ロイヤルティとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ビジネス > 経営 > ロイヤルティ > ロイヤルティの意味・解説 

ロイヤリティ

別表記:ロイヤルティ、ロイヤリティー
英語:royalty

権利使用料」を意味する英語。もっぱら特許著作物利用する者が権利所有者支払使用料を指す。たとえば音楽業界においてレコード会社歌手作詞作曲者支払印税などはロイヤリティに該当する。

権利者指定した範囲内限りロイヤリティの支払い免れる仕組みを「ロイヤリティフリー」という。また、フランチャイズ形式店舗運営において、本部店名運営ノウハウ利用する見返りとして加盟店から徴収する対価を「ロイヤリティ収入」と呼ぶことがある

英語には「ロイヤリティ」あるいは「ロイヤルティ」のように発音する単語が「royalty」と「loyalty」と2つある。マーケティング分野などで用いられる「顧客ロイヤリティ」のような用語の「ロイヤリティ」は「loyalty」ある。「royalty」ではない。

ロイヤリティ(royalty)と似たものごとを指す語として「ライセンス」あるいは「ライセンス料」(ライセンスフィー)が挙げられる。ライセンスは「使用許諾」を特許で生じる使用料に対し、ロイヤリティ料は特許を含む様々な権利包括した使用料を指す。

ロイヤルティー [5][4]loyalty


ロイヤルティー [3]royalty

特許権商標権著作権などの使用料。ローヤリティー。ロイヤリティー

ロイヤルティ

「ロイヤルティ」(Loyalty)とは、英語で忠誠忠義忠実、誠実、愛情愛着などの意味。もともとは国家主君への忠誠心忠実さなどに由来する言葉で、ビジネス分野、とくに組織人事領域で使われる場合は、従業員自社対す愛社精神忠誠心帰属意識組織コミットメント関与)などの概念その度合い強さ指します。ちなみに外来語としての発音表記は同じ「ロイヤルティ」で意味が異な言葉に、“Royalty”(語頭綴りがLではなくR)があります混同しやすいのですが、こちらは知的所有権などの使用料許諾料などを著す別の英単語です。

ロイヤルティ loyalty

消費者特定の商品ブランド店舗などに対して持つ忠誠心(ロイヤルティ)。ロイヤルティには、好意選好といった心理的側面購買選択のような行動的側面があり、ロイヤルティが高い消費者は、特定の商品選択する確立が高く、ロイヤル・カスタマーともいわれる。→ブランド・ロイヤルティストア・ロイヤルティ

ロイヤルティ

読み方ろいやるてぃ
【英】: royalty
同義語: 利権料  

土地所有者またはその他の鉱物権原所有者例えば国または地方政府)がリース契約締結または鉱業権付与際し生産費用を負担せずに、生産物に対し留保する持分シェア)をいう。この意味でのロイヤルティは「地主のロイヤルティ(landowner's royalty)」と呼ばれることもある。
通常生産物中の持分比率1/8 であるが、それを超えることもあり、あるいは、生産量増加するにつれてこの比率増大することもある。ロイヤルティは現物支払われる(ロイヤルティ所有者石油またはガス生産量一定割合に対す権利発生する)こともあり、現金支払われる(ロイヤルティ所有者持分市場価値または特別に設定された価額ベースとする)こともある。後者に関し生産後のオペレーターとロイヤルティ所有者との関係は債務者債権者関係に近づくが、リース場合、ロイヤルティ支払い不履行対す救済措置として、即リース取消しが行われることはない。ロイヤルティ所有者生産に至る費用負担しないで生産物取得するが、取得後の輸送費などの費用負担する。したがってロイヤルティは、その比率だけでなく算定地点によっても影響される。特に天然ガス通常長期販売契約によるのでエスカレーション設定市場価値規制価格との価格差の処理など価格取決めについて問題が生じることが多い。なおロイヤルティは生産が続くかぎり生産量多寡かかわらず支払なくてはならないという点で、プロダクション・ペイメントネット・プロフィット・インタレストなどとは異なる。土地所有者あるいはその他の鉱物権原所有者以外が、生産に至る費用を負担することなく生産物に対して持分を持つ場合特定のロイヤルティの名称でよぶ.例えば、レッシーがその権利義務第三者アサインする際に留保するオーバーライディング・ロイヤルティ、オフセット・ロイヤルティなどである。

利権料

読み方りけんりょう
【英】: royalty
同義語: ロイヤルティ  

»ロイヤルティ

ロイヤルティ(ロイヤリティー)

「ロイヤルティ」とはライセンスによる特許実施承諾に対して支払対価報酬特許権料のこと。従来大学研究者研究成果は、研究者密接な関係にある一部企業等に譲渡特許取得され、研究者還元される対価謝礼金のみ等、特許取り扱い適正とは言いがたかった。現在TLO経由して技術移転行い、「ロイヤルティ」が研究者還元され、新たな研究開発結びつく好循環生まれ可能性がでてきた。

ロイヤルティー

(ロイヤルティ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/09 02:11 UTC 版)

ロイヤリティー: royalty)とは、特定の権利を利用する利用者が、権利を持つ者に支払う対価のことで、主に特許権商標権著作権などの知的財産権の利用に対する対価をいう。特に、著作権に対する対価は印税ともいう。実施料特許料とも呼ばれる。


  1. ^ : royalties


「ロイヤルティー」の続きの解説一覧



ロイヤルティと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ロイヤルティ」の関連用語

ロイヤルティのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ロイヤルティのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日本の人事部日本の人事部
Copyright © 2004- 2020 i.Q. Co., Ltd. All Rights Reserved.
広告転職.com広告転職.com
Copyright(C) 2020 Total Brain co., ltd. All Rights Reserved.
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2020 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
アヴィスアヴィス
Copyright(C)Avice,Inc. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのロイヤルティー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS