.cxとは?

Weblio 辞書 > 業界用語 > ビデオ用語 > .cxの意味・解説 

カスタマーエクスペリエンス

別名:顧客体験カスタマエクスペリエンス
【英】customer experience, CX

カスタマーエクスペリエンスとは、企業企業ブランド顧客との間で生じる一連のやりとり通じて顧客意識的無意識的に得る満足度ロイヤルティ、およびその度合い、あるいは、それを向上させる取り組みのことである。

カスタマーエクスペリエンスの概念は、ユーザーエクスペリエンスUX)になぞらえ捉えることも可能ではあるが、むしろ商品販売サービス供における質的満足や金銭的満足と対比して、質の高さや価格安さだけでは捉えきれない、総合的満足度の高さとでもいうべき観点捉えられる。企業顧客との各接点で見出される満足(または不満足)の度合いが積み重なった総合的評価がカスタマーエクスペリエンスであるといえる

たとえば飲食店であれば商品品揃えの豊富さ、価格安さ付帯サービス充実度、店内居心地のよさ、店員の親切さ、あるいは決済手段充実度、等々あらゆる接点評価要因となる。カスタマーエクスペリエンスの向上には個々接点改善するだけでなく、各接点統括的に磨き上げる取り組みが必要となる。


.cx

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/14 20:24 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
.cx
クリスマス島の旗
施行 1997年
TLDの種類 国別コードトップレベルドメイン
現在の状態 利用可
管理団体 Christmas Island Internet Administration (CIIA)
後援組織 Christmas Island Internet Administration (CIIA)
利用地域 クリスマス島に関連する団体・個人
使用状況 色々なサイトで使われている。その殆どはクリスマス島に関係ない。
登録の制限 なし
階層構造 登録は直接第二レベルで行える。いくらか分類用第二レベルドメイン下に登録されているサイトもある(.gov.cx)。
関連文書 Registration agreement
紛争解決方針 Dispute policy; CoCCA dispute policy
ウェブサイト nic.cx
テンプレートを表示

.cxは、国別コードトップレベルドメイン (ccTLD)の一つで、オーストラリアクリスマス島に割り当てられている。このドメインはCIIAによって管理されている。

このccTLDは、かつてPlanet Three Limitedという、イギリスオーストラリアにオフィスのあった会社(現在は破産して活動していない)によって運営されていたが、Planet Three LimitedはCIIA(当時はDot CX Limitedという名称だった)に管理権を自発的に譲渡した。クリスマス島の地方政府は、この譲渡を支持したが、オーストラリア連邦政府はすぐには承認しなかった。その後オーストラリアは、CIIAを.cxの正式なマネージャとする覚書を公布し、譲渡を承認した。

日本との関わり

.cxドメインはクリスマス島以外の個人や法人も取得可能であるため、日本でも利用されている。コールサインが「JOCX-TV/DTV」であるフジテレビジョンでは映画劇場版 ゲゲゲの鬼太郎 日本爆裂!!」の公式サイト等で.cxを使用していた。

脚注

外部リンク


CX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/26 05:16 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

CX, Cx, cx, C-X



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「.cx」の関連用語

.cxのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



.cxのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
社団法人日本映像ソフト協会社団法人日本映像ソフト協会
Copyright © 2000-2019 Japan Video Software Association
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2019 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリカスタマーエクスペリエンスの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.cx (改訂履歴)、CX (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS