説話とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 伝承 > 説話 > 説話の意味・解説 

せつ‐わ【説話】

[名](スル)

人々の間に語り伝えられた話で、神話伝説民話などの総称。「仏教説話」「民間説話

話をすること。ものがたること。また、その話。

「口に順いて—することを習わしめ」〈中村訳・西国立志編


説話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/27 00:43 UTC 版)

説話(せつわ)は、近代に造語された言葉で、明瞭な概念規定なしに国文学民俗学民族学神話学などの領域で使用される。広義には、古くより伝承されて来た物語一般を意味する。しかし狭義には、民話昔話)、伝説を指す。また、民話と同義の意味で使用されることもある[1]




  1. ^ 中村恭子「説話」、『宗教学辞典』 p.498。





説話と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「説話」の関連用語

説話のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



説話のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの説話 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS