華為技術とは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > 華為技術の意味・解説 

ファーウェイ

企業活動のほかの用語一覧
海外企業・団体:  ハイアール  ビッグブルー  フリーソフトウェア財団  ファーウェイ  歩歩高  IBM  IEC

ファーウェイ

(華為技術 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/11 21:50 UTC 版)

ファーウェイ・テクノロジーズ漢字略称: 華為簡体字: 华为技术有限公司英語: Huawei Technologies Co., Ltd.)は、中華人民共和国深圳市に本社を置く通信機器メーカー。アメリカ商務省によるエンティティ・リスト(禁輸措置対象リスト, EL)掲載企業 [3]




  1. ^ a b 1人民元あたり18.55円換算(2015年12月31日現在)
  2. ^ デジタル家電の実売データを集計する「BCNランキング」に基づき、主要な117のカテゴリ(ハードウェア85、ソフトウェア32)について、上半期(1月-6月)に最も販売数量が多かったメーカーの事
  1. ^ Executive - Huawei” (英語). www.huawei.com. 華為. 2018年12月11日閲覧。
  2. ^ 企業情報 | Huawei Japan - ファーウェイ・ジャパン
  3. ^ ファーウェイ関連100社以上も禁輸リストに | ビジネスジャーナル
  4. ^ a b c d 楽天モバイル楽天モバイル:ファーウェイ(HUAWEI)特集
  5. ^ “コラム:ファーウェイ騒動、脱グローバル化の「代償」露呈”. ロイター. (2019年5月10日). https://jp.reuters.com/article/apps-huawei-column-idJPKCN1SG0IT 2019年6月18日閲覧。 
  6. ^ “Huawei surpasses Ericsson as world's largest telecom equipment vendor”. ZDNET. (2012年7月25日). https://www.zdnet.com/article/huawei-surpasses-ericsson-as-worlds-largest-telecom-equipment-vendor/ 2018年7月28日閲覧。 
  7. ^ “中国・華為技術、4つの躍進の秘密 中国本社ルポ”. 日本経済新聞. (2012年10月4日). https://www.nikkei.com/article/DGXNASDD030JY_T01C12A0000000/ 2018年7月28日閲覧。 
  8. ^ ABI Research、Frost & Sullivan、Dell'Oro、Ovum-RHK調べ
  9. ^ “華為排除:韓国大手通信キャリア各社、華為設備を大量調達”. 朝鮮日報. (2019年6月18日). http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/06/18/2019061880003_2.html 2019年6月18日閲覧。 
  10. ^ “ファーウェイ、スマホ市場でアップル再び抜いて2位に”. ブルームバーグ. (2019年5月3日). https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-05-03/PQWP2F6K50XS01 2019年5月17日閲覧。 
  11. ^ “販売戦略は「広く薄く」? HUAWEI、Appleを抜いて世界第2位のスマホメーカーに(Counterpoint調べ)”. Engadget. (2017年9月7日). https://japanese.engadget.com/2017/09/07/huawei-apple-2-counterpoint/ 2018年7月28日閲覧。 
  12. ^ a b 研究開発 - 企業情報 | Huawei Japan - ファーウェイ・ジャパン
  13. ^ a b 国際特許出願件数でパナソニックに肩を並べる華為(ファーウエイ)の知られざる“もう一つの顔” | 莫邦富の中国ビジネスおどろき新発見 | ダイヤモンド・オンライン」2010年10月28日
  14. ^ WIPO 特許の国際出願件数 企業ランキング(2011年)」2012年3月6日
  15. ^ WIPO 特許の国際出願件数 企業ランキング(2012年) 2013年3月20日
  16. ^ 日本経済新聞パナソニック、再び首位に 特許国際出願数  :日本経済新聞」2014年3月13日
  17. ^ ニュース - [データは語る]2014年の国際特許出願件数はHuaweiが首位、中国が急伸:ITpro」2015年3月20日
  18. ^ a b Abema TIMES低価格・充実したカメラ機能 若者たちがファーウェイ製スマホを選択する日は近い? | Abema TIMES」2017年7月15日
  19. ^ “Like U.S. lawmakers, Brits raise spying fears over Huawei gear”. c net. (2013年6月6日). http://news.cnet.com/8301-1035_3-57588045-94/like-u.s-lawmakers-brits-raise-spying-fears-over-huawei-gear/ 2018年1月24日閲覧。 
  20. ^ ファーウェイ、米ファスト・カンパニー誌が選ぶ「世界で最も革新的な企業50社」で13位にランクイン|ファーウェイ・ジャパンのプレスリリース
  21. ^ 日本経済新聞2016年3月17日朝刊第14面「華為が2年連続首位 特許の国際出願 三菱電機は5位」
  22. ^ LTE 関連特許のETSI必須宣言特許調査報告書の概要
  23. ^ ファーウェイ、「2017年版ブランドファイナンス Global 500」において40位にランクアップ! | 最新ニュース | ファーウェイ・グローバル」2017年2月9日
  24. ^ a b 時事ドットコムニュースファーウェイ、『フォーチュン・グローバル500』でトップ100入りを達成!:時事ドットコム」2017年7月26日
  25. ^ 時事ドットコムニュースファーウェイ、BrandZ「最も価値あるブランドTOP100」において49位にランクイン!:時事ドットコム」2017年6月19日
  26. ^ 世界初のAIプロセッサ「NPU」を搭載するSoC「Kirin 970」はモバイルAI時代を切り開く - GIGAZINE2017年9月4日
  27. ^ ファーウェイ、ハイエンドAndroidタブレット「MediaPad M5」2018年2月26日
  28. ^ AppleとHuaweiがともに「最初の7nmプロセッサ」とアピール合戦、真の勝者はだれか?2018年9月13日
  29. ^ a b c d e リクナビ2018華為技術日本株式会社の新卒採用・企業情報|リクナビ2018
  30. ^ 中国Huaweiの「第五列」浸透”. FACTA (2014年4月). 2014年7月9日閲覧。
  31. ^ “ファーウェイ 知られざる「日本研究所」に迫る”. 日経産業新聞 Editor’s Choice. 日本経済新聞. (2015年4月17日). http://www.nikkei.com/article/DGXKZO85767830W5A410C1X11000/ 2015年4月26日閲覧。 
  32. ^ ファーウェイ・ジャパン日本経団連加入中国企業として初めて”. 華為技術日本 (2011年2月). 2017年7月1日閲覧。
  33. ^ 日本財界総本山の経団連に初の中国企業”. 中国網 (2011年3月1日). 2017年7月1日閲覧。
  34. ^ 華為技術日本株式会社の採用情報(初任給/従業員/福利厚生)|リクナビ2018
  35. ^ キャリコネニュース「ファーウェイの初任給月40万円が話題 「普通に就職したい」「優秀な人は流れていっちゃう」 | キャリコネニュース」2017年6月30日
  36. ^ 毎日新聞特集ワイド:中国系へ就職、いいかも? 初任給40万円も スピード決定、成長を体感 - 毎日新聞」2017年7月31日
  37. ^ 中央日報韓経:「メード・イン・ジャパン」時代開く中国…ファーウェイが日本に生産工場建設へ | 中央日報日本語版」2017年6月30日
  38. ^ 日本経済新聞華為が日本に通信機器大型工場 中国勢で初、技術吸収  :日本経済新聞」2017年6月29日
  39. ^ 唐家セン外交部長、イラクでの光ファイバー網建設協力について回答”. 人民網 (2001年3月8日). 2018年11月14日閲覧。
  40. ^ Chinese firm 'owns' telephone system in Iraq”. ワシントン・タイムズ (2011年2月21日). 2018年11月14日閲覧。
  41. ^ China's new frontier”. フォーチュン (2009年6月25日). 2018年11月14日閲覧。
  42. ^ Chinese telecom company accused of aiding Taliban”. EEtimes (2001年12月12日). 2018年11月14日閲覧。
  43. ^ 中国の華為に召喚状、イランや北朝鮮への米技術輸出の有無で-関係者”. ブルームバーグ (2016年6月3日). 2018年11月14日閲覧。
  44. ^ 中国通信企業、イラン反体制派監視に貢献か 米が警戒”. 産経ニュース (2018年12月13日). 2018年12月13日閲覧。
  45. ^ 中国の華為技術、イラン携帯電話業界を独占―国民監視も支援か”. ウォール・ストリート・ジャーナル (2011年10月28日). 2018年11月14日閲覧。
  46. ^ “ファーウェイ副会長 カナダ逮捕 米中、ハイテク覇権争い”. 東京新聞. (2018年12月7日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/list/201812/CK2018120702000140.html 2018年12月8日閲覧。 
  47. ^ “ファーウェイ副会長は詐欺容疑 対イラン取引めぐり”. 朝日新聞. (2018年12月8日). https://www.asahi.com/sp/articles/ASLD82G3KLD8UHBI00K.html 2018年12月8日閲覧。 
  48. ^ “米、ファーウェイと北朝鮮の関係調査へ 米紙報道受け”. 日本経済新聞. (2019年7月23日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO47656820T20C19A7000000/ 2019年7月23日閲覧。 
  49. ^ “Huaweiが北朝鮮でスパイ活動にも使われる無線通信網に貢献した疑い”. GIGAZINE. (2019年7月23日). https://gigazine.net/news/20190723-huawei-build-north-korea-network/ 2019年7月23日閲覧。 
  50. ^ 中国通信機器大手、ファーウェイは「危険な存在」なのか 各国が「締め出し」に動く中で、日本はどうする”. ジェイ・キャスト (2014年3月26日). 2014年3月26日閲覧。
  51. ^ “AT&TがMate 10 Pro採用をドタキャン 日米で明暗分かれたHuaweiのキャリア戦略”. ITmedia. (2018年1月15日). http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1801/15/news047.html 2018年2月10日閲覧。 
  52. ^ “美国防部禁止使用华为及中兴手机”. ラジオ・フリー・アジア. (2018年5月2日). https://www.rfa.org/mandarin/Xinwen/7-05022018164109.html 2018年5月5日閲覧。 
  53. ^ “中国2社の携帯電話、米軍基地で販売禁止に”. AFP. (2018年5月5日). http://www.afpbb.com/articles/-/3173479 2018年5月5日閲覧。 
  54. ^ a b “米軍基地でファーウェイ・ZTE携帯の販売取りやめ 国防総省、安全保障上のリスク理由に”. 日本経済新聞. (2018年5月4日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30129410U8A500C1000000/ 2018年5月4日閲覧。 
  55. ^ Sean Gallaghar (2014年2月17日). “韓国、中国ファーウェイ機器を政府通信から除外”. Wired. 2014年2月17日閲覧。
  56. ^ 郭董捨華為 國碁4G過關”. 中国時報 (2014年7月3日). 2018年9月2日閲覧。
  57. ^ “豪州もファーウェイ排除、中国の影響力に懸念”. ウォールストリートジャーナル. (2018年4月21日). http://jp.wsj.com/articles/SB11046757195139103827304584175821404309490 2018年4月28日閲覧。 
  58. ^ 豪政府、Huawei/ZTE両社を5Gネットワーク供給から排除”. Impress Watch (2018年8月23日). 2018年9月2日閲覧。
  59. ^ 「ファーウェイによるスパイ行為の証拠は見つからず」- ホワイトハウスが調査結果公表”. WirelessWire News (2012年10月18日). 2014年3月26日閲覧。
  60. ^ 米、政府内でのHuaweiやZTEの機器使用を新国防法で禁止”. TechCrunch (2018年8月14日). 2019年6月29日閲覧。
  61. ^ 米、ファーウェイへの輸出を事実上禁止”. 日本経済新聞 (2019年5月16日). 2019年5月21日閲覧。
  62. ^ ファーウェイ関連100社以上も禁輸リストに | ビジネスジャーナル
  63. ^ 米国株式市場は下落、ファーウェイ規制がハイテク株の重しに”. ロイター (2019年5月21日). 2019年5月21日閲覧。
  64. ^ ファーウェイ、スマホ新機種発表 米政権の輸出禁止規制でも自信”. ロイター (2019年5月22日). 2019年5月21日閲覧。
  65. ^ インテルとマイクロン、輸出規制をかいくぐってファーウェイへの製品供給を再開”. CNET (2019年6月27日). 2019年6月8日閲覧。
  66. ^ グーグル、米政府に華為禁輸に伴う国家安全保障リスク警告-FT紙”. ブルームバーグ (2019年6月7日). 2019年6月8日閲覧。
  67. ^ ファーウェイ制裁、米安全保障のリスクに グーグルが警告=FT”. ロイター (2019年6月7日). 2019年6月8日閲覧。
  68. ^ ファーウェイとの取引容認 トランプ氏表明”. 日本経済新聞 (2019年6月29日). 2019年6月29日閲覧。
  69. ^ トランプ大統領、ファーウェイ排除の継続示唆”. 産経ニュース (2019年8月19日). 2019年9月29日閲覧。
  70. ^ “北方四島に光ファイバーを敷設ロシア 日本が抗議”. 中国網. (2018年6月12日). http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2018-06/12/content_52063830.htm 2019年5月21日閲覧。 
  71. ^ “ロシア、北方領土の3島に高速インターネット網構築”. ロイター. (2019年2月27日). https://jp.reuters.com/article/ru-internet-idJPKCN1QF309 2019年6月8日閲覧。 
  72. ^ a b “ファーウェイ問題は「徹底してエビデンスを出して排除すべき!」 “冷戦構造”に巻き込まれた日本の取る道”. FNN.jpプライムオンライン. (2018年12月17日). オリジナルの2018年12月18日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20181218151657/https://www.fnn.jp/posts/00401620HDK 2019年7月2日閲覧。 
  73. ^ 「スパイウェアに似たような挙動をする」という事実無根の報道について”. ファーウェイ・ジャパン. 2018年12月31日閲覧。
  74. ^ ““余計なもの”報道の真相は?「Mate 20 Pro」の売れ行きに影響は? Huawei呉波氏を直撃”. ITmedia Mobile. (2018年12月25日). http://www.itmedia.co.jp/mobile/spv/1812/25/news048.html 2018年12月31日閲覧。 
  75. ^ ““余計なもの”って何?「Mate 20 Pro」の疑惑を晴らす”. EE Times Japan. (2018年12月17日). http://eetimes.jp/ee/spv/1812/14/news036.html 2018年12月31日閲覧。 
  76. ^ “EU、ファーウェイ排除は加盟国判断で-5Gセキュリティー指針”. ブルームバーグ. (2019年3月27日). https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-03-26/POZUOC6JIJUU01 2019年6月8日閲覧。 
  77. ^ “ドイツ、ファーウェイを政府調達から排除せず 5G整備巡り”. ロイター. (2018年12月8日). https://jp.reuters.com/article/germany-telecoms-idJPKBN1O628P 2018年12月8日閲覧。 
  78. ^ a b “イギリスがファーウェイ排除に反旗。経済ブロック化懸念——日本は米追随でいいのか”. BUSINESS INSIDER JAPAN. (2019年2月22日). https://www.businessinsider.jp/post-185811 2019年5月25日閲覧。 
  79. ^ “Huawei welcome in France, sensitive investments can be blocked: French minister”. ロイター. (2018年12月7日). https://www.reuters.com/article/us-france-china-huawei/huawei-welcome-in-france-sensitive-investments-can-be-blocked-french-minister-idUSKBN1O61BN 2018年12月10日閲覧。 
  80. ^ “マクロン氏「ファーウェイを排除しない」 独自の判断強調”. 日本経済新聞. (2019年5月16日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44906070W9A510C1FF8000/ 2019年7月23日閲覧。 
  81. ^ “モナコ全土でファーウェイの5Gネットワーク開設、欧州初”. AFPBB. (2019年7月10日). https://www.afpbb.com/articles/-/3234530 2019年7月11日閲覧。 
  82. ^ “英首相、国防相を解任 ファーウェイ5G参入の漏えいで”. AFPBB. (2019年5月2日). https://www.afpbb.com/articles/-/3223347 2019年9月9日閲覧。 
  83. ^ “英国、今月から「5G」 BT系、インフラにはファーウェイ”. 日本経済新聞. (2019年5月23日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO45150460T20C19A5EAF000/ 2019年9月9日閲覧。 
  84. ^ Palmer, Randall (2012年10月9日). “Huawei faces exclusion from planned Canada government network”. Reuters. 2012年10月10日閲覧。
  85. ^ “No need to ban Huawei in light of Canada’s robust cybersecurity safeguards, top official says”. グローブ・アンド・メール. (2018年11月23日). https://www.theglobeandmail.com/politics/article-no-need-to-ban-huawei-in-light-of-canadas-robust-cybersecurity/ 2018年12月10日閲覧。 
  86. ^ “ファーウェイがロシアで5G通信網開発へ”. AFPBB. (2019年6月6日). https://www.afpbb.com/articles/-/3228658 2019年6月7日閲覧。 
  87. ^ “China's Huawei will build Russia's 5G network”. CNN. (2019年6月6日). https://edition.cnn.com/2019/06/06/tech/huawei-china-russia-5g/index.html 2019年6月8日閲覧。 
  88. ^ “ファーウェイめぐり中ロ連携=プーチン氏、米を非難-経済フォーラム”. 時事通信. (2019年6月7日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2019060700861 2019年6月7日閲覧。 
  89. ^ “比で5G商用化スタート ファーウェイが中核サプライヤー”. 新華社. (2019年6月23日). https://this.kiji.is/515538669128811617 2019年6月24日閲覧。 
  90. ^ “米中ハイテク戦争、中国を選んだフィリピン”. ウォール・ストリート・ジャーナル. (2019年7月16日). https://jp.wsj.com/articles/SB12067141617415944712704585428683547202808 2019年7月19日閲覧。 
  91. ^ “マレーシア首相、ファーウェイ製品の使用継続を宣言”. AFPBB. (2019年5月30日). https://www.afpbb.com/articles/-/3227572 2019年6月17日閲覧。 
  92. ^ “マレーシアはファーウェイ製品を可能な限り使う-マハティール首相”. ブルームバーグ. (2019年5月30日). https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-05-30/PSB38M6JIJUO01 2019年6月17日閲覧。 
  93. ^ “ベトナム、5Gからファーウェイ除外 南シナ海対立で中国に不信感”. フジサンケイビジネスアイ. (2019年8月28日). https://www.sankeibiz.jp/macro/news/190828/mcb1908281008025-n1.htm 2019年9月9日閲覧。 
  94. ^ AU spying report absurd: China”. enca.com. 2019年6月8日閲覧。
  95. ^ African Union says has no secret dossiers after China spying report”. reuter.com. 2019年6月8日閲覧。
  96. ^ “Chinese investments fuel growth in African science”. ネイチャー. (2019年5月14日). https://www.nature.com/immersive/d41586-019-01398-x/index.html 2019年6月8日閲覧。 
  97. ^ “After Allegations of Spying, African Union Renews Huawei Alliance”. ボイス・オブ・アメリカ. (2019年6月6日). https://www.voanews.com/a/after-allegations-of-spying-african-union-renews-huawei-alliance/4947968.html 2019年6月8日閲覧。 
  98. ^ “Chinese telecom company Huawei thrives in Latin America”. チャイナデイリー. (2015年4月21日). http://www.chinadaily.com.cn/business/tech/2015-04/21/content_20494765.htm 2019年6月23日閲覧。 
  99. ^ “ブラジル、ファーウェイ製品を5G通信網から排除せず=副大統領”. ロイター. (2019年6月8日). https://jp.reuters.com/article/brasil-huaway-idJPKCN1T829M 2019年6月10日閲覧。 
  100. ^ “Saudi Arabia among first countries to launch 5G”. Arab News. (2019年2月28日). http://www.arabnews.com/node/1458581/saudi-arabia 2019年7月1日閲覧。 
  101. ^ “ファーウェイ排除せず サウジ通信相が明言”. 産経ニュース. (2019年6月9日). https://www.sankei.com/world/news/190609/wor1906090016-n1.html 2019年6月10日閲覧。 
  102. ^ “中国資金が入り込む中東、ファーウェイ機器で5G構築へ”. ウォール・ストリート・ジャーナル. (2019年2月27日). https://jp.wsj.com/articles/SB10316809606286824281904585148190247847792 2019年6月25日閲覧。 
  103. ^ a b “米司法当局:華為を捜査 イランへの禁輸措置違反容疑で”. 毎日新聞. (2018年4月26日). https://mainichi.jp/articles/20180427/k00/00m/030/074000c 2018年4月29日閲覧。 
  104. ^ “華為技術巡る「国家安保上の懸念」、米国外にも広がる”. ウォールストリートジャーナル. (2018年3月19日). http://jp.wsj.com/articles/SB11017758780450893520204584113551870711562 2018年4月28日閲覧。 
  105. ^ a b “米、中国スマホ狙い撃ち ファーウェイ捜査、ZTE制裁 ライバル封じ込め”. 産経ニュース. (2018年4月26日). https://www.sankei.com/smp/world/news/180426/wor1804260036-s1.html 2018年4月29日閲覧。 
  106. ^ a b “通信機器企業捜査で中国、一帯一路戦略に影響も 対米依存、部品調達で危機”. 産経ニュース. (2018年4月26日). https://www.sankei.com/smp/economy/news/180426/ecn1804260043-s1.html 2018年4月29日閲覧。 
  107. ^ “SMART CITIES AND AUTOMATED RACISM How IBM Designed China’s Surveillance Regime”. Byline Times. (2019年5月24日). https://bylinetimes.com/2019/05/24/smart-cities-and-automated-racism-how-ibm-designed-chinas-surveillance-regime/ 2019年9月24日閲覧。 
  108. ^ “中国発の監視技術が世界に、先導役はファーウェイ”. ウォール・ストリート・ジャーナル. (2019年9月18日). https://jp.wsj.com/articles/SB10373547684907263592404585556582939983208 2019年9月24日閲覧。 
  109. ^ “5G最強のファーウェイ「韓国に教えたい」”. 中央日報. (2019年4月9日). https://japanese.joins.com/article/126/252126.html 2019年6月8日閲覧。 
  110. ^ “中国、5G覇権へ攻勢止めず 米の締め出しでも規格優位”. 日本経済新聞 電子版. (2018年11月27日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38193190W8A121C1FFE000/ 2018年11月27日閲覧。 
  111. ^ ファーウェイの一部従業員、中国人民軍の研究プロジェクトに協力 - Bloomberg
  112. ^ Huawei Personnel Worked With China Military on Research Projects - Bloomberg
  113. ^ a b c d e f パソ充「どれを選ぶべき?Huaweiの4大スマホMate9/P9/P9lite/honor8を比較」2017年5月31日
  114. ^ コトバンクLeica(らいか)とは - コトバンク
  115. ^ a b PC Watchファーウェイ、ライカレンズを3つ搭載したハイエンドスマホ「P10」、「P10 Plus」を国内投入 - PC Watch」2017年6月6日
  116. ^ Engadget進化点は? ファーウェイ新スマホ P10 / Plus / liteを徹底解説 :週刊モバイル通信 石野純也」2017年6月7日
  117. ^ a b c ファーウェイ・ジャパン「『HUAWEI P9』、ヨーロッパ消費者スマートフォン2016-2017部門で EISAアワードを受賞 | 最新ニュース | ファーウェイ・グローバル」2016年8月22日
  118. ^ モバラボ「Huaweiの「Mate」「P」「Nova」ってどの層がターゲット?簡単に解説! | もばらぼ部」2017年2月27日
  119. ^ 日経トレンディファーウェイからHUAWEI nova新シリーズがラインアップ! - 日経トレンディネットSpecial
  120. ^ 4Gamer.netHuaweiのミドルクラススマートフォン「HUAWEI nova」テストレポート。持ちやすさは良好でゲームの動作もそこそこ - 4Gamer.net」2017年2月23日
  121. ^ 日経トレンディファーウェイの格安スマホ「honor 8」が高コスパだった - 日経トレンディネット」2016年12月21日
  122. ^ a b Engadgetファーウェイ新スマホ「honor 9」を徹底解説、ガラス背面派ならP10より食指が伸びる :週刊モバイル通信 石野純也 - Engadget 日本版」2017年10月11日
  123. ^ ITmediaデュアルカメラ搭載で5万3800円 Huaweiが「honor 9」を10月12日に発売【更新】 - ITmedia Mobile」2017年10月10日
  124. ^ ファーウェイ、今秋にもAndroid代替の独自OS採用製品を発売?スマホ以外にも搭載の可能性
  125. ^ ファーウェイ、独自OS開発 ── 現時点までに分かっていること
  126. ^ a b livedoorNEWS上半期の販売台数は昨年比300% - ライブドアニュース」2017年8月5日
  127. ^ 『HUAWEI P』シリーズの絶大な人気がファーウェイの大幅な成長に貢献 | 最新ニュース | ファーウェイ・グローバル」2017年6月30日
  128. ^ BCN RetailP9 lite」 - BCN RETAIL」2016年9月6日
  129. ^ ファーウェイ・ジャパン「HUAWEI P9 / P9 Plus 出荷台数1200万台を突破 | 最新ニュース | ファーウェイ・グローバル」2017年4月6日
  130. ^ ファーウェイ・ジャパン「ファーウェイSIMロックフリースマートフォン『HUAWEI P10/P10 Plus』が 世界を代表する写真・映像製品の賞として知られるTIPAアワードを受賞! | 最新ニュース | ファーウェイ・グローバル」2017年6月16日
  131. ^ 産経ニュース2017年上半期販売台数昨年比約300%!ファーウェイ、SIMフリースマートフォンカテゴリで「上半期No.1メーカー」を獲得 - 産経ニュース」2017年7月25日
  132. ^ “au初のファーウェイ製スマホ「HUAWEI nova 2 HWV31」、1月下旬発売”. ケータイ Watch. (2018年1月9日). https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1099829.html 2018年1月10日閲覧。 
  133. ^ “ソフトバンク、「HUAWEI Mate 10 Pro」を5月18日発売”. ケータイ Watch. (2018年5月10日). https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1120934.html 2018年5月12日閲覧。 
  134. ^ “ソフトバンク、「HUAWEI nova lite 2」を7月上旬発売”. ケータイ Watch. (2018年5月10日). https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1120941.html 2018年5月12日閲覧。 
  135. ^ “デュアルカメラ、オクタコアCPUの「P20 lite HWV32」”. ケータイ Watch. (2018年5月14日). https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1121450.html 2018年5月17日閲覧。 
  136. ^ “「HUAWEI P20 Pro」ドコモが発売、トリプルカメラ搭載の旗艦モデル”. ケータイ Watch. (2018年5月16日). https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1121887.html 2018年5月17日閲覧。 
  137. ^ Huawei GS03




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「華為技術」の関連用語

華為技術のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



華為技術のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2019 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリファーウェイの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのファーウェイ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS