クレディセゾンとは? わかりやすく解説

クレディセゾン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/02/18 22:48 UTC 版)

株式会社クレディセゾン英語: Credit Saison Co., Ltd.)は、日本クレジットカード会社である。 かつては西武百貨店西友などとともに旧セゾングループ(西武流通グループ)の中核的存在であった。セゾンまたはセゾンカードとも称され、本項目でもそのように表記する箇所がある。日経平均株価の構成銘柄の一つ[1]


  1. ^ 西武信用金庫のキャッシュカードを一体化した提携カードがあるが、同信用金庫は西武グループとは無関係である。
  2. ^ 正確には98億円。
  3. ^ 過去にオリエントファイナンス(現:オリエントコーポレーション)がVISA、MasterCard、JCBに加えてDiners Clubカードの取扱いをした事はあったが、この発行主体は当時の日本ダイナースクラブであった(提携カードの扱い)為、一社の完全自社発行によるクァッドブランド化は日本初となる。
  4. ^ 合併や提携終了など、カード会社都合による自動解約時を含む。
  5. ^ UCカードでは「みずほマイレージクラブカード」を発行している。
  6. ^ UCカードでは「マイレージ・プラスカード」を発行している。

出典

  1. ^ 構成銘柄一覧:日経平均株価 Nikkei Inc. 2021年10月8日閲覧。
  2. ^ 沿革”. クレディセゾン 企業・IR情報. 2022年8月21日閲覧。
  3. ^ 『セゾンの挫折と再生』p.80
  4. ^ 『セゾンの挫折と再生』p.41
  5. ^ 『セゾンの挫折と再生』p.81
  6. ^ 『セゾンの挫折と再生』p.82
  7. ^ クレディセゾン、「セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」の券面に最新センチュリオンデザインを採用”. 日本経済新聞 (2020年1月24日). 2022年5月30日閲覧。
  8. ^ 沿革”. クレディセゾン. 2022年5月31日閲覧。
  9. ^ 永久不滅ポイントの魅力|セゾンカードご利用ガイド”. クレジットカードは永久不滅ポイントのセゾンカード. 2022年5月30日閲覧。
  10. ^ “西武百の金融支援大筋了承 2300億円、26日決定へ”. 共同通信. (2003年2月21日). http://www.47news.jp/CN/200302/CN2003022101000337.html 2014年6月28日閲覧。 
  11. ^ 『セゾンの挫折と再生』p.145
  12. ^ “カード再編で新展開、セブン&アイとセゾンが提携”. 東洋経済オンライン. (2010年3月29日). http://toyokeizai.net/articles/-/3960 2014年6月28日閲覧。 
  13. ^ 『セゾンの挫折と再生』p.102
  14. ^ 『セゾンの挫折と再生』p.158
  15. ^ a b クレディセゾン、すべてのBtoB決済をカード払いにできる決済サービス「支払い.com」を提供開始”. 日本経済新聞 (2022年4月27日). 2023年11月22日閲覧。
  16. ^ “クレディセゾン、スルガ銀を持分適用会社に 住宅ローンなどで連携”. ロイター通信. (2023年5月18日). https://jp.reuters.com/article/credit-saison-idJPKBN2X90KN 2023年5月19日閲覧。 
  17. ^ a b クレディセゾン、スルガ銀との提携を発表”. 共同通信 (2023年5月18日). 2023年5月19日閲覧。
  18. ^ 「事業の状況」『株式会社クレディセゾン S100G283:有価証券報告書 ‐ 第69期』
  19. ^ “セゾン会員に銀行商品販売 みずほがカード提携発表”. 共同通信. (2004年8月4日). http://www.47news.jp/CN/200408/CN2004080401005567.html 2014年6月28日閲覧。 
  20. ^ “セゾン、みずほが業務提携 会員数でカード業界2位に”. 共同通信. (2004年8月4日). http://www.47news.jp/CN/200408/CN2004080401000759.html 2014年6月28日閲覧。 
  21. ^ “みずほとクレディセゾンが包括提携解消へ スマホが影響”. 朝日新聞デジタル. (2019年2月25日). https://www.asahi.com/articles/ASM2Q5JJXM2QULFA022.html?iref=pc_ss_date 2019年3月2日閲覧。 
  22. ^ “みずほ・セゾン提携解消 カードの統合進まず”. 日本経済新聞. (2019年2月23日). https://www.nikkei.com/article/DGKKZO41632780S9A220C1EA4000/ 2019年3月2日閲覧。 
  23. ^ “セゾン築き上げた堤清二氏が死去 86歳 作家「辻井喬」で活躍”. 共同通信. (2013年11月25日). https://web.archive.org/web/20131201020102/http://www.47news.jp/CN/201311/CN2013112801001182.html 2014年6月28日閲覧。 
  24. ^ 「「新しい消費経済学作りたかった」 堤清二氏死去」『日本経済新聞電子版』 2013年11月28日
  25. ^ 「クレディセゾン、東南アで金融事業に参入」『日本経済新聞電子版』 2014年5月19日
  26. ^ 「クレディセゾン、シンガポールの決済関連VBに出資」『日本経済新聞電子版』 2014年12月1日
  27. ^ 「クレディセゾン、ベトナムで個人向けローン」『日本経済新聞電子版』 2015年4月3日
  28. ^ “クレディセゾン株が逆行高に みずほ銀から自社株取得”. 日本経済新聞. (2015年12月9日). https://www.nikkei.com/article/DGXLZO94961660Z01C15A2DTA000/ 2016年6月12日閲覧。 
  29. ^ “みずほ銀行との「包括的業務提携」の見直しに関するお知らせ”. クレディセゾン. (2017年1月26日). http://corporate.saisoncard.co.jp/wr_html/news_data/avmqks0000009bvl-att/20170126_Release.pdf 2017年3月20日閲覧。 
  30. ^ “大和とクレセゾン、資本業務提携を発表 総合金融サービス開発”. 日本経済新聞. (2019年9月5日). https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL05I0Q_V00C19A9000000/ 2020年5月19日閲覧。 
  31. ^ みずほFG:クレディセゾンとの「包括的業務提携」の終了に関する合意書締結について”. www.mizuho-fg.co.jp. 2019年12月22日閲覧。
  32. ^ 完全子会社の吸収合併(簡易合併・略式合併)に関するお知らせ”. クレディセゾン (2020年2月26日). 2020年5月19日閲覧。
  33. ^ 株式会社西友との提携サービス終了について”. クレディセゾン (2022年1月12日). 2022年1月15日閲覧。
  34. ^ ネット決済:「確認不備」カード会社敗訴 長崎地裁支部 毎日新聞 2008年5月2日オリジナルリンク切れ、2009年5月1日)
  35. ^ 毎日新聞、2008年12月3日(オリジナルリンク切れ)
  36. ^ 女性会員の割合は67%、30代以下が42%(2005年3月末、みずほFG 2005年ディスクロージャー誌「経営戦略のフェーズ転換」より)
  37. ^ 【おすすめの年会費無料ETCカード比較2019】完全0円のクレジットカードはコレだ!”. マネ会. 2019年10月21日閲覧。
  38. ^ 【公式】セゾンカード ETCカード 即日発行 お申し込みページ 24時間受付中|土・日・祝日の審査,店頭受け取り方法,必要なものなどについて”. web.saisoncard.co.jp. 2020年1月9日閲覧。
  39. ^ 支払いでコインを貯めてゲームに還元!クレディセゾンから「GAMING CARD」登場!”. Saiga NAK. 2020年12月2日閲覧。
  40. ^ クレディセゾン、「セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」の券面に最新センチュリオンデザインを採用 クレディセゾン(日本経済新聞社)、2020年1月24日(2021年6月9日閲覧)。
  41. ^ カード発行時に同封される小冊子『SAISON AMERICAN EXPRESS CARD ご利用のご案内』(2011年7月1日現在)p.19
  42. ^ 【即日発行クレジットカード】最短30分で今すぐ作れる最速発行おすすめクレカを紹介”. マネ会. 2019年9月4日閲覧。
  43. ^ 「永久不滅ポイント」なのに失効 合併するカード会社発表にツッコミ...運営企業「あくまで呼称」”. J-CASTニュース (2022年1月18日). 2022年1月19日閲覧。
  44. ^ セゾン・UC国内空港ラウンジサービス
  45. ^ まるひろMクラブカード(クレディセゾン)
  46. ^ 株式会社丸広百貨店との提携サービス終了について(クレディセゾン 2022年9月1日)
  47. ^ SoftBankカード”. 2013年12月11日閲覧。
  48. ^ クレディセゾンとJFAメジャーパートナー契約を締結”. 日本サッカー協会. 2023年7月3日



クレディセゾン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/09 14:31 UTC 版)

三陸鉄道」の記事における「クレディセゾン」の解説

2011年10月27日より、「三陸鉄道支援プログラム」としてクレディセゾンがカード会員から1人1万円支援金募る形で復旧へ支援をしている(2013年5月時点第4弾まで実施)。支援者の名前を書いたプレート枕木設置される枕木に名前を残そう!」や、三陸鉄道社員らと交流しながら実際にそれを取り付ける旅行ツアー別途旅行費用が必要、近畿日本ツーリスト主催)も行われている。ツアー第2弾式典には三鉄社長望月正彦三鉄・クレディセゾン社員加え開業時から三陸鉄道記録し続けている鉄道写真家中井精也出席し貸切列車では社長講話行われた2013年8月末での支援者はのべ5000人を超え支援額は5000万円上回っている。

※この「クレディセゾン」の解説は、「三陸鉄道」の解説の一部です。
「クレディセゾン」を含む「三陸鉄道」の記事については、「三陸鉄道」の概要を参照ください。


クレディセゾン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 16:11 UTC 版)

Ponta」の記事における「クレディセゾン」の解説

ローソンPontaカードVisa」、「JMBローソンPontaカードVisa」の発行元。これらのカード申し込むときはクレディセゾンで行うことになる。

※この「クレディセゾン」の解説は、「Ponta」の解説の一部です。
「クレディセゾン」を含む「Ponta」の記事については、「Ponta」の概要を参照ください。


クレディセゾン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 07:32 UTC 版)

セゾングループ」の記事における「クレディセゾン」の解説

クレジットカード業(旧:緑屋)。2004年みずほフィナンシャルグループおよび同社傘下ユーシーカード全面的な事業統合発表(後に解消)。セゾングループ解体後セゾン社名残している。また、そごう・西武西友2022年3月まで)、パルコ無印良品といった旧セゾングループ各社西武鉄道グループなどの提携カード発行しており(そごう・西武の「クラブ・オン/ミレニアムカード セゾン」はセブン・フィナンシャルサービスとの合弁)、旧セゾングループ西武鉄道グループとの繋がり維持している。

※この「クレディセゾン」の解説は、「セゾングループ」の解説の一部です。
「クレディセゾン」を含む「セゾングループ」の記事については、「セゾングループ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「クレディセゾン」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「クレディセゾン」に関係したコラム

  • 株式の投資判断とされる売上債権回収率とは

    株式の投資判断とされる売上債権回収率とは、売上債権の売上高の割合をパーセンテージで表したものです。売上債権とは、売掛金や受取手形のことで、貸借対照表では現金や商品、有価証券などと同じく流動資産として計...

  • 株365の株価指数に採用されている銘柄

    株365の銘柄の価格は、株価指数に採用されている銘柄の価格をもとにして算出されます。株価指数に採用されている銘柄はその国を代表するような優良企業であることが多く、また、取引高も多く市場から注目されてい...

  • 株式の投資基準とされるPERとは

    株式の投資基準とされるPERとは、株価収益率のことです。PERは、次の計算式で求めることができます。PER=株価÷EPSEPSは、1株当たりの利益額のことで、「当期純利益÷発行済み株式数」で計算されま...

  • 株式の投資基準とされるEPSとは

    株式の投資基準とされるEPSとは、1株あたりの利益額のことです。EPSは、次の計算式で求めることができます。EPS=当期純利益÷発行済み株式数例えば、当期純利益が100億円で発行済み株式数が1億株の企...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「クレディセゾン」の関連用語

クレディセゾンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



クレディセゾンのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのクレディセゾン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの三陸鉄道 (改訂履歴)、Ponta (改訂履歴)、セゾングループ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS