インテルとは? わかりやすく解説

インテル

interlinear leadsから》活字を版に組むとき、行間空きをつくるためにはさむ木製または金属製の薄い板。→込め物2


インテル(NASDAQ:INTC)

住所: 2200 Mission College BoulevardSanta Clara, CA 95052United States
電話: 1- (408) 765-8080
FAX: 1- (408) 765-9904
ウェブサイト: http://www.intel.com
業種: テクノロジー
業界: 半導体

» ダウ・ジョーンズ米国企業総合情報データベースはこちら

インテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/01/12 07:18 UTC 版)

インテル: Intel Corporation[3])は、世界最大手の中央処理装置CPUMPU)および半導体素子のメーカー[4]


注釈

  1. ^ IA-32の64ビット拡張。AMD64と一部の命令を除いて互換性がある。
  2. ^ 「CULV」に属するCPUをプロセッサ番号で表せば、Core 2 DuoのSU9600、SU9400、SU9300、Core 2 SoloのSU3500、SU3300、Celeron Mの723、PentiumのSU2700がある。これらは動作クロック1.6 - 1.2G Hz、1 - 3メガバイトの2次キャッシュを持ち、いずれも800 MHzバスとx64命令セット、45 nmプロセスで、Core 2 Soloの5.5 Wを除けば10 WのTDPである。
  3. ^ 具体的には、概ね厚さが1インチ(約2.5 cm)未満で重量1.5 kg程度、11 - 13型のディスプレイを備えて10万円以下のクラスである。

出典

  1. ^ a b c d e f Intel Corporation 2021 Annual Report Form (10-K)”. United States Securities and Exchange Commission (2022年1月27日). 2022年1月31日閲覧。
  2. ^ a b c d e インテル株式会社 第47期決算公告”. 官報決算データベース. 2023年4月8日閲覧。
  3. ^ a b Britannica, Intel
  4. ^ TechTarget, what is Intel?
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj インテルの歩み”. インテル株式会社. 2019年12月22日閲覧。
  6. ^ プロセッサ市場の下剋上なるか? Intelを追うAMDを躍進させた2人の立役者”. EE Times Japan. 2021年2月15日閲覧。
  7. ^ 【Intelイスラエル訪問レポート】 Core 2 Duoの故郷を報道陣に公開 11月29日(現地時間) 開催”. 2012年5月18日閲覧。
  8. ^ インテルジャパン、2月1日より「インテル」に社名変更”. PC Watch (1997年1月22日). 2012年8月21日閲覧。
  9. ^ “インテルがつくば撤退 パソコン不況で人員削減”. 週刊エコノミスト. (2016年12月27日). https://www.weekly-economist.com/2016/12/27/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%AB%E3%81%8C%E3%81%A4%E3%81%8F%E3%81%B0%E6%92%A4%E9%80%80-%E3%83%91%E3%82%BD%E3%82%B3%E3%83%B3%E4%B8%8D%E6%B3%81%E3%81%A7%E4%BA%BA%E5%93%A1%E5%89%8A%E6%B8%9B/ 2017年1月6日閲覧。 
  10. ^ 1970: MOS Dynamic RAM Competes with Magnetic Core Memory on Price” (英語). 2017年8月17日閲覧。リンク先の3番目の画像を参照
  11. ^ 人材確保にはブランド認知が必要 / Intel Inside誕生裏話”. 2011年1月23日閲覧。
  12. ^ Intel 80386/80387 Memorabilia” (英語). 2015年4月9日閲覧。
  13. ^ 傳田信行氏 サイン本プレゼント:社長TV”. 2015年4月9日閲覧。[リンク切れ]
  14. ^ Inside Intel Inside” (英語). 2015年4月9日閲覧。
  15. ^ 元麻布春男 (2006年1月16日). “新しいIntelロゴに込められた意図”. 元麻布春男の週刊PCホットライン. PC Watch. 2019年12月22日閲覧。
  16. ^ インテル、企業ブランドを刷新』(プレスリリース)インテル株式会社https://www.intel.co.jp/jp/intel/pr/press2006/060105.htm2008年7月23日閲覧 [リンク切れ]
  17. ^ マーベルがインテルのコミュニケーション・プロセッサーとアプリケーション・プロセッサー事業を 6 億ドルで買収』(プレスリリース)インテル株式会社https://www.intel.co.jp/jp/intel/pr/press2006/060628.htm2009年10月20日閲覧 [リンク切れ]
  18. ^ インテル、最新の低消費電力プロセッサー・ファミリー向け「インテル Atom」ブランドを発表』(プレスリリース)インテル株式会社https://www.intel.co.jp/jp/intel/pr/press2008/080303.htm2009年5月2日閲覧 [リンク切れ]
  19. ^ インテル、インテル Centrino 2 プロセッサー・テクノロジーで革新的なノートブック PC 技術を提供』(プレスリリース)インテル株式会社https://www.intel.co.jp/jp/intel/pr/press2008/080716c.htm [リンク切れ]
  20. ^ インテル、ノートブック / デスクトップ PC 向け SSD 新製品を出荷開始』(プレスリリース)インテル株式会社https://www.intel.co.jp/jp/intel/pr/press2008/080909b.htm2009年5月2日閲覧 [リンク切れ]
  21. ^ インテル、エンタープライズ用途向け高性能ソリッド・ステート・ドライブ(SSD)を出荷開始』(プレスリリース)インテル株式会社https://www.intel.co.jp/jp/intel/pr/press2008/081016b.htm2009年5月2日閲覧 
  22. ^ インテル史上最高の Intel Core i7 プロセッサーを発表』(プレスリリース)インテル株式会社https://www.intel.co.jp/jp/intel/pr/press2008/081118a.htm2009年5月2日閲覧 [リンク切れ]
  23. ^ インテル コーポレーション、次世代の 32 nm プロセス技術開発を完了』(プレスリリース)インテル株式会社https://www.intel.com/jp/intel/pr/press2008/081210.htm2009年5月3日閲覧 [リンク切れ]
  24. ^ IOCとインテル コーポレーション、2024年までのTOPパートナーシップを発表』(プレスリリース)インテル株式会社https://newsroom.intel.co.jp/news-releases/ioc-intel-announce-worldwide-top-partnership-through-2024/ 2017年7月8日閲覧 
  25. ^ 笠原一輝 (2018年6月5日). “Intel、最大5GHz達成のCore i7-8086Kを6月8日から発売”. PC Watch. 2019年12月22日閲覧。
  26. ^ a b “Intel、企業ロゴを14年ぶりに変更”. ITmedia NEWS. (2020年9月3日). https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2009/03/news058.html 2020年9月3日閲覧。 
  27. ^ a b “Intel、14年ぶりにコーポレートロゴを変更 ~新Coreプロセッサーのロゴシールも新デザインに”. PC Watch. (2020年9月3日). https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1274667.html 2020年9月3日閲覧。 
  28. ^ a b 米Intel社の新社長にバレット氏が就任 グローブ前社長は会長に”. PC Watch (1997年5月26日). 2012年8月28日閲覧。
  29. ^ パット・ゲルシンガーがインテルCEOに就任 – インテル ニュースルーム”. newsroom.intel.co.jp. 2021年3月28日閲覧。
  30. ^ Low Power on Intel(R) Architecture” (英語) (2004年12月). 2008年4月6日閲覧。
  31. ^ インテルNUC”. インテル株式会社. 2019年12月28日閲覧。
  32. ^ a b c ASCII. “印象的だった開会式のドローン演出、裏方でインテルの力 (1/3)”. ASCII.jp. 2021年7月26日閲覧。
  33. ^ 『日経エレクトロニクス』2009年1月12日、12 - 13頁。 
  34. ^ “欧州委員会、独占禁止法違反でインテルに14億5000万ドルの制裁金”. CNET Japan. (2009年5月14日). https://japan.cnet.com/article/20393069/ 2009年9月16日閲覧。 
  35. ^ IT業界と独禁法:また始まった大騒動”. JBpress (2009年5月14日). 2009年5月18日閲覧。[リンク切れ]
  36. ^ “インテル、独禁法違反でニューヨーク州検事総長から提訴”. 朝日新聞. https://www.asahi.com/digital/cnet/CNT200911050006.html 2009年11月10日閲覧。 [リンク切れ]
  37. ^ インテルからデルへ巨額リベートの疑い--ニューヨーク州検事総長の主張”. CNET Japan. 2009年11月10日閲覧。
  38. ^ AMDとインテル、独占禁止法および知的財産をめぐるすべての紛争で和解』(プレスリリース)日本エイ・エム・ディ株式会社、2009年11月12日https://www.amd.com/jp/press-releases/Pages/amd-press-release-2009nov12.aspx2009年12月17日閲覧 [リンク切れ]
  39. ^ 独占禁止法と知的財産のすべての訴訟で和解』(プレスリリース)インテル株式会社、2009年11月13日https://www.intel.co.jp/jp/intel/pr/press2009/091113b.htm2009年12月17日閲覧 [リンク切れ]
  40. ^ “FTC、反競争的なビジネス慣習でインテルを提訴”. CNET Japan. https://japan.cnet.com/article/20405496/ 2009年12月19日閲覧。 
  41. ^ FTC の訴訟に対する声明を発表』(プレスリリース)インテル株式会社https://www.intel.co.jp/jp/intel/pr/press2009/091217.htm [リンク切れ]



インテル(intel)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/21 16:42 UTC 版)

オペレーティングシステムの一覧」の記事における「インテル(intel)」の解説

インテルのオペレーティングシステムiRMX

※この「インテル(intel)」の解説は、「オペレーティングシステムの一覧」の解説の一部です。
「インテル(intel)」を含む「オペレーティングシステムの一覧」の記事については、「オペレーティングシステムの一覧」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「インテル」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「インテル」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「インテル」に関係したコラム

  • FXやCFDのマスインデックスとは

    FXやCFDのマスインデックスとは、高値と安値から値動きの幅を調べてトレンドの転換点を見つけるためのテクニカル指標のことです。マスインデックスは、ボラティリティの上昇とともに値が上昇し、ボラティリティ...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「インテル」の関連用語

インテルのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



インテルのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ダウ・ジョーンズダウ・ジョーンズ
Copyright © 2024 Dow Jones & Company, Inc. All Rights Reserved.
ZDNetZDNet
Copyright ASAHI INTERACTIVE, Inc. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2024 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリインテルの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのインテル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのオペレーティングシステムの一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS