卵胞ホルモンとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 生物学 > ホルモン > 卵胞ホルモンの意味・解説 

らん ほうホルモン -はう- [5] 【卵胞ホルモン】


卵胞ホルモン(エストロジェン)

卵巣でつくられる女性ホルモン1つ思春期には、乳房性器皮下脂肪発育させ、丸みをおびた女性らしいからだをつくります。
月経サイクルの中では、卵子育て子宮内膜増殖させるはたらきをします。
からだ全体にも作用し、コレステロール抑えたり、肌の新陳代謝促進するはたらきあります
このホルモン支配されているときの女性は、いきいきとした活動期にあるといえます。


エストロゲン

(卵胞ホルモン から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/16 03:19 UTC 版)

エストロゲン: Estrogen, : Oestrogen, : Estrogene)は、エストロン、エストラジオール、エストリオールの3種類からなり、ステロイドホルモンの一種。一般にエストロジェン卵胞ホルモン、または女性ホルモンとも呼ばれる[1]




  1. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説”. コトバンク. 2018年1月7日閲覧。
  2. ^ 脳を活性化する性ホルモン, 鬼頭昭三,ブルーバックス, p28, ISBN 9784062574082
  3. ^ a b c 大山健司,山梨大学看護学会誌,3,(2004),3.
  4. ^ 東京都環境局. “内分泌攪乱化学物質(環境ホルモン)対策”. 2011年3月9日閲覧。
  5. ^ Bersaglieri, T.; Sabeti, P. C.; Patterson, N.; Vanderploeg, T.; Schaffner, S. F.; Drake, J. A.; Rhodes, M.; Reich, D. E. et al. (2004年). “Genetic Signatures of Strong Recent Positive Selection at the Lactase Gene”. The American Journal of Human Genetics 74 (6): 1111–1120. doi:10.1086/421051. PMC 1182075. PMID 15114531. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1182075/. 
  6. ^ 大豆及び大豆イソフラボンに関するQ&Aについて(厚生労働省、2006年)
  7. ^ 食品安全委員会 (2006年5月). “大豆イソフラボンを含む特定保健用食品の安全性評価の基本的な考え方”. pp. 35. 2011年3月9日閲覧。


「エストロゲン」の続きの解説一覧



卵胞ホルモンと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「卵胞ホルモン」の関連用語

卵胞ホルモンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



卵胞ホルモンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
花王ロリエ花王ロリエ
Copyright © 1994-2019 KAO CORPORATION. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのエストロゲン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS