排水量とは? わかりやすく解説

はいすい‐りょう〔‐リヤウ〕【排水量】

読み方:はいすいりょう

水上浮かぶ船が押しのける水の量。船体重量等しく、主に軍艦重量を表すのに用いられトン数で表す。→基準排水量 →満載排水量 →軽荷排水量 →常備排水量


排水量

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/27 04:09 UTC 版)

排水量(はいすいりょう、英語: displacement)とは、重量を示す数値であり、主として艦艇について用いられる。トン数の一種であり[1]排水トン数(displacement tonnage)とも称される[2]


  1. ^ a b c d e f 岡田幸和「第1部 基本計画編」『艦艇工学入門―理論と実際 -』海人社、1997年、7-70頁。ISBN 978-4905551621
  2. ^ 森恒英「1. 船体各部の名称」『艦船メカニズム図鑑』グランプリ出版、1989年、10-21頁。ISBN 978-4906189878
  3. ^ a b c d 小林義秀「トンの話」『世界の艦船』第482号、海人社、1994年6月、 104-108頁。
  4. ^ 北島郁夫「艦艇設計を鑑みて」『防衛庁技術研究本部五十年史』、2003年、114-115頁。NCID BA62317928
  5. ^ 排水量とトン数の話”. 果てしなき業務日記. 海事代理士 高橋剛 (2013年7月). 2019年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月18日閲覧。


「排水量」の続きの解説一覧

排水量

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/31 16:25 UTC 版)

雲龍型航空母艦」の記事における「排水量」の解説

雲龍」の基本計画時の公試排水量20,100トン計画であったが、航空艤装変更対空機銃増加などで20,400トンまで増加した。また「葛城」「阿蘇」では機関変更により20,250トンとなったその他に出典により色々な値があり、公試平均吃水含めて下の表にまとめる。 艦時期基準(英トン)公試(トン)満載(トン)公試平均吃水(m)備考出典302号艦(雲龍)型5隻 基本計画時(1941年頃) 17,150 20,100 21,779 7.76 5001号艦(天城)5004号艦(笠置) 1943年9月1日17,460 20,400 7.82 笠置 1943年10月 18,300 21,200 7.83 雲龍型 不明 20,450 7.860 原典不明 5003号艦(葛城)5006号艦(阿蘇) 1943年9月1日17,260 20,200 7.78 葛城 1945年10月5日 20,200トン 8.03 引渡目録 葛城 不明 20,250 原典不明 葛城阿蘇 不明 20,200 7.770 原典不明 第5007号艦(生駒)型9隻 基本計画時(1942年頃) 17,500 20,450または20,350 22,005 7.86 5007号艦(生駒)から5015号艦まで 1943年9月1日17,500 20,450 7.86 生駒 不明 17,480 20,450 7.86 原典不明

※この「排水量」の解説は、「雲龍型航空母艦」の解説の一部です。
「排水量」を含む「雲龍型航空母艦」の記事については、「雲龍型航空母艦」の概要を参照ください。


排水量

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/21 04:43 UTC 版)

大日本帝国海軍艦艇要目解説」の記事における「排水量」の解説

排水量は船の重量に等しい単位重量トン詳細な解説は排水量のページへ。実際の排水量は物品搭載弾薬燃料消費などで常に変化するため、代表的な値をきめるが、各国各年代によってその規定が違う。日本海軍では以下の基準軽荷常備公試満載5つ使用した

※この「排水量」の解説は、「大日本帝国海軍艦艇要目解説」の解説の一部です。
「排水量」を含む「大日本帝国海軍艦艇要目解説」の記事については、「大日本帝国海軍艦艇要目解説」の概要を参照ください。


排水量

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/20 03:55 UTC 版)

第十三号型駆潜艇」の記事における「排水量」の解説

基本計画時の公試排水量は460.00トン(固定バラスト約10.5トン)であったが、第13号竣工時の公試排水量は433.878トン(固定バラスト17.9トン)と著しく軽く完成した第13号完成実際値によって改正計画(第2回)となり、固定バラスト27トン公試排水量は455.00トン計画改正その後の艦はこの計画依った。第21号公試排水量竣工時で455.60トンとなっている。

※この「排水量」の解説は、「第十三号型駆潜艇」の解説の一部です。
「排水量」を含む「第十三号型駆潜艇」の記事については、「第十三号型駆潜艇」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「排水量」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「排水量」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



排水量と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「排水量」の関連用語

排水量のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



排水量のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの排水量 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの雲龍型航空母艦 (改訂履歴)、大日本帝国海軍艦艇要目解説 (改訂履歴)、第十三号型駆潜艇 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS