陸奥とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 難読語辞典 > 陸奥の意味・解説 

むつ【陸奥】

[一]旧国名の一。現在の青森岩手宮城福島の各県と秋田県一部にあたる。明治元年1868)陸奥・陸中陸前岩代磐城(いわき)の5国に分割後の陸奥は、現在の青森県岩手県一部にあたる。

[二]みちのく

[三]旧日本海軍第二次大戦時の主力戦艦大正10年(1921)竣工改装後の排水量43580トン


みち‐の‐く【陸奥】

《「みちのおく」の音変化磐城(いわき)・岩代(いわしろ)・陸前陸中・陸奥(むつ)の5か国の古称。今の福島宮城岩手青森の4県にほぼ相当する地域みちのくに。おく。むつ。

筑紫なるにほふ児故に—の香取娘子(をとめ)の結ひし紐解く」〈・三四二七

[補説] 現代では、東北地方をさしていうこともある。


みち‐の‐おく【陸奥】

みちのく」に同じ。


むつ

青森県北部下北半島にある市。北は津軽海峡、南は大湊(おおみなと)湾に面し、中央恐山山地がある。もと大湊田名部市大湊には海上自衛隊基地がある。ホタテガイ養殖が盛ん。人口6.12010)。


陸奥

読み方:ムツmutsu

旧国名の一


陸奥

名字 読み方
陸奥むつ
名字辞典では、珍しい名字を中心に扱っているため、一般的な名字の読み方とは異なる場合がございます。

陸奥

読み方
陸奥みちのく
陸奥むつ

陸奥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/28 09:06 UTC 版)

陸奥正字: 陸奧(むつ、みちのく、りくおう)




「陸奥」の続きの解説一覧

陸奥

出典:『Wiktionary』 (2015/09/27 15:06 UTC 版)

固有名詞

(むつ、雅語:みちのく

  1. 旧国名現在の青森岩手福島宮城、と秋田北東部をあわせた範囲明治に入って、陸前陸中陸奥磐城岩代奥州五国に分割された。
  2. 青森石川二戸郡範囲
  3. 日本海軍軍艦戦艦長門同型艦。

関連語



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「陸奥」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||



6
98% |||||

7
94% |||||

8
94% |||||


10
78% |||||

陸奥のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



陸奥のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
名字見聞録名字見聞録
copyright©1996-2021 SPECTRE all rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの陸奥 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの陸奥 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS