有機半導体とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 電気 > 電気化学 > 半導体 > 有機半導体の意味・解説 

有機半導体

読み方ゆうきはんどうたい
別名:オーガニックセミコンダクタ
【英】Organic Semiconductor, OSC

有機半導体とは、半導体性質を示す有機材料のことである。

有機半導体はシリコンなどを利用する従来半導体比べて、伸張性や柔軟性持たせやすいという特性がある。そのため物体表面貼り付ける形で集積回路を置く「大面積エレクトロニクス」の分野における利用期待されており、研究が進められている。

半導体メモリのほかの用語一覧
技術・産業:  エピタキシャル成長  インテル  オール・パス・フィルター  有機半導体  オンダイ  ウェハ  BGA

有機半導体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/01/05 02:27 UTC 版)

有機半導体(ゆうきはんどうたい, Organic Semiconductor, OSC)は、半導体としての性質を示す有機物のことである。


  1. ^ 鹿児島誠一. "2000 年度ノーベル化学賞: 白川英樹氏, Alan J. Heeger 氏, Alan G. MacDiarmid 氏." 日本物理學會誌 56.1 (2001): 43-44.
  2. ^ Akamatu, Hideo, Hiroo Inokuchi, and Yoshio Matsunaga. "Electrical conductivity of the perylene-bromine complex." Nature 173 (1954): 168-169.
  3. ^ 籏野昌弘、野口宏道、ソビエト連邦における半導性有機物質の研究 高分子 9.11 (1960): 1004-1009, doi:10.1295/kobunshi.9.1004
  4. ^ Electronics, 11 (Jan. 1. 1960)
  5. ^ Electronics, 26, 68 (Jan. 22. 1960)
  6. ^ 籏野昌弘、神原周、半導性有機物質の合成 高分子 9.11 (1960): 972-980, doi:10.1295/kobunshi.9.972
  7. ^ BA Bolto, R McNeill and DE Weiss (1963). “Electronic Conduction in Polymers. III. Electronic Properties of Polypyrrole”. Australian Journal of Chemistry 16: 1090 - 1103. doi:10.1071/CH9631090. 
  8. ^ Hideki Shirakawa, Edwin J. Louis, Alan G. MacDiarmid, Chwan K. Chiang and Alan J. Heeger (1977). “Synthesis of electrically conducting organic polymers: halogen derivatives of polyacetylene, (CH)x”. J. Chem. Soc., Chem. Commun.: 578 - 580. doi:10.1039/C39770000578. 
  9. ^ ノーベル化学賞(2000年)


「有機半導体」の続きの解説一覧





有機半導体と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「有機半導体」の関連用語

有機半導体のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

パソリンク

HUAWEI nova lite 2

総ベタ

Wi-Fi

ThinkStation P320 Tiny

MobileMe

タブとリーダー

総ルビ





有機半導体のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2018 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ有機半導体の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの有機半導体 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS