カテキンとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 物質 > 化合物 > フェノール > カテキンの意味・解説 

カテキン【catechin】


カテキン

分子式C15H14O6
その他の名称カテルゲン、d-カテキン、シアニドール、シアニダノール、(+)-カテキン、(+)-カテコール、カテキン【フラバン】、デクスシアニダノール、(+)-3-シアニダノール、(+)-シアニダノール-3、KB-53、Catergen、Cianidol、Cyanidanol、d-Catechin、(+)-Catechin、(+)-Catechol、Dexcyanidanol、(+)-3-Cyanidanol、(+)-Cyanidanol-3、Catechinflavan】、Catechuic acid、カテク酸、カテキン、Catecholflavon】、Catechinic acid、D-(+)-CatechinCatechin、カテクン酸、D-カテコールカテコールフラボン】、カテキン酸、Cianidanol、D-Catechol、D-(+)-カテキン、(2R,3S)-2-(3,4-Dihydroxyphenyl)-3,4-dihydro-2H-1-benzopyran-3,5,7-triol、(2R)-2α-(3,4-Dihydroxyphenyl)-3β,5,7-chromantriol、(2R)-2α-(3,4-Dihydroxyphenyl)-3,4-dihydro-2H-1-benzopyran-3β,5,7-triol、[2R,3S,(+)]-2-(3,4-Dihydroxyphenyl)-3,4-dihydro-2H-1-benzopyran-3,5,7-triol、(+)-3,3',4',5,7-フラバンペンタオール、(+)-3,3',4',5,7-Flavanpentol、(+)-カテシン3,4-ジヒドロ-2-(3,4-ジヒドロキシフェニル)-2H-1-ベンゾピラン-3,5,7-トリオール、カテチン、(2R)-2-(3,4-Dihydroxyphenyl)-3β,5,7-trihydroxychroman、(2R,3S)-3,4-Dihydro-2-(3,4-dihydroxyphenyl)-2H-1-benzopyran-3,5,7-triol、(2R)-2α-(3,4-Dihydroxyphenyl)chroman-3β,5,7-triol、(2R)-2α-(3,4-Dihydroxyphenyl)-3β,5,7-trihydroxy-3,4-dihydro-2H-1-benzopyran、2α-(3,4-Dihydroxyphenyl)-3,4-dihydro-2H-1-benzopyran-3β,5,7-triol、バイオカテキン、Biocatechin、NSC-2819、D-カテキン、D-Catechin、スンカトールNo.1、Sunkatol No.1、ティフラン30A、Teafuran 30A、ティフラン30E、Teafuran 30E、(2R,3S)-2-(3,4-Dihydroxyphenyl)chroman-3,5,7-triol、3,4-Dihydro-2-(3,4-dihydroxyphenyl)-2H-1-benzopyran-3,5,7-triol
体系名:3,4-ジヒドロ-2α-(3,4-ジヒドロキシフェニル)-2H-1-ベンゾピラン-3β,5,7-トリオール、(2R)-3,4-ジヒドロ-2α-(3,4-ジヒドロキシフェニル)-2H-1-ベンゾピラン-3β,5,7-トリオール、(2R)-2α-(3,4-ジヒドロキシフェニル)-3β,5,7-クロマントリオール、(2R)-2α-(3,4-ジヒドロキシフェニル)-3,4-ジヒドロ-2H-1-ベンゾピラン-3β,5,7-トリオール、[2R,3S,(+)]-2-(3,4-ジヒドロキシフェニル)-3,4-ジヒドロ-2H-1-ベンゾピラン-3,5,7-トリオール、(2R,3S)-2-(3,4-ジヒドロキシフェニル)-3,4-ジヒドロ-2H-1-ベンゾピラン-3,5,7-トリオール、(2R)-2-(3,4-ジヒドロキシフェニル)-3β,5,7-トリヒドロキシクロマン、(2R,3S)-3,4-ジヒドロ-2-(3,4-ジヒドロキシフェニル)-2H-1-ベンゾピラン-3,5,7-トリオール、(2R)-2α-(3,4-ジヒドロキシフェニル)クロマン-3β,5,7-トリオール、(2R)-2α-(3,4-ジヒドロキシフェニル)-3β,5,7-トリヒドロキシ-3,4-ジヒドロ-2H-1-ベンゾピラン、2α-(3,4-ジヒドロキシフェニル)-3,4-ジヒドロ-2H-1-ベンゾピラン-3β,5,7-トリオール、(2R,3S)-2-(3,4-ジヒドロキシフェニル)クロマン-3,5,7-トリオール


(−)‐カテキン

分子式C15H14O6
その他の名称l-カテキン、l-カテコール(-)-カテキン、(-)-カテコール、l-Catechin、l-Catechol、(-)-Catechin(-)-Catechol、[2S,(-)]-2β-(3,4-Dihydroxyphenyl)-3,4-dihydro-2H-1-benzopyran-3α,5,7-triol、(2S,3R)-2-(3,4-Dihydroxyphenyl)-3,4-dihydro-2H-1-benzopyran-3,5,7-triol、(2S)-2β-(3,4-Dihydroxyphenyl)-5,7-dihydroxychroman-3α-ol
体系名:(2S)-3,4-ジヒドロ-2β-(3,4-ジヒドロキシフェニル)-2H-1-ベンゾピラン-3α,5,7-トリオール、(2S)-2β-(3,4-ジヒドロキシフェニル)-3,4-ジヒドロ-2H-1-ベンゾピラン-3α,5,7-トリオール、[2S,(-)]-2β-(3,4-ジヒドロキシフェニル)-3,4-ジヒドロ-2H-1-ベンゾピラン-3α,5,7-トリオール、(2S,3R)-2-(3,4-ジヒドロキシフェニル)-3,4-ジヒドロ-2H-1-ベンゾピラン-3,5,7-トリオール、(2S)-2β-(3,4-ジヒドロキシフェニル)-5,7-ジヒドロキシクロマン-3α-オール


カテキン

抗酸化作用のあるフラボノイドで、特に (+)-カテキンと(-)-エピカテキン(シス型)が木本類の植物によく見られる。 (MeSH)

名前Catechin
カテキン

関連するタンパク質

CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported


カテキン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/18 14:23 UTC 版)

カテキン (catechin) は、狭義には化学式C15H14O6 で表される化合物であり、フラボノイドの1種である。分子量は 290.27。


  1. ^ a b c 田中達郎,石垣正一:食品と科学,12,110(1989)
  2. ^ a b c d 梶田 武俊、お茶の話 調理科学 Vol.25 (1992) No.1 p.51-59, doi:10.11402/cookeryscience1968.25.1_51
  3. ^ 詳細はサポニンを参照のこと
  4. ^ 梶本五郎:日食工誌,10,365(1963)
  5. ^ 山口真彦:日食工誌,22,270(1975)
  6. ^ 詳細は老化#糖化反応説サポニンを参照のこと
  7. ^ 渡辺 敦光、「生活習慣による癌予防」、『日本未病システム学会雑誌』Vol. 9 (2003) No. 1 P 99-108
  8. ^ 池ケ谷 賢次郎、茶の機能と衛生 食品衛生学雑誌 Vol.30 (1989) No.3, doi:10.3358/shokueishi.30.254
  9. ^ 高濃度の柿渋、新型コロナ感染抑える効果 食品化に期待”. 2020年10月15日閲覧。
  10. ^ Khan, Mohammad Faheem, et al. "Identification of Dietary Molecules as Therapeutic Agents to Combat COVID-19 Using Molecular Docking Studies." (2020).
  11. ^ 知らなきゃソンするお茶のこと 10のひみつ (PDF)”. 公益財団法人 静岡県茶業会議所. 2020年10月15日閲覧。
  12. ^ Green Tea Extract Banned In France And Spain - Functional Foods & Nutraceuticals の報告
  13. ^ Green tea extract (Green Lite): suspected association with hepatotoxicity - Health Canada の報告
  14. ^ カナダ保健省が緑茶抽出物摂取との関連が疑われる肝毒性の事例を公表 - 独立行政法人 国立健康・栄養研究所


「カテキン」の続きの解説一覧

カテキン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/19 21:16 UTC 版)

COVID-19に対する薬剤転用研究」の記事における「カテキン」の解説

緑茶飲用する習慣のある地域とそうではない地域では新型コロナウイルス感染率有意な差がある事が判明しており、緑茶含まれるエピガロカテキンガレート (EGCG) がウイルス表面突起結合することにより感染力弱める効果がある報告されている。

※この「カテキン」の解説は、「COVID-19に対する薬剤転用研究」の解説の一部です。
「カテキン」を含む「COVID-19に対する薬剤転用研究」の記事については、「COVID-19に対する薬剤転用研究」の概要を参照ください。


カテキン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/23 01:05 UTC 版)

ルバーブ」の記事における「カテキン」の解説

ルバーブまた、(+)-カテキン-5-O-グルコシド英語版)および(-)-カテキン-7-O-グルコシド英語版)のフラバノールグルコシドを含む。

※この「カテキン」の解説は、「ルバーブ」の解説の一部です。
「カテキン」を含む「ルバーブ」の記事については、「ルバーブ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「カテキン」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「カテキン」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



カテキンと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「カテキン」の関連用語

カテキンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



カテキンのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
Bio WikiBio Wiki
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカテキン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのCOVID-19に対する薬剤転用研究 (改訂履歴)、ルバーブ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS