エクオールとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > エクオールの意味・解説 

エクオール

別名:スーパーイソフラボン
英語:Equol

大豆イソフラボンダイゼイン)から作られ、女性ホルモンエストロゲン)に似たはたらきをする成分。エクオールは大豆イソフラボンよりもさらにエストロゲンに近いはたらきをするとされ、「スーパーイソフラボン」として注目集めている。

エクオールは腸内細菌活動によってダイゼインから作られるとされる。ただし誰もがエクオールを生産できるわけではなく、人によってエクオールが作られるか否か異なるという。エクオールが作られない場合ダイゼインのまま吸収されるという。

大豆イソフラボン女性美容更年期障害軽減などに効果のある成分として注目されており、エクオールはこれらの効果をさらに効率化する成分として新たに注目されつつある。

関連サイト
エクオールに関する研究 - 株式会社ヘルスケアシステムズ

エクオール【equol】

イソフラボン一種であるダイゼイン代謝物腸内細菌などによって産生される。エストロゲンと似た性質をもち、サプリメントなどに使用される。化学式C15H14O3


エクオール

分子式C15H14O3
その他の名称:3-(4-Hydroxyphenyl)-7-hydroxychroman、エクオール、Equol、4-(7-Hydroxychroman-3-yl)phenol、4',7-ジヒドロキシイソフラバン、4',7-Dihydroxyisoflavan、3-(4-Hydroxyphenyl)-3,4-dihydro-2H-1-benzopyran-7-ol、イクオール
体系名:3,4-ジヒドロ-3-(4-ヒドロキシフェニル)-2H-1-ベンゾピラン-7-オール、3-(4-ヒドロキシフェニル)-7-ヒドロキシクロマン、4-(7-ヒドロキシクロマン-3-イル)フェノール、3-(4-ヒドロキシフェニル)-3,4-ジヒドロ-2H-1-ベンゾピラン-7-オール


(S)‐エクオール

分子式C15H14O3
その他の名称:(-)-エクオール、(-)-Equol、[S,(-)]-3,4-Dihydro-3-(4-hydroxyphenyl)-2H-1-benzopyran-7-ol、(3S)-3α-(4-Hydroxyphenyl)chroman-7-ol、(S)-エクオール、(S)-Equol、(3S)-3-(4-Hydroxyphenyl)-3,4-dihydro-2H-1-benzopyran-7-ol、(3S)-エクオール、(3S)-Equol
体系名:3,4-ジヒドロ-3α-(4-ヒドロキシフェニル)-2H-1-ベンゾピラン-7-オール、[S,(-)]-3,4-ジヒドロ-3-(4-ヒドロキシフェニル)-2H-1-ベンゾピラン-7-オール、(3S)-3α-(4-ヒドロキシフェニル)クロマン-7-オール、(3S)-3-(4-ヒドロキシフェニル)-3,4-ジヒドロ-2H-1-ベンゾピラン-7-オール


エクオール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/16 15:58 UTC 版)

エクオール (Equol、4',7-イソフラバンジオール)は、腸内細菌によってイソフラボンの一種であるダイゼインから代謝されるイソフラバンジオール英語版[1] である[2]エストラジオールなどの内因性エストロゲンホルモンはステロイドであるが、エクオールは非ステロイド性エストロゲンである。しかし、約30-50%のヒトしかエクオールを作る腸内細菌を持っていない[3]。エクオールは、2つのエナンチオマー型である (S)-エクオールおよび (R)-エクオールで存在することができる[4]。(S)-エクオールは、エストロゲン受容体ベータに優先的に結合する[2][5]


  1. ^ Rüfer CE, Glatt H, Kulling SE (2006). “Structural elucidation of hydroxylated metabolites of the isoflavan equol by gas chromatography-mass spectrometry and high-performance liquid chromatography-mass spectrometry”. Drug Metab. Dispos. 34 (1): 51-60. doi:10.1124/dmd.105.004929. PMID 16199471. 
  2. ^ a b “Enantioselective synthesis of S-equol from dihydrodaidzein by a newly isolated anaerobic human intestinal bacterium”. Appl. Environ. Microbiol. 71 (1): 214–219. (2005). doi:10.1128/AEM.71.1.214-219.2005. PMC: 544246. PMID 15640190. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC544246/. 
  3. ^ “High concordance of daidzein-metabolizing phenotypes in individuals measured 1 to 3 years apart”. Br. J. Nutr. 94 (6): 873–876. (2005). doi:10.1079/bjn20051565. PMID 16351761. 
  4. ^ a b c d e f Setchell, Kenneth D. R.; Carlo Clerici (2010). “Equol: history, chemistry, and formation”. J. Nutr. 140 (7): 1355S–62S. doi:10.3945/jn.109.119776. PMC: 2884333. PMID 20519412. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2884333/. 
  5. ^ “Phytoestrogens and their human metabolites show distinct agonistic and antagonistic properties on estrogen receptor {α} (ER{α}) and ERβ in human cells”. Toxicol. Sci. 80 (1): 14–25. (2004). doi:10.1093/toxsci/kfh147. PMID 15084758. 
  6. ^ Marrian, GF; Haslewood, GA (1932). “Equol, a new inactive phenol isolated from the ketohydroxyoestrin fraction of mares' urine”. Biochem. J. 26 (4): 1227–32. doi:10.1042/bj0261227. PMC: 1261026. PMID 16744928. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1261026/. 
  7. ^ a b Setchell, KD; Borriello, SP; Hulme, P; Kirk, DN; Axelson, M (September 1984). “Nonsteroidal estrogens of dietary origin: possible roles in hormone-dependent disease”. Am. J. Clin. Nutr. 40 (3): 569–78. PMID 6383008. 
  8. ^ Setchell, KD; Brown, NM; Lydeking-Olsen, E (December 2002). “The clinical importance of the metabolite equol-a clue to the effectiveness of soy and its isoflavones”. The Journal of Nutrition 132 (12): 3577–84. PMID 12468591. 
  9. ^ a b c Atkinson, C; Frankenfeld, CL; Lampe, JW (2005). “Gut bacterial metabolism of the soy isoflavone daidzein: exploring the relevance to human health”. Experimental Biology and Medicine (Maywood, N.J.) 230 (3): 155–70. PMID 15734719. 
  10. ^ Lampe, JW; Karr, SC; Hutchins, AM; Slavin, JL (1998). “Urinary equol excretion with a soy challenge: influence of habitual diet”. Proceedings of the Society for Experimental Biology and Medicine. Society for Experimental Biology and Medicine 217 (3): 335–9. doi:10.3181/00379727-217-44241. PMID 9492344. 
  11. ^ Setchell, KD; Cole, SJ (2006). “Method of defining equol-producer status and its frequency among vegetarians”. J Nutr. 136 (8): 2188–93. PMID 16857839. 
  12. ^ Rowland, IR; Wiseman, H; Sanders, TA; Adlercreutz, H; Bowey, EA (2000). “Interindividual variation in metabolism of soy isoflavones and lignans: influence of habitual diet on equol production by the gut microflora”. Nutr. Cancer 36 (1): 27–32. doi:10.1207/S15327914NC3601_5. PMID 10798213. 
  13. ^ Watanabe, S; Yamaguchi, M; Sobue, T; Takahashi, T; Miura, T; Arai, Y; Mazur, W; Wähälä, K et al. (October 1998). “Pharmacokinetics of soybean isoflavones in plasma, urine and feces of men after ingestion of 60 g baked soybean powder (kinako)”. The Journal of Nutrition 128 (10): 1710–5. PMID 9772140. 
  14. ^ Arai, Y; Uehara, M; Sato, Y; Kimira, M; Eboshida, A; Adlercreutz, H; Watanabe, S (March 2000). “Comparison of isoflavones among dietary intake, plasma concentration and urinary excretion for accurate estimation of phytoestrogen intake”. Journal of Epidemiology / Japan Epidemiological Association 10 (2): 127–35. doi:10.2188/jea.10.127. PMID 10778038. 
  15. ^ Akaza, H; Miyanaga, N; Takashima, N; Naito, S; Hirao, Y; Tsukamoto, T; Fujioka, T; Mori, M et al. (February 2004). “Comparisons of percent equol producers between prostate cancer patients and controls: case-controlled studies of isoflavones in Japanese, Korean and American residents”. Japanese Journal of Clinical Oncology 34 (2): 86–9. doi:10.1093/jjco/hyh015. PMID 15067102. 
  16. ^ Song, KB; Atkinson, C; Frankenfeld, CL; Jokela, T; Wähälä, K; Thomas, WK; Lampe, JW (May 2006). “Prevalence of daidzein-metabolizing phenotypes differs between Caucasian and Korean American women and girls”. The Journal of Nutrition 136 (5): 1347–51. PMID 16614428. 
  17. ^ Patisaul, HB; Jefferson, W (2010). “The pros and cons of phytoestrogens.”. Front Neuroendocrinol 31 (4): 400–419. doi:10.1016/j.yfrne.2010.03.003. PMC: 3074428. PMID 20347861. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3074428/. 
  18. ^ Setchell, KD; Cole, SJ (2006). “Method of defining equol-producer status and its frequency among vegetarians”. The Journal of Nutrition 136 (8): 2188–93. PMID 16857839. 
  19. ^ a b Maddalena Rossi, Alberto Amaretti (2010). “6 . Probiotic properties of bifidobacteria”. In Baltasar Mayo, Douwe van Sinderen. Bifidobacteria: Genomics and Molecular Aspects. Caister Academic Pr. pp. 104-105. ISBN 978-1904455684. https://books.google.com/books?id=zaJ6teJ1KiYC&pg=PA105 
  20. ^ 国立がん研究センターがん予防・検診研究センター 予防研究部 (2003年). “大豆・イソフラボン摂取と乳がん発生率との関係について”. JPHC Study 厚生労働省研究班による多目的コホート研究. 2011年3月10日閲覧。
  21. ^ Yamamoto S, Sobue T, Kobayashi M, Sasaki S, Tsugane S; Japan Public Health Center-Based Prospective Study on Cancer Cardiovascular Diseases Group (2003). “Soy, isoflavones, and breast cancer risk in Japan”. J. Natl. Cancer. Inst. 95 (12): 906-913. doi:10.1093/jnci/95.12.906. PMID 12813174. 
  22. ^ 国立がん研究センターがん予防・検診研究センター 予防研究部 (2007年). “イソフラボンと脳梗塞・心筋梗塞発症との関連について”. JPHC Study 厚生労働省研究班による多目的コホート研究. 2011年3月10日閲覧。
  23. ^ Kokubo Y, Iso H, Ishihara J, Okada K, Inoue M, Tsugane S; JPHC Study Group (2007). “Association of dietary intake of soy, beans, and isoflavones with risk of cerebral and myocardial infarctions in Japanese populations: the Japan Public Health Center-based (JPHC) study cohort I”. Circulation 116 (22): 2553-2562. doi:10.1161/CIRCULATIONAHA.106.683755. PMID 18025534. 
  24. ^ 国立がん研究センターがん予防・検診研究センター 予防研究部 (2007年). “大豆製品・イソフラボン摂取量と前立腺がんとの関連について”. JPHC Study 厚生労働省研究班による多目的コホート研究. 2011年3月10日閲覧。
  25. ^ Kurahashi N, Iwasaki M, Sasazuki S, Otani T, Inoue M, Tsugane S; Japan Public Health Center-Based Prospective Study Group (2007). “Soy product and isoflavone consumption in relation to prostate cancer in Japanese men”. Cancer Epidemiol. Biomarkers Prev. 16 (3): 538-545. doi:10.1158/1055-9965.EPI-06-0517. PMID 17337648. 
  26. ^ 内山成人、「大豆由来の新規成分 “エクオール” の最新知見」 『日本食品科学工学会誌』 2015年 62巻 7号 p.356-363, doi:10.3136/nskkk.62.356
  27. ^ 石見佳子, 東泉裕子、「腸内細菌が作り出す大豆イソフラボン代謝産物の有用性と安全性」『化学と生物』 2013年 51巻 2号 p.74-77, doi:10.1271/kagakutoseibutsu.51.74
  28. ^ “閉経後女性の薄毛に対するエクオールの新しい可能性”. フレグランスジャーナル2月号: 41-47. (2021). 
  29. ^ Setchell, KD; Clerici, C; Lephart, ED; Cole, SJ; Heenan, C; Castellani, D; Wolfe, BE; Nechemias-Zimmer, L et al. (2005). “S-equol, a potent ligand for estrogen receptor beta, is the exclusive enantiomeric form of the soy isoflavone metabolite produced by human intestinal bacterial flora”. Am. J. Clin. Nutr. 81 (5): 1072–9. PMID 15883431. 
  30. ^ Setchell, KD; Zhao, X; Jha, P; Heubi, JE; Brown, NM (Oct 2009). “The pharmacokinetic behavior of the soy isoflavone metabolite S-(-)equol and its diastereoisomer R-(+)equol in healthy adults determined by using stable-isotope-labeled tracers”. Am. J. Clin. Nutr. 90 (4): 1029–37. doi:10.3945/ajcn.2009.27981. PMC: 2744624. PMID 19710188. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2744624/. 
  31. ^ Setchell, KD; Zhao, X; Shoaf, SE; Ragland, K (2009). “The pharmacokinetics of S-(−)equol administered as SE5-OH tablets to healthy postmenopausal women”. J. Nutr. 139 (11): 2037–43. doi:10.3945/jn.109.110874. PMID 19776178. 
  32. ^ Setchell, KD; Clerici, C (2010). “Equol: pharmacokinetics and biological actions”. J. Nutr. 140 (7): 1363S–8S. doi:10.3945/jn.109.119784. PMC: 2884334. PMID 20519411. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2884334/. 
  33. ^ Prossnitz, Eric R.; Barton, Matthias (2014). “Estrogen biology: New insights into GPER function and clinical opportunities”. Mol. Cell. Endocrinol. 389 (1-2): 71–83. doi:10.1016/j.mce.2014.02.002. ISSN 0303-7207. PMC: 4040308. PMID 24530924. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4040308/. 


「エクオール」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「エクオール」の関連用語

1
(S)‐エクオール 化学物質辞書
70% |||||

2
(±)‐エクオール 化学物質辞書
70% |||||

3
52% |||||

4
38% |||||

5
34% |||||

6
34% |||||

エクオールのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



エクオールのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2021 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのエクオール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS