不純物半導体とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 電気 > 電気化学 > 半導体 > 不純物半導体の意味・解説 

不純物半導体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/05/08 05:55 UTC 版)

不純物半導体(ふじゅんぶつはんどうたい)は半導体の一種。外因性半導体(がいいんせいはんどうたい[1])とも言う。純粋な真性半導体に不純物(ドーパント)を微量添加(ドーピング)したものである。ドーピングする元素により、キャリアホール(正孔)のP型半導体、キャリアが電子N型半導体が得られる。キャリアの種類は不純物元素の最外殻電子の数に依存する場合が多く、最外殻電子が4より大きい時はN型半導体、最外殻電子が4より小さい場合はP型半導体になることが多い。 半導体の一種であるケイ素を例に取ると、ヒ素リンの場合がN型半導体、ホウ素の場合がP型半導体になる。 不純物という用語はネガティブな意味でなく、不純物を添加したものという意で用いられている。




  1. ^ : extrinsic semiconductor


「不純物半導体」の続きの解説一覧





不純物半導体と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「不純物半導体」の関連用語

不純物半導体のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



不純物半導体のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの不純物半導体 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS