日本電気とは? わかりやすく解説

日本電気


日本電気

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/27 09:11 UTC 版)

日本電気株式会社(にっぽんでんき、: NEC Corporation)は、東京都港区五丁目に本社を置く住友グループ電機メーカー日経平均株価の構成銘柄の一つ[9]


注釈

  1. ^ 旧英文社名『Nippon Electric Company, Limited』の略。
  2. ^ 滋賀県甲賀郡水口町には、当社の工場が進出したことを機に名付けられた「日電」という地名が存在する。水口町はその後の自治体合併により現在は甲賀市となったが、合併後も「甲賀市水口町日電」として地名は継承されている。また、工場前のバス停も「名坂日電前」の名称である(「名坂」は工場周辺の通称地名)。なお、当該工場を含む照明器具製造部門は2019年ホタルクス社へ売却され、現在はNECグループを離脱した。
  3. ^ 電機業界や社内での隠語として、日本電気を「三田」と言うことがある。
  4. ^ 2017年の発表後、売却の前提となっていた、オートモーティブエナジーサプライの(日産からの)株式売却が当初予定より遅れて2018年6月末となると報じられたのち[37]、日産が予定していた売却先への売却を取り止めた[38]2018年8月3日に、エンビジョン・エレクトローズに対して2019年3月末に売却することを発表[39]
  5. ^ レノボNECホールディングスはNECの持分法適用会社であるが、その子会社であるNECパーソナルコンピュータは関連企業の範囲外となる。
  6. ^ 同枠の後継にはハズキルーペが60秒新規。
  7. ^ 当番組終了後提供枠は「ドラマBiz」+不定期番組提供へ移動。

出典

  1. ^ 大口事業所個別番号である(参考:本社ビル - NECウェブサイト)。
  2. ^ NEC>企業情報>株主投資家情報>IR資料>有価証券報告書・四半期報告書 2013年度有価証券報告書>7Page>提出会社の経営指標等>資本金
  3. ^ a b 株式・株主の状況”. 日本電気株式会社 (2016年3月31日). 2016年7月31日閲覧。
  4. ^ NEC>企業情報>株主投資家情報>IR資料>有価証券報告書・四半期報告書 2013年度有価証券報告書>6Page>連結経営指標等>売上高
  5. ^ NEC>企業情報>株主投資家情報>IR資料>有価証券報告書・四半期報告書 2013年度有価証券報告書>89Page>連結損益計算書>営業利益
  6. ^ NEC>企業情報>株主投資家情報>IR資料>有価証券報告書・四半期報告書 2013年度有価証券報告書>6Page>連結経営指標等>当期純損益
  7. ^ NEC>企業情報>株主投資家情報>IR資料>有価証券報告書・四半期報告書 2013年度有価証券報告書>6Page>連結経営指標等>純資産額
  8. ^ NEC>企業情報>株主投資家情報>IR資料>有価証券報告書・四半期報告書 2013年度有価証券報告書>6Page>連結経営指標等>総資産額
  9. ^ 構成銘柄一覧:日経平均株価 Nikkei Inc. 2021年10月8日閲覧。
  10. ^ NEC、企業ブランドメッセージを「Orchestrating a brighter world」に変更 - NECプレスリリース(2015年7月1日)
  11. ^ “NEC、7つの「社会価値創造」テーマと取り組みを策定”. ZDNet Japan. (2014年11月20日). https://japan.zdnet.com/article/35056792/ 2022年4月9日閲覧。 
  12. ^ “NECのグローバル事業、再編以来初の黒字化 海底ケーブルの成長が今後の鍵の1つに GAFAが主要顧客になってきている――、海底ケーブル事業の現状を見る”. クラウドWatch. https://cloud.watch.impress.co.jp/docs/special/1359648.html 2022年4月9日閲覧。 
  13. ^ NECのアフリカ事業 (PDF) } - NEC(2014年1月21日)2022年4月9日閲覧。
  14. ^ シンガポールの出入国管理を担う、電子パスポート「バイオパス」の指紋認証システム [リンク切れ]
  15. ^ 2015年 国内サーバー市場動向 - Publickey(2016年3月29日)
  16. ^ 大原雄介 (2015年9月28日). “スーパーコンピューターの系譜 最後のベクトルマシンとなったCray X1”. ASCII デジタル. http://ascii.jp/elem/000/001/055/1055814/index-2.html 2022年4月9日閲覧。 
  17. ^ “ベクトル型スーパーコンピューターの将来は?(上)”. WIRED. (2004年9月1日). https://wired.jp/2004/09/01/%E3%83%99%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%AB%E5%9E%8B%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%81%AE%E5%B0%86%E6%9D%A5%E3%81%AF%EF%BC%9F%E4%B8%8A/ 2022年4月9日閲覧。 
  18. ^ 2007年 - 2009年は3年連続首位、2010年 - 2011年は2位、2012年は再び首位。
  19. ^ 国内ITサービスベンダーのランキング、ガートナーが富士通やNECらの強みと課題を解説 - ビジネス+IT(2017年11月8日)2022年4月9日閲覧。
  20. ^ “「見つけた」で見守りやおもてなし 映像活用が生み出す新たな価値とは?”. ITmediaエンタープライズ. (2017年2月8日). http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1702/08/news003.html 2022年4月9日閲覧。 
  21. ^ 山田竜司 (2013年11月15日). “4年分の新聞を0.2秒で処理--NEC、「テキスト含意認識」技術を高速化”. ZDNet Japan. https://japan.zdnet.com/article/35039934/ 2022年4月9日閲覧。 
  22. ^ NEC、米国国立機関による動画顔認証の性能評価で第1位を獲得~利便性向上・適用範囲拡大により、セーフティ事業を加速~ - NECプレスリリース(2017年3月16日)2022年4月9日閲覧。
  23. ^ 三浦優子 (2017年11月10日). “NEC・新野隆社長、“デジタルトランスフォーメーションでビジネス創造”をアピール”. クラウドWatch. https://cloud.watch.impress.co.jp/docs/event/1090845.html 2022年4月9日閲覧。 
  24. ^ 沖電気工業『進取の精神 沖電気120年のあゆみ』 (PDF) - 2001年、P23 - 26。
  25. ^ 日本半導体歴史館
  26. ^ “国策半導体の失敗、負け続けた20年の歴史、親会社・国依存から脱却を”. 東洋経済ONLINE. (2012年4月24日). http://toyokeizai.net/articles/-/9052 2022年4月9日閲覧。 
  27. ^ 中沼尚「日米半導体貿易摩擦とは一体何だったのか (PDF) 」 - 日本半導体歴史館(「開発ものがたり - NEC関連」掲載)
  28. ^ 藤田実「1990年代の半導体産業 (PDF) 」 『企業環境研究年報』第5号、中小企業家同友会全国協議会企業環境研究センター、2000年11月。
  29. ^ a b 木村岳史がITベンダーの新事業を斬る!「共創」十番勝負 NEC編第3回 木村の眼、“NECの失われた21世紀”を終わらせるカギは何か”. 日経XTECH (2017年1月12日). 2022年4月9日閲覧。
  30. ^ 大谷晃司 (2006年8月1日). “NGNにかけるNEC不退転の決意”. 日経XTECH. 2022年4月9日閲覧。
  31. ^ Technical Analysis of NIPNY (NEC CP ADR)
  32. ^ 米国会計基準による過年度財務諸表およびADRのNASDAQ取引について - NECプレスリリース(2007年9月21日)
  33. ^ 米国証券取引委員会との和解について - NECプレスリリース(2008年6月18日)
  34. ^ “NEC、スマートエネルギー事業を説明 17年度に売上高3000億円強”. 日本経済新聞. (2012年7月11日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK1001T_Q2A710C1000000/ 2022年4月9日閲覧。 
  35. ^ NEC、世界トップクラスの蓄電システム事業会社「NEC Energy Solutions」を設立 - NECプレスリリース(2014年5月16日)
  36. ^ 連結子会社株式の譲渡に伴う譲渡益の計上に関するお知らせ - NECプレスリリース(2017年12月4日)
  37. ^ “日産、リチウムイオン電池事業の売却を延期”. Response. (2018年5月1日). https://response.jp/article/2018/05/01/309199.html 
  38. ^ “日産、電池子会社売却を中止 中国側の資金不足で”. 日本経済新聞. (2018年7月2日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO32486720S8A700C1EAF000/ 
  39. ^ “NECと日産、リチウムイオン電池事業を譲渡”. EETimes Japan. (2018年8月6日). http://eetimes.jp/ee/articles/1808/06/news033.html 
  40. ^ “NEC、米蓄電システム子会社を韓国LG化学に売却”. 日本経済新聞. (2021年9月3日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC03B4M0T00C21A9000000/ 2022年4月9日閲覧。 
  41. ^ a b “NEC、2966億円の最終赤字。固定費削減で来期は黒字回復目指す”. ITmediaエンタープライズ. (2009年5月12日). https://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0905/12/news095.html 2022年4月10日閲覧。 
  42. ^ 「NEC、研究員15%配転、今期中に150人、開発・営業などに、研究費2割減」『日本経済新聞』、2009年11月28日、12面。
  43. ^ NECとレノボが合弁会社を設立、国内最大のパソコン事業グループが誕生 - NECプレスリリース(2011年1月27日)
  44. ^ 冨田秀継 (2010年2月25日). “NEC、組織再編を発表--クラウドとスマートグリッドで事業創出を目指す”. ZDNet Japan. http://japan.zdnet.com/article/20409271/ 2022年4月9日閲覧。 
  45. ^ a b c “NEC、2011年度連結業績は1103億円の最終赤字に~全社戦略投資の半分をクラウドサービスに投資”. クラウドWatch. (2012年4月28日). https://cloud.watch.impress.co.jp/docs/news/530006.html 2022年4月10日閲覧。 
  46. ^ 大河原克行 (2013年8月23日). “大河原克行のエンプラ徒然 電機大手決算を読む:2012年度を振り返る--成長戦略の礎はできたか”. ZENet Japan. https://japan.zdnet.com/article/35036298/ 2022年4月10日閲覧。 
  47. ^ 世界初、新ネットワーク制御技術「OpenFlow」に対応したネットワーク製品を販売開始 - NECプレスリリース(2011年3月9日)
  48. ^ NEC、SDN ソリューションを体系化” (2013年7月10日). 2013年10月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月24日閲覧。
  49. ^ NEC、世界初、通信事業者向け SDN 仮想化モバイルコアネットワークソリューションを販売”. インターネットコム (2013年10月23日). 2013年10月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月24日閲覧。
  50. ^ 森元美稀 (2013年9月18日). “NECら5社、世界初の広域SDN実現を目指す「O3プロジェクト」を立ち上げ”. 日経XTECH. https://xtech.nikkei.com/dm/article/NEWS/20130917/304011/ 2022年4月9日閲覧。 
  51. ^ “インドネシアに“活路”を見出すNEC、3つの理由 (1/2)”. ITmedia エンタープライズ. (2015年2月13日). http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1502/13/news041.html 2022年4月9日閲覧。 
  52. ^ “政策関連(携帯電話メーカー) 日本の携帯電話メーカー(2013年7~8月考察)”. Infocomモバイル通信ニューズレター(Infocomモバイル通信T&S) (情報通信総合研究所). (2013年9月26日). http://www.icr.co.jp/newsletter/report_tands/2013/s2013TS293_3.html 2022年4月9日閲覧。 
  53. ^ “NEC、スマートフォン事業から撤退”. ケータイWatch. (2013年7月31日). https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/609830.html 2022年4月9日閲覧。 
  54. ^ a b “NECモバイル解散、携帯事業はNECが引き継ぐ形に”. ITmedia. (2016年2月29日). http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1602/29/news134.html 2017年5月27日閲覧。 
  55. ^ NEC:100億円所得隠し…補償金は「交際費」国税判断 - 毎日新聞 2012年(平成24年)6月25日(2012年(平成24年)6月24日時点のアーカイブ
  56. ^ “IoTを活用した次世代“ものづくり”ソリューション「NEC Industrial IoT」”. クラウドWatch. (2015年5月16日). http://cloud.watch.impress.co.jp/docs/news/20150616_707194.html 2022年4月9日閲覧。 
  57. ^ 「産総研-NEC 人工知能連携研究室」を設立”. 産総研 ニュース (2016年4月5日). 2022年4月9日閲覧。
  58. ^ NEC、AI(人工知能)技術ブランド「NEC the WISE」を策定 - NECプレスリリース(2016年7月19日)
  59. ^ 岡部一詩 (2016年3月29日). “NECがFinTech専門組織、海外拠点との連携で新サービス創出狙う”. 日経XTECH. http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/032900913/?rt=nocnt 2022年4月9日閲覧。 
  60. ^ “NEC、阪大に次世代コンピューターの研究所”. 日本経済新聞. (2016年4月3日). http://www.nikkei.com/article/DGXLZO99229430T00C16A4TJM000/ 
  61. ^ 財務報告基準 (IFRS) の任意適用に関するお知らせ - NECプレスリリース(2016年4月28日)
  62. ^ 井上英明 (2016年12月19日). “オフコンの憂鬱”. 日経XTECH. http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/16/121500301/ 
  63. ^ “AIで「がん治療用ワクチン」を開発—NECが創薬の新会社”. (2016年12月19日). http://japan.zdnet.com/article/35093979/ 2016年12月23日閲覧。 
  64. ^ “NECが創薬事業を手掛ける企業に、定款を変更し宣言”. 日経XTECH. (2019年5月28日). https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/00001/02237/ 2022年4月8日閲覧。 
  65. ^ “NEC、AIを活用した治験開始--がん免疫療法の進歩に向けて”. ZDNet Japan. (2019年5月27日). https://japan.zdnet.com/article/35137534/ 2022年4月9日閲覧。 
  66. ^ “消防無線談合、4社に課徴金63億円命令 公取委”. 日本経済新聞. (2017年2月2日). https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG02H76_S7A200C1CR8000/ 2022年4月10日閲覧。 
  67. ^ 佐藤雅哉 (2017年4月28日). “NECの2016年度通期決算は減収減益、中期経営計画の撤回に新野社長「非常に残念」”. https://xtech.nikkei.com/it/atcl/news/17/042701311/ 2022年4月10日閲覧。 
  68. ^ コンプライアンスとリスク・マネジメント - NEC(2022年4月10日閲覧)
  69. ^ “NEC、国内間接部門・ハードウエア事業領域で3000人削減=中計”. ロイター. (2018年1月30日). https://jp.reuters.com/article/nec-3000-reduce-idJPKBN1FJ11G/ 2018年1月31日閲覧。 
  70. ^ “NECが英IT企業を約713億円で買収、セーフティー事業強化”. ロイター. (2018年1月9日). https://jp.reuters.com/article/nec-nps-idJPKBN1EY0NO 2022年4月9日閲覧。 
  71. ^ “NECがデンマーク最大のIT企業KMDを買収、海外セーフティ事業を拡大”. IT Leaders. (2018年12月27日). https://it.impress.co.jp/articles/-/17235 2022年4月9日閲覧。 
  72. ^ 早川竜太 (2020年12月23日). “NEC、スイス大手金融ソフトウェア企業を2360億円で買収”. マイナビニュース. https://news.mynavi.jp/article/20201223-1606859/ 2022年4月9日閲覧。 
  73. ^ “NECが衛星の運用施設を新設 報道陣に初公開”. テレビ朝日. (2018年1月10日). http://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000118370.html 2022年4月9日閲覧。 
  74. ^ 内山育海 (2018年1月15日). “衛星データ販売事業で「確実に黒字化」、NECが新規参入”. 日経XTECH. https://xtech.nikkei.com/dm/atcl/feature/15/122200045/011500393/ 2022年4月9日閲覧。 
  75. ^ “NEC、サムスンと提携 5G基地局の開発・営業”. 日本経済新聞. (2018年10月24日). https://r.nikkei.com/article/DGXMZO3684993024102018X12000?s=2 2018年10月24日閲覧。 
  76. ^ “NEC、5G挽回に「電電ファミリー」の絆頼み”. 日本経済新聞. (2020年6月25日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO60763770V20C20A6I00000 2022年4月9日閲覧。 
  77. ^ “英政府、5GでNECと協業 ファーウェイ排除で代替”. 日本経済新聞. (2020年10月26日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO65443450W0A021C2EAF000 2022年4月9日閲覧。 
  78. ^ “NEC、英国政府主導の「NeutrORAN」に参加 5G Open RAN稼働に向けた実証実験へ”. EZニュース. (2020年11月30日). https://enterprisezine.jp/news/detail/13661 2022年4月8日閲覧。 
  79. ^ 北川研斗 (2021年11月11日). “クアルコムとNECが仮想化5Gソリューションで連携、ドコモのO-RAN構想下で開発”. ケータイWatch. https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1365391.html 2022年4月9日閲覧。 
  80. ^ 竹野弘祐 (2021年5月22日). “楽天モバイル、NECと富士通それぞれと完全仮想化ネットワーク普及に向け連携”. ケータイWatch. https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1325324.html 2022年4月9日閲覧。 
  81. ^ “KDDI、クラウドネイティブのネットワーク基盤技術でNEC、NICTと共同研究 5G網構築に向け”. ITmedia. (2021年9月7日). https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2109/07/news143.html 2022年4月9日閲覧。 
  82. ^ “5Gとその先での日本の挑戦、NTTとNECの提携を読み解く”. ASCIIビジネス. (2020年7月9日). https://ascii.jp/elem/000/004/019/4019090/ 2021年1月5日閲覧。 
  83. ^ 竹野弘祐 (2021年10月26日). “NECと大阪大学、Beyond 5G技術の協働研究所を設置――「確率的デジタルツイン」で低通信量、低消費電力を目指す”. ケータイWatch. https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1361125.html 2022年4月9日閲覧。 
  84. ^ “NEC、量子コンピューターの研究室 産総研と”. 日本経済新聞. (2018年11月21日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38019300R21C18A1X20000/ 2022年4月9日閲覧。 
  85. ^ 中田敦 (2020年6月18日). “NECとカナダD-Waveが協業、量子アニーリングとスパコンを連携”. 日経XTECH. https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/news/18/08157/ 2022年4月9日閲覧。 
  86. ^ 井上輝一 (2020年7月29日). “東芝など12機関、盗聴不可能な暗号技術「量子暗号通信網」の共同開発へ”. ITmedia NEWS. https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2007/29/news126.html 2022年4月9日閲覧。 
  87. ^ “NEC・野村HD・東芝など、金融分野のサイバーセキュリティ強化に向け量子暗号技術活用の共同検証を開始”. (2020年12月21日). https://www.nikkei.com/article/DGXLRSP602167_R21C20A2000000/ 2022年4月9日閲覧。 
  88. ^ 唐沢正和 (2019年4月25日). “NECが新事業ブランド「NEC Smart Connectivity」発表 ネットワークの強みを生かしたサービス事業を展開”. クラウドWatch. https://cloud.watch.impress.co.jp/docs/news/1182116.html 2022年4月9日閲覧。 
  89. ^ “NEC自社開発の空飛ぶクルマが飛んだ、ただし「機体ビジネスには参入せず」”. MONOist. (2019年8月6日). https://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1908/06/news047.html 2022年4月9日閲覧。 
  90. ^ 長倉克枝 (2020年5月12日). “NECの20年3月期は120%増益、PC特需で過去最高益に”. 日経XTECH. https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/news/18/07830/ 2022年4月10日閲覧。 
  91. ^ 田中陽菜 (2021年5月12日). “NECの2021年3月期決算は減収増益、調整後営業利益は前期比22%増”. 日経XTECH. https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/news/18/10330/ 2022年4月10日閲覧。 
  92. ^ “NEC大幅安 減益見通し嫌気 成長投資の見方分かれる”. 日本経済新聞. (2021年5月13日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUB137NF0T10C21A5000000/ 2022年4月10日閲覧。 
  93. ^ 清宮信志 (2021年7月12日). “NECが目指す「スーパーシティ」。10年先の「まるごと未来都市」”. Impress Watch. https://www.watch.impress.co.jp/docs/news/1337452.html 2022年4月9日閲覧。 
  94. ^ 2期連続で過去最高利益を更新したNECが、「キャリア採用」を3年で6倍超に増やした理由。22年度の戦略とは――”. d's journal (2022年3月31日). 2022年4月10日閲覧。
  95. ^ オフィスコンピュータの歴史調査と技術の系統化に関する調査 (PDF) 』かはく技術史大系(技術の系統化調査報告書)情報処理学会第3集、産業技術史資料情報センター、2003年
  96. ^ 山田祥平「NECパソコンの歴史
  97. ^ a b c d 今こそ選択と集中が求められるNEC 『日本経済新聞』 2011年(平成23年)1月28日 社説
  98. ^ 世界のPC市場シェアの歴史的推移 1980-1991 - 明治大学経営学部佐野研究室
  99. ^ 原一郎 (2014年2月28日). “工場にしなやかさをもたらす、産業用PCの真価とは”. MONOist(産業用機器基礎解説). 2022年4月9日閲覧。
  100. ^ NECが語る「HP-UXによる高可用システム構築 - 『HP-UX特別企画』ヒューレット・パッカード(2005年11月)2022年4月9日閲覧。
  101. ^ “NEC「PC-9800シリーズ」ついに受注打ち切り”. ITmediaニュース. (2003年8月7日). http://www.itmedia.co.jp/news/0308/07/njbt_03.html 2022年4月9日閲覧。 
  102. ^ 高橋秀和 (2017年10月19日). “NECが新Xeon搭載PCサーバーを拡充、ハイパーコンバージド製品も”. 日経XTECH. http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/101902470/ 2022年4月9日閲覧。 
  103. ^ “NECとEMC、SAP HANA環境の運用を支援”. ZDNet Japan. (2015年4月20日). https://japan.zdnet.com/article/35063432/ 2022年4月9日閲覧。 
  104. ^ SAP HANA向けアプライアンスサーバ「NEC High-Performance Appliance for SAP HANA」”. NEC. 2016年4月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月1日閲覧。
  105. ^ “NEC、赤字の無線通信機器 撤退も視野”. 日本経済新聞. (2018年4月27日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO29939530X20C18A4X20000/?n_cid=SPTMG002 2022年4月9日閲覧。 
  106. ^ “テレビ東京系列4局、NECの次世代IPマスターシステムを採用”. ZDNet Japan. (2021年11月17日). https://japan.zdnet.com/article/35179544/ 2022年4月9日閲覧。 
  107. ^ NHKオンライン「NHKデジタル」のNHKの放送技術2012「世界に向けて発信」より
  108. ^ 朴尚洙 (2019年2月4日). “NECが協働ロボットのインテグレーターに、「匠」によるライン設計が違いを生む”. MONOist. http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1902/04/news048.html 2022年4月9日閲覧。 
  109. ^ NECの半導体開発ものがたり - 日本半導体歴史館
  110. ^ 長船 1987, p. 116-117.
  111. ^ 長船 1987, p. 126.
  112. ^ 長船 1987, p. 117-119.
  113. ^ “サムスン、半導体で初首位 25年ぶり、インテル陥落 日本勢最高は8位東芝”. Sankei Biz. (2018年1月5日). https://www.sankeibiz.jp/business/news/180105/bsk1801051122002-n1.htm 2022年4月9日閲覧。 
  114. ^ “「選択と集中」が分けた半導体産業の明暗”. 日本経済新聞. (2013年8月28日). http://www.nikkei.com/article/DGXDZO59008300Y3A820C1EA1000/ 2022年4月9日閲覧。 
  115. ^ “非ノイマン型データ駆動プロセッサImPPの開発 (NEC)”. shmj.or.jp. (2010年10月16日). http://www.shmj.or.jp/museum2010/exhibi704.htm 2020年9月26日閲覧。 
  116. ^ NEC: Press Release 2000/12/06-01”. www.nec.co.jp. 2020年12月3日閲覧。
  117. ^ NEC、有機ELディスプレイ事業から撤退”. av.watch.impress.co.jp. 2020年12月3日閲覧。
  118. ^ 2011年2月25日付NECプレスリリース
  119. ^ 2019年4月1日付け、会社分割法による事業承継について - NECライティング、2019年3月6日
  120. ^ レノボNEC始動、「圧倒的シェア」実現へのシナリオ - 日本経済新聞 2011年(平成23年)7月5日
  121. ^ レノボに合弁会社の全株取得権 NECの同意が前提 - asahi.com 2011年(平成23年)1月29日(2011年(平成23年)1月31日時点のアーカイブ
  122. ^ レノボ・ジャパンを取り巻く3つの変化の狙いとは? - 大河原克行の「パソコン業界、東奔西走」PC Watch、2014年10月27日
  123. ^ a b 持分法適用関連会社株式の一部譲渡に伴う譲渡益の計上に関するお知らせ - NECプレスリリース(2016年7月1日)
  124. ^ a b “NEC、レノボにパソコン合弁株を一部売却 インフラ事業強化”. 日本経済新聞. (2016年7月1日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ01HXZ_R00C16A7TJC000/ 2016年7月5日閲覧。 
  125. ^ “どうなる富士通の法人向けPC――、“競合”NECと同じLenovo傘下での差別化ポイントは?”. クラウド Watch. (2017年11月7日). https://cloud.watch.impress.co.jp/docs/special/1090007.html 2017年12月15日閲覧。 
  126. ^ 携帯電話端末事業の見直しについて”. NECプレスリリース (2013年7月31日). 2013年7月31日閲覧。
  127. ^ NECカシオモバイルコミュニケーションズ社の経営体制変更について”. NECカシオモバイルコミュニケーションズ. 2014年7月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月15日閲覧。
  128. ^ “携帯電話端末事業の体制見直しについて” (プレスリリース), 日本電気株式会社, (2015年12月25日), http://jpn.nec.com/press/201512/20151225_02.html 2015年12月26日閲覧。 
  129. ^ “NECモバイルのケータイ事業、NEC本体に譲渡”. ケータイWatch. インプレス. (2015年12月25日). http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20151225_737091.html 2015年12月26日閲覧。 
  130. ^ 会員インタビュー 日本電気株式会社システムプラットフォーム研究所 山本剛 量子分野の未来はハードウェアの再評価と異業種連携にかかっている - 量子ICTフォーラム
  131. ^ 知財ワールドへのいざない (PDF)”. 2016年3月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月24日閲覧。
  132. ^ “NEC、東京五輪の国内最高位スポンサーに”. 日本経済新聞. (2015年2月19日). https://www.nikkei.com/article/DGXLSSXK40175_Z10C15A2000000/ 2022年4月9日閲覧。 
  133. ^ 日本企業との10年間!エヴァートン「NECスポンサー」ユニフォームを見る
  134. ^ “ザウバー、NECとのスポンサー契約を正式発表”. F1-Gate.com. (2011年3月24日). https://f1-gate.com/sauber/f1_11183.html 2022年4月9日閲覧。 
  135. ^ “NEC、Fインディアとのスポンサー契約を正式発表”. F1速報. (2015年3月14日). https://f1sokuho.mopita.com/free/index.php?page=news/sp/body&no=88432 2022年4月9日閲覧。 
  136. ^ “NEC、レーシング・ポイントF1チームへの協賛を終了…5年に渡る関係に終止符”. FOMURA1 DATA. (2020年1月6日). https://formula1-data.com/article/nec-ends-sponsorship-of-racing-point-f1-team 2022年4月9日閲覧。 
  137. ^ Ken's Talk」『RIDERS CLUB』1995年12月号



日本電気(NEC)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/27 03:05 UTC 版)

横浜市立大学」の記事における「日本電気(NEC)」の解説

データサイエンス分野での産学連携協定2020年1月締結

※この「日本電気(NEC)」の解説は、「横浜市立大学」の解説の一部です。
「日本電気(NEC)」を含む「横浜市立大学」の記事については、「横浜市立大学」の概要を参照ください。


日本電気 (NEC)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/20 06:25 UTC 版)

合弁事業」の記事における「日本電気 (NEC)」の解説

元々は岩垂邦彦アメリカウェスタン・エレクトリック(現・アルカテル・ルーセント)との合弁により設立した電機メーカー日本初合弁企業であり外資系企業でもある

※この「日本電気 (NEC)」の解説は、「合弁事業」の解説の一部です。
「日本電気 (NEC)」を含む「合弁事業」の記事については、「合弁事業」の概要を参照ください。


日本電気

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/26 14:52 UTC 版)

ワンプッシュオープンボタン」の記事における「日本電気」の解説

機能名は「ワンタッチオープン」。 NTTドコモ docomo STYLE seriesN-05A FOMA 70xiN706ie ソフトバンクモバイル SoftBank 831N

※この「日本電気」の解説は、「ワンプッシュオープンボタン」の解説の一部です。
「日本電気」を含む「ワンプッシュオープンボタン」の記事については、「ワンプッシュオープンボタン」の概要を参照ください。


日本電気

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/12 09:22 UTC 版)

ホビーパソコン」の記事における「日本電気」の解説

同社製品販売台数扱いやすさ、普遍性などから、日本の代表的なパソコン製品シリーズだった。そのため研究開発現場からビジネス、そして個人ホビーまで、そのユーザー層幅広かった。シリーズ型番共通して付く「PC」は「パーソナルコンピュータ」の略であり、当時マイコン」「パーコン」とも呼ばれていたこれらの民生用コンピュータ呼称を「パソコン」に統一定着させる一因ともなった当時はパソコンといえばNECPC)」であり、それほどまでの影響力を持っていた。 PC-8000シリーズ ホビーパソコン先駈けとなったシリーズ。Z80Aを搭載し当時としては性能の割に廉価感じさせる製品だった。豊富な周辺機器と共にユーザー競うように膨大な数ソフトウェア開発したために、使用環境がどんどん切磋琢磨されていった。この製品ヒットは、日本の民間パソコン普及技術上に多大な貢献果たした他社競合製品多数発売され製品としての他社製品との性能比が魅力的なくなってきてもなお売れ続けたその後グラフィックなどの性能を向上させたmkII、mkIISRなどの後継機発売されたが、これらは実務ホビー共にあまり人気出ずユーザー層は8800シリーズ9800シリーズ移行していった。 PC-8800シリーズ PC-8001と完全上位互換性持ち、非常に多くのソフトウェア資産誇った初代は「当時市場メイン機だったPC-8001資産使えるビジネス向けの高級機」という位置付けで、のち、ホビーユースを視野入れたmkII以降グラフィックサウンド性能の向上と共に、5インチフロッピーディスクドライブなど標準搭載し以降続々と後継機出していった。デザイン的には「ゴツい大きい、角張っている」など初代ビジネス機イメージ抜けきらない、とも評価されたが、この色と形が日本のパソコン基本形ともなり他社含めて長く影響力持ち続けた。同シリーズ市場大きな力をつけ人気を博し、同シリーズがホビーユースがメインになってきた頃には(FEシリーズなどで)角の取れたデザイン採用されている。末期にはZ80Aをエミュレーションできる16ビット機、9800シリーズと8800シリーズ一体に内蔵した互換モデルCD-ROM搭載した縦型据え置きミニタワー型)なども発売された。 PC-6000シリーズ/PC-6600シリーズ 上記8000番台とは別にNEC子会社であった新日本電気株式会社開発したシリーズである。「パピコン」の通称知られた初代であるPC-6001低価格ホビーパソコン先駈けとなった機種で、すがやみつるパソコン入門漫画こんにちはマイコン」の教材ともなった家庭用テレビ接続することを前提開発され8001下位互換的な位置付けながらも、8色のカラー表示ひらがな表示三重和音可能なPSG音源、ジョイスティックインターフェース標準搭載など、当初からホビー用途狙って開発され製品である。初代特徴である局面的なデザインキーボードオレンジ色かつキートップ間に隙間のある特殊なデザインは、同機ユーザに対する揶揄対象ともなった後継機であるPC-6001MkIIでは直線的な一般的なホビーパソコン然としたデザインとなり5000円値下げイメージキャラクターとして武田鉄矢起用しすがやみつる著の「こんにちはマイコン2」の教材となった。「またしても進歩NECから。」「飛びぬけて新発売」のキャッチコピー通りオプションだった音声合成LSI標準搭載し史上初の「喋るパソコンとなった価格5000円上がったものの、表示周り強化ならびに音声合成音程取れ、すなわち唄うことができるなどの機能強化をしたPC-6001mkIISR最後のモデルとなった。このSRは再び局面的なデザイン採用しているが、後述されるPC-6601SR同時期発売だったため、市場目立つことができなかった。 6600シリーズ6000シリーズに対し片面密度3.5インチフロッピーディスクドライブを搭載し音声合成により「歌う」ことが可能になった上位機種としてのシリーズである。しかし本来は家庭ホビー用途狙っていた路線のはずがディスクドライブ搭載のため価格上昇し、位置付け中途半端となってしまった。後継機としてPC-6601SR発売された。キャッチフレーズは「六本木パソコン」、愛称が「Mr.PC」。SRデザインセパレート型になり、TVとの連携、赤、黒の本体カラーバリエーションなど、リビングに置く事を意識したデザインとなった。しかし価格に対する性能アプリケーション供給量などから、ヒット作はならず6000シリーズとともに姿を消した。 これは8ビットパソコン市場終焉していくのひとつであり、同社メインストリーム16ビット/32ビットパソコンに移行して行く。 PC-9800シリーズ98”と略されていた。本来は事務機器などに向けて製造されていたが、8ビットパソコン継続してホビーパソコン高性能化競争起きた際に同社はこの9800シリーズベースとした機種対抗していった。シャープのX68000富士通FM TOWNSなどのライバル98前に有力な対抗馬とはなれず、9800シリーズ国内メーカーコンピュータ最大勢力として君臨続けた。 やがてWindows3.0とともに日本国外メーカー製のPC/AT機が低価格武器進出をはじめたが、その採用CPUや、設計から、Windowsプラットホームとしても利用できたPC-9800シリーズを更にWindows実行最適化したPC-9821シリーズモデルチェンジし、Windowsでの動作中心しながら独自の設計継承していった。9821シリーズには派生の、マルチメディア機能特化した家庭用パーソナルコンピュータシリーズ98MULTi CanBe」もあった。 Windows 95発売とともにPC/AT機の時代やってくるまで、98シリーズNECの、日本のPC代表するパソコンであり、ビジネスからホビーまでの幅広いニーズ応えたハードウェア差異システム吸収するWindows台頭は、多くのハードウェアで同じソフトウェア動作する環境構築した反面量産効果から、独自設計ハードウェア追いやる形となり、結果としてPC/AT互換機中心としたWindows環境世間移っていった。NEC自身PC/AT互換機ベースとしたハードウェアの販売開始しその役割終えた

※この「日本電気」の解説は、「ホビーパソコン」の解説の一部です。
「日本電気」を含む「ホビーパソコン」の記事については、「ホビーパソコン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「日本電気」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「日本電気」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「日本電気」に関係したコラム

  • 株式の大型株とは

    東京証券取引所(東証)では、規模別株価指数の算出のために一部上場銘柄を大型株、中型株、小型株の3つに分類しています。その基準は、時価総額や株式の流動性などによって順位づけしたものになっています。大型株...

  • 株365の株価指数に採用されている銘柄

    株365の銘柄の価格は、株価指数に採用されている銘柄の価格をもとにして算出されます。株価指数に採用されている銘柄はその国を代表するような優良企業であることが多く、また、取引高も多く市場から注目されてい...

  • 株式の投資基準とされるPERとは

    株式の投資基準とされるPERとは、株価収益率のことです。PERは、次の計算式で求めることができます。PER=株価÷EPSEPSは、1株当たりの利益額のことで、「当期純利益÷発行済み株式数」で計算されま...

  • 株式の投資基準とされるEPSとは

    株式の投資基準とされるEPSとは、1株あたりの利益額のことです。EPSは、次の計算式で求めることができます。EPS=当期純利益÷発行済み株式数例えば、当期純利益が100億円で発行済み株式数が1億株の企...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

日本電気のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



日本電気のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ZDNetZDNet
Copyright ASAHI INTERACTIVE, Inc. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ日本電気の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本電気 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの横浜市立大学 (改訂履歴)、合弁事業 (改訂履歴)、ワンプッシュオープンボタン (改訂履歴)、ホビーパソコン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS