ユーシーカードとは?

ユーシーカード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/14 00:16 UTC 版)

ユーシーカード株式会社UC CARD Co.,Ltd.)は、株式会社みずほ銀行子会社で、クレジットカードに関する事業を営む株式会社である。




  1. ^ a b c d e Corporate Profile (PDF)”. 2019年2月24日閲覧。
  2. ^ a b c d “みずほ銀行との「包括的業務提携」の発展的な解消等に関する基本合意書締結のお知らせ” (PDF) (プレスリリース), https://corporate.saisoncard.co.jp/wr_html/news_data/avmqks000000arrg-att/20190222_Release.pdf 
  3. ^ 2013年7月1日に当時の株式会社みずほコーポレート銀行(現在の株式会社みずほ銀行)に吸収合併し消滅。
  4. ^ “みずほフィナンシャルグループ・みずほ銀行・ユーシーカードとクレディセゾン「包括的業務提携基本契約書」の締結について” (PDF) (プレスリリース), https://www2.uccard.co.jp/uc/profile/news_r/pdf/news_r368.pdf 
  5. ^ a b c “クレジットカード事業再編に関するお知らせ” (プレスリリース), https://www.mizuho-fg.co.jp/release/20050725release_jp.html 
  6. ^ a b c “合併に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), https://corporate.saisoncard.co.jp/wr_html/news_data/20051109_02.pdf 
  7. ^ “みずほ銀行、ユーシーカード、クレディセゾンによるクレジットカード事業の統合・再編成について” (PDF) (プレスリリース), https://www2.uccard.co.jp/uc/profile/news_r/pdf/news_r450.pdf 
  8. ^ a b “UCカード、クレディセゾン、みずほ銀行による共同プロセシング会社の新社名「キュービタス」に決定” (PDF) (プレスリリース), https://www2.uccard.co.jp/uc/profile/news_r/pdf/news_r466.pdf 
  9. ^ “クレディセゾンとの包括的業務提携見直しについて” (プレスリリース), https://www.mizuho-fg.co.jp/release/20170126release_jp.html 
  10. ^ “クレディセゾンとの「包括的業務提携」の解消に向けた基本合意書締結について” (PDF) (プレスリリース), https://www.mizuho-fg.co.jp/release/pdf/20190222_2release_jp.pdf 
  11. ^ a b 「三井住友トラスト・カード株式会社」のUCカード事業の承継について”. 2019年2月24日閲覧。
  12. ^ “UC、第一勧銀カード、富士銀クレジット、 興銀カードサービスと経営統合” (プレスリリース), https://www2.uccard.co.jp/uc/profile/news_r/news_r167.html 
  13. ^ “ドコモ・みずほ銀行・ユーシーカードが包括的業務提携について合意” (PDF) (プレスリリース), https://www2.uccard.co.jp/uc/profile/news_r/pdf/news_r423.pdf 


「ユーシーカード」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ユーシーカード」の関連用語

ユーシーカードのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ユーシーカードのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのユーシーカード (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS