ヤマハとは? わかりやすく解説

ヤマハ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/23 07:32 UTC 版)

ヤマハ株式会社: YAMAHA CORPORATION[3])は、静岡県浜松市に本社を置く、楽器半導体音響機器オーディオ・ビジュアル)、スポーツ用品、自動車部品、ネットワーク機器の製造発売を手がける日本メーカー日経平均株価の構成銘柄のひとつ。


注釈

  1. ^ ヤマハ・YA-1などを参照のこと。
  2. ^ 両社間でデザイン交換の試みも為されている。“バイクと楽器の「ヤマハ」、デザイン交換”. YOMIURI ONLINE. (2015年2月26日). オリジナルの2015年3月7日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20150307235024/http://www.yomiuri.co.jp/economy/20150226-OYT1T50056.html 2017年5月19日閲覧。 
  3. ^ カザリ職人。技術のみならず、金銭的にも寅楠を援助をした。河合楽器製作所創業者一族とは無関係。
  4. ^ 寅楠の姉の婿。
  5. ^ 西川オルガンの創設者の西川寅吉は1884年(明治17年)頃に風琴の試作に成功したとされ、これが事実であれば寅楠より先に製造していたことになる。現在のヤマハによる沿革紹介でも自らが「日本初」であったとは明記していない。
  6. ^ 古代ギリシアエピクロス主義に由来する言葉であり、直訳では「快楽主義(者)」となるが趣旨としては余暇を楽しむ思想をもとうという意味であろう。
  7. ^ 例えばチェッカーズのデビューは1983年(昭和58年)9月である。
  8. ^ セガサターンや通信カラオケDAM
  9. ^ ただし、価格はTDKのものより高かった。
  10. ^ 価格は高いものの、出来は他社同等品と比べると大きく劣る。とりわけバブルの頃は、他社同等品のみならず、ラジカセの高性能化・多機能化(いわゆるバブルラジカセ)も大きく進んだため、余計に見劣りがした。
  11. ^ 撤退した最大の理由は、いわゆるガラケーやパソコンに取って代わる形でスマートフォンが普及したため。

出典

  1. ^ コーポレートガバナンス - ヤマハ株式会社 2021年10月7日
  2. ^ a b c d e f 平成30年3月期決算短信 (PDF)” (2018年5月1日). 2018年5月1日閲覧。
  3. ^ ヤマハ株式会社 定款 第1章第1条
  4. ^ 出典:日経リサーチが実施した2006年(平成18年)企業ブランド調査、2006年(平成18年)6月29日日経産業新聞
  5. ^ ヤマハが成熟市場の楽器で利益を伸ばすワケ(2016年11月18日、東洋経済オンライン)
  6. ^ ヤマハ、工場用IoT基盤・産業用ロボットの遠隔管理システムパッケージ開発 2017年11月7日 マイナビニュース
  7. ^ a b c d 音叉マークの歴史
  8. ^ a b ヤマハロゴマークの歴史
  9. ^ 井上 2020, pp. 44–45, 共益商社.
  10. ^ 赤井 1995, pp. 121–123.
  11. ^ 井上 2020, p. 75, 共益商社の買収.
  12. ^ 「YAMAHAのコピペ」ってどこまで本当なの? ヤマハ本社に聞いてきた”. i:Engineer 〜だからエンジニアっていいよね〜. パーソルテクノロジースタッフ. 2020年6月25日閲覧。
  13. ^ 井上 2020, p. 110, ヤマハ、大阪支店を開設する.
  14. ^ a b 日本楽器争議(読み)にほんがっきそうぎコトバンク
  15. ^ 参考文献:大庭伸介著『浜松・日本楽器争議の研究』、五月社、1980年
  16. ^ 出典:1992年5月14日 日本経済新聞
  17. ^ 出典:1992年5月13日付け日本経済新聞
  18. ^ 出典:1992年1月16日、日本経済新聞
  19. ^ 出典:1992年2月25日、日経産業新聞
  20. ^ 1995年6月11日、日本経済新聞
  21. ^ 会社分割(吸収分割)による当社国内生産事業の分社化および子会社商号変更に関するお知らせ
  22. ^ ヤマハ企業ミュージアム INNOVATION ROAD −7月3日(火)のオープンに先立ち、6月19日(火)から、見学の予約を受け付け開始 ヤマハ ニュースリリース(2018年6月19日)2018年7月12日閲覧。
  23. ^ 1963~1974 ウィーンフィル・メンバーとの共同開発(ヤマハ)
  24. ^ ヤマハ、楽器大手の真髄(2013年02月01日、東洋経済オンライン)
  25. ^ ヤマハネットワーク製品 ギガアクセスVPNルーター RTX1200生産完了品
  26. ^ https://www.yamaha.co.jp/plus/piano/trivia/?ln=ja&id=103004
  27. ^ ヤマハ家具商品生産終了に関するご案内(2004年12月24日、ヤマハリビングテック・ニュースリリース)
  28. ^ 資本構成ならびに商号変更に関するお知らせ(2013年6月28日、ヤマハリビングテック・ニュースリリース)
  29. ^ ヤマハリビングテックがMBO 社名「トクラス」に(2013年6月28日、日本経済新聞)
  30. ^ a b c d e “ヤマハ男性社員自殺 執行役員のパワハラ認定”. 東京新聞. (2020年3月21日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/202003/CK2020032102000141.html 2020年3月21日閲覧。 
  31. ^ a b “楽器メーカー「ヤマハ」でパワハラ 30代の男性社員が自殺”. NHK NEWS WEB. (2020年3月20日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200320/k10012341831000.html 2020年3月21日閲覧。 
  32. ^ 株式の状況 - 投資家向け情報”. ヤマハ株式会社. 2018年1月1日閲覧。
  33. ^ クラブ概要”. 株式会社ジュビロ. 2018年1月1日閲覧。
  34. ^ スポンサー”. 株式会社ジュビロ. 2018年1月1日閲覧。



ヤマハ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/06 16:08 UTC 版)

広州珠江鋼琴集団」の記事における「ヤマハ」の解説

ヤマハは1995年にパールリバーと合弁事業作り中国市場向けのピアノ製造するための工場設立した。この工場経済技術開発区英語版)の広州の東、パールリバーの工場から約35マイル離れている。この工場はパールリバーピアノグループのために2つのモデル、UP125M1およびリットミュラーUP126Rを生産している。どちらの製品種目小売ピアノ店によって米国販売され鍵盤横にYamaha Pearl River」という追加刻印押されている

※この「ヤマハ」の解説は、「広州珠江鋼琴集団」の解説の一部です。
「ヤマハ」を含む「広州珠江鋼琴集団」の記事については、「広州珠江鋼琴集団」の概要を参照ください。


ヤマハ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/09 10:28 UTC 版)

DEFENSE DEVIL」の記事における「ヤマハ」の解説

人質としてジュピター魔界に連れ去る。しかし、方法美しくないという理由でシュガルに殺される

※この「ヤマハ」の解説は、「DEFENSE DEVIL」の解説の一部です。
「ヤマハ」を含む「DEFENSE DEVIL」の記事については、「DEFENSE DEVIL」の概要を参照ください。


ヤマハ(現・ヤマハミュージックジャパン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 02:05 UTC 版)

ミニコンポ」の記事における「ヤマハ(現・ヤマハミュージックジャパン)」の解説

TIFFANYティファニー) - ASTシステム搭載CDラジカセポータブルCDプレーヤーシリーズ名共用。同シリーズミニコンポ全てAC電源専用ではあるが、(AST-7を除きスピーカー本体一体化でき、本体ハンドル装備している為、その状態で部屋から部屋へ)持ち運び可能なのでCDラジカセとの区別曖昧である一例として、AST-C30はFMロッドアンテナ搭載しているがスピーカー本体一体化できないのでミニコンポ分類される最終モデルAST-7(チューナーアンプ(外部入力3系統)とスピーカーのみのシンプルなシステムで、CDプレーヤーオプションポータブルCDプレーヤーCDX-7が設定同機はAST-7のリモコンでの操作はできず専用リモコンも無い)も同様の理由でミニコンポ分類一方、AST-C25/21/15はFMロッドアンテナ搭載し、かつ、スピーカー一体化できるので(AC電源専用ではあるが)CDラジカセ分類される。 TOP-ART(トップアート)☆お茶の間シアター☆ TOP-ART mini(トップアートミニ)☆ CinemaStation(シネマステーション) - AVコンポ Piano Craft(ピアノクラフト)☆ MCR-Nシリーズ★☆

※この「ヤマハ(現・ヤマハミュージックジャパン)」の解説は、「ミニコンポ」の解説の一部です。
「ヤマハ(現・ヤマハミュージックジャパン)」を含む「ミニコンポ」の記事については、「ミニコンポ」の概要を参照ください。


ヤマハ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/22 14:08 UTC 版)

ターボチャージャーを純正採用したモーターサイクル」の記事における「ヤマハ」の解説

XJ650TURBO エンジン型式:空冷653cc4ストロークDOHC2バルブ並列4気筒ターボ付き 最高出力90馬力/9000rpm 最大トルク:8.33kgm/7000rpm 車両重量:225kgXJ650/750Eをベース車両しており1982年欧州市場向け販売された。 当時でも斬新な機構であるが、国産メーカー唯一のキャブレターターボ搭載は、後にも先にも同車輌のみである。

※この「ヤマハ」の解説は、「ターボチャージャーを純正採用したモーターサイクル」の解説の一部です。
「ヤマハ」を含む「ターボチャージャーを純正採用したモーターサイクル」の記事については、「ターボチャージャーを純正採用したモーターサイクル」の概要を参照ください。


ヤマハ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/12 17:00 UTC 版)

電子オルガン」の記事における「ヤマハ」の解説

エレクトーンは、ヤマハの保有するホームタイプ電子オルガン登録商標で、2019年時点で累計販売台数は約500万である。 その開発アイデア元祖は、パイプオルガンとシアターオルガンである。教育用や、娯楽的意図の強い路線楽器主流であったが、近年、より芸術的な音楽対応できるよう開発進められオペラバレエミュージカルなど分野でも活用される場面増えてきている。以前に見られパイプ・オルガン代用品としての機種は、現在は見られなくなっており、JOCジュニアオリジナルコンサートおいても登場する機会にまり恵まれなかった。ペダルハモンドB-3と同じ2オクターブのため、チャーチオルガンとしての性能はない。詳しくはエレクトーンを参照YCシリーズは、長らくカタログから消えていたが2020年5月にステージキーボードシリーズとして販売再開現在のYCシリーズは「キーボード」であり、電子オルガンとしての機能持ち合わせていないので、ここでは詳細割愛する

※この「ヤマハ」の解説は、「電子オルガン」の解説の一部です。
「ヤマハ」を含む「電子オルガン」の記事については、「電子オルガン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ヤマハ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ヤマハ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。




固有名詞の分類

日本の工業製品メーカー タカギ  日本フィルター工業  ヤマハ  リーガルコーポレーション  岡本製作所
日本の自動車部品サプライヤー NTN  光洋精工  ヤマハ  日信工業  知多鋼業
浜松市の企業 メディアカフェポパイ  谷島屋書店  ヤマハ  ヒョウドウプロダクツ  生活創庫
ギターメーカー ダダリオ  テイラー・ギター  ヤマハ  フェンダー・カスタム・ショップ  ヴァレー・アーツ
ピアノメーカー ノルディスカ  ブリュートナー  ヤマハ  シンメル  プレイエル
打楽器メーカー こおろぎ社  小出製作所  ヤマハ  グレッチ  星野楽器
シンセサイザーメーカー プロペラヘッド・ソフトウェア  クルーマー  ヤマハ  Multivox  コルグ
日本のスポーツチーム 湘南ベルマーレ  シオノギ製薬  ヤマハ  サンフレッチェ広島  神戸製鋼コベルコスティーラーズ
社会人野球チーム 静岡硬式野球倶楽部  Honda  ヤマハ  MJG島根硬式野球クラブ  ジェイプロジェクト

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「ヤマハ」に関係したコラム

  • 株式の投資判断とされる自己資本比率とは

    株式の投資判断とされる自己資本比率とは、資本の総資産の割合をパーセンテージで表したものです。自己資本比率は、株主資本比率、株主持分比率などとも呼びます。自己資本比率は、次の計算式で求めることができます...

  • 株式の投資判断とされる有利子負債自己資本比率とは

    株式の投資判断とされる有利子負債自己資本比率とは、自己資本と有利子負債との比率を表したものです。D/Eレシオともいいます。有利子負債自己資本比率の有利子負債には、長期借入金、短期借入金、普通社債、転換...

  • 株365の株価指数に採用されている銘柄

    株365の銘柄の価格は、株価指数に採用されている銘柄の価格をもとにして算出されます。株価指数に採用されている銘柄はその国を代表するような優良企業であることが多く、また、取引高も多く市場から注目されてい...

  • 株式の投資基準とされるPBRとは

    株式の投資基準とされるPBR(Price Book-value Ratio)とは、時価総額が株主資本の何倍かを示す指標のことで、株価純資産倍率とも呼ばれています。PBRは、次の計算式で求めることができ...

  • 株式の株価水準による分類

    株式市場に上場している銘柄を分類する方法の1つに、株価水準が挙げられます。株価水準では、株価の高い、安いによって銘柄を分類します。一般的に株価水準では、次のように分類します。値がさ株(値嵩株)中位株低...

  • 株式の投資基準とされるPERとは

    株式の投資基準とされるPERとは、株価収益率のことです。PERは、次の計算式で求めることができます。PER=株価÷EPSEPSは、1株当たりの利益額のことで、「当期純利益÷発行済み株式数」で計算されま...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ヤマハのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ヤマハのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヤマハ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの広州珠江鋼琴集団 (改訂履歴)、DEFENSE DEVIL (改訂履歴)、ミニコンポ (改訂履歴)、ターボチャージャーを純正採用したモーターサイクル (改訂履歴)、電子オルガン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS