コングロマリットとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > コングロマリットの意味・解説 

コングロマリット【conglomerate】


コングロマリット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/25 02:40 UTC 版)

コングロマリット: conglomerate)は、直接の関係を持たない多岐に渡る業種・業務に参入している企業体のこと。複合企業(ふくごうきぎょう)やグループ会社(グループがいしゃ)とも。主に異業種企業が相乗効果を期待して合併を繰り返して成立する。


  1. ^ わが国のM&Aの動向と課題”. 経済社会総合研究所. 2013年3月23日閲覧。
  2. ^ マネジメントの日米逆転が始まる-その9, https://www.jipangu.co.jp/column_page/マネジメントの日米逆転が始まる-その9 
  3. ^ マックス・ホーランド (1992年). 潰えた野望-なぜバーグマスター社は消えたのか. ダイヤモンド社. ISBN 4478370729 


「コングロマリット」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「コングロマリット」の関連用語

コングロマリットのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



コングロマリットのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのコングロマリット (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS