排卵とは? わかりやすく解説

はい‐らん【排卵】

読み方:はいらん

[名](スル)卵巣から、成熟した卵子排出されること。卵胞発育してグラーフ濾胞(ろほう)となり、卵巣表面盛り上がる破裂して卵子を出す。人間では、約4週間間隔起こる。「—日」


排卵

一時的不妊(621-5)という用語は、女性受胎不能生理的条件結果ではない場合でも使われる一般に受胎は排卵 3前後2~3日間にのみ起こるから、女性各月周期 2一時期不妊の期間 1を持つともいえる。受胎(602-1)から分娩後の排卵再開までの不妊の期間は、特に数理的再生産モデルにおいては妊娠不能期間 5呼ばれるが、これは妊娠状態(602-5)の時期を含むとともに産後母乳哺育 4継続期間によっても左右される一時的不妊は、無排卵周期 6(すなわち、排卵が起こらない月経周期)の発生あるいは無月経異常な時期指して使われることもある。非常に若い女性低妊孕力 7は普通、思春期不妊 8呼ばれるが、思春期低妊孕力 8と呼ぶほうが望ましであろう


排卵

英訳・(英)同義/類義語:ovulation

特にほ乳類で、卵巣から卵管卵子放出されること。
「生物学用語辞典」の他の用語
現象や動作行為に関連する概念:  拇指対向性  拒絶反応  拘束  排卵  接合  接合  接合

排卵

卵巣内の成熟卵胞から、卵子飛び出すこと。ぶどうの皮が破れて中からぶどうの実と種が出るような現象いえます
このとき、痛み出血をともなう場合あります


排卵


排卵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 09:55 UTC 版)

排卵(はいらん)とは、成熟した卵胞が裂けて卵子(正確には卵母細胞)を放出する月経周期の過程であり、生殖に関与している。排卵は発情周期を持つ動物でも起こり、月経周期を持つ動物とは基礎的な部分に多くの違いがある。




「排卵」の続きの解説一覧

排卵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/04 09:36 UTC 版)

妊娠」の記事における「排卵」の解説

女性胎児期から、卵巣内に原始卵胞を持っている。平均して12 - 13歳で初経当初は無排卵月経であることが多い)が起こり、その約1 - 2年後から原始卵胞は毎周期いくつか発達を始めそのうち成熟最終段階至った1個が卵巣から排出されるうになる。この成熟卵子の排出を「排卵」という。排卵された卵子卵管先端膨大部)に拾われる毎期月経開始とともに卵巣内で次の排卵に向けた卵胞発育始ま一方子宮では月経終了後に再び着床のための子宮内膜を用意して排卵を待つ。個人差はあるが、一般に28日前後1周期として、排卵が起こる。(⇒卵胞形成

※この「排卵」の解説は、「妊娠」の解説の一部です。
「排卵」を含む「妊娠」の記事については、「妊娠」の概要を参照ください。


排卵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/27 14:43 UTC 版)

グラーフ卵胞」の記事における「排卵」の解説

一次卵母細胞卵胞にある間、ずっと減数分裂第一分裂前期休止したまであるが排卵の数時間前第一分裂終えて二次卵母細胞卵子)となり第一極体形成する。そして、白膜と外卵胞膜の膠原線維溶かされると卵子第一極体透明帯放線冠ともなって卵丘から離れる。排卵後、グラーフ卵胞収縮し黄体へと変化していく。

※この「排卵」の解説は、「グラーフ卵胞」の解説の一部です。
「排卵」を含む「グラーフ卵胞」の記事については、「グラーフ卵胞」の概要を参照ください。


排卵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/28 06:54 UTC 版)

卵巣」の記事における「排卵」の解説

主記事:排卵 卵胞大きく発達してくると、卵胞から分泌されるエストロゲンの量も次第増加し血液中エストロゲン濃度高まっていく。これによりひとつには視床下部から分泌されるゴナドトロピン放出ホルモン (GnRH) の分泌パターン変化し分泌量が増加するゴナドトロピン放出ホルモンは、下垂体からの卵胞刺激ホルモン (FSH) や黄体形成ホルモン (LH) の分泌促すホルモンなので、下垂体からのFSHLH分泌増えるもうひとつには、血液中エストロゲン濃度上昇すると、これが下垂体直接作用しFSHLH分泌高ま効果もある。結果的にこれらのホルモン相乗的に作用し、排卵直前時期には、卵胞からのエストロゲン分泌視床下部からのGnRH分泌下垂体からのFSHLH分泌相次いで急激なピーク迎える。ここで排卵が誘発される。 排卵のときには、1個の卵胞は、卵巣の体積かなりの部分占めるぐらい大きく育っている。この卵胞の壁が破れ同時に卵胞を包む卵巣の壁も破れる。卵胞中からは、卵胞液が流れ出してくるが、卵細胞とそれを数層にわたって囲んでいる顆粒層細胞も、塊のまま流れ出してきて、卵巣の外に出されるこれらの一連の過程は、成熟した卵胞卵胞液の分泌が非常に高まり卵胞内圧高まっているところにホルモン働きで卵胞膜の平滑筋線維収縮し卵胞中身押し出そうと働くことによって起こると考えられている。

※この「排卵」の解説は、「卵巣」の解説の一部です。
「排卵」を含む「卵巣」の記事については、「卵巣」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「排卵」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「排卵」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

排卵のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



排卵のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
花王ロリエ花王ロリエ
Copyright © 1994-2022 KAO CORPORATION. All Rights Reserved.
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2022 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの排卵 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの妊娠 (改訂履歴)、グラーフ卵胞 (改訂履歴)、卵巣 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS