描かれ、そこに登場している。

※この「説話」の解説は、「帝辛」の解説の一部です。
「説話」を含む「帝辛」の記事については、「帝辛」の概要を参照ください。


説話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/15 09:22 UTC 版)

藤原保昌」の記事における「説話」の解説

『今昔物語集』には、以下の話記されている。10月朧月夜に一人で笛を吹いて道を行く者があった。それを見つけた袴垂という盗賊首領衣装奪おうその者の後をつけたが、どうにも恐ろしく思い手を出すことができなかった。その者こそが保昌で、保昌は逆に袴垂自らのに連れ込んで衣を与えたところ、袴垂慌てて逃げ帰ったという。 同様の説話は『宇治拾遺物語』にもある。また、後世袴垂は保昌の弟藤原保輔同一視され、「袴垂保輔」と称されたが、今昔物語の説話が兄弟同士の間での話とは考えにくい為、実際は袴垂藤原保輔別人考えられている。 『十訓抄』にも保昌の説話が載っている。保昌が丹後国下向のおりに、与謝山で騎乗したままの白髪老武者出会い郎党達は礼を失したこの人物を奇怪なり」と咎めようとしたが、一騎当千の馬の立てざまから保昌は「ただものにあらず」と見抜き通過した。やがて多くの従者率いた平致経に行き会い老武者が致経の父・平致頼であると知ったという。この逸話は、「優れた武者見通した保昌もまた優れた武者である」ことを表すものである和泉式部紫宸殿手折って欲しいと請われ警護北面武士に弓を射掛けられるもなんとか一枝得て愛を射止めたという逸話があり、京都祇園祭保昌山モチーフにもなっている。

※この「説話」の解説は、「藤原保昌」の解説の一部です。
「説話」を含む「藤原保昌」の記事については、「藤原保昌」の概要を参照ください。


説話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/29 09:16 UTC 版)

スカアハ」の記事における「説話」の解説

スカサハアルスター物語群のひとつエメルへの求婚」に登場する。この物語は『赤牛の書』や『レンスターの書』などの写本残されており、いくつかのバージョンがある。スカサハ登場する中盤あらすじ以下のとおりである。 スカサハアルヴァ東方現在のスコットランド)で、一種の軍事学校を開く教師であった。のちにクー・フランクー・フーリン)の親友となるフェル・ディアド生徒一人で他のバージョンにはデアドラとの悲恋有名なノイシュ、Egomasの息子Lochmor、Fora息子Fiamainもスカアハ生徒であることが書かれているある日アルスター英雄クー・フランが、武術修業のためスカサハのもとを訪れる。 数々の難所乗り越えアルヴァ辿りついたクー・フランスカサハ驚嘆し、この若き英雄弟子にする。スカサハ当時、他部族王妃ある女武芸者オイフェ支配する人々戦っていたが、クー・フランオイフェ一騎打ち破りこの地平和をもたらすスカサハ一年一日の間、クー・フラン飛びの術や必中必殺ガイ・ボルガはじめとした様々な奥義伝授した具体的には、球の妙技、刃の妙技、平らに置いたの妙技、投げ槍の妙技、縄の妙技、胴の妙技、の妙技、大胆跳躍の妙技、棒高跳び障害物跳び歴戦の戦車御者だけに許され後退回転必中必殺ガイ・ボルガ真鍮の刃、車輪の妙技、八人の妙技、呼吸秘術口唇憤怒戦士咆哮止め斬り秘法水切り失神突き秘法登りの妙技、槍のてっぺん棒立ちの妙技など、非常に多岐にわたる戦いの技術以外にもスカサハクー・フランにある予言与えている。この予言は「Verba Scáthaige」、日本語で「スカサハ言葉」というタイトル今日まで伝わっている。元々は8世紀前半写本ドルム・シュネフタの冊子』に残されていた可能性が高いが、現在この写本行方不明となっている。スカサハ予言の力を用いクー・フラン待ち受ける数々の困難、クー・フラン最期、またクアルンゲの牛捕りクライマックスをも言い当てた

※この「説話」の解説は、「スカアハ」の解説の一部です。
「説話」を含む「スカアハ」の記事については、「スカアハ」の概要を参照ください。


説話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/01 07:37 UTC 版)

