各型とは? わかりやすく解説

各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/08 09:52 UTC 版)

9K720」の記事における「各型」の解説

イスカンデルM ロシア軍向け。射程距離:400km(INF条約違反である500km以上に伸ばせるだけの潜在能力有するイスカンデルE 輸出向けで、ミサイル関連技術輸出規制MTCR)に合わせて設計された。射程距離:280km以下

※この「各型」の解説は、「9K720」の解説の一部です。
「各型」を含む「9K720」の記事については、「9K720」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/14 03:33 UTC 版)

P-16 (航空機)」の記事における「各型」の解説

XP-16 試作型600馬力V-1570-25エンジン装備。1機製造シリアル29-326)。 Y1P-16 生産型評価試験の後P-16となる。25製造シリアル31-502/515、31-597、32-221/230)。 P-16 25製作されたY1P-16の就役後呼称1935年にPB-1と改称。 PB-1 1935年にP-16から改称され生産型。 XF2J-1 海軍向け試作型1934年製作。シリアル8973。

※この「各型」の解説は、「P-16 (航空機)」の解説の一部です。
「各型」を含む「P-16 (航空機)」の記事については、「P-16 (航空機)」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/10 06:06 UTC 版)

SB2A (航空機)」の記事における「各型」の解説

XSB2A-1 社内名称 Model 340-7。試作型。1機製作。 SB2A-2 バッカニア 社内名称 Model 340-20。武装等を改修した初期量産型主翼折り畳み機構装備されていない地上型80生産。 SB2A-3 社内名称 Model 340-26。主翼折り畳み機構着艦フック装備した艦上機型。60生産。 SB2A-4 社内名称 Model 340-17。オランダ空軍向け生産型オランダ降伏により米海兵隊向けとして納入される。162生産A-34 アメリカ陸軍向け地上型192機が発注されたが、本格生産開始前に発注取り消されイギリス向けレンドリース切り替えられたものの、A-34としては実際生産はなされなかった。アメリカ陸軍においては108機が“A-34”として装備されたが、全て本来はイギリス向けのバミューダ Mk.1社内名称 Model 340-14)として生産され機体である。R340 A-34のうちイギリス軍向け地上教材として転用されたもの。1機が生産され段階発注キャンセルされたため、アメリカ陸軍納入され地上教材として使用された。後年発掘され修復され博物館でSB2Aとして展示されている(後述「#現存機」の項参照)。 バミューダ Mk.1 社内名称 Model 340-14。イギリス軍向け生産型750機が発注されたが、実際に生産され引き渡され機体468機に留まる。うち3機がカナダ空軍引き渡され評価試験後に1機が地上教材として使用された。 XSB2A-1 SB2A-3主翼折り畳んだ状態 SB2A-4 バミューダMk.I

※この「各型」の解説は、「SB2A (航空機)」の解説の一部です。
「各型」を含む「SB2A (航空機)」の記事については、「SB2A (航空機)」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/22 09:01 UTC 版)

F9F (航空機)」の記事における「各型」の解説

-2型から-5型まで試作機含めて合計1,388XF9F-1 G-75案。双発複座計画のみウェスティングハウス J30搭載予定試作2機の発注なされたXF9F-2 G-79案。単発単座試作機。3機製造試作1号機 ロールス・ロイス ニーン搭載試作2・3号機 アリソン J33搭載F9F-2 初期量産型1948年初飛行プラット・アンド・ホイットニー J42-P-6(ロールス・ロイス ニーンライセンス生産品)搭載。562機製造F9F-2D 無人標的機型。 F9F-2P 写真偵察機型非武装XF9F-3 XF9F-2 試作3号機改装。J33-A-8搭載エンジン試験用。 F9F-3 J33搭載54製造。J33の不調により後に全機がJ42に換装F9F-2仕様改修1962年にF-9Bに改称XF9F-4 -4型試作機。2機製造F9F-4 胴体を60cm延長垂直尾翼上方に30cm延長。J33-A-16搭載109製造。J33の不調によりほとんどがJ42に換装F9F-5仕様改修1962年F-9C改称された。 XF9F-5 -5型試作機。1機製造F9F-5 -4型と同じ機体プラット・アンド・ホイットニー J48-P-4/P-6A(ロールス・ロイス テイライセンス生産品)搭載616製造少数最終型はJ48-P-8搭載1962年にF-9Dに改称F9F-5P 写真偵察機型非武装長い機首36製造。後に1962年にRF-9Dへと改称F9F-5KD 無人標的機型。-5型および-5P型からの改修1962年以降DF-9Eと呼称

※この「各型」の解説は、「F9F (航空機)」の解説の一部です。
「各型」を含む「F9F (航空機)」の記事については、「F9F (航空機)」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/22 09:01 UTC 版)

F9F (航空機)」の記事における「各型」の解説

F9F-6 F9F-5を基に後退翼したもの646製造1962年以降F-9F呼称F9F-7 J33-A-16A搭載168製造1962年以降F-9Hと呼称F9F-8 胴体延長など。662製造1962年以降F-9Jと呼称F9F-8P 写真偵察機型非武装武装の他はF9F-8と同じ。110機製造1962年以降RF-9Jと呼称F9F-8T 練習機型400製造1962年以降TF-9Jと呼称

※この「各型」の解説は、「F9F (航空機)」の解説の一部です。
「各型」を含む「F9F (航空機)」の記事については、「F9F (航空機)」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/09 20:35 UTC 版)

MGM-52 (ミサイル)」の記事における「各型」の解説

XMGM-52A 当初要求仕様基づいたランス性能要求満たしていたが、生産には至らなかった。 XMGM-52B 射程延長ランス(XRL)。 MGM-52C 生産型ランス

※この「各型」の解説は、「MGM-52 (ミサイル)」の解説の一部です。
「各型」を含む「MGM-52 (ミサイル)」の記事については、「MGM-52 (ミサイル)」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/09 20:35 UTC 版)

MIM-72 (ミサイル)」の記事における「各型」の解説

MIM-72A 初期生産型。 MIM-72B 訓練用ミサイル。 MIM-72C 改良型チャパラル改善されたAN/DAW-1誘導部、M817 指向性ドップラー信管とM250 爆風破片効果弾頭特徴とする。これらの強化は、ミサイル全方向攻撃能力与えた1976年-1981年生産され1978年11月運用開始された。射程は9,000mにまで延伸された。 RIM-72C シーチャパラル海軍バージョン評価はされたものの、アメリカ海軍には採用されず、台湾採用された。 MIM-72D 生産前にキャンセルされ実験ミサイル。 MIM-72E 新型のM121 無煙ロケット・モーター改造されたMIM-72C。 MIM-72F 改良されたM121 無煙ロケット・モーターを持つ新造ミサイル。 MIM-72G FIM-92 スティンガーシーカー元にした新型のAN/DAW-2を取り付け妨害対す抵抗性を向上させた。1980年代後期全てのチャパラルミサイルにこの改造施された。新品ミサイル1990年-1991年生産された。 MIM-72H MIM-72Fの輸出型。 MIM-72J ダウングレードされたMIM-72Gの輸出型。 M30 イナート訓練ミサイル

※この「各型」の解説は、「MIM-72 (ミサイル)」の解説の一部です。
「各型」を含む「MIM-72 (ミサイル)」の記事については、「MIM-72 (ミサイル)」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/17 00:25 UTC 版)

ブラックバーン マーキュリー」の記事における「各型」の解説

Mercury I - 複座試作機 Isaacson エンジン (1 機製造) Mercury II - 単座レース機体 Gnome ロータリエンジンengine (2 機製造) Type B - 1機の Mercury II単座練習機改造された。 Mercury III またはMercury Passenger Type - (6 機製造) 2座席機、エンジンはIsaacson、GnomeRenaultAnzaniなど各種

※この「各型」の解説は、「ブラックバーン マーキュリー」の解説の一部です。
「各型」を含む「ブラックバーン マーキュリー」の記事については、「ブラックバーン マーキュリー」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/10 08:57 UTC 版)

AJ (航空機)」の記事における「各型」の解説

XAJ-1 試作型プラット&ホイットニー R-2800-44(2300hp)レシプロエンジン2基+アリソンJ-33-A-19ターボジェットエンジン1基装備。3機製作。 AJ-1A-2A初期量産型プラット&ホイットニー R-2800-44W(2400hp)レシプロエンジン2基+アリソンJ-33-A-10ターボジェットエンジン1基装備55製造AJ-2 (A-2B) 性能向上型プラット&ホイットニー R-2800-48(2500hp)レシプロエンジン2基+アリソンJ-33-A-10ターボジェットエンジン1基装備垂直尾翼高め胴体延長搭載燃料増加図った型式55製造AJ-2P AJ-2写真偵察機型機首改設計してカメラ搭載した30機製作。

※この「各型」の解説は、「AJ (航空機)」の解説の一部です。
「各型」を含む「AJ (航空機)」の記事については、「AJ (航空機)」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/10 08:57 UTC 版)

A2D (航空機)」の記事における「各型」の解説

XA2D-1 試作型。2機製造。 A2D-1 量産型10製造

※この「各型」の解説は、「A2D (航空機)」の解説の一部です。
「各型」を含む「A2D (航空機)」の記事については、「A2D (航空機)」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/15 21:10 UTC 版)

MiG-15 (航空機)」の記事における「各型」の解説

派生型量産されたものだけでも数知れず存在するが、初期型MiG-15改良生産型MiG-15bis複座練習機型MiG-15UTI(またはUTI MiG-15;МиГ-15УТИ или УТИ МиГ-15)の三種代表的である。これらの中で最も重要なのは複座型MiG-15UTIで、後に登場したMIG-17MiG-19複座型製造されなかったこともあり、極めて多くの国で高等練習機として長期間使用された。2004年時点でも、まだ数ヶ国が使用しているとされる。これらは様々な訓練試験用いられた。数種開発され偵察機型の内、MiG-15Rは300機以上が生産されたが、偵察能力極めて限定的であった。なお、MiG-15ではレーダー搭載型複数開発されたが、結局レーダーMiG-17装備することとなり、MiG-15レーダー搭載型はいずれ生産されなかった。また、戦闘機型機体はのちに後継機配備により余剰化したため、非力ながら戦闘爆撃機として使用された。その他、最後標的機として使用されたものも多くあった。 MiG-15ソ連以外の国でも生産され主なものとしてはチェコスロバキア製のS-102MiG-15相当)、S-103MiG-15bis相当)、CS-102MiG-15UTI相当)、ポーランド製Lim-1MiG-15相当)、Lim-2MiG-15bis相当)、SB Lim-1MiG-15UTI相当)、SB Lim-2ALim-2SB Lim-1同様の複座型改修)などがある。また、それぞれに偵察型Lim-2Rなど)や多く改修型製作された。ハンガリーでもライセンス生産許可される予定であったが、ハンガリー動乱発生により中止された。 中華人民共和国ではソ連から数百機のMiG-15供与されJ-2(殲撃二型)と命名したが、国内での新規生産行われなかった。供与同時にソ連から技師派遣され瀋陽飛機公司サポートあたったものの、生産されたのは複座練習機型JJ-2(殲教二型)だけだった。 なお、中華人民共和国MiG-15についてはJ-4(殲撃四型)の名称が散見されることがあるが、これは西側情報筋が誤って中華人民共和国MiG-15bisJ-4の名前を付けたものであり、実際に中国人民解放軍空軍J-4の名称は用いられていないI-310 開発コード原型機MiG-15 開発時機体名称。初期生産型MiG-15bis 機種最多生産数を誇る改良正規生産型エンジンクリーモフ VK-1換装して速度性能高めたほか、諸々欠陥を潰すことに主眼置かれた。 MiG-15P bis機首吸気口上部レーダー装備した全天候型MiG-15SB 両翼爆弾装備した戦闘爆撃機型MiG-15bisR N-37 37mm機関砲とNR-23 23mm機関砲撤去し空いたスペース偵察カメラ1基を組み込んだ偵察機型MiG-15bisT bisベース標的曳航機型MiG-15UTI 機種転換操縦訓練用の複座型高等練習機型機首左下射撃訓練用の12.7mm重機関銃1丁を装備している。ソ連で3,433機、チェコスロバキアで2,013機が生産され、全生産数の1/3を占め生産数誇り、「MIG-17」や「MiG-19」の複座練習機型製造されなかったため、一部の国では最近まで現役だった。 MiG-15SP-5 UTIベース全天候型レーダーP型と同様。 S-102 MiG-15当のチェコスロバキアライセンス生産機。 S-103 bis当のチェコスロバキアライセンス品CS-102 UTI当のチェコスロバキアライセンス品Lim-1 MiG-15当のポーランド製ライセンス生産機。 Lim-1A Lim-1偵察カメラ1基を組み込んだ偵察機型Lim-2 bis当のポーランド製ライセンス生産機。 Lim-2R N-37 37mm機関砲撤去して偵察カメラ1基を組み込んだ偵察機型SB Lim-1 UTI当のポーランド製ライセンス生産機。 SB Lim-1A SB Lim-1ベース複座型SB Lim-2 SB Lim-1またはLim-2高等練習機型SB Lim-2A Lim-2ベース複座型SB Lim-2M SB Lim-2A改良型J-2(殲撃二型) 中国対し供与されbis国内新規生産なし。 JJ-2(殲教二型) UTI当のJ-2ソ連から技師招聘し、瀋陽飛機公司生産された。輸出名称FT-2。 BA-5 余剰になったJ-2無人機改造したもの。 MiG-15bisMiG-15異なりエアインテーク内の分離壁照明装置つけられている MiG-15UTI S-103 Lim-1 SB Lim-2MiG-15UTIとは異な機銃見える。 SB Lim-2MiG-15UTIとは異なりMiG-15bis同様の形状エアブレーキ見える。

※この「各型」の解説は、「MiG-15 (航空機)」の解説の一部です。
「各型」を含む「MiG-15 (航空機)」の記事については、「MiG-15 (航空機)」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/05 20:24 UTC 版)

キロ型潜水艦」の記事における「各型」の解説

877型 初期型877LPMB 7翼スキュードプロペラ推進実験艦。 877V型 ポンプジェット推進採用した実験艦。アルローサのみ建造され黒海艦隊配備された。 877K型 火器管制システム強化したもの。 877M型 6本の魚雷発射管の内、2本から有線誘導魚雷発射できるようにしたもの877E型 877型輸出向けダウングレード版。 877EM型 877M型輸出向けダウングレード版。 877KM型 6本の魚雷発射管の内2本から有線誘導魚雷発射でき、かつ火器管制システム強化したもの。輸出用877EKM型 877KM型改良版。6本の魚雷発射管全てから有線誘導魚雷発射できるようにしたもの輸出用636型ロシア語版877EKM型をもとに機関出力を向上させ、7翼スキュードプロペラに変更し静粛性増した改良型NATO名称“改キロ級アメリカ海軍名称“キロ-B” 636M型 636型改良版クラブSミサイルシステムの運用が可能となった輸出用636.3型 ロシア海軍向けに636M型改良したもの。

※この「各型」の解説は、「キロ型潜水艦」の解説の一部です。
「各型」を含む「キロ型潜水艦」の記事については、「キロ型潜水艦」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/05 15:26 UTC 版)

シコルスキー S-92」の記事における「各型」の解説

S-92A 民間型民間向け汎用輸送旅客機型であり、通常19名の乗客輸送できる最大乗客22名分シート設置できる機内容積広く、LD3コンテナを3個搭載できる既存S-92A型を改造し最大離陸重量を向上させたS-92A+、新規製造時より高出力エンジン装備し最大離陸重量を向上させながら拡大窓などを装備したS-92B型が開発されている H-92 軍用型であり、愛称はスーパーホーク(Superhawk)。アメリカ軍向けにも提案されエンジン民間型CT7-8A(2,520shp)に対し、CT7-8C(3,070shp)に換装強化されている。カナダ軍向けCH-148もH-92発展型である。

※この「各型」の解説は、「シコルスキー S-92」の解説の一部です。
「各型」を含む「シコルスキー S-92」の記事については、「シコルスキー S-92」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/03 07:28 UTC 版)

F2A (航空機)」の記事における「各型」の解説

XF2A-1(B-139) 原型機エンジンライトR-1820-22(950馬力(710 kW)。1機製造1939年にはF2A-2試作型であるXF2A-2改造された。武装機首ブローニング AN/M2 cal.50 機関銃ブローニング cal.30 AN/M2を1基ずつ装備している。 F2A-1(B-239) 初期生産型風洞実験結果を基に、XF2A-1比べて機首再設計され、垂直安定板垂直尾翼)が拡大されている。エンジンライトR-1820-34(940馬力(700 kW)に変更武装機首AN/M2 cal.50 機関銃ブローニング cal.30 AN/M2各1基に加えてAN/M2 cal.50 機関銃左右主翼に1基ずつ、計4基に強化されている。 66機が発注されたが、アメリカ海軍には11機しか納入されず、生産されたうちの大半である42機がフィンランド向けとして完成した最終生産分の8機は生産ライン上で改修されF2A-2として納入されている。 XF2A-2(B-339) XF2A-1エンジンをR-1820-40(1,100馬力(820 kW)に変更して製作され改良試作型F2A-2 武装機首主翼共にブローニング AN/M2 12.7mm 機関銃統一しエンジン出力強化したR-1820-40/42(1,200馬力(890kW)に変更した改良型主翼下に100ポンド(約45.4kg)の爆弾搭載できる能力追加された。43機が生産されF2A-1より8機が改造され製造された。 F2A-3 -2型防弾装備強化し偵察機としての任務にも適するよう燃料搭載量増大させて航続距離増加させた型。エンジンカウリングとキャノピー再設計されている。重量増加のため運動性低下した108生産XF2A-4 新型フラップエルロン備え、翼内機銃片側3丁に増加させた主翼への変更エンジン2段過給器備えたライト R-2600-12“ツイン・サイクロン” (1,700馬力)とし、胴体18インチ延伸機首機銃廃止する等の改良加えコクピット与圧装備施した性能向上型XF2A-2改造し1機のみ試作B-239 フィンランド空軍使用した輸出型44生産スペックF2A-1準ずるが、アメリカ海軍制式装備輸出認められなかったため、エンジンはR-1820-G5(950馬力)、照準器ドイツのRevi 光像照準器に、計器オランダフォッカー社製に変更された。機銃機首コルト MG40 7.62mm機関銃コルト MG53 12.7mm機関銃各1基、主翼コルトM53 12.7mm機関銃2基の計4基だったが、機首のMG40は後にMG53に変更され、更に後にはフィンランド国産のLKk/42(スウェーデン語版)12.7mm機関銃変更された。 B-339B ベルギー40発注した輸出型受領する前にドイツ占領されたため、イギリス海軍回された。 B-339C オランダ領東インド陸軍航空隊使用した輸出型24生産エンジンはR-1820-G105(1,000馬力(750kw)。 B-339D オランダ領東インド陸軍航空隊使用した輸出型48生産エンジンはR-1820-40に変更B-339EBuffalo Mk.Iイギリス空軍使用した輸出型F2A-2同等機体170生産エンジンはR-1820-G-105。武装ブローニング .303 MK.II 7.7mm航空機関銃変更されている。 B-439(B-339-23) オランダオランダ領東インド陸軍航空隊向けに発注した輸出型F2A-3同等機体で、エンジンはR-1820-G205A(1,200馬力(890kw)に変更されている。20機が生産されたがオランダ領東インド陸軍航空隊では使用されなかった。 F2A-1 三面図 F2A-1海軍第3戦闘飛行隊(VF-3)の所属機1940年撮影 F2A-2海軍第2戦闘飛行隊(VF-2)の所属機(Bu.No.1412) B-339D Buffalo Mk.I(B-339E)

※この「各型」の解説は、「F2A (航空機)」の解説の一部です。
「各型」を含む「F2A (航空機)」の記事については、「F2A (航空機)」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/25 09:32 UTC 版)

H&K VP70」の記事における「各型」の解説

VP70 最初量産型グリップ前縁左側面にフィンガーレスト(指掛け)があり、右手握った際に最適化されている。このため左利き割合の多い北米市場では不評であったVP70M 軍隊および警察・法執行機関を主顧客としたモデルグリップがフィンガーレストのないフラット形状変更されている。 VP70Z VP70Mより3点機能削除した民間向けモデルグリップVP70Mと同じフラット型となっている。VP70 9x21 VP70Z 9x21とも。軍用弾である9x19mmパラベラム弾とその使用拳銃制限されている国地域向けに9x21mm IMI弾仕様したもの。約400丁と少数のみが生産された。

※この「各型」の解説は、「H&K VP70」の解説の一部です。
「各型」を含む「H&K VP70」の記事については、「H&K VP70」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/09 00:22 UTC 版)

P4M (航空機)」の記事における「各型」の解説

XP4M-1 試作型。R-4360-4 エンジン双発。2機製作。 P4M-1 生産型。R-4360-20A エンジン双発19機製作。 P4M-1Q P4M-1の対レーダー戦用改装機に与えられ呼称

※この「各型」の解説は、「P4M (航空機)」の解説の一部です。
「各型」を含む「P4M (航空機)」の記事については、「P4M (航空機)」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 19:38 UTC 版)

SBD (航空機)」の記事における「各型」の解説

XBT-1 ノースロップ社の試作艦上爆撃機。 BT-1 アメリカ海軍向け生産型 XBT-2 BT-1のエンジン機体構造改良したSBD原型機ノースロップ社がダグラス社エル・セガンド事業部になったため、XSBD-1の呼称変更SBD-1 アメリカ海兵隊生産型機首に7.7mm機銃2丁、後席に7.7mm旋回機銃1-2装備SBD-1P 偵察機型SBD-2 SBD-1アメリカ海軍生産型燃料搭載量増加している。 SBD-2P 偵察機型SBD-3 機首機銃を12.7mm2挺へ、防弾タンク防弾鋼板装備エンジンライトR-1820-52(1,000hp)へ変更SBD-3A アメリカ陸軍用のA-24海軍呼称SBD-3P 偵察機型SBD-4 電気系統を6Vから12Vへ変更SBD-4A アメリカ陸軍用のA-24A海軍呼称SBD-4P 偵察機型SBD-5 エンジンライトR-1820-60(1,200hp)へ変更SBD-5A アメリカ陸軍用のA-24B海軍呼称SBD-6 エンジンライトR-1820-66(1,350hp)へ変更A-24 アメリカ陸軍用のSBD-3型。 A-24A アメリカ陸軍用のSBD-4型。 A-24B アメリカ陸軍用のSBD-5型。

※この「各型」の解説は、「SBD (航空機)」の解説の一部です。
「各型」を含む「SBD (航空機)」の記事については、「SBD (航空機)」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 06:37 UTC 版)

一〇〇式司令部偵察機」の記事における「各型」の解説

一〇〇式司偵試作機増加試作機一型(キ46-I)から四型キ46-IV)までが存在し主力となったのは二型キ46-II)と三型キ46-III)である。 一型(キ46-I) 試作機キ46エンジンハ26-I出力875HP)を搭載し1939年11月初飛行最大速度は540km/h/4,100m記録した1940年8 - 9月に一〇〇式司令部偵察機として制式採用され、のちに二型キ46-II)の採用により一型(キ46-I)となる。生産数試作機3機・増加試作機8機、量産機26機。 二型キ46-II最大速度上のため、エンジンハ102出力1080HP)に換装1941年3月登場したのが二型キ46-II)で、最大速度は604km/h/5,800m達し陸海軍通じて日本最初に600km/hを突破した機体となった一説では一型時点で600km/hを超えていたとされる)。生産数試作機4機、量産機1,093機で、各型中最多数となる。 なお、制式外の戦地改造機として対爆撃機迎撃用に速射砲機関砲搭載機内燃料タンク増設したり後席の旋回機関銃撤去した機体や、制式派生型として練習機として二型ベースに、操縦席後方偵察者席とは別の教官席を追加改造した二型改(キ46-II改)が少数存在した三型キ46-IIIさらなる性能向上のため、エンジンハ112-II出力1500HP)に換装増設燃料タンク落下タンク装備し航続距離拡大、さらに風防機首先端まで伸ばし段差なくして完全な流線型したもの1943年3月登場三型キ46-III)であり、最大速度は630km/h/6,000mを、さらに推力式単排気管への換装で約642km/hを記録派生型として20mm機関砲ホ5)を機首に2門装備したものは三型乙キ46-III乙)、更に37mm機関砲ホ204)を機体背面上向き砲として搭載した三型乙+丙(キ46-III乙+丙)と称し従来の純偵察機型三型甲(キ46-III甲)となる。 生産数量産機613機。 四型キ46-IV1943年12月試作第1号完成ターボチャージャー備えたハ112-IIル二段二速エンジン換装し、630km/h/「10,000m」を記録した。なお、量産機では段付き風防採用される予定であった。これは三型流線型風防風洞試験結果、段付き二型大差のないことが判明したためであり、また段付き風防視界優れ夜間着陸前方索敵がより容易な利点があった。

※この「各型」の解説は、「一〇〇式司令部偵察機」の解説の一部です。
「各型」を含む「一〇〇式司令部偵察機」の記事については、「一〇〇式司令部偵察機」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/03 07:48 UTC 版)

XTB2D (航空機)」の記事における「各型」の解説

XTB2D 開発社内名称“デヴァステイターII(Devastator II)”。検討用および風洞実験用のフルサイズモックアップ1機が製造された。 XTB2D-1 試作型及び先行量産型試作機2機と先行量産機23機が発注されたが、試作機のみが製造された。BuNo 36933 - 試作1号機BuNo 36934 - 試作2号機垂直尾翼を23.25インチ(59cm)短縮して胴体23インチ(58.42cm)延長胴体後部下面銃塔部分ゴンドラ様に拡大し下面前方観測窓を設けている。

※この「各型」の解説は、「XTB2D (航空機)」の解説の一部です。
「各型」を含む「XTB2D (航空機)」の記事については、「XTB2D (航空機)」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/23 04:12 UTC 版)

ダッソー ファルコン 900」の記事における「各型」の解説

ファルコン 900 初期型。TFE731-5AR-1Cエンジン搭載ファルコン 900MSA 日本海上保安庁向け。洋上捜索機ファルコン 900B TFE731-5BR-1Cエンジン搭載1991年生産開始ファルコン 900EX 航続距離8,340kmの長距離型。グラスコックピット採用し、TFE731-60エンジン搭載1996年引き渡し開始ファルコン 900C 900Bのアビオニクス改良型2000年引き渡し開始ファルコン 900DX 中距離型。TFE731-60エンジン搭載ファルコン 900LX 900EXにウィングレット装備し航続距離を8,800kmに延長した型。

※この「各型」の解説は、「ダッソー ファルコン 900」の解説の一部です。
「各型」を含む「ダッソー ファルコン 900」の記事については、「ダッソー ファルコン 900」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/25 10:24 UTC 版)

MiG-9 (航空機)」の記事における「各型」の解説

I-300 プロトタイプ。3機製造MiG-9 / FS / I-301 RD-20またはRD-21エンジン搭載した唯一の生産型MiG-9 / FP / I-302 機体側面移動したN-37砲を搭載した1つプロトタイプMiG-9 / FL / I-305 1機のプロトタイプに、リューリカ TR-1エンジン搭載未完成MiG-9 / FF / I-307 RD-20FまたはRD-21エンジン搭載した2つプロトタイプMiG-9 / FN / I-320 ロールス・ロイス・ニーンエンジン搭載した1つプロトタイプ未完成MiG-9L / FK ラドゥガ KS-1 コメット空中発射対艦巡航ミサイル航空電子工学テストするために改造された1機。 MiG-9M / FR / I-308 RD-21エンジン搭載した1つプロトタイプミグ-9UTI / FT / I-301T 複座練習機。2機製造

※この「各型」の解説は、「MiG-9 (航空機)」の解説の一部です。
「各型」を含む「MiG-9 (航空機)」の記事については、「MiG-9 (航空機)」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/15 15:34 UTC 版)

フォード・チャレンジャーV8」の記事における「各型」の解説

※リンカーンマーキュリーでは基本的に名称を定めなかったが、時期車種または等級によっては「ライトニングV8」("Lightning V-8") や「サイクロンV8」("Cyclone V-8") などと呼称する場合もあった。 キャブレター関し、以下断りなき場合全て数量は1基、吸気方向ダウンドラフト (降流) 式、メイク記してない場合オートライトまたはモータークラフト (いずれもフォード・モーター当時または現グループ会社) の製品とする。

※この「各型」の解説は、「フォード・チャレンジャーV8」の解説の一部です。
「各型」を含む「フォード・チャレンジャーV8」の記事については、「フォード・チャレンジャーV8」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/08 23:59 UTC 版)

C-2 (航空機・アメリカ)」の記事における「各型」の解説

YC-2A 試作機E-2Aより2機改装C-2A 量産型初期生産型17機。後期生産型39機。後期生産型C-2(R)ともいわれるC-2(M) 主翼尾翼エンジンコックピットアビオニクスをE-2Dと共通化し、座席一新したもの。C-2A後継として提案が行われたがV-22 オスプレイ敗れた

※この「各型」の解説は、「C-2 (航空機・アメリカ)」の解説の一部です。
「各型」を含む「C-2 (航空機・アメリカ)」の記事については、「C-2 (航空機・アメリカ)」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/14 07:37 UTC 版)

FV4101 チャリオティア」の記事における「各型」の解説

チャリオティアには基体となったクロムウェル巡航戦車型式によりMk.6/7/7w/8の4種があり、さらに20ポンド砲の排煙器有無からModelA/Bの2種類の副型式がある。また、クロムウェルにはMk.で分類される型式の他に細かな仕様の差を示す「タイプ」があり、チャリオティアに改装され車体ではD、Dw、E、Ew、Fの5タイプ存在している。 なお、イギリス兵器付与されるMK.番号1948年よりローマ数字よりアラビア数字変更されているため、公式にはチャリオティアのサブタイプにはローマ数字使用されていない。 Charioteer Mk.6 クロムウェルMk.VIより改装され車両クロムウェルMk.VI戦後全てMk.VIII改修されているため、実質的にはMk.8と同様である。44両生産。 Charioteer Mk.7 クロムウェルMk.VIIより改装され車両生産数は最も多く、チャリオティアの大多数はこの型である。261両生産。 Charioteer Mk.7w クロムウェルMk.VIIwより改装され車両。wは“welded”の略号で、溶接構造車体意味する前面装甲板増加装甲追加し前面装甲厚101mmとなっている。41両生産。 Charioteer Mk.8 クロムウェルMk.VIIIより改装され車両96両生産。 Model A 主砲排煙器のない型。 Model B 主砲排煙器装備する型。

※この「各型」の解説は、「FV4101 チャリオティア」の解説の一部です。
「各型」を含む「FV4101 チャリオティア」の記事については、「FV4101 チャリオティア」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/13 13:38 UTC 版)

B-47 (航空機)」の記事における「各型」の解説

XB-47 試作型。この型のみシアトルボーイング社本社工場製造されたが、B-47A以後ボーイング製の機体は、政府所有ボーイング社管理下のウィチタ工場製造された。2機製造B-47A 初期生産型実験的に採用された。アスペクト比大きな細長い翼によって、高速飛行時にエルロン・リバーサル引き起こされた。10製造B-47B 空中給油装置装着のために機首風防無くしレーダー換装した型。他にも落下式増槽装備できるようにし、88機目からはエンジン換装された。1951年4月26日初飛行ダグラス10機とロッキード製8機を合わせ399製造B-47B-II ハイヌーン計画(Program High Noon)によってB型E型相当へ改良したのちの、改造施され機体俗称。 YRB-47B 昼間偵察機型RB-47E配備されるまでのつなぎとして運用されRB-47E配備される爆撃任務戻された。B-47Bから91改造TB-47B 練習機型当時任務から退いていた87機のB-47Bのうち66機を改造MB-47B 無人偵察機型。水爆搭載可能になる予定だった。製造前の1953年4月1日計画破棄された。 YDB-47B 試験機型。GAM-63ラスカルミサイルを搭載するためにB-47Bより1機が改造された。DB-47Bとして74機が改造されたが、政治的な問題によりラスカルミサイル計画頓挫し1機の運用終わったWB-47B 気象偵察機型B-47唯一戦略航空軍団(SAC)で運用され軍事航空輸送部(MATS)で運用され機体。のちに軍事空輸軍団(MAC)内の航空気象部へ移管されて1960年代半ばまで運用された。B-47Bより1機改造KB-47B 給油給油口システム(probe-and-drogue system)の試験機型。B-47Bより2機改造CL-52 エンジン試験機型。カナダ空軍提供されB-47Bに、カナデア社がイロコイエンジンを尾部右側搭載して試験が行われた。のちに戻され米空軍返還された。 YB-47C エンジン換装し6発にした型。B-47Bから1機改造予定だった。のちにB-56へと発展する予定であったエンジン開発の遅れやそのエンジンB-52優先的に搭載することになったため、計画のみ製造されなかった。 詳細は「B-56 (航空機)」を参照 XB-47D エンジンのうち4基をターボプロップ2基に換装エンジン換装されたものの性能大きな変化無かったため採用されず。1955年8月26日初飛行B-47Bより2機改造B-47E 性能向上型エンジン換装され、機首ガラス部も両側の1つずつの窓に変更された。また、B-47B以来装備されていた射出座席廃した細かな変更によってI〜IVまでの俗称がある。1953年1月30日初飛行ダグラス264機とロッキード386機を合わせ計1,341製造YDB-47E 試験機型。GAM-63ラスカルミサイルを搭載するためにB-47Eより2機が改造された。 DB-47E GAM-63ラスカルミサイルを運用するために改造された型。のちに無人機制御機として運用された。B-47Eより2機改造。 ティー・タウンB-47E 妨害装着型。AN/ALT-6B妨害器を装備しているが、"ティー・タウン・ポッズ"と呼ばれるフォーブス空軍基地改造されたため、AN/ALT-6Bの入っているポッド掛けてティー・タウンB-47E(TEE TOWN B-47)と呼ばれたEB-47E 電子妨害機型。艦隊電子戦支援部隊(FEWSG)でも運用された。ティー・タウンB-47Eより改造され機体と、B-47Eより2機改造され機体がある。 EB-47E(TT) 特殊妨害機型。「テル・トゥー (Tell Two)」と呼ばれる通信機器 (Telemetry Intelligence)を搭載しソ連ミサイル試験宇宙へ発射する際の無線信号傍受していた。また、適切な装備2人ECMオペレーター入れた「クロー・カプセル (Crow Capsule)」と呼ばれるものを爆弾倉部分搭載した操縦席両側直下には、ソ連上空ミサイル発射からの遠隔測定信号傍受するため特殊な形状アンテナ搭載していた。これは基地人員からかなり注目され乗組員アンテナが「戦闘機への変換return to fighterRTF)の象徴一つだ」などと想像力豊かな物語作り上げた。3機すべてがトルコ近郊運用されていた。後継機RC-135Sリベットボール / コブラボールB-47Eより3機改造ETB-47E 練習機型搭乗する教官のため4席目が設けられた。TB-47B後継機として1960年代初頭運用された。B-47Eより数機改造JB-47E 試験機型。爆撃以外の専門試験業務割り当てられJB-47E包括的な名称を与えられた。うち1機はフライ・バイ・ワイヤ試験機とされた。1960年代後半運用された。B-47Eより数機改造JTB-47E 実験機型ECMシステム試験機であるとされるが、秘匿されていたため詳細不明1960年代初頭運用された。B-47Eより2機改造JRB-47E 実験機型JTB-47E同様にECMシステム試験機であるとされるが、秘匿されていたため詳細不明1960年代初頭運用された。B-47Eより1機改造NB-47E 海軍における実験支援機型。S-3艦上哨戒機搭載予定ののGE TF34-2ターボファンエンジンテスト支援するために米海軍供与され機体NB-47E命名された。1969年から1975年まで試験飛行行った空軍より1機供与RB-47E 偵察機型ソ連上空到達可能な飛行場のほぼ全てにおいて運用され、しばしばソ連上空偵察していた。この型は機首B-47Eより0.86m伸ばされていたが、これは最大11台のカメラ収納する部分であった240製造QB-47E 無人標的機型。RB-47Eより14改造WB-47E 気象偵察機型尾部銃座含め武装取り去られ機種カメラ爆弾倉気象観測器が設置された。前任機はWB-50スーパーフォートレスロッキードによってB-47Eより34改造RB-47H 電子偵察機型。電子戦要員が3人搭乗可能。32製造ERB-47H 電子偵察機型。電子戦要員2人搭乗可能。3機製造YB-47J B-52のMA-2 BNS試験支援機型。B-47Eより1機改造RB-47K 偵察機型B-47Eをもとにして15製造EB-47L 通信中継機型。B-47Eより36改造

※この「各型」の解説は、「B-47 (航空機)」の解説の一部です。
「各型」を含む「B-47 (航空機)」の記事については、「B-47 (航空機)」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/13 13:31 UTC 版)

F-101 (戦闘機)」の記事における「各型」の解説

YF-101A 試作機29製造F-101A 初期生産型戦略航空軍団単座長距離護衛戦闘機として計画されたが、戦術航空軍団単座戦闘爆撃機 (WS-105) として実用化図られた。J57-P-13エンジン装備M39 20mm機関砲4門を機首装備しMark 28B43などの核爆弾1発のほか、AIM-4ファルコン空対空ミサイル実際に搭載されず)も搭載可能とされる空中給油装置プローブ式、ブーム式双方対応する48製造1957年部隊配備開始。 NF-101A GEJ79ジェットエンジンテスト機(1機改装RF-101A 戦術航空軍団向けの単座偵察機 (WS-105L)。試作機YRF-101Aは1956年5月10日初飛行機首および胴体部に複数偵察カメラ装備35製造1957年部隊配備開始1971年退役台湾空軍にも1959年から供与され1960年代中国大陸本土偵察飛行実施し、被撃墜記録している。台湾機体1973年退役したF-101B/CF-101B 防空軍団およびカナダ空軍向けの複座長距離要撃機当初F-109の名称を提案したA型異なりウエポンシステムはWS-217Aの名称があてられた。1957年3月27日初飛行電子装備F-106戦闘機より簡略化されているが、代わりに後席にレーダー要員搭乗する。前席前方には赤外線捜索追跡装置 (IRST) が、後席左側面には夜間迎撃時の目標識別使用するライトが、設置されている。空中給油受油装置装備しない。武装機銃無く胴体前部回転式ミサイル倉に空対空ミサイル4発を搭載する搭載ミサイルAIM-4ファルコン4発、あるいはAIM-4ファルコン2発およびAIR-2ジニー2発の組み合わせミサイル倉の機外機内搭載されるが、大型ジニー機内搭載専用となっている。また、AIM-26ファルコン搭載可能とする資料もある。エンジンはJ57-P-53またはP-55を装備防空軍団での運用1959年から1972年その後空軍州兵1982年まで用いられた。生産機数480機。カナダ空軍はCF-101Bの名称で採用した1961年から1984年まで運用生産機数132機。66機が1960年代と1970年代の2回に渡り機材更新の形で供与された。 EF-101B カナダ空軍用いられ複座電子戦訓練機。「エレクトリック・ブードゥー」の通称呼ばれ演習時にカナダ領空侵犯する模擬敵機つとめた。1機が改装され1987年まで運用された。 TF-101B/TF-101F/F-101F/CF-101F 複座練習機。後にF型に名称統一79製造。このほか152機が複操縦装置装備し機体によって完全な操縦可能なものと一部操縦制限されているものがあった。カナダ空軍ではCF-101Fとして運用された。これもCF-101Bと同じく10機が1960年代と1970年代の2回に渡り機材更新の形で供与された。 RF-101B 戦術航空軍団運用され複座偵察機。1機がF-101Bから、22機がカナダ空軍より返還されたCF-101Bより改装された。これは1970年代初期改装され1975年まで空軍州兵運用された。 F-101C 戦術航空軍団向けの単座戦闘爆撃機1957年8月21日初飛行F-101Aより機体構造強化し荷重制限緩和されているほか、エンジン改良などが行なわれているが、ほぼA型同等機体である。94機が発注されるも47機の製造終わり、残発注RF-101C切り替えられた。1958年部隊配備開始RF-101C 戦術航空軍団向けの単座偵察機1957年7月12日初飛行RF-101A改良型であり、固定武装無く、6台の偵察カメラ機首胴体部に有する166製造1957年部隊配備開始1962年キューバ危機偵察活動行ったほか、1961年からベトナム共和国南ベトナム)やタイ派遣されており、ベトナム戦争投入された。主に対空砲火により31機が戦闘損失となっている。 F-101D/E GE社エンジン計画機RF-101G/H F-101A/Cを空軍州兵向け単座偵察機改装空軍州兵における旧式化した偵察機戦力更新増強するものであった1966年以降改装開始1979年までに退役

※この「各型」の解説は、「F-101 (戦闘機)」の解説の一部です。
「各型」を含む「F-101 (戦闘機)」の記事については、「F-101 (戦闘機)」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/13 13:31 UTC 版)

F-102 (戦闘機)」の記事における「各型」の解説

YF-102 - 初期試作機 YF-102A - 改良型試作機 F-102A - 単座全天候要撃機。889機生産。 TF-102A - 複座訓練機111生産。 F-102B - F-106A デルタダート開発初期の名称。 QF-102A - 複座有人標的ドローン(F-102Aから改造) PQM-102A - 無人標的ドローン1973年以降200機以上がF-102Aから改造。 PQM-102B - 無人標的ドローン

※この「各型」の解説は、「F-102 (戦闘機)」の解説の一部です。
「各型」を含む「F-102 (戦闘機)」の記事については、「F-102 (戦闘機)」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/13 13:30 UTC 版)

A-7 コルセア II」の記事における「各型」の解説

A-7A 初期生産型。TF30-P-6エンジン搭載アメリカ海軍向け。199製造。うち開発原型機3機。 A-7B エンジンをTF30-P-8に換装アメリカ海軍向け。196製造A-7C E型向けのTF41エンジン製造間に合わないためにTF30エンジン搭載した型。装備E型に同じ。67製造TA-7C アメリカ海軍向けの複座練習機型A型B型より65改修A-7D アメリカ空軍向け。電子装置換装機関砲M61A1換装空中給油装置空軍式(フライングブーム方式)への変更主翼折りたたみ装置簡易化。TF41エンジンHUDヘッドアップディスプレイ)を搭載459製造A-7E D型参考にしたアメリカ海軍向けの機体。TF41エンジンの搭載電子装置換装機関砲B型までのコルト Mk12 20mm機関砲×2門からM61A1換装アメリカ海軍機として、初のHUD搭載。535機製造1968年11月初飛行YA-7F英語版アメリカ空軍向け。エンジンP&W F100換装夜間攻撃能力強化試作機2機のみ。1989年11月初飛行A-7G スイス空軍向け。1972年提案されたが不採用計画のみA-7H ギリシャ空軍向け。E型同等だが、空中給油を受ける機能排除60製造1975年5月初飛行TA-7H ギリシャ空軍向け。複座練習機。5機製造YA-7H 複座型練習機E型改修アメリカ海軍向け。1機のみ。 A-7K アメリカ空軍州兵向け。複座練習機30製造1981年より部隊配備A-7P ポルトガル空軍向け。アメリカ海軍所有A型E型当に改修機関砲A型同様のコルト Mk12 20mm機関砲×2

※この「各型」の解説は、「A-7 コルセア II」の解説の一部です。
「各型」を含む「A-7 コルセア II」の記事については、「A-7 コルセア II」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/15 05:08 UTC 版)

B-24 (航空機)」の記事における「各型」の解説

出典: B-24が生産され5つ製造工場製造工場コードProduction facility code)は以下の通りCO - コンソリデーテッドサンディエゴ工場 CF - コンソリデーテッドフォートワース工場 DT - ダグラスタルサ工場 FO - フォード社ウィローラン工場 NA - ノースアメリカン社ダラス工場

※この「各型」の解説は、「B-24 (航空機)」の解説の一部です。
「各型」を含む「B-24 (航空機)」の記事については、「B-24 (航空機)」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/16 01:14 UTC 版)

UボートII型」の記事における「各型」の解説

IIA型 IIA型はキールのドイッチュ・ヴェルケ社で6隻が建造され、全艦が1935年に就役した。本型は250tと小型のため、扱いやすく、その良好な水中運動性は兵たちに賞賛されたという。 しかし、航続力がないなど、実戦用の潜水艦としては性能不足であり、より大型のVII型などが就役するに従って、練習潜水艦として使用されるようになった。 IIB型 IIA型に続いて建造されたIIB型は航続距離を改善するため、IIA型の船体を1.8m延長し、燃料搭載量を12tから21tに増やした型である。ドイッチュ・ヴェルケ社及びキールのゲルマニア造船所とフレンスブルクのフレンダー社で1935年から翌年にかけて18隻、1940年に2隻の計20隻が建造された。 本型は大半の艦が実戦を経験しており、一部の艦は第30Uボート戦隊に編入、分解されて黒海に運ばれコンスタンツァを基地として実戦配備されて戦果を上げている。 IIC型 IIC型はIIB型の船体をさらに1.2m延長し燃料搭載量を23tとした型である。同時に延長によって増加した船体容積利用して無線設備充実潜望鏡の1基追加が行われている。 建造全てドイッチュ・ヴェルケ社で行われ1938年末から1940年就役し、合計8隻が建造された。 IID型 IID型IIC型の船体新たにサドルタンク装備し、その一部燃料タンクとすることによって燃料搭載量を38tとした型である。また、船体幅の増加による速力低下を補うため、スクリュー従来型より推進効率優れたシュラウドリング付きタイプ変更している。建造全てドイッチュ・ヴェルケ社で行われ1940年から翌年にかけて16隻が就役した。

※この「各型」の解説は、「UボートII型」の解説の一部です。
「各型」を含む「UボートII型」の記事については、「UボートII型」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 00:57 UTC 版)

Ms型潜水艦」の記事における「各型」の解説

以下にMs型に分類される艦級を示す。 U51型 U57型 U60型 U63型 U81クリッパー艦首など、大きく設計変更した型。 U87型 U43型の搭載魚雷数を増やした改正型 U93型 U81型の武装強化型 U99型 U105型 U111型 U115型 Ms型の最終形建造途中で終戦迎えたため、完成した艦はない。 U160型 U87型の艦首クリッパー型に改設計した型。建造途中で終戦迎えたため、完成した艦はない。

※この「各型」の解説は、「Ms型潜水艦」の解説の一部です。
「各型」を含む「Ms型潜水艦」の記事については、「Ms型潜水艦」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/09 13:14 UTC 版)

T-38 (航空機)」の記事における「各型」の解説

N-156T 社内開発名称。 YT-38 試作機 T-38A 量産型T-38N NASA使用しているA型ベースにしたモデル操縦経験の無い宇宙飛行士乗せて機動飛行体験させるために使用T-38C登場以前からアビオニクス改良され、ウェザーレーダーが装備されるなど、独自仕様となっている。 AT-38A 武装型試作のみ。 DT-38A アメリカ海軍向け。無人標的機誘導必要な機材搭載している。 NT-38A 各種試験機。 QT-38A 無人標的機型。 AT-38B 武装型T-38C 近代化改修型AT-38C 武装型近代化改修型T-38Cの改修モデル ボーイングによりアビオニクス更新され改修型グラスコックピット採用GPS統合され航法装置追加している。 T-38M トルコ軍での近代化改修型

※この「各型」の解説は、「T-38 (航空機)」の解説の一部です。
「各型」を含む「T-38 (航空機)」の記事については、「T-38 (航空機)」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/18 06:48 UTC 版)

M60パットン」の記事における「各型」の解説

XM68/XM60 主砲のみを105mm砲に換装したM48砲塔新型車体搭載した試作型当初は"M68"の制式名とされる予定開発開始されたが、開発中に"M60"に改称の上制式化されて量産された。 M60 M48類似した亀甲形砲塔搭載した基本型一部車両M48改修して生産されている。 1959年生産開始。1,080輌が生産された他、M48から230余り改装されM60として再就役した。M60E1 M60新設計の砲塔搭載した試作型車体部にも改修加えたものがM60A1として制式化され量産された。 M60A1E M60車体新型砲塔と152mm ガンランチャー搭載した発展型の試作車両、およびその開発計画の名称。-A1E2型を経てM60A2となった。 -A2として制式化され量産されたものとは車体仕様異なり、-A2が-A1と同じ改修型車体使用しているのに対し、-A1Eの車体原型M60のままである開発段階では3種類の砲答案があり、この3種砲塔組合わせたものはXM66の仮制式名称でも呼ばれるM60A1E4 M60砲塔操縦席備えた新型砲塔搭載し、ガンランチャーシステムと独立旋回可能な銃架マウントされた20mm機関砲搭載した試作車両で、全体デザインとしてはMBT70戦車仕様M60に採り入れたものとなっている。 MBT70開発計画により開発され各種新型技術、特に兵装操縦装置遠隔操作装置テストベッドとして開発されたもので、M60A1E(XM66、後のM60A2)の開発に当たり設計されたXM66-TypeC砲塔デザイン流用されている。 MBT70M60A2開発終了した後は無線による無人操作テスト用いられ得られデータ後述のXM1060の開発活かされている。

※この「各型」の解説は、「M60パットン」の解説の一部です。
「各型」を含む「M60パットン」の記事については、「M60パットン」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/19 00:18 UTC 版)

AIM-54 フェニックス」の記事における「各型」の解説

弾体種類により、胴体書かれた帯の色で区別される黄色=実弾 青色=訓練茶色=モーターのみ装備

※この「各型」の解説は、「AIM-54 フェニックス」の解説の一部です。
「各型」を含む「AIM-54 フェニックス」の記事については、「AIM-54 フェニックス」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/14 07:54 UTC 版)

KC-97 (航空機)」の記事における「各型」の解説

KC-97A:C-97より3機改装後部貨物扉を除去し空中給油装置付加。 KC-97E:新造空中給油機型。後部貨物扉はなし、60製造。 KC-97F:E型エンジン改良型159製造。 KC-97G:空中給油機/輸送機兼用型。多く輸送機として用いられた。592製造。うち135機は後に空中給油器材降ろし、C-97G輸送機改装された。 GKC-97G:地上訓練器材改装された型。5機改装。 JKC-97G:J47ジェットエンジン追加した型。1機を試製改装。 KC-97H:F型よりの改装ドローグ方式空中給油装置試験。1機改装。 KC-97L:G型J47ジェットエンジン追加した型、81改装

※この「各型」の解説は、「KC-97 (航空機)」の解説の一部です。
「各型」を含む「KC-97 (航空機)」の記事については、「KC-97 (航空機)」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 03:49 UTC 版)

AGM-62 (ミサイル)」の記事における「各型」の解説

前述のようにウォールアイミサイルとして扱われなかったため、AGM-62A以降のシリーズ記号を持つ名称はないが、実に多く種類があり、判明しているだけでも数十種類にも及ぶ。大きく分類する次のとおりになる。 ウォールアイ I 初期生産型。825lb高性能炸薬弾頭ウォールアイ I ER ウォールアイ I射程延長型。 ウォールアイ I ERDL ウォールアイ I ERデータ・リンク搭載型。 ウォールアイ I ERDL/DPSK ウォールアイ I ERDLデータ・リンク改善型ウォールアイ II 弾頭大型化。2,000lb高性能炸薬弾頭核弾頭搭載型もあった。 ウォールアイ II ERDL ウォールアイ II射程延長データ・リンク搭載型。 ウォールアイ II ERDL/DPSK ウォールアイ II ERDLデータ・リンク改善型

※この「各型」の解説は、「AGM-62 (ミサイル)」の解説の一部です。
「各型」を含む「AGM-62 (ミサイル)」の記事については、「AGM-62 (ミサイル)」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/25 14:17 UTC 版)

PT-76」の記事における「各型」の解説

Ob-740 試作型PT-76 最初量産型PT-76B 改良型PT-76M(オブィエークト907エンジン出力強化車体先端形状鋭角的な船型とし、側面がより膨らんだ形状とした改良型試作のみ。 PT-76M ベラルーシのMinotor Service開発した改良型機能強化移動性火力重点置いている。砲塔BMP-2歩兵戦闘車IFV)に装備された完全ユニット置き換えられ、右に車長座り、左に砲手が座る。上面には9M113のランチャー装備されるタレットどちらかの側には、電動式の81mmグレネードランチャー3本備えられるエンジン240馬力V-6B水冷式ディーゼルから300馬力発揮するUTD-20S1ディーゼルユニットに換装されて強化されている。 PT-76 PT-76B PT-76M

※この「各型」の解説は、「PT-76」の解説の一部です。
「各型」を含む「PT-76」の記事については、「PT-76」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/26 06:02 UTC 版)

九六式艦上戦闘機」の記事における「各型」の解説

九試単座戦闘機(カ-14) 1号機は逆ガルタイプの主翼採用1号機改修型カウリングコブ付き直系小さいものに変更しカウリング胴体段差部分カバー追加し垂直尾翼前にドーサルフィン追加2号機逆ガル廃止し発動機は寿三型直結式。 3・4号機は光一直結装備。製作機数6機。 それまで鋼管フレーム構造から、全金属製モノコック構造へと近代化果たし日本戦闘機開発世界トップレベル追い付いた九六式一号艦上戦闘機(A5M1) 最初量産型発動機は、寿二型改1を装備武装は 7.7mm機銃2門。三菱航空機30生産九六式一号艦上戦闘機改(A5M1a) 二号一型主翼エリコンFF20mm機関砲を各1門ずつ装備した実験機九六式二号一型艦上戦闘機(A5M2a) 発動機を寿三型換装プロペラを3翅とした。 前期型背びれが低い。 後期型背びれ高くする代わりに保護棒を廃止九六式二号二型艦上戦闘機(A5M2b) 前期型発動機過冷防止風圧対す操縦者保護のため、胴体太くしてカウルフラップ、および密閉式風防取り付けた後期型視界不良とされた密閉式風防取り外されて、代わりに操縦者保護のため背びれ高くした。 昇降舵系統剛性低下操縦方式導入(従来説では零戦からだったが、近年の研究判明)。 二号一型二型併せて39機を三菱生産九六式三号艦戦(A5M3a) (胴体一号艦戦同様に細い)二号一型艦戦改造し、20mmイスパノモーターカノン砲とイスパノ12Xcrs水冷発動機装備した実験機。2機製作された。その後空冷エンジンに再換装され、前線配備された。 九六式四号艦戦(A5M4) 発動機を寿四一型に換装。最も多く生産された型で、三菱の他に佐世保工廠九州飛行機などで合計約 1,000機が生産された。 二式練習用戦闘機(A5M4-K) 九六式艦戦複座化した練習機

※この「各型」の解説は、「九六式艦上戦闘機」の解説の一部です。
「各型」を含む「九六式艦上戦闘機」の記事については、「九六式艦上戦闘機」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/26 05:45 UTC 版)

秋水」の記事における「各型」の解説

J8M2 海軍計画発進車輪廃してカタパルト発進式とし、搭載武装30ミリ機銃1挺に減じ燃料搭載量増加させた型。計画のみキ202 秋水改 陸軍計画機体空力的に洗練しエンジン強化型の「特呂三号」(推力:2,000 kg)に変更、さらに巡航ロケット追加して航続時間増加試みた計画のみMXY8 秋草陸軍名称:ク13部隊訓練用の全木製羽布張り滑空機グライダー)。秋水同一外見をしていたが重量は1トン強にとどまった秋水完成先立って少数製作され訓練用いられた。滑空速度は300km/hほどで急降下宙返り可能だった秋水重滑空機 秋水からエンジン武装取り外した訓練用グライダーMXY9 秋花 秋草ツ11モータージェット搭載した練習機計画のみ秋水式火薬ロケット 秋水設計をもとにした無線操縦型地対空ミサイル炸薬積まず体当たり攻撃行ったのちは着陸再使用される。川崎航空機製造する予定だった。計画のみ。 以下は連合国などで後世伝えられる本機関連計画機だが、日本軍側の記録にはそのような機体の開発計画存在しない神龍、神龍二型 連合国軍によって本機改良発展タイプ伝えられる機体外観デルタ翼有し空対空ミサイル機銃武装する計画とされるが、実際に日本軍計画していた神龍二型機関砲搭載予定無かった、同じ時期震電ジェット機化計画考案されていた私案図案勘違いしたとの解釈がある。この他に、正確にはこの神龍二型の話は出所不明であるが、「1943年時点で最も新型機で先進的な機体形状とされた閃電ジェット機化検討されており、それがどういうふうに解釈されたのか、本機神龍計画混同誤解され一人歩きした」との説を掲示した書籍もある。

※この「各型」の解説は、「秋水」の解説の一部です。
「各型」を含む「秋水」の記事については、「秋水」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/28 07:35 UTC 版)

F2H (航空機)」の記事における「各型」の解説

XF2H-1 当初名称XF2D-1。試作機F2H-1 量産型F2H-2 エンジンをJ34-WE-34に換装強化した型。F2H-2B 戦闘爆撃機型主翼強化ハードポイント追加F2H-2N レーダー搭載した夜間戦闘機型。 F2H-2P -2型写真偵察機型カメラ6基を搭載90製造F2H-3 胴体を2.44m延長しレーダー搭載した全天候戦闘機型。燃料搭載量増加し機銃装備位置移動している。カナダ海軍でも60使用。新呼称F-2C。F2H-3P -3型写真偵察機型計画のみF2H-4 最終生産型レーダー搭載した全天候戦闘機型であり、150製造。新呼称、F-2D。 試作型 XF2D-1 F2H-3及び偵察機型F2H-2P 搭載する偵察機材を並べたF2F-2P カナダ海軍F-2CF2H-3

※この「各型」の解説は、「F2H (航空機)」の解説の一部です。
「各型」を含む「F2H (航空機)」の記事については、「F2H (航空機)」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/07 02:20 UTC 版)

B-57 (航空機)」の記事における「各型」の解説

B-57A 初期生産爆撃機型キャンベラ B.2と殆ど同じもの。8機製造。 B-57B 量産され爆撃機型タンデム配置複座翼下4つハードポイントをもつ。12.7mm機関銃を8門搭載したが、後に20mm機関砲4門に強化された。202製造B-57C 練習機型二重操縦装置搭載1954年12月30日初飛行38製造B-57E 標的曳航機型C型基礎とするため、二重操縦装置搭載1956年5月16日初飛行68製造B-57G 夜間偵察任務対地攻撃投入可能な戦術爆撃機型。「トロピック・ムーン III(Tropic Moon III)」計画に基づき機首FLIR、低光量テレビ地形追随レーダー備えた夜間侵入専用機として、18機がB型から改造された。 RB-57A 写真偵察機型爆弾倉後方カメラ設置された。搭載機器には、司令説明用のAN / APS-11AトランスポンダとAN / APA-90インジケータグループ(左、右、CLIMBDESCENDBOMBなど)が含まれた。67製造RB-57B 写真偵察機型空軍州兵向けにB型から改修された。 RB-57C 写真偵察機型空軍州兵向けにC型から改修された。 RB-57D(英語版高高度戦略偵察機型。より強いJ57-P-9エンジン搭載され翼幅が32.31 m(106フィート)に延長された。グループA/B/C/Dの4種類分けられそれぞれ偵察装備など仕様異なる。1955年11月3日初飛行20製造。 RB-57E 偵察機型E型を基にしたもので、当初空軍州兵向けに写真偵察機として作られたが、のちにベトナム戦争において「パトリシア・リン計画 (Patricia Lynn)」で全天候偵察機として使用された。全天候のものは6機がE型から改造された。 RB-57F(英語版高高度戦略偵察機型。RB-57Dの改良型で、翼幅が37.5 m(122フィート)に延長されTF33ターボファンエンジン搭載。後に補助エンジンとしてJ60エンジン2基が主翼下に追加された。23,700mまで上昇できた。1963年6月23日初飛行21製造。 EB-57A 電子攻撃機型。RB-57Aから改造EB-57B 電子妨害機型。B型から改造EB-57D 電子妨害機型。RB-57Dから改造EB-57E 電子攻撃機型。RB-57Eから改造WB-57D アメリカ気象庁により気象採集試験転用されたRB-57D。 WB-57F WB-57Dから改良され気象観測機型。1960年から1971年にかけ、国立海洋大気庁NOAA)によって運用された。 長期にわたるモスボール経て、現在では3機のWB-57FがNASAジョンソン宇宙センターJSC)において高高度研究プログラムのために運用されている。

※この「各型」の解説は、「B-57 (航空機)」の解説の一部です。
「各型」を含む「B-57 (航空機)」の記事については、「B-57 (航空機)」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/08 20:14 UTC 版)

A-1 (航空機)」の記事における「各型」の解説

AD-1 AD-2Q AD-3W AD-4NA AD-5 (A-1E) EA-1F A-1J XBT2D-1 単座急降下爆撃機米海軍用の雷撃機試作機XBT2D-1N 三座夜間攻撃用試作機。3機のみ製造XBT2D-1P 写真偵察試作機。1機のみ製造XBT2D-1Q 複座電子戦試作機。1機のみ製造BT2D-2XAD-2改良型攻撃用試作機。1機のみ製造AD-1 初期型242生産AD-1Q 電子妨害機。複座35生産AD-1U AD-1電子妨害および標的曳航機型武装なし。 XAD-1W 早期警戒機であるAD-3W原型機三座。1機のみ製造AD-2 エンジンライトR-3350-26W(2,700馬力)に換装156生産AD-2D 核実験後の空気中の放射性物質収集するため、遠隔操作使用され機体非公式名称。 AD-2N AD-2夜間攻撃型AD-2Q AD-2電子妨害機型。複座21生産AD-2QU AD-2電子妨害および標的曳航機型武装なし。1機のみ生産AD-2W 早期警戒機型。 XAD-2 原型機XBT2D-1燃料タンク増大型。 AD-3 KITA燃料タンク増大機体構造着陸強化、キャノピーデザイン変更125生産AD-3S 対潜攻撃型試作2機のみ製造AD-3N AD-3夜間攻撃型。3座。15生産AD-3Q 早期警戒機型。機器再配置により搭乗員居住性改善された。31生産AD-3QU 曳航機型だが、もっぱらAD-3Qとして配備された。 AD-3W 早期警戒機型。2機改修(31生産?)。 XAD-3E 対潜任務機。AD-3Wより2機改修AD-4 着陸強化レーダー改良、対Gスーツ機材設置344生産(372生産?)。 AD-4B 20mm機関砲を2門から4門に強化戦術核爆弾運用能力付与194生産(165生産28改修か?)。 AD-4L 韓国配備用に寒冷地応能強化63改修AD-4N(A-1D) 夜間攻撃および電子妨害型。三座370生産AD-4NA 韓国での任務のためAD-4Nから夜間攻撃装備取り除き20mm機関砲を2門から4門に強化した対地攻撃機AD-4NL AD-4Nバリエーション36改修AD-4Q AD-4電子妨害機型。複座39生産AD-4W 早期警戒機型。三座168生産50機が英国海軍スカイレイダーAEW Mk1として移籍した。 AD-5 (A-1E) サイド・バイ・サイド配置複座垂直尾翼面積拡大一部ダイブブレーキ廃止212生産AD-5N (A-1G) 夜間攻撃および電子妨害型。四座239生産AD-5Q (EA-1F) AD-4電子妨害機型。四座54改修AD-5W (EA-1E) 早期警戒機型。APS-20レーダー搭載三座156生産218生産?)。 UA-1E AD-5の汎用機型。 AD-6 (A-1H) 低空侵攻用。単座713生産AD-7 (A-1J) エンジンライトR3350-26WB に換装し、機体構造強化した最終モデル72生産

※この「各型」の解説は、「A-1 (航空機)」の解説の一部です。
「各型」を含む「A-1 (航空機)」の記事については、「A-1 (航空機)」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/31 01:20 UTC 版)

A-37 (航空機)」の記事における「各型」の解説

YA-37A XAT-37Dより改称。2機製作。 A-37A 実戦評価試験用先行量産型。以下の点をT-37Bより改修して製作。39製造エンジン強力なJ85-GE-5に換装し、6ヶ所(後に8ヶ所に増加)のハードポイント追加通信航法機材更新したA-37B A-37A運用結果を基に改良され本格量産型557製造エンジンはより強力なJ85-GE-17Aを搭載し機体構造強化したことで、最大離陸重量T-37の2倍以上に達した機首には空中給油プローブ固定装備A-37B機首部分内部搭載されたGAU-2B/A 7.62mmミニガン A-37B機首からまっすぐ伸びた棒が空中給油プローブ OA-37B A-37B通信装備改修し前線航空管制機(FAC機)とした改修型

※この「各型」の解説は、「A-37 (航空機)」の解説の一部です。
「各型」を含む「A-37 (航空機)」の記事については、「A-37 (航空機)」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/31 02:53 UTC 版)

B-29 (航空機)」の記事における「各型」の解説

型名末尾アルファベット二文字製造工場コードProduction facility code)。生産型のうち記号無し機種複数工場製造され記号付き機種該当する工場でのみ製造されたことを示す。 BO - ボーイング社シアトル工場 BW - ボーイング社ウィチタ工場 BN - ボーイング社レントン工場 BA - ベル・エアクラフトマリエッタ工場 MO - グレン・L・マーティンオマハ工場 出典:牧英雄開発と各型」 『ボーイングB-29No.52(1995-5版第3刷)、文林堂〈世界傑作機〉、2002年2月5日17-24頁。

※この「各型」の解説は、「B-29 (航空機)」の解説の一部です。
「各型」を含む「B-29 (航空機)」の記事については、「B-29 (航空機)」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/23 13:52 UTC 版)

P-43 (航空機)」の記事における「各型」の解説

YP-43 試作型13製造P-43 初期生産型。YP-43と同一で、54製造。 P-43A エンジンをR-1830-49に換装し、主翼の7.7mm機銃を12.7mmに替えた型。80製造。 P-43A-1 P-43Aの中国への輸出向け型。防弾装備燃料タンク保護装備追加し胴体前部にも12.7mmを追加した落下式増槽や91kgまでの爆弾装備するハードポイント胴体下に設けられた。125製造。 P-43B 尾部カメラ搭載した写真偵察機型。2機をP-43Aから、148機をP-43A-1や生産途中のP-43A-1より改造。 P-43C 詳細不詳。 P-43D 写真偵察機型エンジンをR-1830-47へと換装。P-43Aから6機改造。 P-43E 写真偵察機型D型同様にエンジンをR-1830-47へと換装。 RP-43 1942年からアメリカ陸軍航空隊・軍のP-43各型が指定された型。前線から引き上げて予備機として保管された。 P-44 ロケット P-43からエンジンをR-2180-1に換装した機体製造機なし。

※この「各型」の解説は、「P-43 (航空機)」の解説の一部です。
「各型」を含む「P-43 (航空機)」の記事については、「P-43 (航空機)」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/30 17:15 UTC 版)

ダッソー ファルコン 20」の記事における「各型」の解説

ファルコン 20 初期型エンジンGE製のGE700-2C。後にファルコン 20Cと呼ばれたファルコン 20D エンジンをGE700-2Dに変更し燃料容量最大離陸重量増加ファルコン 20E エンジンをGE700-2D-2に変更し更なる最大離陸重量増加大容量スターター/ジェネレーター装備ファルコン 20F 燃料タンク拡大しスラット追加により離着陸性能が向上。 ファルコン 20G 海上哨戒救難用。エンジンはギャレット・エアリサーチ製のATF3-6-2Cに変更ファルコン 200 旧称ファルコン 20H。エンジンをATF3-6A-4Cに変更燃料タンク拡大。 ファルコン・カーゴジェット 貨物機型。フェデックス採用ファルコン 20C-5/D-5/E-5/F-5 エンジンをTFE731-5AR-2CあるいはTFE731-5BR-2Cに換装した改造機。 HU-25A ガーディアン アメリカ沿岸警備隊捜索救難機ファルコン 20Gを基にしたもの1982年配備開始。HU-25B ガーディアン HU-25Aに側方監視レーダー(SLAR)を追加した型。 HU-25C ガーディアン HU-25AにAN/APG-66レーダー装備した型。麻薬密輸取り締まり任務使用。 HU-25C+ ガーディアン HU-25CのレーダーAN/APG-66(V)2に換装したアップグレード型。 HU-25D ガーディアン HU-25Aに逆合成開口レーダー装備したアップグレード型。

※この「各型」の解説は、「ダッソー ファルコン 20」の解説の一部です。
「各型」を含む「ダッソー ファルコン 20」の記事については、「ダッソー ファルコン 20」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/07/03 16:38 UTC 版)

M6トラクター」の記事における「各型」の解説

T22 最初試作型T23 二次試作型。 M6 量産型。1,235両生産。 T9S 吊下げ能力20トン回転式クレーンアタッチメントを搭載した重工機械型の試作車試作2両のみ。

※この「各型」の解説は、「M6トラクター」の解説の一部です。
「各型」を含む「M6トラクター」の記事については、「M6トラクター」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/28 01:29 UTC 版)

ロイヤル・オードナンス L11」の記事における「各型」の解説

L11A1 初期型L11A2 砲尾をはじめ、各所改良L11A3 砲尾を改良L11A4 自動装填装置用の試作型L11A5 主要生産型砲口照合装置導入軽量化などの改良L11A6 A3の改良型砲口照合装置導入排気システム改良L11A7 提案のみ

※この「各型」の解説は、「ロイヤル・オードナンス L11」の解説の一部です。
「各型」を含む「ロイヤル・オードナンス L11」の記事については、「ロイヤル・オードナンス L11」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/12/12 14:14 UTC 版)

M829 (砲弾)」の記事における「各型」の解説

M829 M829は、アルミニウム製のサボットを持ち弾体には、おなじくアルミ製の風防と5安定翼有する。サボットは発射後、弾体より4分割されて分離される砲弾は、半燃焼薬莢であり、重量は18.6kg。JA-2発射薬と615mm長の弾体は、砲口速度で1,670m毎秒達する。最大有効射程は約3,000m。ジェーンによればM829は2,000mの距離で540mmの均質圧延装甲貫徹することができる。改良型のA1型以降開発されたことにより、M829運用廃止されている。 M829A1 M829A1は、湾岸戦争の際、イラク軍に対して用いられた。しかし、コンタークト5のような爆発反応装甲に対しては、威力減じてしまうことが判明したため、更なる改良型のM829A2およびA3が開発されることとなった砲弾重量は20.9kg、長さ984mmであり、7.9kgのJA-19発射薬は、1,575m毎秒砲口速度与える。弾体長さ684mm、重量9kgであり、最大有効射程は約3,000m。試験では、最大670mmの貫徹力有する評価され、距離1,000mでは620mm、2,000mでは570mm、4,000mにおいてさえ460mmの装甲貫徹能力があるとされた。 M829A2 M829A2は、M829A1の更なる改良型である。1993年より運用されている。サボットに複合材使用しているため、砲弾全体重量わずかに軽くなっており、弾体長さ伸ばされた。砲口速度は1,680m毎秒。 M829A3 M829A3は、A2の再改良型であり、2003年より量産されている。情報少ないが、砲弾重量は22.3kg、長さ892mm。弾体は10kgと重くなり、長さも800mmと大きく伸ばされたと推測されている。砲口速度は1,555m毎秒。 M829E4 M829E4は、ジェネラル・ダイナミクスなどの企業連合開発中砲弾であり、2011年には実用化に向け研究進めていることが発表されている。

※この「各型」の解説は、「M829 (砲弾)」の解説の一部です。
「各型」を含む「M829 (砲弾)」の記事については、「M829 (砲弾)」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/10/25 01:50 UTC 版)

ショート 360」の記事における「各型」の解説

360-100:前期量産型。 360-300:後期量産型エンジン換装プロペラ翅を5から6にした型。 360-300F:貨物機型。尾部にリアローディングドアを装備

※この「各型」の解説は、「ショート 360」の解説の一部です。
「各型」を含む「ショート 360」の記事については、「ショート 360」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/26 00:11 UTC 版)

QW-1 (ミサイル)」の記事における「各型」の解説

QW-1 初期型QW-1M 2002年公開され改良型。QW-1A QW-1Mレーダー液晶ディスプレイなどを加えたネットワーク型。 QW-11 巡航ミサイルなどの低空目標迎撃企図した開発型。QW-1Gとも。 QW-18 シーカーを2波式とした改良型

※この「各型」の解説は、「QW-1 (ミサイル)」の解説の一部です。
「各型」を含む「QW-1 (ミサイル)」の記事については、「QW-1 (ミサイル)」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/23 01:54 UTC 版)

隼艇」の記事における「各型」の解説

H-1(1号隼型) 詳細は「MAS艇 (日本海軍)」を参照 H-2(2号隼型) H-2はH-1を元に横須賀1943年昭和18年)から翌年建造された。同型艇2号隼艇~9号隼艇MAS艇木製船体だったが鋼製とし、ほぼ同じ大きさ船体建造エンジン当時入手可能で最大馬力を持つ航空機用火星11型エンジン搭載した。なお『世界の艦船 日本特務艦船史』ではH-1,H-2を合わせて1号隼」型としている。 3,5,7,8隼艇は昭興丸に搭載され横須賀からトラック輸送途中に、1943年11月28日小笠原西方にて同船雷撃され沈没した失われたH-3527号隼型) T-35型(乙型魚雷艇)の隼艇タイプ同型艇27隼艇~32号隼艇212隼艇~217隼艇主機エンジン)は魚雷艇用の71号6型エンジン搭載し速力38ノットとなった1944年昭和19年)に横須賀と呉で建造されたがエンジン生産の遅れから12隻の建造に留まった。 H-3810号隼型) T-38型(乙型魚雷艇)の隼艇タイプ同型艇10号隼艇~26隼艇51号隼艇~73号隼艇123隼艇124隼艇204隼艇~211隼艇エンジン金星41型を搭載し1943年昭和18年)から翌年にかけて各海軍工廠松尾橋梁田中車両船体のみ)などで50隻が建造され隼艇主力となったH-40日本魚雷艇物語』の巻末表に記載有り。それによると航空機用明星2型エンジンを2基搭載したT-37型(乙型魚雷艇)の隼艇タイプH-61101号隼型) ガソリン入手の困難と被弾時の安全性から新潟鉄工所51号10ディーゼルエンジン搭載したタイプ速力17.5ノット低速となった主機信頼性増した同型艇33号隼艇~46号隼艇101号隼艇~122隼艇218隼艇~245隼艇(237隼艇以降未成)。昭和19年から翌年にかけて64隻が呉で建造された。 H-63日本魚雷艇物語』の巻末表に記載有り。それによると63号V18型1,800馬力エンジン1基を搭載した試作艇。兵装なし。 74号隼型 H-38型(10号隼型)と似たタイプ推定されているが内容不明な点が多い。同型艇74隼艇~100隼艇201隼艇~203隼艇1944年昭和19年)から翌年にかけて30隻が呉で建造されたが大半1945年昭和20年2月建造取り止めとなった

※この「各型」の解説は、「隼艇」の解説の一部です。
「各型」を含む「隼艇」の記事については、「隼艇」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/02 14:25 UTC 版)

MGM-5 (ミサイル)」の記事における「各型」の解説

プライベート A - 研究開発試験ロケット プライベート F - 研究開発試験ロケット RTV-G-1 - WACコーポラル気象観測ロケットWACコーポラルA及びBがある。 RTV-G-2 - コーポラル E対地誘導弾ミサイル試験機 SSM-G-17 - コーポラル・ミサイルの当初の名称。 XSSM-A-17 - コーポラル I(又はタイプ I コーポラル)の試作ミサイル。 SSM-A-17 - コーポラル I 。SSM-G-17から改称。 XSSM-A-17a - コーポラル II(又はタイプ II コーポラル)の試作ミサイル。 XM2E1 - コーポラル II試作ミサイル。SSM-A-17aから改称。 M2 - コーポラル II M2A1 - コーポラル IIb(又はタイプ IIb コーポラルMGM-5A - コーポラル II1962年の名称統一命名規則変更に伴いM2から改称MGM-5B - コーポラル IIb。1962年の名称統一命名規則変更に伴いM2A1から改称コーポラル III - 計画のみ制式名称なし。

※この「各型」の解説は、「MGM-5 (ミサイル)」の解説の一部です。
「各型」を含む「MGM-5 (ミサイル)」の記事については、「MGM-5 (ミサイル)」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/02 14:24 UTC 版)

XA-32 (航空機)」の記事における「各型」の解説

XA-32 試作1号機。12.7機関銃8丁装備シリアルナンバー 42-13568。 XA-32A 試作2号機20㎜機関砲4丁装備シリアルナンバー 42-13569。

※この「各型」の解説は、「XA-32 (航空機)」の解説の一部です。
「各型」を含む「XA-32 (航空機)」の記事については、「XA-32 (航空機)」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/18 01:00 UTC 版)

ブレゲー 27」の記事における「各型」の解説

ブレゲー 27 Bre.270 試作機10機)および初期生産型143機)。イスパノ・スイザ 12Hエンジン搭載Bre.271 イスパノ・スイザ 12Yエンジン搭載型。45生産Bre.272TOEThéatres des Operations Extérieures) 使用条件厳し植民地向けにルノー 9Fas星型エンジン搭載した型。1機のみ製作。 Bre.273 輸出用偵察/軽爆撃型18生産Bre.274 ノーム・ローヌ 14K空冷星型エンジン搭載型。マリーズ・イルズ1936年レース使用。1機製作。 Bre.330 ブレゲー 27高高度型でイスパノ・スイザ 12Nエンジン搭載。2機製作。1機は後にBre.27Sと改称Bre.330.01 長距離飛行用に改修された2機目のBre.330

※この「各型」の解説は、「ブレゲー 27」の解説の一部です。
「各型」を含む「ブレゲー 27」の記事については、「ブレゲー 27」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/26 17:27 UTC 版)

PZL-130 (航空機)」の記事における「各型」の解説

PZL-130 オルリク 原型機。M-14Pm星型ピストンエンジン搭載1984年初飛行。 PZL-130T ターボ・オルリク P&WC PT6Aターボプロップエンジン搭載1986年初飛行。 PZL-130TM オルリク M601Eターボプロップエンジン搭載。 PZL-130TB オルリク M601Tターボプロップエンジン750軸馬力搭載。 PZL-130TC I オルリク PZL-130TBの改良型射出座席追加アビオニクス更新ポーランド空軍採用。 PZL-130TC II オルリク TC I主機をP&WC PT6Aターボプロップエンジン換装し、翼端ウィングレット追加。 PZL-130TC III オルリク アビオニクス更新した改良型

※この「各型」の解説は、「PZL-130 (航空機)」の解説の一部です。
「各型」を含む「PZL-130 (航空機)」の記事については、「PZL-130 (航空機)」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/01 22:14 UTC 版)

L-59 (航空機)」の記事における「各型」の解説

L-59 基本高等練習機型。6機生産L-59E エジプト空軍向け。49生産L-59T チュニジア空軍向け。12生産

※この「各型」の解説は、「L-59 (航空機)」の解説の一部です。
「各型」を含む「L-59 (航空機)」の記事については、「L-59 (航空機)」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/10 19:33 UTC 版)

C-87 (航空機)」の記事における「各型」の解説

XC-87 試作機。B-24Dより1機改造C-87 USAAF向けの乗客25名分座席備えたB-24Dの輸送機仕様278製造。このほか1機のLB-30(イギリス空軍リベレーターMk.1、AM927)が事故引き渡されUSAAF所有となり、C-87と同じ改修施され輸送機となっているが、シリアルナンバーイギリス空軍仕様のAM927のままでありC-87の機数には含まれていないC-87A 乗客16名分VIP輸送仕様。3機がUSAAF向け、3機がRY-1としてアメリカ海軍向け。 C-87B 武装仕様提案型。製造されず。 C-87C RY-3USAAF向けの提案型。名称は使用されず。 XC-109 燃料輸送使用試作型。B-24Eより1基改造C-109 2,400ガロン分の燃料搭載する6つ追加タンク取り付けた燃料輸送仕様。B-24各型より計208機が改造された。 RY-1 3機の乗客16名分座席備えたUSAAFC-87アメリカ海軍の名称。 RY-2 5機の乗客20名分座席備えたUSAAFC-87別の15機はキャンセルRY-3 PB4Y-2 プライバティアの単垂直尾翼と7フィート延長され胴体を持つC-8739機が製造されイギリス空軍輸送軍団231飛行隊アメリカ海兵隊と1機がカナダ空軍により使用された。 AT-22 航空機関士訓練用の5機のC-87。後にTB-24Dに改称リベレーター C.IX レンドリース法により供給され26機のRY-3イギリス空軍での名称。

※この「各型」の解説は、「C-87 (航空機)」の解説の一部です。
「各型」を含む「C-87 (航空機)」の記事については、「C-87 (航空機)」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/15 04:05 UTC 版)

Tp 43 (魚雷)」の記事における「各型」の解説

Tp 431重重バッテリー使用水上艦船潜水艦搭載用。スウェーデン海軍ではヴェステルイェトランド級潜水艦ゴトランド級潜水艦にも搭載Tp 432軽重バッテリー使用航空機ヘリコプター搭載用。 Tp 43XO:Tp 431派生型輸出用Tp 43X2:Tp 45輸出用名称。

※この「各型」の解説は、「Tp 43 (魚雷)」の解説の一部です。
「各型」を含む「Tp 43 (魚雷)」の記事については、「Tp 43 (魚雷)」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/15 04:05 UTC 版)

Tp 42 (魚雷)」の記事における「各型」の解説

Tp 421 Tp 422:ヘリコプター搭載用、1983年配備開始TP 427:1982年配備開始

※この「各型」の解説は、「Tp 42 (魚雷)」の解説の一部です。
「各型」を含む「Tp 42 (魚雷)」の記事については、「Tp 42 (魚雷)」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/20 00:03 UTC 版)

M8トラクター」の記事における「各型」の解説

陸上自衛隊において「25tけん引車 M8」として使用されたのはM8A1のみ T42 試作型。6両生産。原型M18戦車駆逐車と同じ駆動装置走行装置をもつ。 T42-II(T42E1) T42のうちエンジンとトランスミッションをT37-II(M41軽戦車)と同様のものにした改造試作車。3両製作。 M8 T42制式採用名称。 M8E1 T42-II制式採用名称。 T48 T42-IIのうち車体後部昇降プラットフォーム装備した型式試作車両の名称。 T53 T42-IIのうち昇降プラットフォーム装備せず、全通型の貨物室としてホイストクレーン用のレール装備した型式試作車両の名称。 M8E2 E1にM41A1に準じた改修施された型。 M8A1 M8E2量産型生産車大多数はこの型である。A2型合わせ480両生産。 M8A2 M8A1改良型。M41A2に準じた各部改良が行われた。1954年より生産開始T4 M8E1T4 レッカークレーンを搭載した試作レッカー車。1両製作。 T4E1 M8E2T4改良型であるT4E1 レッカークレーンを搭載した2次試作車。2両製作。

※この「各型」の解説は、「M8トラクター」の解説の一部です。
「各型」を含む「M8トラクター」の記事については、「M8トラクター」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/22 16:19 UTC 版)

B-18 (航空機)」の記事における「各型」の解説

DB-1 試作機。1機製造B-18 初期量産型133製造B-18M 爆撃兵装降ろした練習機型DB-2 機首動力銃塔装備した試作機B-18最終量産機より変更。1機製造B-18A エンジンライト R-1820-53に換装爆撃手の配置改良機首下部銃座変更217製造B-18AM B-18Aより爆撃兵装降ろした練習機型B-18B 対潜哨戒機型122改装捜索レーダーMADなどを搭載B-18C 対潜哨戒機型、2機改装機首前方向け機銃装備XB-22 エンジンライト R-2600-3に換装計画のみ詳細は「XB-22 (航空機)」を参照 C-58 輸送機型ディグビー I(Digby I) B-18Aカナダ空軍向け機体

※この「各型」の解説は、「B-18 (航空機)」の解説の一部です。
「各型」を含む「B-18 (航空機)」の記事については、「B-18 (航空機)」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/25 03:33 UTC 版)

C-108 (航空機)」の記事における「各型」の解説

XC-108:ダグラス・マッカーサー用のVIP輸送機バターン号)として、1943年にB-17E(シリアル 41-2593)より改装防弾板を除去し側面などの防御機銃降ろし機首尾端のみに機銃装備している。機内には、執務室調理場設けられ、窓も設置された。また、ステップ付の搭乗口改装されている。 YC-108:XC-108と同等。B-17F(シリアル 42-6036)より改装。 XC-108A:1944年にB-17E(シリアル 41-2595)より改装全武装および防弾板を降ろし胴体後部左側面に貨物扉を設けたもの。インドからヒマラヤ山脈越えによる中華民国への物資輸送用いられたものの、エンジン性能不足により、1944年末には用いられなくなった。 XC-108B:1944年にB-17F(シリアル 42-30190)より改装全武装および防弾板を降ろし燃料輸送目的胴体内を大型燃料タンクしたもの。XC-108Aと同様にインドからヒマラヤ山脈越えによる中華民国への物資輸送用いられた。

※この「各型」の解説は、「C-108 (航空機)」の解説の一部です。
「各型」を含む「C-108 (航空機)」の記事については、「C-108 (航空機)」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/25 03:00 UTC 版)

M4トラクター」の記事における「各型」の解説

T9/T9E1 試作型。 M4 基本型最初量産型1943年3月-1945年6月にかけ総数5,552両生産。なお、生産車のうち初期300両は車体前面牽引具を装備していない。 M4A1 改良型履帯拡幅アダプター付きのものに統一され、それに合わせてフェンダー拡幅されている。1945年6月-1945年8月にかけ259両生産。 M4A2 M4をA1仕様改修したもの。1954年にM8高速牽引車不足分を補うために生産された。 M4C/M4A1C M40/M43自走砲随伴する砲側弾薬車として、乗員室を縮小し弾薬搭載量増加させた改装車両。これにより搭載弾薬数は155mm/203mm弾薬最大48発となり、搭乗人数11名より8名となった。 ※陸上自衛隊において「18tけん引車 M4」として使用されたのはM4のみ

※この「各型」の解説は、「M4トラクター」の解説の一部です。
「各型」を含む「M4トラクター」の記事については、「M4トラクター」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/28 23:06 UTC 版)

XBTK (航空機)」の記事における「各型」の解説

XBTK-1 5機(BuNo.44313, 44314, 90484, 90485, 90486)製造

※この「各型」の解説は、「XBTK (航空機)」の解説の一部です。
「各型」を含む「XBTK (航空機)」の記事については、「XBTK (航空機)」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/11 09:00 UTC 版)

M15対空自走砲」の記事における「各型」の解説

T28E1 試作/先行量産型80両生産。 M15 正式量産型。砲塔に防盾を追加し12.7mm重機関銃水冷式より空冷式変更した型。680両生産。M15A1 改良型銃架M3A1変更し、防盾の形状変更した型。外観上の変化は、T28E1/M15に対して37mm機関砲12.7mm重機関銃装備位置上下逆になった点と、砲塔全高若干低くなり、前面防盾の上半部が開閉になった点である。1,652両生産。 T54 主砲を40mm機関砲とした発展型。試作のみ。T54E1 T54砲座円筒形装甲板追加した型。試作のみ。 T59 T54折り畳み式安定脚を装備した型。試作のみ。T59E1 T59T17高射火器管制装置装備した型。試作のみ。 T60 T54砲架をM15と同様の12.7mm重機関銃2丁を装備した複合銃とした型。試作のみ。T60E1 T60の銃座にT54E1同様の円筒形装甲板追加した型。試作のみ。 T60/T60E1は当初は「T65」の試作番号開発された。 T68 安定装置付き縦2連型の連装銃架に40mm機関砲装備した発展型。試作のみ。 M34 砲座撤去し40mm機関砲搭載した改造型102両製作。

※この「各型」の解説は、「M15対空自走砲」の解説の一部です。
「各型」を含む「M15対空自走砲」の記事については、「M15対空自走砲」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/02 23:49 UTC 版)

F-11 (戦闘機)」の記事における「各型」の解説

F9F-9 開発時名称。F9F-8より変更F11F-1 量産型1962年以降、F-11Aに改称200製造F11F-P 写真偵察機型85製造計画キャンセルF11F-1F エンジン換装性能向上型。2機製造

※この「各型」の解説は、「F-11 (戦闘機)」の解説の一部です。
「各型」を含む「F-11 (戦闘機)」の記事については、「F-11 (戦闘機)」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/05 23:24 UTC 版)

B-32 (航空機)」の記事における「各型」の解説

XB-32 社内名称モデル33試作機であり、3機が製造された。これは、内側エンジンライトR-3350-13、外側がR-3350-21であり、3翅のプロペラ有していた。また、機首ガラス張りで、水平尾翼端に双垂直尾翼有していた。2号機3号機では、様々な尾翼形状試験された。単垂直尾翼試験され与圧装置装備のほか、ベントラルフィン遠隔操縦引き込み式銃塔設けられ機体末尾にも銃座設けられた。 B-32-1CF 社内名称モデル341944年8月5日初飛行ライトR-3350-23エンジン搭載最初の2機はB-29改設計した尾翼装備していた。垂直尾翼トリムタブは1ヶ所であり、AN/APQ-5BおよびAN/APQ-13爆撃照準レーダー長距離航法装置搭載していた。10製造B-32-5CF 垂直尾翼トリムタブが2ヶ所となり、以降これが標準となった15機が製造され、うち11機は、後に爆撃照準レーダー長距離航法装置取り外し、TB-32-5CFに改装された。 TB-32-10CF 爆弾倉の扉構造変更し無線方位測定装置をSCR-269-GからAN/ARN-7に換装し、エンジン消火装置設置した型。25製造TB-32-15CF 尾翼にも除氷装置設置した型。4機製造B-32-20CF 戦闘用信頼性の低い与圧装置降ろし機体後部捜索監視用の窓を追加した型。21製造B-32-21CF 空隊部隊輸送用爆撃機材を降ろし後部胴体内に座席設置B-32-20CFより1機改装B-32-25CF 爆弾倉内に補助燃料タンク追加し電波航法装置にAN/APN-9 LORAN搭載した型。25製造B-32-30CF 機首銃座改良し電子妨害器材をAN/APQ-2、AN/APT-1、AN/APT-2に換装し、爆撃照準レーダーもAPQ-13Aに換装した型。7機製造。うち3機は間もなくスクラップにされた。 B-32-35CF 弾薬搭載量増加させた型。7機製造も、運用されず、スクラップにされた。 B-32-40CF 10製造も、運用されず、スクラップにされた。 B-32-45CF/50CF 37機が途中で製造中止され、その場スクラップとされた。 B-32-1CO サンディエゴ工場での生産機B-32-20CF同等。3機製造も、納入は1機のみで、他の2機はスクラップにされた。 B-32300機の発注のうち、118機が納入され130機が飛行可能状態まで生産された。170機がキャンセルされている。1,099機のB-32-CF、499機のB-32-COも戦争終結後キャンセルされた。

※この「各型」の解説は、「B-32 (航空機)」の解説の一部です。
「各型」を含む「B-32 (航空機)」の記事については、「B-32 (航空機)」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/06 14:55 UTC 版)

P-63 (航空機)」の記事における「各型」の解説

XP-63 試作機P-63A 初期量産型P-63B パッカード・マーリン V-1650-5エンジン搭載型。計画のみP-63C V-1710-117エンジン搭載P-63D キャノピー涙滴型変更主翼拡大。V-1710-109エンジン搭載。1機のみ製造P-63E 自動車キャノピー搭載主翼拡大。V-1710-109エンジン搭載。2,930発注13製造P-63F エンジン換装尾翼縦に拡張

※この「各型」の解説は、「P-63 (航空機)」の解説の一部です。
「各型」を含む「P-63 (航空機)」の記事については、「P-63 (航空機)」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/29 20:41 UTC 版)

グロスター ミーティア」の記事における「各型」の解説

F - 1943-1944年製造され初期生産型。 F.1 - 量産試作型ウェランド搭載20機(1943~44年) 。 F.2 - ハルフォード H.1 を搭載し F.1 より先に初飛行、1機試作。 F.3 - ダーウェント Mk.I 搭載後方スライド式キャノピー装備本格量産型210機。 F.4 - 初の戦後型。ダーウェント Mk.V 搭載翼弦短縮胴体延長与圧コックピット採用増槽装着可能。テイル・ヘビーが更に深刻化し機首に500kgものバラスト積んでいた。703製造、内168機が輸出された。 FR.5 - F.4 改造写真偵察機型、1機試作。 F.6 - F.4の主翼後退翼とした計画機で、実際に製造されず。 T.7 - F.4 を元にした複座練習型胴体延長してコックピットタンデム複座化。ベルギーでは F.4 から改造され機体があり、これはF.8の尾部取り付けていたためT.7.5あるいはT.8とも呼ばれた。712機。 F.8 - F.4 の大幅改良型。ダーウェント Mk.VIII 搭載マーチン・ベイカー社製射出座席装備、T.7 の延長胴体使用搭載燃料増量改良による重心位置移動に伴い尾翼形状変更。1183機製造。内614機が輸出された。 FR.9 - F.8 の戦闘偵察型126機。 PR.10 - F.8 の非武装写真偵察型58機。 NF.11 - T.7 を元にした複座夜間戦闘機型。機首アメリカ製レーダー装備しそれに伴い機関砲取り付け位置主翼移動尾翼はF.8 のものを装備後部にレーダーオペレーターが搭乗331機。 NF.12 - NF.11 の改良型アメリカ製レーダー装備100機。 NF.13 - NF.11 の熱帯地域型。40機。 NF.14 - NF.13 の改良型バブルキャノピー採用100機。 U.15 - F.4 を無人標的機改造したもの。92機が改造された。 U.16 - F.8 を無人標的機改造したもの。108機が改造された。 TT.20 - NF.11 を標的曳航機改造したもの。 U.21 - F.8 を無人標的機改造したもの。オーストラリア空軍向け。 F.1 トレント・ミーティア - F.1にロールス・ロイス RB.50 トレント搭載したターボプロップ実験機。 F.8 プローン・パイロット - 人間の耐G許容度を解明するため、F.4を改造して機首うつ伏せ式のコックピット追加した実験機ミーティア T.7 ミーティア NF.11 ミーティア NF.14 プローン・パイロット

※この「各型」の解説は、「グロスター ミーティア」の解説の一部です。
「各型」を含む「グロスター ミーティア」の記事については、「グロスター ミーティア」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/07 21:51 UTC 版)

SOC (航空機)」の記事における「各型」の解説

XO3C-1 / XSOC-1(CW-71) 試作型550馬力のR-1340-12エンジン搭載フロート車輪内蔵し水陸両用降着装置を持つ。1935年3月23日にXSOC-1へと変更。1機製造。 SOC-1(CW-71A) 初期量産型エンジン550馬力のR-1340-18へと換装主脚フロート付け替え可能。135製造。 SOC-2(CW-71B) エンジンをR-1340-22に換装した型。主脚のみ取付可能。40製造SOC-2A SOC-2に艦上運用のための拘束装置追加した型。 XSO2C-1(CW-71C) 試作改良型。1機改造。 SOC-3(CW-71E) 後期量産型。SOC-2をフロート取付可能なように改造した型 。83製造。SOC-3A SOC-4が後に全て海軍へ移管された際、艦上運用為着フック等を追加した型。3機改造。 SOC-4(CW-71F) SOC-3型の最終生産3機、BuNo.48243、48244、48245。米沿岸警備隊受領したUSCGコール番号はV171、V172、V173。 SON-1 米海軍航空工廠製造されたSOC-3型。44製造SON-1A SON-1に着艦フック等を追加した型。 SO2C SOC-3を改造して試験行った型。エンジンをR-1340-35へと換装し、胴体後方に5フィート(1.524m)延長した。1機改造

※この「各型」の解説は、「SOC (航空機)」の解説の一部です。
「各型」を含む「SOC (航空機)」の記事については、「SOC (航空機)」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/18 00:47 UTC 版)

ユーロコプター EC 155」の記事における「各型」の解説

EC 155 原型機AS365より改装EC 155B 初期量産型チュルボメカ アリエル2C1エンジン搭載EC 155B1 改良型チュルボメカ アリエル2C2エンジン搭載AS 565UC 軍用向けに検討された型。

※この「各型」の解説は、「ユーロコプター EC 155」の解説の一部です。
「各型」を含む「ユーロコプター EC 155」の記事については、「ユーロコプター EC 155」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/23 00:27 UTC 版)

9K115 (ミサイル)」の記事における「各型」の解説

9K115 メチス(AT-7 サクソルン1979年より装備。 9K115-2 メチス-M(AT-13 サクソルン-2)

※この「各型」の解説は、「9K115 (ミサイル)」の解説の一部です。
「各型」を含む「9K115 (ミサイル)」の記事については、「9K115 (ミサイル)」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/07 15:08 UTC 版)

F2F (航空機)」の記事における「各型」の解説

XF2F-1:試作機。1機製造。BuNo. 9342。 F2F-1:量産型55製造。BuNo. 9623~9676、9997。

※この「各型」の解説は、「F2F (航空機)」の解説の一部です。
「各型」を含む「F2F (航空機)」の記事については、「F2F (航空機)」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/05 05:02 UTC 版)

AA-7」の記事における「各型」の解説

NATOによりAA-7 "Apex"のNATOコードネーム与えられミサイルの各型と、実際にソビエト開発/配備されミサイルの名称は以下の通りである。 AA-7 "ApexA" - R-23R(英語版) ※セミアクティブレーダー誘導AA-7 "ApexB" - R-23T ※赤外線誘導AA-7 "ApexC" - R-24R ※セミアクテブレーダー誘導型 AA-7 "ApexD" - R-24T赤外線誘導

※この「各型」の解説は、「AA-7」の解説の一部です。
「各型」を含む「AA-7」の記事については、「AA-7」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/11 02:52 UTC 版)

ワルサーP5」の記事における「各型」の解説

バリエーションとして、1987年にはこれをさらに小型化し、マガジンキャッチを引き金後部押しボタン式変更したP5 コンパクト(P5 COMPACT)も開発された。また、銃身延長したP5L存在しており、この長銃モデルは本銃がP38発展形であることをよく示す外観となっている。 この他P1等に代わる西ドイツ軍用としてP5ベースにしたP1A1が試作されている。これはP5廃止され手動セイフティ復活させたもので、スライド形状にも若干改良加えられている。 使用弾薬では9x19mmパラベラム弾、9x21mm_IMI弾、7.65x21mmパラベラム弾3種類のモデル用意されていたが、生産・販売されたものの大半9x19mmパラベラム弾モデルである。 P5 コンパクト P5L

※この「各型」の解説は、「ワルサーP5」の解説の一部です。
「各型」を含む「ワルサーP5」の記事については、「ワルサーP5」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/02 01:33 UTC 版)

G5カービン」の記事における「各型」の解説

G5 原型もしくは1次試作型。ガスピストン式の作動方式以外は内部構造構成基本的にM4カービンと同じものだが、外形ハンドガードHK416似たものになっており、フロント/リアサイト共にフリップアップ式の折り畳み型になっていること、また、M4に比べレシーバー各所角ばったになっており、グリップおよびロアレシーバー前部マグウェル(マガジン装着部)部分にフィンガーノッチ(掴みやすくするために楕円形凹ませ部位)があること、等の点が異なる。ストックAR15系列用のストックの中で「CTR型」と呼ばれるものに似たスケルトンタイプである。マガジンマグプル製のP-MAGに似たリブと残弾確認用の透明部のある樹脂製である。 これまでジョージア兵器展示会等で公開されたものでは、いずれもバイポッド内蔵型フォアグリップ(グリップポッド/グリポッド)や光学照準器サプレッサーといったアクセサリー装着されているが、どの程度までが標準装備であるのかは不明である。 G13 改良型もしくは二次試作型フロントサイトハンドガード前端上部にあるフリップアップ型からM16/M4系列と同じ銃剣ラグ/スリングスイベル基部一体型三角形状のものになっており、ロアレシーバーのマガジンハウジング部にあったフィンガーノッチがなく、アッパレシーバー左側面前部には「G13」の文字刻印されている。 DELTA-308 口径拡大型を基に開発された7.62mmWin308弾使用狙撃銃型サプレッサー装備されており、固定照準器(アイアンサイト)がなく、グリップはハンドレスト付きストックは短脚のついたチークピースバットプレート調整可能なH&K式スナイパーライフルストックになっている

※この「各型」の解説は、「G5カービン」の解説の一部です。
「各型」を含む「G5カービン」の記事については、「G5カービン」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/09 01:57 UTC 版)

デ・ハビランド ベノム」の記事における「各型」の解説

ベノム FB.1 - 戦闘爆撃機型エンジンゴースト Mk.103 NF.2 - 夜間戦闘機型 NF.2A - キャノピー視界改善尾部改修 NF.3 - NF.2の改良型エルロン尾部などを改修エンジンゴースト Mk.104 FB.4 - FB.1の改良型エルロン尾部改修し射出座席装備 FB.50 - FB.1の輸出向け NF.51 - スウェーデン向け夜間戦闘機型 FB.54 - FB.4の輸出向け シーベノム FAW.20 - 最初量産型 FAW.21 - キャノピー視界改善エルロン尾部などを改修射出座席装備エンジンゴースト Mk.104 FAW.22 - 空対空ミサイル運用能力付加エンジンゴースト Mk.105 FAW.53 - オーストラリア向けFAW.21 アキロン - フランスでライセンス生産型細かな改良によりアキロン20/201/202/203/204に分けられる

※この「各型」の解説は、「デ・ハビランド ベノム」の解説の一部です。
「各型」を含む「デ・ハビランド ベノム」の記事については、「デ・ハビランド ベノム」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/13 01:53 UTC 版)

XFJ (航空機)」の記事における「各型」の解説

XFJ-1 試作型。1機製造XFJ-2 改良型エンジン換装し、カウル空気抵抗少ないものを追加XFJ-1より改造

※この「各型」の解説は、「XFJ (航空機)」の解説の一部です。
「各型」を含む「XFJ (航空機)」の記事については、「XFJ (航空機)」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/10 02:12 UTC 版)

XF-87 (戦闘機)」の記事における「各型」の解説

XA-43 当初開発予定攻撃機実機制作前に戦闘機計画転用され、開発中止となったXF-87 試作機。2機製造当初名称、XP-87。 F-87A 戦闘機型57機の量産発注のみで、実機は無い。 RF-87A 写真偵察機型30機の量産発注のみで、実機は無い。

※この「各型」の解説は、「XF-87 (戦闘機)」の解説の一部です。
「各型」を含む「XF-87 (戦闘機)」の記事については、「XF-87 (戦闘機)」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/11 07:26 UTC 版)

F9C (航空機)」の記事における「各型」の解説

XF9C-1:試作機。1機製造。 XF9C-2:試作機。1機製造。 F9C-2:量産型。6機製造

※この「各型」の解説は、「F9C (航空機)」の解説の一部です。
「各型」を含む「F9C (航空機)」の記事については、「F9C (航空機)」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/13 13:45 UTC 版)

ボールトンポール サイドストランド」の記事における「各型」の解説

Mk I試作型、2機生産。ネイピア・ライオン・エンジン搭載Mk II前期型、6機生産ブリストル・ジュピターVIエンジン搭載Mk IMk II仕様改装されている。 Mk III後期型12生産ブリストル・ジュピターVIIFエンジン搭載

※この「各型」の解説は、「ボールトンポール サイドストランド」の解説の一部です。
「各型」を含む「ボールトンポール サイドストランド」の記事については、「ボールトンポール サイドストランド」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/10 05:45 UTC 版)

U-2 (航空機)」の記事における「各型」の解説

U-2A 初期型単座機。J57-P-37Aジェットエンジン搭載48製造U-2B J57-P-31エンジン搭載、5機製造U-2C 空気取り入れ口大型化し、機首延長U-2CT コックピット後部独立した後席を増設した、複座練習機型U-2D U-2Aコックピット後部にある偵察ベイに、2つ目の座席装備できるようにした型。 U-2E U-2B空中給油対応型。 U-2F U-2C空中給油対応型。 U-2G 航空母艦発着用にアレスティング・フック追加降着装置強化された型。3機改修U-2R これ以降後期生産型機体サイズが約40増大1967年初飛行12製造U-2RT U-2R複座練習機型。1機製造U-2EPX U-2R海洋哨戒型。2機製造WU-2 大気気象観測機型。 TR-1A 側方監視レーダーなどを搭載した戦場監視機。アビオニクスなども更新1981年初飛行33製造TR-1B TR-1A複座練習機型後部教官席はスタジアムシーティングとなっている。2機製造ER-2 NASA用の地球環境調査機。単座U-2S U-2R及びTR-1A改良型エンジンセンサー航法システムなどを更新31改修TU-2S TR-1B改良型

※この「各型」の解説は、「U-2 (航空機)」の解説の一部です。
「各型」を含む「U-2 (航空機)」の記事については、「U-2 (航空機)」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/23 10:23 UTC 版)

F3H (航空機)」の記事における「各型」の解説

XF3H-1 試作機。3機製造F3H-1N 初期量産型。J40エンジン搭載未配備。58製造F3H-1P 偵察機型計画のみF-3C J71エンジン搭載142製造1962年以前はF3H-2Nと呼ばれていた。 MF-3B FCSをAPG-51Bに変更80製造旧称はF3H-2M。スパロー運用可。 F-3B 最終量産型239製造旧称はF3H-2。スパロー運用可。 F3H-2P 偵察機型計画のみF3H-3 エンジンをJ73に強化計画のみ

※この「各型」の解説は、「F3H (航空機)」の解説の一部です。
「各型」を含む「F3H (航空機)」の記事については、「F3H (航空機)」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/27 23:57 UTC 版)

US-2 (航空機)」の記事における「各型」の解説

派生型改良型の案も提示されているが、いずれも検討段階である。 US-1A改 開発段階から試作までの呼称試作機2機 (9901・02) は後にXUS-2を経てUS-2となる。 US-2 量産型 (9903~) US-2i インド向けに提案されている型。

※この「各型」の解説は、「US-2 (航空機)」の解説の一部です。
「各型」を含む「US-2 (航空機)」の記事については、「US-2 (航空機)」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/24 09:08 UTC 版)

PBY (航空機)」の記事における「各型」の解説

XP3Y-1 試作機。 PBY-1 初期量産型60生産。 PBY-2 水平尾翼改修50生産。 PBY-3 エンジンをR-1830-66(900馬力)に換装66生産。 PBY-4 エンジンをR-1830-72(1,050馬力)に換装33生産。 PBY-5 エンジンをR-1830-90(1,200馬力)に換装垂直尾翼後縁直線状に変更後部側面銃座風防スライド式からブリスター型へ変更し射撃範囲拡大684生産英軍名称 Catalina Mk.I。 PBY-5A 機首下面および胴体側面引き込み式車輪装備水陸両用機となる。802生産英軍名称 Catalina Mk.III。 PBY-6A AN/APS-3レーダー増備水陸両用機安定性上のため垂直尾翼大型化175生産海上自衛隊に2機が供与。 PB2B-1 PBY-5のボーイングでの生産型。 PB2B-2 PBY-6Aのボーイングでの生産型67生産。 A-10 アメリカ陸軍航空軍向けの機体1948年以前OA-10呼称A-10A PBY-5Aに準拠した機体1948年以前はOA-10A。 A-10B PBY-6Aに準拠した機体1948年以前はOA-10B。

※この「各型」の解説は、「PBY (航空機)」の解説の一部です。
「各型」を含む「PBY (航空機)」の記事については、「PBY (航空機)」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/28 21:57 UTC 版)

L-39 (航空機)」の記事における「各型」の解説

L-39C 基本高等練習機型。Cは「Cvicny(=訓練)」の略。2,251機が生産された、L-39 シリーズ中核をなすタイプL-39V 単座標的曳航機型チェコスロバキア空軍旧東ドイツ空軍向けに8機のみ生産L-39ZO 兵器訓練型。Zは「Zbrojni(=兵装)」の略。1975年8月25日初飛行した。主翼強化し、4ヶ所のパイロン装備している。単座での運用可能なため、後席を追加電子機器増槽改造し実用性重視した例もある。347機を生産L-39ZA L-39ZOから発展した対地攻撃偵察機型1976年9月29日初飛行した。降着装置強化し先述機関砲照準器装備246機を生産L-39ZA/MP MPは「Multi-Purpose(=多用途)」の略。戦闘機前段階訓練(Lead-in Fighter Training, LIFTとも)向け機体デモンストレーション用製造された。L-39ZA電子機器高級な西側アビオニクス換装し、さらにHUD装備した改良型L-39ZA/ART タイ空軍向けのL-39ZAイスラエルのエルビット製電子機器装備L-39MS もともと初期からL-39搭載する予定であったDV-2(推力2,200kg)にエンジン換装し、さらに機体フレーム改良や、L-39MPと同様に西側アビオニクス搭載などの改修施した練習機型。のちにL-59愛称はスーパーアルバトロス)に改称された。 L-139 アルバトロス2000 アメリカ空軍海軍統合基本航空機訓練システム計画(JPATS計画)に応募するために、1991年6月からアライドシグナル共同試作した初等基本練習機エンジンアメリカギャレット(現ハネウェル)TFE731-4-1T、射出座席改良型のVS-2Aに換装し、電子機器HUD西側製のものに換装した。1993年5月8日初飛行したが、JPATS計画ではT-6 テキサンII敗れて不採用となったL-159 ALCA L-59L-39MSから改称)を原型に、より戦闘能力強化した単座軽攻撃機専任機の開発が "ALCA"(Advanced Light Combat Aircraft) プロジェクトの名で進められ1990年代末から2000年代にかけて実用化至ったのがL-159である。のちに複座練習機型生産されL-59と同様、西側最先端アビオニクスその他の機材積極的に導入して近代化図っているのが特徴である。エンジンは、TFE731シリーズから派生したバイパス比ターボファンエンジンハネウェル/ITEC F124米国中華民国中心とした国際共同開発)を採用しており、さらに推力強化されている。 L-39NG L-59L-159技術L-39CフィードバックしたL-39再生産型。NGとは "Next Generation" (次世代)の頭文字を表す。新設計の主翼採用し統合デジタル・モジュラーアビオニクス、NVGへの対応、仮想訓練システム多機能ディスプレイ3基によるグラスコックピットゼロ・ゼロ射出座席など新し脱出システム搭載キャノピーワンピース化、米英共同開発のFJ44-4Mターボファンエンジンへの換装燃料タンク拡大新素材使用による機体寿命の延長15,000飛行時間)。ハードポイント数の増加最大5箇所に)など、多岐にわたる改良が行われている。2015年9月14日初飛行しており、顧客への出荷2018年からを見込んでいる。

※この「各型」の解説は、「L-39 (航空機)」の解説の一部です。
「各型」を含む「L-39 (航空機)」の記事については、「L-39 (航空機)」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/09 15:07 UTC 版)

Il-2 (航空機)」の記事における「各型」の解説

原型機 TsKB-55 複座型原型機TsKB-57 TsKB-55の単座軽量化型。AM-38エンジン(1,575hp)搭載主要生産型 Il-2 初期単座型途中から翼内のShVAK20mm機関砲VYa-23 23mm機関砲変更されている。 Il-2M 後部銃手席を加えた複座型。AM-38Fエンジン(1,720hp)搭載Il-2M3 主翼後退角付けられ改良型Il-2 type 3とも呼ばれる露語圏では「Ил-2 КСС(Крыло со Стрелкой)」とも書かれるIl-2 NS-37 翼下NS-37 37mm機関砲ポッド搭載した機体Il-2 type 3Mとも呼ばれるIl-2KR AFA-1またはAFA-1Mカメラ搭載する複座偵察機型Il-2U 複座練習機型。UIl-2とも呼ばれる試作型 Il-2bis 密閉型後部銃手席を備えた複座型試作機Il-2 ShFK-37 翼下にShFK-37 37mm機関砲ポッド搭載した機体実戦テスト行われたが、採用されず。 Il-2 NS-45 翼下NS-45 45mm機関砲ポッド搭載した機体試作のみ。 Il-2I 単座装甲戦闘機型試作のみ。 Il-2T 航空魚雷搭載する雷撃機型海軍航空隊使用されたとも言われるが、実在した記録確認されていないIl-2 M-82 エンジンM-82星形空冷エンジン(1,675hp)に換装した機体少数機が製作されたのみに留まる

※この「各型」の解説は、「Il-2 (航空機)」の解説の一部です。
「各型」を含む「Il-2 (航空機)」の記事については、「Il-2 (航空機)」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/07 04:00 UTC 版)

FJ-1 (航空機)」の記事における「各型」の解説

XFJ-1 試作型。3機製作。シリアル39053 - 39055 FJ-1 量産型30機製作。シリアル120342 - 120371

※この「各型」の解説は、「FJ-1 (航空機)」の解説の一部です。
「各型」を含む「FJ-1 (航空機)」の記事については、「FJ-1 (航空機)」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/07 05:43 UTC 版)

マーティン JRM」の記事における「各型」の解説

XPB2M-1 社内名称 モデル170(Model 170)。最初試作機。1機のみ製作。XPB2M-1R改造された。ライトR-3350-8エンジン搭載XPB2M-1R 輸送機型。-1より改造され1943年12月完成武装撤去し追加貨物ハッチ及び荷役設備設置ハッチ拡大するとともにデッキ床面強化された。 JRM-1 長距離輸送型。社内名称 モデル170A(Model 170A)。垂直尾翼及び水平尾翼を単尾翼式に変更し胴体延長している。隔壁を減らすことにより機体重量軽減し最大離陸重量増大させている。ライトR-3350-24WAエンジン搭載プロペラは4翅型変更されている。 20機が発注されたが、後に6機に減少された。生産機のうち機体上部貨物ハッチ貨物クレーン搭載した4機はJRM-3改造され最終生産機(6号機)は仕様変更したJRM-2として完成したJRM-2 JRM-1最終生産機(6号機)のエンジンプロペラ変更したもの。機体総重量20,000ポンド増加したエンジンプラット&ホイットニー R4360-4T(3,000馬力)に変更プロペラ直径16フィート8インチのカーチス・エレクトリック製4翅型変更している。 JRM-3 社内名称 モデル170B(Model 170B)。ライトR-3350-24WAエンジン搭載プロペラ直径16フィート8インチのカーチス・エレクトリック製4翅型変更し左右1つずつ2つプロペラには可変ピッチ機構備えられた。JRM-1より4機が改造され製作された。 XPBM-1(BuNo.1520号機) XPBM-1R(BuNo.1520号機) JRM-2Caroline Mars”号(BuNo.76824号機) JRM-3Philippine Mars”号(BuNo.76820号機) 消防機改造されJRM-3(BuNo.76820号機)(2008年撮影)

※この「各型」の解説は、「マーティン JRM」の解説の一部です。
「各型」を含む「マーティン JRM」の記事については、「マーティン JRM」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/07 08:33 UTC 版)

SBA (航空機)」の記事における「各型」の解説

XSBA-1 ブルースター社で製作され試作機。1機のみ製造Bu#9726)。 SBN-1 海軍航空工廠生産され量産型30製造Bu#1522-1551)。 XSBA-1 NACAにおいて研究機として用いられているXSBA-1主翼中央部より上反角増した実験になっている。(1945年3月23日撮影SBN-1 SBN-1(脚を出した状態)海軍第8雷撃飛行隊(VT-8)の所属機

※この「各型」の解説は、「SBA (航空機)」の解説の一部です。
「各型」を含む「SBA (航空機)」の記事については、「SBA (航空機)」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/05 19:11 UTC 版)

C-101 (航空機)」の記事における「各型」の解説

XE-25:原型機エンジンはTFE731-2-2 ターボファンエンジン(推力1,588kg) 1基 C-101EB:複座練習機型スペイン空軍呼称E.25。 C-101BB:輸出用武装練習機型チリ空軍呼称T-36ハルコン。ホンジュラス軍も採用。 C-101CC:輸出用軽攻撃機型。チリ空軍呼称A-36ハルコン。ヨルダン空軍採用。 C-101DD:CC能力向上型原型機1機。 A-36ハルコンIIA-36能力向上改修型。 A-36トクィ:A-36へのシーイーグル空対艦ミサイル運用能力付与計画型

※この「各型」の解説は、「C-101 (航空機)」の解説の一部です。
「各型」を含む「C-101 (航空機)」の記事については、「C-101 (航空機)」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/08 08:19 UTC 版)

ボンバルディア チャレンジャー 600」の記事における「各型」の解説

600初期生産型1983年までに83製造。うち76機はウィングレット装備され601-1A相当に改修された。また、12機がカナダ軍採用され、CC-144, CE-144、CX-144などと呼称された。 601601-1A:ウィングレット装備されエンジン強化された型。 601-1A/ER:601-3R相当に燃料容量拡大した型。 601-3A:グラスコックピット採用した型。 601-3A/ER:601-3Aの601-3R相当に燃料容量拡大した型。 601-3R:テイルコーンに燃料タンク増設した型。航続距離6,630km。 604大幅な改良型であり、エンジン燃料容量主翼・尾翼構造電子装置など改良されている。アメリカ沿岸警備隊でもC-143の名称で指揮統制機として2005年に1機が採用された。 6052006年登場した最新型であり、機体構造見直し尾部形状丸み帯びたほか、キャビンの窓などが拡大されている。アビオニクス改良された。 610乗客24名を載せるストレッチ型である。1981年開発中止となり、実機完成していない。この構想元にボンバルディア CRJ開発された。 6502015年登場したインテリア改良しRockwell CollinsのProlines 21をフライトデックに導入離陸推力を5%増加させた。

※この「各型」の解説は、「ボンバルディア チャレンジャー 600」の解説の一部です。
「各型」を含む「ボンバルディア チャレンジャー 600」の記事については、「ボンバルディア チャレンジャー 600」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/16 01:31 UTC 版)

ハンドレページ ヴィクター」の記事における「各型」の解説

HP.80 試作機、2機製造ヴィクター B.1 戦略爆撃機型、15製造。他に生産され11機は空中給油機型のK.1に改装され、他の24機はB.1A改装ヴィクター B.1A 戦略爆撃機型。B.1改良型であり、レッド・ステアー計画により後方レーダーECM装置の向上が行なわれた。10改装。他に14改装されたがそれらはK.1Aに再改装されヴィクター K.1 空中給油機型。2基のMk.20、1基のMk.17空中給油装置装備11改装爆撃任務にも当たっていた頃は、BK.1という名称だった。 ヴィクター K.1A 空中給油機型。2基のMk.20、1基のMk.17空中給油装置装備14改装爆撃任務与えられていた頃に、BK.1Aという名称だった。 ヴィクター B.2 戦略爆撃機型、エンジンR&R Conway換装。3機製造。更に製造された9機はSR.2に、他にも21製造されたがそれらはB.2Rに改装されヴィクター B.2R ブルースチールミサイル搭載型。エンジンR&R Conway換装。1機改装。他の20機はK.2に改装ヴィクター SR.2 戦略偵察機型、6機製造後、3機はK.2に改装ヴィクター K.2 空中給油機型。2基のMk.20、1基のMk.17空中給油装置装備。B.2/B.2R/SR.2よりそれぞれ1機・3機・20機の計24改装ヴィクター K.2P 空中給油可能な爆撃機型爆撃能力保持しつつも2基の空中給油装置装備。6機改装B.1A(K.2P)という名称も用いられる HP.96 1950年提案され輸送機型85名の兵員輸送可能。計画のみHP.97 1950年提案され民間旅客機型計画のみHP.98 パスファインダー用途提案された型。エンジン換装し、尾部遠隔操作機銃を装備するもの。B.2計画に取って代わられたため、計画のみであったHP.101 HP.97軍用型計画のみHP.104 "フェイズ3"爆撃機として1955年提案された型。サファイア(Sapphire)エンジンロールス・ロイス オリンパスエンジン装備する計画のみHP.111 1958年構想された軍民向けの輸送機型Conwayエンジン4基を装備し二階建て機内には145名の乗客200名の兵員搭載する計画のみHP.114 "フェイズ6"爆撃機として構想された型。スカイボルト空中発射弾道ミサイルを2ないし4基搭載する計画のみHP.123 HP.111を基にした戦術輸送機型。ブラウン・フラップを用いるものであったアームストロング・ホイットワース AW.681計画案のために、こちらは採用されなかった。計画のみ

※この「各型」の解説は、「ハンドレページ ヴィクター」の解説の一部です。
「各型」を含む「ハンドレページ ヴィクター」の記事については、「ハンドレページ ヴィクター」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/21 07:39 UTC 版)

F2G (航空機)」の記事における「各型」の解説

XF2G (BuNo.13471/13472/14091/14092) FG-1(F4U-1)を改装して製作され試験試作機。4翔プロペラエンジン換装型2機、3翔プロペラ機体形状変更型2機の計4機製作。試作1号機(BuNo.13471)のエンジンはXF2G-1 先行量産型1号機(BuNo.14691)に転用された。 XF2G-1 (BuNo.14691 - 14695) XF2Gの結果踏まえて設計改修した試作型および先行量産型垂直尾翼拡大され方向舵2分割式として補助方向舵装備プロペラは4翔型。量産3号機以降はキャブレターインテークが拡張され機首上面形が異なる。総計5機生産製造時からF2Gとして製造され機体である最初機体(BuNo.14691)は"XF2G-1W"とも呼ばれる。 F2G-1 (BuNo.88454 - 88458) 主翼自動折畳機構他の装備のない陸上機型。5機生産F2G-1D -1型改修した戦闘爆撃機型。-1型テスト過程で数機が改修された。 F2G-2 (BuNo.88459 - 88463) 油圧による自動主翼折り畳み機構着艦拘束フック等を装備した艦上機型。5機生産F2G-3 F2G開発結果受けてグッドイヤー社により提案され拡大発展型の仮呼称。「F3G」とも。提案のみ

※この「各型」の解説は、「F2G (航空機)」の解説の一部です。
「各型」を含む「F2G (航空機)」の記事については、「F2G (航空機)」の概要を参照ください。


各型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 15:30 UTC 版)

M44 155mm自走榴弾砲」の記事における「各型」の解説

T99 原型密閉式全周旋回砲塔型。試作車2両+量産車250両生産。量産車全てT149と同様の車両改修された。T99E1 T99機械式計算機連動照準装置搭載した型。T99より1両が改造され製作された。 T149 T99固定式開放式戦闘室に改めた型。358両生産。 M44 T149とT99改修車合せ量産型制式名称。計608両生産。 M44A1 エンジン