VIとは? わかりやすく解説

ブイ‐アイ【VI】

読み方:ぶいあい

viscosity index粘度指数潤滑油粘度温度によって変化する割合を示す

「ブイ‐アイ」に似た言葉

VI   ビジュアル・アイデンティティ


VI

英語 viscosity index

粘度指数の略。温度に対する油の粘度変化大きさを表すために、変化少な標準油(パラフィン系ペンシルバニア産)の100°F粘度(セイボルトユニバーサル秒)を100とし、変化大き標準油(ナフテン系カリフォルニア産)を0として、その間どの位置にあるか示した値である。

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

粘度指数

読み方ねんどしすう
【英】: viscosity index
略語: VI

石油粘度温度によって変化し温度高くなるほど小さくなるが、その程度一定ではなく、油の種類によって異なる。この油の粘度特性を示す指数として、現在最も多く利用されているのが粘度指数(VI)である。粘度指数は、粘度温度変化極めて小さペンシルバニア潤滑油100 とし、極めて大きいガルフ・コースト系のものを 0 として定められたもので、値が大きい油ほど粘度変化小さい。粘度指数の計算方法は、日本工業規格JIS)K2283(原油および石油製品動粘度試験方法並びに石油製品粘度指数算出方法)に規定されている。それによれば試料40 における動粘度 (cSt) を U 、100 における動粘度を Y 、100 試料と同粘度の粘度指数 0 および 100石油40 における動粘度を L および H とすれば、粘度指数 VI は次式表される

L および H は、Y より表または計算式により求めることができる。しかし、最近の粘度指数向上剤ポリイソブチレンなど)を添加した潤滑油などでは、粘度指数が 100はるかに超えたものが少なくなく、こうした油には従来指数合理的でないため、これについては別の計算式用いるように改良加えられている。

VI

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/14 05:39 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

VI, vi

vi

V.I

  • V.I - 韓国の元アーティスト、イ・スンヒョンの活動名


ローマ数字

(VI から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/10 03:44 UTC 版)

ローマ数字(ローマすうじ)は、を表す記号の一種である。ラテン文字の一部を用い、例えばアラビア数字における 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10 をそれぞれ I, II, III, IV, V, VI, VII, VIII, IX, X のように表記する。I, V, X, L, C, D, M はそれぞれ 1, 5, 10, 50, 100, 500, 1000 を表す。i, v, x などと小文字で書くこともある。現代の一般的な表記法では、1以上4000未満の数を表すことができる。


注釈

  1. ^ 書き方ではなく読み方については以下の事例が参考になる――著作権法 (アメリカ合衆国)においてローマ数字による発行年表示が有効なものであるとされていて、不正なローマ数字は著作権表示を無効化しうる[1]。この際、下記のような書き方ルールに合致しているかどうかは問題とされない。
  2. ^ = [{(100 × 2) + 10} × 1000] = 210 × 1000 = 210000 (21万)
  3. ^ = [{1000 + 100 + 50 + (1 × 2)} × 100000] + [{(10 × 3) + 5 + (1 × 2)} × 1000] + {(100 × 2) + (10 × 3) + (1 × 2)} = 1152 × 100000 + 37 × 1000 + 232 = 115200000 (1億1520万) + 37000 + 232 = 115237232 (1億1523万7232)
  4. ^ = [{(1000 × 2) + (100 × 3) + (10 × 2) + (1 × 2)} × 100000] + (((50 + (10 × 2)) + 1) × 1000) + [(100 × 2) + (10 × 3) + {5 + (1 × 3)}] = 2322 × 100000 + 71 × 1000 + 238 = 232200000 (2億3220万) + 71000 + 238 = 232271238 (2億3227万1238)
  5. ^ = [{50 + (10 × 3)} × 1000] = 83 × 1000 = 83000
  6. ^ = [{(100 − 10) + 2} × 1000] = 92 × 1000 = 92000
  7. ^ = 5 × 1000 = 5000
  8. ^ = [(5 × 1000) + {(1 × 3) × 100} + (10 + 5 + 1)] = 5000 + 300 + 16 = 5316
  9. ^ 〔大文字〕U+216C, 216D, 216E, 216F〔小文字〕U+217C, 217D, 217E, 217F
  10. ^ (左から順に) U+2183, 2184, 2180, 2181, 2182, 2187, 2188, 2185, 2186

出典

  1. ^ Hayes, David P.. “Guide to Roman Numerals”. Copyright Registration and Renewal Information Chart and Web Site. 2021年11月29日閲覧。
  2. ^ 比留間直和 (2012年10月1日). “いつ使う?ローマ数字 - ことばマガジン”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社. 2021年11月29日閲覧。
  3. ^ UnicodeコンソーシアムにあるMac OS Japaneseとの変換テーブル


「ローマ数字」の続きの解説一覧

vi

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/02 10:17 UTC 版)

vi(ヴィーアイ)は、Emacsと共にUNIX環境で人気があるテキストエディタビル・ジョイによって開発された。名の由来は「visual editor」ないし「visual interface」とされる[1][2]。後発のUnix系OSに搭載されているviは、上位互換のVimnviであることが多い(viコマンドでvimやnviが起動する)。


  1. ^ 大木敦雄監修 小島範幸・北浦訓行著 『はじめてのvi&Vim』 技術評論社、2009年、23頁。「viの名前の由来は、VIsual Editorです。」
  2. ^ Jargon file vi”. 2009年11月27日閲覧。 - ジャーゴンファイルのviの項で [from ‘Visual Interface’] と明記されている。
  3. ^ ADM3Aの全景”. 2009年5月24日閲覧。ADM3Aのキーボード部分”. 2009年5月31日閲覧。 および キーボードレイアウト図 - ADM3Aのキーh、j、k、lの上に、カーソルを示す刻印が設けられている。
  4. ^ ビル・ジョイの人類への最高の贈り物 – viエディタ (2003)”. 2020年11月24日閲覧。
  5. ^ 村井純、井上尚司、砂原秀樹 『プロフェッショナルUNIX』株式会社アスキー、1986年1月15日、164頁。ISBN 4-87148-184-0 
  6. ^ vi”. IEEE 及び The Open Group (2013年). 2018年1月21日閲覧。 - viの手引き (POSIX標準)
    ex”. IEEE 及び The Open Group (2013年). 2018年1月21日閲覧。 - exの手引き (POSIX標準)


「vi」の続きの解説一覧

.vi

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/17 05:33 UTC 版)

.viアメリカ領ヴァージン諸島に割り当てられている国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)。




「.vi」の続きの解説一覧

V.I

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/30 00:49 UTC 版)

イ・スンヒョン(スンリ, 이승현, Victory、V.I1990年12月12日[1] - )は、韓国の元歌手ボーイズグループBIGBANGの旧メンバー[2][3]


  1. ^ Mark Russell (April 29, 2014). K-Pop Now!: The Korean Music Revolution. Tuttle Publishing. p. 34. ISBN 978-1-4629-1411-1. https://books.google.com/books?id=etDZAwAAQBAJ 
  2. ^ [속보승리, 연예계 은퇴 전격 선언…"YG·빅뱅 명예 위해"[전문]]” (朝鮮語). entertain.naver.com. 2019年3月11日閲覧。
  3. ^ “소시 서현·유리-빅뱅 승리 동국대 연영과 수시 최종합격”. Newsen. (2009年11月5日). http://www.newsen.com/news_view.php?uid=200911051749081001 2010年1月22日閲覧。 
  4. ^ BIGBANG・V.I、西日本柔術新人選手権で銅メダル 偽名で出場モデルプレス 2018年8月19日
  5. ^ 【公式結果】第1回西日本柔術新人選手権一般社団法人 日本ブラジリアン柔術連盟 2017年7月19日
  6. ^ BIGBANGスンリがプロデュース!!ラーメン店「アオリの神隠し」をご紹介☆”. モウダ (2017年9月22日更新). 2018年2月20日閲覧。
  7. ^ アオリ中華楼
  8. ^ アオリの神隠し (2018年1月5日2時25分). “ツイート内容”. Twitter. 2018年2月20日閲覧。[リンク切れ]
  9. ^ “元BIGBANGのV.I、懲役3年の実刑判決…法廷拘束へ”. Kstyle. (2021年8月12日). https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2174518 2021年8月12日閲覧。 
  10. ^ “韓国元アイドルの実刑確定 最高裁が上告棄却”. 共同通信. (2022年5月26日). https://nordot.app/902544103535935488?c=39546741839462401 2022年5月27日閲覧。 


「V.I」の続きの解説一覧

VI

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/08 04:43 UTC 版)

ボーダーワールド -碧落のTAO-」の記事における「VI」の解説

ZONEから脱走した男。タオ実体化させヒルダ任せた

※この「VI」の解説は、「ボーダーワールド -碧落のTAO-」の解説の一部です。
「VI」を含む「ボーダーワールド -碧落のTAO-」の記事については、「ボーダーワールド -碧落のTAO-」の概要を参照ください。


*Vi (*Vy)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 04:07 UTC 版)

日琉祖語」の記事における「*Vi (*Vy)」の解説

アマ/アメ2()、ウハ/ウヘ2(上)、サカ/サケ2(酒)、マ/メ2(目)というふうに、上代日本語には複合語中で現れる形(被覆形)と単独で現れる形(露出形)というふたつの形を持った単語多数あること明らかになっていた。この被覆形—露出交替起こすイ乙・エ乙の起源として、*ai/*ui/*əi という三つ母音連結再構する立場はその当時から、また現在ではさらに *oi をも再構するのが一般的である。 これらは下降二重母音であった解釈され一部研究者(*y はアレクサンダー・ヴォヴィンなど、*j はジョン・ホイットマンなど)に *ay/*uy/*əy/*oy あるいは *aj/*uj/*əj/*oj と書かれることがあるが、これらの母音連結は以下の音韻変化経験したと考えられる被覆形・露出形の起源日琉祖語上代日本語真上東国語遠駿語語中語末*ai (*ay)…a… …e₂ o₂ o₂ *ui (*uy)…u… …i₂ u u *oi (*oy)…o₁… …i₂ 不明 u *əi (*əy)…o₂… …i₂ ~ …e₂ o₂ o語例サケ₂(酒) ~ サカヅキ₁(盃) < *sakai メ₂(目) ~ マヘ₁(前) < *mai ミ2(身) ~ ムカハリ(身代り) < *mui ツキ(月) ~ ツクヨ₁(月夜) < *tukui (Thorpe琉球祖語によれば *tukoi) ツキ₂(調「貢ぎ物」) ~ ツク-ナフ(償う) < *tukui ツキ₂() ~ ツク-ユミ(槻弓) < *tukui クキ₂() ~ ククタチ(アブラナなどの野菜[の])< *kukuiThorpe琉球祖語によれば *kukoi) キ2(木) ~ コ2ノ2ハ(木の葉) < *kəiヨミ₂(黄泉) ~ ヨモ₂- < *jəməi ミ₂ル ~ モ₂ト₂ホ(₂)ル/EMJ モドル < *məi-? ヒ₂(火) ~ ホノ₂ホ(炎) < *poi これらの音法則は以下のような内的再構からも支持することができる。 ワキ₂ラツコ₁ 「菟道稚郎子」< *waku-iratuko₁ 「若-郎子タケ₂チ「高市皇子」< *taka-iti「高-市」 オヒ₂シ「大石」< *əpə-isi大-石EMJ ヱヌ「仔犬」< pre-OWJ *we₂nu < *wə-inu小-犬」 ト₂ネリ舍人」< *tənə-iri「殿-入り」 *ai、*əi、*oi、*uiが再建される被覆形—露出形の対応の多くは接辞*-iの添加によるとする説が一般的であったが、一方で、*…i が語末子音由来であるとの見解が服部四郎や村山七郎などのころからあり、被覆形の由来はその語の後に子音で始まる形態素が結合した場合に語末子音が脱落したものとする説がある。この語末子音は、周辺言語との借用の検討や内的再構からより古い段階の *…r に由来するとする説がある。また、一部の研究者は pJ *mum> WOJ mi₂「身」のような変化朝鮮語族との比較から再構する場合もある。 名詞における被覆形—露出交替同一の母音交替(こちらもしばしば被覆形—露出形とよばれる)は、二段活用動詞連用形でも見られる。たとえば下二段活用動詞連用形語尾e2であるが、多くの語が アケ2/アカ(明・赤) アレ/アラ(荒) カレ/カラ() アゲ2/アガル(上) アテ/アタル(当) などのように、aで終わ語根密接な関係を持つ。従っ下二段活用動詞連用形語尾古形は*ai再構することができるまた上二段活用動詞連用形語尾i2であるが オキ2/オコ2ル・オコ2ス(起) オチ2/オト2ル・オト2ス(落・劣) オヒ₂(育つ)/オホス(育てる) ヨキ₂(避)/ヨ₂コ₂ス(讒) アミ₂/アムス(浴) ツキ2/ツクス(尽) ワビ₂/ワブシ(侘) ナギ₂(凪ぐ)/ナグサム(心が静まる)/ナゴヤカ(和) コ₁ヒ₂/コ₁ホシ(恋) などのようにo₁/₂ またはuで終わ語根密接な関係を持つから、上二段活用動詞連用形語尾古形は *əi または *ui/*oi内的再構することも可能である。(ただし「尽」の場合、上代日本語からは内的に*tukuiが再建されることになるが、Pellard 2013では琉球祖語考慮した比較により*tukoiに修正されている)

※この「*Vi (*Vy)」の解説は、「日琉祖語」の解説の一部です。
「*Vi (*Vy)」を含む「日琉祖語」の記事については、「日琉祖語」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「VI」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「VI」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

VIのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



VIのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
マインズマインズ
COPYRIGHT © MINDS CO., LTD. ALL RIGHT RESERVED.
広告転職.com広告転職.com
Copyright(C) 2022 Total Brain co., ltd. All Rights Reserved.
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2022 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
国立医薬品食品衛生研究所国立医薬品食品衛生研究所
COPYRIGHT (C) 2022 National Institute of Health Sciences ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのVI (改訂履歴)、ローマ数字 (改訂履歴)、vi (改訂履歴)、.vi (改訂履歴)、V.I (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのボーダーワールド -碧落のTAO- (改訂履歴)、日琉祖語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS