AT&Tとは? わかりやすく解説

AT&T(NYSE:T)

住所: One AT&T WayBedminster, NJ 07921United States
電話: 1- (908) 221-2000
FAX:
ウェブサイト: http://www.att.com/
業種: サービス
業界: 通信

» ダウ・ジョーンズ米国企業総合情報データベースはこちら

AT&T

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/27 02:47 UTC 版)

AT&T Inc.(エーティーアンドティー、American Telephone & Telegraph Companyの略)は、情報通信・メディア系を中心とするアメリカ合衆国の多国籍コングロマリットの持株会社。 本社はデラウェア州に登録されているが、実際にはテキサス州ダラスのダウンタウンにあるウィットクレア・タワーに置いている。


注釈

  1. ^ アメリテックベル・アトランティックベルサウスナイネックスパシフィック・テレシスサウスウェスタン・ベル、USウエスト。通称ベビーベル(Baby Bells)。
  2. ^ インターネット接続サービス、IPTV・ビデオサービスを含む。

出典

  1. ^ a b c d e f Annual Report 2020”. AT&T. 2021年2月26日閲覧。
  2. ^ a b c 『米国株四季報』2019年春夏号(東洋経済新報社 2019年4月17日発刊) 188ページ
  3. ^ 山口一臣 ベル・システムと独立電話会社の競争時代:1894-1906年成城大学) 3.ベル・システムの競争戦略と電話料金引下げ競争の実態(1)(2)
  4. ^ 国際衛星通信協会 神谷直亮 『米コムサット社の奇跡』 1989年7月 3・4・6章
  5. ^ 志田玲子・白川一郎 米国通信市場における規制改革 -規制産業から競争産業への転換-立命館大学)紛争経緯を概観するには表2が早い。連邦通信委員会が何度もテコ入れした最後の1996年に電気通信法が制定されてルーセント・テクノロジーが誕生している。
  6. ^ AT&T、公衆電話事業から撤退へ--原因は携帯電話の普及
  7. ^ AT&T (2011年12月19日). “AT&T Ends Bid To Add Network Capacity Through T-Mobile USA Purchase”. 2011年12月20日閲覧。
  8. ^ “AT&T、Leap Wireless買収でLTE向け周波数帯獲得へ”. (2013年7月14日). https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1307/14/news005.html 2013年7月15日閲覧。 
  9. ^ “AT&TがディレクTV買収 4.9兆円、ネット活用に活路”. 日本経済新聞. (2014年5月19日). https://www.nikkei.com/article/DGXNASGM19010_Z10C14A5EAF000/ 2014年6月28日閲覧。 
  10. ^ 米当局、AT&TのディレクTV買収を承認”. ロイター (2015年7月25日). 2015年7月26日閲覧。
  11. ^ Appleがダウ工業株平均の銘柄に、AT&Tを除外”. 日経XTECH (2015年3月9日). 2018年6月25日閲覧。
  12. ^ 米AT&T、タイム・ワーナー買収=8.8兆円-通信とメディア融合”. 時事通信. 2017年3月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年5月14日閲覧。
  13. ^ The Justice Department is suing AT&T to block its $85 billion bid for Time Warner Washington Post 2017年11月20日
  14. ^ AT&Tがメディア事業スピンオフ、ディスカバリーと資産統合へ”. Bloomberg.com (2021年5月17日). 2021年5月22日閲覧。
  15. ^ 米メディア大手2社統合へ ワーナーとディスカバリー”. 共同通信 (2021年5月17日). 2021年5月17日閲覧。
  16. ^ 米CNNテレビ、有料配信終了へ 開始後わずか1カ月”. 共同通信 (2022年4月22日). 2022年4月26日閲覧。
  17. ^ AT&Tが「ワーナーメディア」切り離し、ディスカバリーと統合…ネットフリックスなどに対抗”. 読売新聞 (2021年5月17日). 2021年5月22日閲覧。
  18. ^ “ウィリアムズの元メインスポンサー、レッドブルと契約へ”. TopNews. (2012年5月31日). http://www.topnews.jp/2012/05/31/news/f1/f1teams/redbull/60055.html 2013年9月24日閲覧。 


「AT&T」の続きの解説一覧

AT&T

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/19 15:19 UTC 版)

NCR (企業)」の記事における「AT&T」の解説

1991年9月19日、AT&TはNCR74ドル買収1992年2月28日にはテラデータ買収してNCR部門に加えた。NCRの子会社として、1992年末に53,800名の従業員抱えている。1993年売り上げ72億6500ドルに対して12億8700ドル純損失計上1994年1995年赤字続き親会社からの財政支援で何とか経営続け1995年末に従業員41,100名に減っている。この3年間、かつてNCR最大の顧客だったAT&Tは15ドル以上の収益計上している。 1995年2月15日マイクロエレクトロニクス部門ストレージ部門ヒュンダイ売却当時韓国企業によるアメリカ企業部門)の買収としては最高額だった。 一方1994年からこの子会社を AT&Tグローバル・インフォメーション・ソリューションズ (AT&T Global Information Solutions) と称していたが、1995年にAT&Tは同社スピンオフ決定1996年には社名NCR戻してスピンオフ備えた。AT&Tはスピンオフ至った理由株主向けの報告書説明している。「顧客ニーズ変化」と「経営選択と集中必要性に加えて次のように説明している。 …(NCR買収した際のAT&Tの意図だった)垂直統合利点は、そのコスト欠点優るものではなかった…ルーセントNCR実際のあるいは潜在的な顧客は、あるいはAT&Tの通信サービス事業競争相手になる可能性もある。AT&Tの子会社から製品購入した企業がAT&Tのライバルなるのではないかという懸念によって、NCR通信業向けの営業努力妨げられていると信じている1997年1月1日NCRは再び独立企業となった

※この「AT&T」の解説は、「NCR (企業)」の解説の一部です。
「AT&T」を含む「NCR (企業)」の記事については、「NCR (企業)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「AT&T」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



AT&Tと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

AT&Tのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



AT&Tのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ダウ・ジョーンズダウ・ジョーンズ
Copyright © 2022 Dow Jones & Company, Inc. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリAT&Tの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのAT&T (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのNCR (企業) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS