ビタミンC誘導体とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 電気 > 電気化学 > 導体 > ビタミンC誘導体の意味・解説 

ビタミンC誘導体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/10/23 15:38 UTC 版)

ビタミンC誘導体(ビタミンシーゆうどうたい)とは、生体内で酵素反応によりビタミンCとなるもの。誘導体化によって生体外での安定化および生体内への吸収率向上のメリットがある。ビタミンC(L-アスコルビン酸)である。ビタミンCは強力な抗酸化作用があるが、そのままのビタミンCは不安定で分子構造が壊れやすい。また、皮膚は水溶性の物質を弾く作用が強いので、皮膚に浸透しやすいように合成された化合物である。美容を目的とした皮膚科学で応用されているほか、食品添加物としても検討されているものもある。直接利用するほかケミカルピーリングを行った後に塗布することでも利用される。


  1. ^ 池野宏「敏感肌に対するスキンケアとビタミン治療」『フレグランスジャーナル』2002年2月号、18-26頁。


「ビタミンC誘導体」の続きの解説一覧



ビタミンC誘導体と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ビタミンC誘導体」の関連用語

ビタミンC誘導体のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ビタミンC誘導体のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのビタミンC誘導体 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS