ヤマハとは?

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。


ヤマハ

英語 YAMAHA

日本メーカー世界第2位オートバイメーカーで、1960年代にはトヨタレース活動(2000GTトヨタ7など)に深くかかわりその後トヨタフォードなどの量産エンジン開発に携わった。80年代後半技術力の高さをアピールするために独自に4輪のレースへの参戦踏み切り、まず、F2V6エンジン供給したのち、89年からはF1に歩を進めた。3種類のレイアウト(V8V12V10)のエンジン都合4チーム供給するかたちで挑戦しつづけたが、結局1勝もあげられないまま、97年シーズン終了後にレースから撤退した。

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

ヤマハ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/08 01:14 UTC 版)

ヤマハ株式会社: Yamaha Corporation)は、楽器半導体音響機器オーディオ・ビジュアル)、スポーツ用品、自動車部品の製造発売を手がける日本メーカー日経平均株価の構成銘柄の一つ。




  1. ^ ヤマハ・YA-1などを参照のこと。
  2. ^ 両社間でデザイン交換の試みも為されている。“バイクと楽器の「ヤマハ」、デザイン交換”. YOMIURI ONLINE. (2015年2月26日). オリジナル2015年3月7日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20150307235024/http://www.yomiuri.co.jp/economy/20150226-OYT1T50056.html 2017年5月19日閲覧。 
  3. ^ カザリ職人。技術のみならず、金銭的にも寅楠を援助をした。河合楽器製作所創業者一族とは無関係。
  4. ^ 寅楠の姉の婿。
  5. ^ 西川オルガンの創設者の西川寅吉は1884年(明治17年)頃に風琴の試作に成功したとされ、これが事実であれば寅楠より先に製造していたことになる。現在のヤマハによる沿革紹介でも自らが「日本初」であったとは明記していない。
  6. ^ 古代ギリシアエピクロス主義に由来する言葉であり、直訳では「快楽主義(者)」となるが趣旨としては余暇を楽しむ思想をもとうという意味であろう。
  7. ^ 例えばチェッカーズのデビューは1983年(昭和58年)9月である。
  8. ^ セガサターンや通信カラオケDAM
  9. ^ ただし、価格はTDKのものより高かった。
  10. ^ 価格は高いものの、出来は他社同等品と比べると大きく劣る。とりわけバブルの頃は、他社同等品のみならず、ラジカセの高性能化・多機能化(いわゆるバブルラジカセ)も大きく進んだため、余計に見劣りがした。
  11. ^ 撤退した最大の理由は、いわゆるガラケーやパソコンに取って代わる形でスマートフォンが普及したため。
  1. ^ a b c d e f 平成30年3月期決算短信 (PDF)” (2018年5月1日). 2018年5月1日閲覧。
  2. ^ 出典:日経リサーチが実施した2006年(平成18年)企業ブランド調査、2006年(平成18年)6月29日日経産業新聞
  3. ^ ヤマハが成熟市場の楽器で利益を伸ばすワケ(2016年11月18日、東洋経済オンライン)
  4. ^ ヤマハ、工場用IoT基盤・産業用ロボットの遠隔管理システムパッケージ開発 2017年11月7日 マイナビニュース
  5. ^ a b c d 音叉マークの歴史
  6. ^ a b ヤマハロゴマークの歴史
  7. ^ 参考文献:大庭伸介著『浜松・日本楽器争議の研究』、五月社、1980年
  8. ^ 出典:1992年5月14日 日本経済新聞
  9. ^ 出典:1992年5月13日付け日本経済新聞
  10. ^ 出典:1992年1月16日、日本経済新聞
  11. ^ 出典:1992年2月25日、日経産業新聞
  12. ^ 1995年6月11日、日本経済新聞
  13. ^ 会社分割(吸収分割)による当社国内生産事業の分社化および子会社商号変更に関するお知らせ
  14. ^ ヤマハ企業ミュージアム INNOVATION ROAD −7月3日(火)のオープンに先立ち、6月19日(火)から、見学の予約を受け付け開始ヤマハ ニュースリリース(2018年6月19日)2018年7月12日閲覧。
  15. ^ 1963~1974 ウィーンフィル・メンバーとの共同開発(ヤマハ)
  16. ^ ヤマハ、楽器大手の真髄(2013年02月01日、東洋経済オンライン)
  17. ^ http://www.yamaha.co.jp/plus/piano/trivia/?ln=ja&id=103004
  18. ^ ヤマハ家具商品生産終了に関するご案内(2004年12月24日、ヤマハリビングテック・ニュースリリース)
  19. ^ 資本構成ならびに商号変更に関するお知らせ(2013年6月28日、ヤマハリビングテック・ニュースリリース)
  20. ^ ヤマハリビングテックがMBO 社名「トクラス」に(2013年6月28日、日本経済新聞)
  21. ^ 株式の状況 - 投資家向け情報”. ヤマハ株式会社. 2018年1月1日閲覧。
  22. ^ クラブ概要”. 株式会社ジュビロ. 2018年1月1日閲覧。
  23. ^ スポンサー”. 株式会社ジュビロ. 2018年1月1日閲覧。





固有名詞の分類

日本の工業製品メーカー タカギ  日本フィルター工業  ヤマハ  リーガルコーポレーション  岡本製作所
日本の自動車部品サプライヤー NTN  光洋精工  ヤマハ  日信工業  知多鋼業
浜松市の企業 メディアカフェポパイ  谷島屋書店  ヤマハ  ヒョウドウプロダクツ  生活創庫
ギターメーカー ダダリオ  テイラー・ギター  ヤマハ  フェンダー・カスタム・ショップ  ヴァレー・アーツ
ピアノメーカー ノルディスカ  ブリュートナー  ヤマハ  シンメル  プレイエル
打楽器メーカー こおろぎ社  小出製作所  ヤマハ  グレッチ  星野楽器
シンセサイザーメーカー プロペラヘッド・ソフトウェア  クルーマー  ヤマハ  Multivox  コルグ
日本のスポーツチーム 湘南ベルマーレ  シオノギ製薬  ヤマハ  サンフレッチェ広島  神戸製鋼コベルコスティーラーズ
社会人野球チーム 静岡硬式野球倶楽部  Honda  ヤマハ  MJG島根硬式野球クラブ  ジェイプロジェクト

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「ヤマハ」に関係したコラム

  • 株式の投資判断とされる自己資本比率とは

    株式の投資判断とされる自己資本比率とは、資本の総資産の割合をパーセンテージで表したものです。自己資本比率は、株主資本比率、株主持分比率などとも呼びます。自己資本比率は、次の計算式で求めることができます...

  • 株式の投資判断とされる有利子負債自己資本比率とは

    株式の投資判断とされる有利子負債自己資本比率とは、自己資本と有利子負債との比率を表したものです。D/Eレシオともいいます。有利子負債自己資本比率の有利子負債には、長期借入金、短期借入金、普通社債、転換...

  • 株365の株価指数に採用されている銘柄

    株365の銘柄の価格は、株価指数に採用されている銘柄の価格をもとにして算出されます。株価指数に採用されている銘柄はその国を代表するような優良企業であることが多く、また、取引高も多く市場から注目されてい...

  • 株式の投資基準とされるPBRとは

    株式の投資基準とされるPBR(Price Book-value Ratio)とは、時価総額が株主資本の何倍かを示す指標のことで、株価純資産倍率とも呼ばれています。PBRは、次の計算式で求めることができ...

  • 株式の株価水準による分類

    株式市場に上場している銘柄を分類する方法の1つに、株価水準が挙げられます。株価水準では、株価の高い、安いによって銘柄を分類します。一般的に株価水準では、次のように分類します。値がさ株(値嵩株)中位株低...

  • 株式の投資基準とされるPERとは

    株式の投資基準とされるPERとは、株価収益率のことです。PERは、次の計算式で求めることができます。PER=株価÷EPSEPSは、1株当たりの利益額のことで、「当期純利益÷発行済み株式数」で計算されま...

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ヤマハ」の関連用語

ヤマハのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ヤマハのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヤマハ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS