エストロゲンとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 医薬品 > > 医薬品 > エストロゲンの意味・解説 

エストロゲン [4] 【estrogen】

発情ホルモン作用をもつ物質総称発情ホルモンとその誘導体および,全く構造異な合成物質がある。発情ホルモン同義に用いられることが多い。 → 発情ホルモン

エストロゲン

英訳・(英)同義/類義語:estrogen, oestrogen

ステロイド系の女性ホルモン一種で、卵巣胎盤で作られる。雌の成熟月経、卵の着床妊娠持続等に働くホルモン総称

ろ胞ホルモン

同義/類義語:エストロゲン, 発情ホルモン
英訳・(英)同義/類義語:follicular hormone, follicle hormone

ステロイド系の女性ホルモン一種で、卵巣胎盤で作られる。雌の成熟月経、卵の着床妊娠持続等に働くホルモン総称

エストロゲン(エストロゲン)

女性ホルモンのひとつで「卵胞ホルモン」とも呼ばれるます。 女性卵巣胎盤で作られ思春期二次性徴促進させたり排卵準備をする働きあります。 エストロゲンは思春期以降分泌増加し、40以降分泌端に低下していきます。 イライラやのぼせ、肩こり冷え、不安愁訴などいわゆる更年期」の症状は、このエストロゲンの分泌低下により引き起こされると考えられております。 またエストロゲンには、カルシウムが骨から血液過剰溶け出すのを抑える働きあります更年期以降女性骨粗鬆症気をつける必要があるというのはこの為です。

エストロゲン estrogen


エストロゲン

【仮名】えすとろげん
原文estrogen

体内で作られるホルモン一種で、女性の性特徴発達維持長い骨の成長助ける。エストロゲンは製造ラボ合成することもできる。避妊法として使用されることもあれば、更年期症状月経障害骨粗鬆症などの病態対す治療にも用いられる。

エストロゲン

乳がん発生増殖深く関わっている女性ホルモンです。卵胞ホルモンともいい、主に卵巣で作られ、わずかに副腎皮質でも作られています。女性思春期になると卵巣でエストロゲンが作られるようになり、その結果乳房膨らみ生理が始まるといった第二次性徴起こります。成熟した女性では、エストロゲンとプロゲステロン分泌量が周期の中で調整されて、その結果月経周期メカニズムができています。閉経すると体内にあるエストロゲンの量は激減します。 エストロゲンは、乳がん細胞表面にあるエストロゲンレセプターER)に作用して、細胞増殖させます乳がん細胞増殖関わるホルモンレセプターにはエストロゲンレセプターER)とプロゲステロンレセプター(PgR)がありますが、ER強く乳がん細胞増殖に関わっているので、ER陽性乳がんではホルモン療法効果期待できます乳がん細胞始めはエストロゲンの作用を受けて増殖します(ホルモン依存症)が、進行するにしたがってエストロゲンの作用がなくても増殖できる(ホルモン依存症)ように変化していきます。その結果ホルモン療法長期間効果はあまり期待できなくなります。

アロマターゼ阻害剤抗エストロゲン剤ホルモン療法内分泌療法)、 LH-RHアゴニスト製剤


エストロゲン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/23 07:20 UTC 版)

エストロゲン: Estrogen, : Oestrogen, : Estrogene)は、エストロン、エストラジオール、エストリオールの3種類からなり、ステロイドホルモンの一種。一般にエストロジェン卵胞ホルモン、または女性ホルモンとも呼ばれる[1]




  1. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説”. コトバンク. 2018年1月7日閲覧。
  2. ^ 脳を活性化する性ホルモン, 鬼頭昭三,ブルーバックス, p28, ISBN 9784062574082
  3. ^ a b c 大山健司,山梨大学看護学会誌,3,(2004),3.
  4. ^ 東京都環境局. “内分泌攪乱化学物質(環境ホルモン)対策”. 2011年3月9日閲覧。
  5. ^ Bersaglieri, T.; Sabeti, P. C.; Patterson, N.; Vanderploeg, T.; Schaffner, S. F.; Drake, J. A.; Rhodes, M.; Reich, D. E. et al. (2004). “Genetic Signatures of Strong Recent Positive Selection at the Lactase Gene”. The American Journal of Human Genetics 74 (6): 1111–1120. doi:10.1086/421051. PMC 1182075. PMID 15114531. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=1182075. 
  6. ^ 大豆及び大豆イソフラボンに関するQ&Aについて(厚生労働省、2006年)
  7. ^ 食品安全委員会 (2006年5月). “大豆イソフラボンを含む特定保健用食品の安全性評価の基本的な考え方”. pp. 35. 2011年3月9日閲覧。


「エストロゲン」の続きの解説一覧





エストロゲンと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「エストロゲン」の関連用語

エストロゲンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ゲーリッケ

加子母村の檜とササユリ

腰椎

天皇陛下御在位50年記念100円白銅貨幣

7本ベルトループ

短穂竹

750形

中ヨークシャー





エストロゲンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JabionJabion
Copyright (C) 2018 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
Supplement Kuchikomi RankingSupplement Kuchikomi Ranking
(C)2018 All Rights Reserved. 健康食品のあり方を考える日本サプリメント評議会の運営です。
スパファインダージャパンスパファインダージャパン
Copyright (C) 2018 SPAFINDER JAPAN All rights reserved.
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2018 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
VOL-NetVOL-Net
Copyright(C) 2002-2018 声を聴き合う患者たち&ネットワーク「VOL-Net」. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのエストロゲン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS