ダイゼインとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 物質 > 化合物 > フラボノイド > ダイゼインの意味・解説 

ダイゼイン

分子式C15H10O4
その他の名称ダイドゼイン、Daidzein、Dimethylbiochanin B、Daidzeol、ジメチルビオカニンB、ダイゼオール、ダイゼイン、7-Hydroxy-3-(4-hydroxyphenyl)-4H-1-benzopyran-4-one、ダイジェイン、3-(p-Hydroxyphenyl)-7-hydroxychromone、4',7-Dihydroxyisoflavone、3-(4-Hydroxyphenyl)-7-hydroxy-4H-1-benzopyran-4-one
体系名:3-(4-ヒドロキシフェニル)-7-ヒドロキシ-4H-1-ベンゾピラン-4-オン、4',7-ジヒドロキシイソフラボン、7-ヒドロキシ-3-(4-ヒドロキシフェニル)-4H-1-ベンゾピラン-4-オン、3-(p-ヒドロキシフェニル)-7-ヒドロキシクロモン


ダイゼイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/03/04 06:05 UTC 版)

ダイゼイン: daidzein)は、イソフラボンの一種。ダイゼインやゲニステインのような他のイソフラボン化合物は、タイプエラリアクズのような植物やハーブに存在しており、ダイズ豆腐や植物性タンパク質大豆製品のような食品にも存在している。大豆イソフラボンは、ダイズから発見され抽出された化合物群である。抗酸化作用に加えて、多くのイソフラボンは、動物ヒトエストロゲン受容体に作用することが知られており[1]、それゆえフィトエストロゲンとして知られている。大豆イソフラボンは、非ホルモン作用も有する。


  1. ^ 飯田加賀美, 永井和夫, 禹済泰「核内受容体リガンド活性を示す天然化合物」『生物機能開発研究所紀要』第9巻、中部大学生物機能開発研究所、2009年3月、55-61頁、ISSN 1880-7941NAID 120006518392 
    永洞真一郎, 阿賀裕英, 芥川智子, 沼辺明博, 村田清康, 坂田康一「3 食品類中のエストロゲン活性の調査」『北海道環境科学研究センター所報』第30巻、北海道環境科学研究センター、2004年3月、34-37頁、ISSN 0916-8656NAID 220000094772 
  2. ^ The structures of 7,4’-dihydroxy-isoflavan and its precursors is shown in (Rüfer, Glat & Kulling 2005)
  3. ^ Wang et al. 2005
  4. ^ Frankenfeld, Atkinson & Thomas 2005


「ダイゼイン」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ダイゼイン」の関連用語

ダイゼインのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ダイゼインのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2024 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのダイゼイン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS