貴種流離とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 物語事典 > 貴種流離の意味・解説 

貴種流離

関連項目→〔さすらい

★1.高貴生まれの人が、青年期達してから肉親別れ辺境さすらう

伊勢物語第9~15段 昔ある男が、京を住み憂く思い友人1~2人とともに東国へ旅に出た。男は三河八橋咲き誇る杜若を見、駿河宇津の山旧知修行者出会い真夏雪をいただく富士山驚き、とうとう武蔵下総の境の隅田川に到った。その後、男はさらに陸奥にまで脚を伸ばした。

義経記 源義経は、平家追討後、兄頼朝不和になり、都を出て西国落ち失敗吉野に身を隠した後、北国路をとって奥州平泉まで苦難逃避行続ける。

源氏物語須磨」「明石光源氏は、朧月夜尚侍との密会現場を、その父右大臣見られたため、官位剥奪され、さらに流罪処分を受けそうになる。それを避けるため、彼は26歳の春3月から28歳の秋7月まで、自ら京を退去し、須磨・明石に身をひそめる

古事記中巻 ヤマトタケル西国クマソ討伐した後、さらに父景行帝から東征を命ぜられる。東国へ向かったヤマトタケルは、相武(=相模)で火攻めに遭い、走水海では后を失う。ようやく東征を終えての帰途伊吹山氷雨に打たれ、三重の能煩野まで来て、ついに倒れる〔*日本書紀巻7では、16歳西国行き29歳の時東征の旅に出、30歳で死去する〕。

日光山縁起 都の殿上人・有宇中将は、鷹狩熱中して職務怠り勅勘こうむる中将は都を棄て、馬にまかせて下野国まで行く。その国の長者の娘・朝日の君と結婚するが、6年経て、都の母のことが気がかりで、中将単身都へ帰ろうとして途中で病死する。朝日の君も中将の後を追って旅に出、死ぬ。しかし炎魔王が2人蘇生させ、2人の間には男児馬頭御前生まれる。後に有宇中将日光男体権現朝日の君は女体権現となった。

★2.インドには夫婦ともに流離する物語がある。

マハーバーラタ パーンドゥ家の王子ユディシュティラは、クル家の王子ドゥルヨーダナとの賭博勝負負ける。その結果ユディシュティラは4人の弟(ビーマアルジュナナクラサハデーヴァ)及び彼ら5人の共通の妻ドラウパディーとともに12年間、放浪生活を送ることになる。13年目には、誰にも気づかれぬよう正体隠してどこかに身を潜め、もし気づかれたら、さらに12年で過ごす、との取り決めであった。

ラーマーヤナ 王子ラーマは、継母カイケーイー妃の奸計によって、14年間、追放される。彼は、妻シータ・弟ラクシュマナとともにさすらい、その間にシータをさらわれ、彼女を取り戻すべく魔王ラーヴァナの軍と戦う。

古代中国貴種流離譚→〔土地2aの『史記』「晋世家」第9。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「貴種流離」の関連用語

1
12% |||||


3
12% |||||

4
8% |||||

5
6% |||||

貴種流離のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



貴種流離のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
物語要素事典物語要素事典
Copyright (C) 2020 物語要素事典 All rights reserved.

©2020 Weblio RSS