大阿仁村」の記事における「説話」の解説

房住山修験の場として開かれていた頃、房住山一帯支配し翁面上小阿仁村沖田面)に住む高倉長者という族長がいた。高倉長者坂上田村麻呂協力して長面三兄弟という蝦夷征伐しとされている。その長者に「たつこ」というひとり娘がいた。この娘の婿は阿仁と言ったので、人々彼のことを「阿仁殿」と言った。ところが、婿をとってしばらくしたら長者男子ができた。長者後に財産の争い起き血を見ることがないようにとクジ引き土地分け与えることにしたその結果娘婿阿仁殿は米ヶ沢(米内沢)、実子は鎌ヶ沢(合川町鎌沢)に住みそれぞれの地を支配することになったその後二人奥地切り開き娘婿は「大阿仁と言われる比立内地区まで、実子の方は「小阿仁」とよばれ形までをそれぞれ支配することになった

※この「説話」の解説は、「大阿仁村」の解説の一部です。
「説話」を含む「大阿仁村」の記事については、「大阿仁村」の概要を参照ください。


説話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/22 01:27 UTC 版)

伊勢義盛」の記事における「説話」の解説

『平家物語』志度合戦では、16騎で3000騎を率い阿波水軍向かい平家の家人田内左衛門教能を言葉巧みに欺き降伏させた。義盛は勝浦でも近藤親家懐柔している。 『義経記』では終始義経運命を共にし、平泉討ち死にしたとされる

※この「説話」の解説は、「伊勢義盛」の解説の一部です。
「説話」を含む「伊勢義盛」の記事については、「伊勢義盛」の概要を参照ください。


説話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/20 16:09 UTC 版)

ノーレア」の記事における「説話」の解説

アルコーンアダムの妻であるイヴ恋情を抱くが、イヴから嘲笑されるある時アルコーンイヴ寝たかと思ったが、それはイヴではなくイヴの影であり、アルコーン自分自身を汚すことになったイヴアダムとの間にカインとアベル産んだカインアベル殺害すると、イヴセト産みその後に人間世代から世代への助け」のために「何者にも汚されなかった処女」としてノーレア産んだアルコーン洪水起こして人間その他の生物跡形もなく滅ぼすことを企んだノアはその企み知り方舟作ったノーレア方舟乗る為にノア下に行ったが、彼は彼女を方舟乗せなかった。そのため、ノーレアは風を吹き付けて方舟燃やしたノアは二隻目の方舟作ることとなったアルコーンノーレアを騙すために、彼女の下に来てイヴ自分たちと寝たと言ったノーレアはこれに対しアルコーンイヴ寝たではなくイヴ虚像寝たのであり、したがっ自分アルコーンから出て来たわけでもない告げ自分天上の世界から来たと言ったアルコーン顔色変えノーレア辱めようとして迫ったノーレアは神に向かって自分アルコーンから助け出すよう叫んだ。すると、天から大天使エレレート降下し、彼女になぜ叫んでいるのか尋ねたアルコーン退去した。エレレートは、自身のことを「理解」であると述べ人類アルコーンの本質について語った

※この「説話」の解説は、「ノーレア」の解説の一部です。
「説話」を含む「ノーレア」の記事については、「ノーレア」の概要を参照ください。


説話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/20 15:12 UTC 版)

ルルワ」の記事における「説話」の解説

アベルの姉であり妻であるルルワは、アダムとイヴ娘たちの中で最も美しく母親よりも美しいと説明されている。しかし、カインルルワ一緒にいたイヴの子宮の中で、ルルワ憎んでいたと伝えられているルルワという名前は「美」意味するまた、真珠」や「月の宝石という意味もある。一方カインという名前は双子の妹を憎んでいたことに因んで「憎む者」を意味したアベルカインにとってのルルワと同様に、双子の妹アクレミア(Aklemia)を持っていた。イスラム教ラビ伝承によると、彼らと彼女ら父親であるアダムは、ルルワアベル結婚し、アクレミアはカイン結婚することを提案したルルワをアクレミアよりも魅力的だ思っていたカインは、この提案反対した。ルルワ双子の兄弟納得させるために、アダムは、神意を伺うために彼に神への捧げものを供えさせたが、カイン供え物は神によって拒絶された。カインアベル殺害すればルルワ自分の妻になる考えアベル殺害した。 『アダムとイヴとサタンの対立』によると、ルルワカインアベル殺した時、そのこと泣きながらアダムとイヴ伝えたアダムとイヴ驚いて泣き叫びながらアベル殺された所に行くと、アベル遺体群がっていた。家族大泣きした後、遺体埋葬し140日間喪に服したその時アベル15歳半で、カイン17歳半だった。弟の喪が明けると、カインアダムとイヴ許可なしで妹のルルワ結婚した両親息子一人失った悲しみ囚われカインルルワ近づくことを制止できなかった。

※この「説話」の解説は、「ルルワ」の解説の一部です。
「説話」を含む「ルルワ」の記事については、「ルルワ」の概要を参照ください。


説話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/08/04 01:39 UTC 版)

寂照」の記事における「説話」の解説

定基三河守として任国に連れて行った女が亡くなった際、悲しみの余り、しばらく埋葬せずに、女の亡骸抱いて臥していた。数日後定基が女の口を吸うと、ひどい死臭がした。さすが定基耐えられず女に対して疎ましく思う気持ち起こり、ようやく女を埋葬したその後定基は「この世はつらく苦しいものだ」と、発心起こしたという。 出家した寂照が、都で乞食をしていたところ、離縁した妻に会い元妻に「『私を捨てた報いでこのように落ちぶれた姿に)なれ』と思っていたが、この通り見届けることができたことよ」と辱め受けたが、逆に寂照は「この徳により必ず仏心得られるであろう」と手をすりあわせて喜んだという。 寂照については、幸田露伴連環記』にも採りあげられている

※この「説話」の解説は、「寂照」の解説の一部です。
「説話」を含む「寂照」の記事については、「寂照」の概要を参照ください。


説話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/29 15:26 UTC 版)

紀長谷雄」の記事における「説話」の解説

長谷雄の祖父である紀国守医道家業として伝えてきたが、国守遺誡により、紀氏衰退から脱却するために新しく家を継ぐ者には紀伝道学ばせることになった。 しかし、国守の子である貞範はその遺誡果せぬことを覚って、自ら長谷寺参籠し、文才優れた子を授ることを祈願した満願日に至り御帳の中より12-3歳ばかりの童子現れ、貞範の懇篤な願い聞き届け、「吾は汝の子とならん」と伝え、さらに、汝とこの山の変ら契り結ぼう夢告した。やがて、貞範は夢告にいう「」は、「十八公」とも書くと気づく観音縁日18日であったことから観世音菩薩伽藍守護の金剛童子授けて下さった歓喜し、その童子長谷観音に因んで長谷雄」と名付けたという(『三国伝記』)。

※この「説話」の解説は、「紀長谷雄」の解説の一部です。
「説話」を含む「紀長谷雄」の記事については、「紀長谷雄」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「説話」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

説話

出典:『Wiktionary』 (2021/08/22 12:32 UTC 版)

名詞

(せつわ)

  1. 広義古くより伝承されて来た物語一般
  2. 狭義民話昔話)や伝説

「説話」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



説話と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



説話のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの説話 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの説教、説話、祈り (改訂履歴)、藤原常行 (改訂履歴)、藤原惟方 (改訂履歴)、掃晴娘 (改訂履歴)、七草がゆ (改訂履歴)、河原院 (改訂履歴)、高向公輔 (改訂履歴)、黄金の林檎 (改訂履歴)、アナーク (改訂履歴)、豊前王 (改訂履歴)、宇喜多興家 (改訂履歴)、日本お笑い史 (改訂履歴)、赤染衛門 (改訂履歴)、天邪鬼 (改訂履歴)、オオゲツヒメ (改訂履歴)、藤原有国 (改訂履歴)、遍昭 (改訂履歴)、ヒュロノメー (改訂履歴)、蘇民将来 (改訂履歴)、貞祥寺 (改訂履歴)、天の御柱 (改訂履歴)、藤原保輔 (改訂履歴)、合川町 (改訂履歴)、藤原良相 (改訂履歴)、橘俊綱 (改訂履歴)、帝辛 (改訂履歴)、藤原保昌 (改訂履歴)、スカアハ (改訂履歴)、大阿仁村 (改訂履歴)、伊勢義盛 (改訂履歴)、ノーレア (改訂履歴)、ルルワ (改訂履歴)、寂照 (改訂履歴)、紀長谷雄 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの説話 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS