接合とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 関係 > 接合 > 接合の意味・解説 

せつ‐ごう〔‐ガフ〕【接合】

読み方:せつごう

[名](スル)

つなぎ合わせること。「鉄板を—する」

原生動物の繊毛虫類などにみられる有性生殖方法。2個体接して核分裂生じていた2個の小核のうち一つ交換し分離する

植物、特に菌類藻類などで、生殖細胞または生殖器官合体すること。その後合一し、新個体形成する


接合

同義/類義語:接合現象
英訳・(英)同義/類義語:conjugation, mating

生物有性生殖で、配偶子合体する現象。接合によってできる細胞接合子とよぶ。減数分裂生じた半数体配偶子接合して2倍体となる。

接合(酵母の)

英訳・(英)同義/類義語:yeast mating

接合型異な半数体酵母混合し窒素源や炭素源のない状態におくと、細胞融合させて2倍体形成する

接合(細菌の)

「生物学用語辞典」の他の用語
現象や動作行為に関連する概念:  排卵  接合  接合  接合  接合因子  接合型  接合子

接合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/27 09:24 UTC 版)

接合(せつごう)




「接合」の続きの解説一覧

接合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/25 03:17 UTC 版)

垂木」の記事における「接合」の解説

垂木は、棟木母屋軒桁といった主要な構造材接し、それらの構造材に釘やビスなどによって固定されている。また、垂木長くなる場合は、継ぎ手生じる。以下は、その接合に関することである。 棟木との接合 棟木垂木接合部には、棟木の上垂木渡し互い木口重力方向垂直に加工して接合する拝み合わせ」、垂木接合されるところを垂木の形に掘り接合する垂木彫り」、棟木に、垂木接合される面を加工し棟木上のどこでも接合できるようにした「面欠き」などがある。 継ぎ手 梁間大き屋根造る場合は、一般的に垂木材(約4メートル)として売られている材木では長さが足らなくなることもあるので、その場合は継ぎ足して延長する継ぎ方には、継ぎたい材料先端同士突き合わせるように継ぐ「突付継ぎつきつけつぎ)」や、同じ角度斜めに加工しあわせて継ぐ「そぎ継ぎ」などが用いられるいずれも、釘やビスなどで固定する。このとき継ぎ手母屋等の固定できる部材の上とされる

※この「接合」の解説は、「垂木」の解説の一部です。
「接合」を含む「垂木」の記事については、「垂木」の概要を参照ください。


接合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/06 09:03 UTC 版)

DNA複製」の記事における「接合」の解説

接合においてDNA複製利用される。接合とは細菌生殖様式一つで、一つ個体供与、F+)が別の個体受容、F-)に自身の(染色体プラスミドの)DNA移動させることである。その典型例大腸菌エピソームであるF因子Fプラスミド)の仲介で起こる。すなわち、このF因子を、持つ供与持たない受容に移す。 接合ではF因子(とそれと地続き染色体)の巻き戻り起こり一方ssDNA受容へと移動。もう片方供与に残る。DNA複製はここで登場し供与受容両方ssDNA正常なdsDNAに変換する具体的な過程を示す。接合には伝達領域呼ばれるF因子大きな(約33 kb領域が必要で、伝達領域一端にある伝達起点oriTから始まる。リラクセーズのTraIはoriT認識しnic呼ばれる部位切断する生じた5’末端共有結合し、約200bpにわたりdsDNAを巻き戻す巻き戻しはTraIが5’末端から環に沿って移動しながら行う。遊離した5’末端受容へと移動し(このとき供与受容接触しつながっている)、次々と巻き戻されるssDNA先導するF因子プラスミド型の場合巻き戻しは環全体にわたり、(一本鎖の)F因子丸々1個が受容伝達される一方染色体組み込まれている場合DNA伝達伝達領域とは逆方向へ進む。プラスミド型と同様に5’末端から受容へと入っていくが、これは細菌間の接触壊れるまで続く。細菌染色体全体伝達するのにおよそ100分かかるが、通常はその前に接合は中断する。 接合によって互いF因子または染色体一本鎖になるが、それはDNA複製によって二重らせんに戻る。DNA複製巻き戻し同時に起こっているなら、ウイルスのDNA複製紹介するローリングサークル型複製似ている。しかし、伝達複製と全く独立した過程であり、これはローリングサークル型複製とは言えない。

※この「接合」の解説は、「DNA複製」の解説の一部です。
「接合」を含む「DNA複製」の記事については、「DNA複製」の概要を参照ください。


接合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/03 22:43 UTC 版)

ダクト」の記事における「接合」の解説

ダクト部材組み立てはボタンパンチはぜによるのが主流である。 製造効率良好なため、何も指定なければボタンパンチはぜ(Button Punch Snap Lock)で製作される。ただ、より強度求められるダクトにおいては三井はぜ(ピッツバーグはぜ:Pittsburgh Lock)が指定されることもある。なお、はぜの接合角度急になるダクトなどでは、指定がなくとも三井はぜで製作されるまた、制気口ボックス器具差し込み部分など、内部にはぜのでっぱりがあると困る場合三井はぜを用いることもあるが、最近ではスポット溶接での製作がほとんどである。

※この「接合」の解説は、「ダクト」の解説の一部です。
「接合」を含む「ダクト」の記事については、「ダクト」の概要を参照ください。


接合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/30 10:23 UTC 版)

数陣タイセン」の記事における「接合」の解説

接合部接合部繋げることを接合という。接合には4種類の役がある。 数列接合 数字順番通り繋げる役。1,2,3,4どのように繋げる。 同数接合 同じ数字二つ以上繋げる。 包囲接合 接合部を輪のように繋げる。 完全接合 接合部繋げなくする

※この「接合」の解説は、「数陣タイセン」の解説の一部です。
「接合」を含む「数陣タイセン」の記事については、「数陣タイセン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「接合」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

接合

出典:『Wiktionary』 (2021/08/16 03:43 UTC 版)

名詞

 せつごう

  1. 繋ぐこと。
  2. 原生生物有性生殖方法
  3. 植物菌類で、生殖細胞、または生殖器官合体すること。

関連語


「接合」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



接合と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「接合」の関連用語

接合のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



接合のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JabionJabion
Copyright (C) 2024 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの接合 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの垂木 (改訂履歴)、DNA複製 (改訂履歴)、ダクト (改訂履歴)、数陣タイセン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの接合 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS