卵胞刺激ホルモンとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 物質 > 化合物 > タンパク質 > 卵胞刺激ホルモンの意味・解説 

らん ほうしげきホルモン -はう- [8] 【卵胞刺激ホルモン】 〔folliclestimulating hormone〕


ろ胞刺激ホルモン

同義/類義語:卵胞刺激ホルモン
英訳・(英)同義/類義語:follicle stimulating hormone, follicle-stimulatlng hormone

動物ホルモンで、下垂体前葉が、視床下部から分泌される放出ホルモン刺激を受けて分泌する糖タンパクホルモンで、卵胞発育エストロゲン分泌精子形成促進する。

卵胞刺激ホルモン(FSH)


卵胞刺激ホルモン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/20 20:00 UTC 版)

卵胞刺激ホルモン(らんほうしげきホルモン, 英語: Follicle stimulating hormone, FSH)または濾胞(ろほう)刺激ホルモン脳下垂体前葉の性腺刺激ホルモン産生細胞で合成分泌されるホルモンである。卵巣内で未成熟の卵胞の成長を刺激し成熟させる。卵胞は成長するとインヒビンを分泌しFSH産生を遮断する。男性において、FSHは精巣セルトリ細胞のアンドロゲン結合タンパク質の産生を増幅し、これは精子形成に重要である。






「卵胞刺激ホルモン」の続きの解説一覧



卵胞刺激ホルモンと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「卵胞刺激ホルモン」の関連用語

卵胞刺激ホルモンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



卵胞刺激ホルモンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JabionJabion
Copyright (C) 2019 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
花王ロリエ花王ロリエ
Copyright © 1994-2019 KAO CORPORATION. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの卵胞刺激ホルモン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS