締結とは? わかりやすく解説

締結

読み方:ていけつ

契約条約などを結ぶこと。

てい‐けつ【締結】

読み方:ていけつ

[名](スル)条約協定契約などを結ぶこと。「講和条約を—する」

「締結」に似た言葉

締結

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/17 04:48 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「締結」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「締結」を含むページの一覧/「締結」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「締結」が役に立つかも知れません。


締結

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/24 21:01 UTC 版)

ジュネーヴ条約」の記事における「締結」の解説

1864年赤十字国際委員会ICRC)が「戦争時捕虜に対する扱い人道的にする必要がある」として提唱しスイスジュネーヴで「傷病者の状態改善に関する第1回赤十字条約」(1864年8月22日ジュネーヴ条約)が締結された。

※この「締結」の解説は、「ジュネーヴ条約」の解説の一部です。
「締結」を含む「ジュネーヴ条約」の記事については、「ジュネーヴ条約」の概要を参照ください。


締結

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/13 16:15 UTC 版)

テッシェン条約」の記事における「締結」の解説

オーストリアシュレージエンテッシェンテッシェン公国首都、現ポーランド共和国シロンスク県チェシン)で締結されバイエルン継承戦争これによって終結した開戦直後から両国交渉始まっていたが、面子こだわったオーストリア国内政治主導権争いあったりして、かなり長期化した。ロシア帝国フランス王国仲介もあって、10か月かけて成立した

※この「締結」の解説は、「テッシェン条約」の解説の一部です。
「締結」を含む「テッシェン条約」の記事については、「テッシェン条約」の概要を参照ください。


締結

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/13 16:26 UTC 版)

第二次サン・イルデフォンソ条約」の記事における「締結」の解説

1796年8月19日フランス代表ペリニョンとスペイン代表ゴドイの間で成立条約の名前はスペインラ・グランハ・デ・サン・イルデフォンソ宮殿締結されことによる

※この「締結」の解説は、「第二次サン・イルデフォンソ条約」の解説の一部です。
「締結」を含む「第二次サン・イルデフォンソ条約」の記事については、「第二次サン・イルデフォンソ条約」の概要を参照ください。


締結

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/01 00:33 UTC 版)

ビアリッツの密約」の記事における「締結」の解説

1848年フランクフルト国民議会では、プロイセン支持する小ドイツ主義大ドイツ主義圧倒した。しかし未だ南部にはバイエルン、また最大の敵であるオーストリアなど、ドイツ統一障害となる国が多くあった。ビスマルク最終的にはこれらの国と矛を交えることになると判断道路設備新兵器開発行い戦争準備入った。また一方で外部障害フランス外交によって抑えることを考えナポレオン3世休養であったフランス南西部ビアリッツにて両者会談し条約結んだビスマルク軍事的要地であるライン川左岸フランスへ割譲提案し仄めかしただけともいわれる)、フランス統一戦争への中立約させた。

※この「締結」の解説は、「ビアリッツの密約」の解説の一部です。
「締結」を含む「ビアリッツの密約」の記事については、「ビアリッツの密約」の概要を参照ください。


締結

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/22 17:34 UTC 版)

責任限定契約」の記事における「締結」の解説

定款定めにより、会社非業務執行取締役等とが契約締結することにより、その非業務執行取締役等が職務を行うにつき、善意でかつ重大な過失がないときについて、責任限度額定めることができる(会社法4271項)。その限度額は、定款定めた額の範囲内であらかじめ株式会社定めた額と最低責任限度額との、いずれか高い額とする(同項)。 株式会社の設立登記において、非業務執行取締役等が負う責任限度に関する契約の締結についての定款定め登記しなければならない同法9113項25号)。 定款変更して、この定め設け議案株主総会提出する際には、あらかじめ監査役全員同意が必要となる(同法4273項)。

※この「締結」の解説は、「責任限定契約」の解説の一部です。
「締結」を含む「責任限定契約」の記事については、「責任限定契約」の概要を参照ください。


締結

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/01 23:24 UTC 版)

自由連合盟約」の記事における「締結」の解説

1982年マーシャル諸島およびミクロネシア連邦ではコンパクトに署名、翌1983年には住民投票によって承認され1986年米国議会法案通過米大統領署名完了し独立国となったパラオ上記2国同様に1982年には両国での署名完了したが、住民投票承認得られず、1993年行われた8回目住民投票において、承認のための得票率下げたうえで、承認され翌年施行となった

※この「締結」の解説は、「自由連合盟約」の解説の一部です。
「締結」を含む「自由連合盟約」の記事については、「自由連合盟約」の概要を参照ください。


締結

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/04 22:56 UTC 版)

第三次サン・イルデフォンソ条約」の記事における「締結」の解説

1800年10月1日フランス代表ルイ=アレクサンドル・ベルティエスペイン代表マリアーノ・ルイス・デ・ウルキホの間で成立した条約の名前はスペインラ・グランハ・デ・サン・イルデフォンソ宮殿締結されことによる

※この「締結」の解説は、「第三次サン・イルデフォンソ条約」の解説の一部です。
「締結」を含む「第三次サン・イルデフォンソ条約」の記事については、「第三次サン・イルデフォンソ条約」の概要を参照ください。


締結

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/27 19:40 UTC 版)

イスラエル・ヨルダン平和条約」の記事における「締結」の解説

1994年10月26日、イスラエル・ヨルダン国境アラバの谷において、アメリカ合衆国大統領ビル・クリントン立会いの下、イスラエル首相イツハク・ラビンヨルダン国王フセイン1世の間で調印された。 ヨルダンは、アラブ諸国においてエジプト次ぎイスラエルとの平和条約締結となった

※この「締結」の解説は、「イスラエル・ヨルダン平和条約」の解説の一部です。
「締結」を含む「イスラエル・ヨルダン平和条約」の記事については、「イスラエル・ヨルダン平和条約」の概要を参照ください。


締結

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 20:51 UTC 版)

天津条約 (1858年)」の記事における「締結」の解説

清朝側代表は大学士桂良であった。 まず清朝ロシア1858年6月13日に締結、その後6月18日アメリカと、さらに6月26日イギリス6月27日フランス締結した

※この「締結」の解説は、「天津条約 (1858年)」の解説の一部です。
「締結」を含む「天津条約 (1858年)」の記事については、「天津条約 (1858年)」の概要を参照ください。


締結

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/01 22:14 UTC 版)

815年の条約」の記事における「締結」の解説

クルム・ハンの下、連戦連勝続けたブルガリア軍だったが、コンスタンティノープルの城壁を超えることができずにいた。また、ブルガリア首都プリスカ壊滅するなど疲弊たまっていた。こうした状況の中、戦争推し進めていたクルム急死したため、両国の間で和平機運高まり和平条約結ばれることになった。この条約国境線制定捕虜の交換が行われた。820年には、危険が迫った場合には援軍提供し合うという取り決め追加された。823年起こったトマスの乱の際には、この条約によってブルガリア反乱鎮圧のための援軍差し向けた

※この「締結」の解説は、「815年の条約」の解説の一部です。
「締結」を含む「815年の条約」の記事については、「815年の条約」の概要を参照ください。


締結

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/22 03:43 UTC 版)

永遠平和条約」の記事における「締結」の解説

同年2月ら行われた平和交渉成果となったポーランド王ヤン3世ロシア摂政ソフィア・アレクセーエヴナとの間で締結された。 ポーランド・リトアニア側の署名者は、ポズナン県の知事クシシュトフ・グジムフトフスキ、ならびにリトアニア宰相マルツャン・オギニスキ。ロシア側の署名者は、使節省の長官ヴァシーリー・ゴリツィン条約ロシア・ポーランド戦争終結させ、オスマン帝国によるウクライナへの進出防止する手段となった

※この「締結」の解説は、「永遠平和条約」の解説の一部です。
「締結」を含む「永遠平和条約」の記事については、「永遠平和条約」の概要を参照ください。


締結

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/22 23:30 UTC 版)

日清通商航海条約」の記事における「締結」の解説

議定書を元に1903年10月8日上海において、全13からなる日清両国間追加通商航海条約にっしんりょうこくかん)ついかこうかいじょうやく)が締結された。

※この「締結」の解説は、「日清通商航海条約」の解説の一部です。
「締結」を含む「日清通商航海条約」の記事については、「日清通商航海条約」の概要を参照ください。


締結

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/06 08:50 UTC 版)

ウィーン条約 (1725年)」の記事における「締結」の解説

先の四カ国同盟戦争終結後二国間では対イギリス政策について協議が行われ、ジブラルタル奪回目指すスペインと、オステンド貿易会社成功させたいオーストリア利害が一致見たそのため、過去対立水に流すことにして1725年4月ウィーン条約締結した

※この「締結」の解説は、「ウィーン条約 (1725年)」の解説の一部です。
「締結」を含む「ウィーン条約 (1725年)」の記事については、「ウィーン条約 (1725年)」の概要を参照ください。


締結

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/14 05:34 UTC 版)

虎門寨追加条約」の記事における「締結」の解説

南京条約不明確な内容明確にするようにイギリス清朝求めた為、1843年10月耆英ポッティンジャーそれぞれ清、英の代表となり香港で『中英五口通商章程』を締結しまた、10月18日に虎門で『南京条約続約』あるいは『虎門寨追加条約』とし締結した

※この「締結」の解説は、「虎門寨追加条約」の解説の一部です。
「締結」を含む「虎門寨追加条約」の記事については、「虎門寨追加条約」の概要を参照ください。


締結

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/14 17:57 UTC 版)

ドイツ・ポーランド国境条約」の記事における「締結」の解説

条約1990年11月14日ドイツ外相ハンス・ディートリヒ・ゲンシャーポーランド外相クシシュトフ・スクビシェフスキにより署名された。 同年11月26日ポーランド議会で、91年12月16日ドイツ連邦議会それぞれ批准され1992年1月16日批准書交換以って発効した

※この「締結」の解説は、「ドイツ・ポーランド国境条約」の解説の一部です。
「締結」を含む「ドイツ・ポーランド国境条約」の記事については、「ドイツ・ポーランド国境条約」の概要を参照ください。


締結

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/17 15:54 UTC 版)

ティルジットの和約」の記事における「締結」の解説

7月7日フランスロシア帝国が、7月9日フランスプロイセン王国条約締結した。 この条約により、プロイセン国際社会での地位後退させ、フランスロシアとの間に協調関係成立した

※この「締結」の解説は、「ティルジットの和約」の解説の一部です。
「締結」を含む「ティルジットの和約」の記事については、「ティルジットの和約」の概要を参照ください。


締結

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/18 03:30 UTC 版)

ドレスデン条約」の記事における「締結」の解説

ケッセルスドルフの戦い勝利したプロイセン軍ドレスデン占領し18日にはフリードリヒ大王ドレスデン入りした。 かねてよりイギリス熱心に仲介して両国間講和成立させようとしていたが、ザクセン戦争継続不可能であることを知ったマリア・テレジアもついに講和受け入れ決意しドレスデン派遣したフリードリヒ・アウグスト・フォン・ハラハ大王との折衝命じた

※この「締結」の解説は、「ドレスデン条約」の解説の一部です。
「締結」を含む「ドレスデン条約」の記事については、「ドレスデン条約」の概要を参照ください。


締結

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/18 15:39 UTC 版)

仏米同盟条約」の記事における「締結」の解説

1778年2月6日パリオテル・ド・クリヨンで、フランス国王ルイ16世と、当時アメリカ合衆国政府代表する第二次大陸会議代表団が、仏米友好通商条約と共にこの条約調印した。この同盟1800年のモルトフォンテーヌ条約の締結まで続いた。 ただし、1798年アメリカ合衆国議会条約無効しており、またルイ16世フランス革命処刑されていた。

※この「締結」の解説は、「仏米同盟条約」の解説の一部です。
「締結」を含む「仏米同盟条約」の記事については、「仏米同盟条約」の概要を参照ください。


締結

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/18 17:28 UTC 版)

ドレスデン通貨条約」の記事における「締結」の解説

条約は、ドレスデン行われたドイツ関税同盟総合造幣会議で合意され、1837年南ドイツ諸国貨幣統一したミュンヘン通貨条約影響を受けているドレスデン通貨条約1838年7月30日締結され1839年1月7日会議関税同盟加盟国により批准された。 条約の締結国はプロイセン・ターラー(英語版)かグルデン採用することに同意為替レートを1ターラー=1.75グルデン固定した

※この「締結」の解説は、「ドレスデン通貨条約」の解説の一部です。
「締結」を含む「ドレスデン通貨条約」の記事については、「ドレスデン通貨条約」の概要を参照ください。


締結

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/18 18:49 UTC 版)

日蘭追加条約」の記事における「締結」の解説

日蘭和親条約締結後オランダ商館長であったヤン・ドンケル・クルティウスオランダ外交代表を兼務していたが、アメリカタウンゼント・ハリス和親条約よりも充実した内容日米追加条約結んだことを知ってオランダとも同様の条約の締結求めた。 これを受けて安政4年8月29日長崎において日本側全権水野忠徳荒尾成允岩瀬忠震との間に40ヶ条からなる新条約を締結、付属文書として談判添書公文付した。これが日追加条約である。

※この「締結」の解説は、「日蘭追加条約」の解説の一部です。
「締結」を含む「日蘭追加条約」の記事については、「日蘭追加条約」の概要を参照ください。


締結

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/20 00:10 UTC 版)

ラトビア・ソビエト・リガ平和条約」の記事における「締結」の解説

条約モスクワにおいて準備され1920年8月11日リガにおいて締結された。 ラトビア側は、Jānis Vestmanis、Pēteris Berģis、Ansis Buševics、Eduards KalniņšKārlis Pauļuks が署名したロシア側は、アドリフ・ヨッフェヤーコフ・ガネツキー署名したサエイマラトビア議会)は1920年9月2日リガにおいて条約批准しモスクワおいても1920年9月9日条約承認された。批准書交換1920年10月4日行われた

※この「締結」の解説は、「ラトビア・ソビエト・リガ平和条約」の解説の一部です。
「締結」を含む「ラトビア・ソビエト・リガ平和条約」の記事については、「ラトビア・ソビエト・リガ平和条約」の概要を参照ください。


締結

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/20 20:59 UTC 版)

キュチュク・カイナルジ条約」の記事における「締結」の解説

ロシア勝利戦争終わり講和条約1774年7月21日オスマン領のキュチュク・カイナルジ(トルコ語: Küçük Kaynarca)で結ばれた。 キュチュク・カイナルジは、現在のブルガリア共和国北東部ドブロジャ地方ドナウ川沿いにある都市カイナルジャである。

※この「締結」の解説は、「キュチュク・カイナルジ条約」の解説の一部です。
「締結」を含む「キュチュク・カイナルジ条約」の記事については、「キュチュク・カイナルジ条約」の概要を参照ください。


締結

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/06 01:29 UTC 版)

中朝友好協力相互援助条約」の記事における「締結」の解説

本条約は同年7月11日北京において中国周恩来総理と、北朝鮮金日成首相出席して調印された。中国側8月19日第2期全国人民代表大会常務委員会第42回会議において批准决定し、8月30日劉少奇国家主席批准した北朝鮮側は8月23日最高人民会議常任委員会において批准した9月10日に、北朝鮮平壌において批准書交換され同日り発効した。

※この「締結」の解説は、「中朝友好協力相互援助条約」の解説の一部です。
「締結」を含む「中朝友好協力相互援助条約」の記事については、「中朝友好協力相互援助条約」の概要を参照ください。


締結

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/17 21:37 UTC 版)

航空機内で行われた犯罪その他ある種の行為に関する条約」の記事における「締結」の解説

東京条約は、東京開催された「航空法に関する国際会議」において1963年9月14日作成され1969年12月4日から効力生じた日本1970年5月26日批准書寄託し、同年6月1日公布及び告示同年8月24日から効力発生した

※この「締結」の解説は、「航空機内で行われた犯罪その他ある種の行為に関する条約」の解説の一部です。
「締結」を含む「航空機内で行われた犯罪その他ある種の行為に関する条約」の記事については、「航空機内で行われた犯罪その他ある種の行為に関する条約」の概要を参照ください。


締結

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/07 07:44 UTC 版)

日本国と中華民国との間の平和条約」の記事における「締結」の解説

中華民国日本国との平和条約締結のための「サンフランシスコ講和会議」に招請されなかったが、条約原則として締結された。 一説によれば第10条外交官出身であった当時の日本首相吉田茂アメリカ政府勧め国民政府国交締結することになったものの、国民政府共産党政府中華人民共和国)を倒して中国本土奪還する可能性は低い考えて将来日本政府共産党政府との国交樹立行った場合に、国民政府から国際法違反との非難を受けることを避けるために付け加えたのだといわれている(国民政府中国本土奪還できなければ中国本土は「国民政府支配下に入る領域」には該当しない解釈することも可能であった)。

※この「締結」の解説は、「日本国と中華民国との間の平和条約」の解説の一部です。
「締結」を含む「日本国と中華民国との間の平和条約」の記事については、「日本国と中華民国との間の平和条約」の概要を参照ください。


締結

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/24 06:46 UTC 版)

日中漁業協定」の記事における「締結」の解説

1997年に、日中漁業協定(新協定)が締結。

※この「締結」の解説は、「日中漁業協定」の解説の一部です。
「締結」を含む「日中漁業協定」の記事については、「日中漁業協定」の概要を参照ください。


締結

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/24 06:55 UTC 版)

日中貿易協定」の記事における「締結」の解説

1974年1月5日北京に於いて日本側大平正芳外務大臣中国側姫鵬飛外交部長代表して署名した同年6月22日発効

※この「締結」の解説は、「日中貿易協定」の解説の一部です。
「締結」を含む「日中貿易協定」の記事については、「日中貿易協定」の概要を参照ください。


締結

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/22 23:39 UTC 版)

エジプト・イスラエル平和条約」の記事における「締結」の解説

キャンプ・デービッド合意に基づき1979年3月26日アメリカ合衆国ワシントンD.C.署名された。 エジプト・イスラエル両国の他、イスラエルの支援国であるアメリカ条約署名した

※この「締結」の解説は、「エジプト・イスラエル平和条約」の解説の一部です。
「締結」を含む「エジプト・イスラエル平和条約」の記事については、「エジプト・イスラエル平和条約」の概要を参照ください。


締結

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/22 23:30 UTC 版)

日清通商航海条約」の記事における「締結」の解説

1894年明治27年光緒20年)に勃発した日清戦争によって日清修好条規破棄されたため、戦後下関条約締結後新たに結ばれた日清戦争における日本の勝利を受けて修好条規変則的な平等条約から日本有利な不平等条約改められのである

※この「締結」の解説は、「日清通商航海条約」の解説の一部です。
「締結」を含む「日清通商航海条約」の記事については、「日清通商航海条約」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「締結」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

締結

出典:『Wiktionary』 (2021/09/11 09:58 UTC 版)

名詞

ていけつ

  1. 条約協定などを結ぶこと。
  2. 部材同士を、他の物体抑え込ん固定すること。

発音(?)

て↗ーけつ

上位語

動詞

活用


「締結」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「締結」に関係したコラム

  • CFDの口座開設の方法

    CFDの取引を行うには、CFD業者の口座を開設する必要があります。ここでは、口座開設までの手続きの方法について解説します。ほとんどのCFD業者では、Webサイトから口座開設の手続きができます。まず、口...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



締結のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの締結 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのジュネーヴ条約 (改訂履歴)、テッシェン条約 (改訂履歴)、第二次サン・イルデフォンソ条約 (改訂履歴)、ビアリッツの密約 (改訂履歴)、責任限定契約 (改訂履歴)、自由連合盟約 (改訂履歴)、第三次サン・イルデフォンソ条約 (改訂履歴)、イスラエル・ヨルダン平和条約 (改訂履歴)、天津条約 (1858年) (改訂履歴)、815年の条約 (改訂履歴)、永遠平和条約 (改訂履歴)、日清通商航海条約 (改訂履歴)、ウィーン条約 (1725年) (改訂履歴)、虎門寨追加条約 (改訂履歴)、ドイツ・ポーランド国境条約 (改訂履歴)、ティルジットの和約 (改訂履歴)、ドレスデン条約 (改訂履歴)、仏米同盟条約 (改訂履歴)、ドレスデン通貨条約 (改訂履歴)、日蘭追加条約 (改訂履歴)、ラトビア・ソビエト・リガ平和条約 (改訂履歴)、キュチュク・カイナルジ条約 (改訂履歴)、中朝友好協力相互援助条約 (改訂履歴)、航空機内で行われた犯罪その他ある種の行為に関する条約 (改訂履歴)、日本国と中華民国との間の平和条約 (改訂履歴)、日中漁業協定 (改訂履歴)、日中貿易協定 (改訂履歴)、エジプト・イスラエル平和条約 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの締結 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS