みずほ銀行とは?

みずほ銀行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/13 04:58 UTC 版)

株式会社みずほ銀行(みずほぎんこう、略称:みずほ英語: Mizuho Bank, Ltd.、略称:MHBK)は、本店を東京都千代田区に置く、みずほフィナンシャルグループ傘下の都市銀行。3大メガバンクの一角を占める。




注釈

  1. ^ 新・みずほ銀行としての営業開始は2013年平成25年)7月1日
  2. ^ 東京都区部以外の店舗では○○法人支店と併設する○○支店(○○には同一の都市名が入る)、本店には同一建物に併設する丸の内中央支店(旧興銀本店)・東京中央支店(旧富士銀本店)・丸之内支店のATM。区部の店舗のうち、新宿区のコーポ店舗は、旧興銀前身の新宿南口支店とコーポ店舗の新宿法人支店が同じビル内に設置される形となった。
  3. ^ 2016年現在で日本国内で人口30万人以上の都市で未出店であるのは愛知県春日井市のみである。
  4. ^ 大阪市は三菱UFJ銀行三井住友銀行およびりそな銀行との4行輪番制。北九州市は福岡銀行との2行輪番制(2015年度からは西日本シティ銀行北九州銀行を加えた4行輪番制に移行[4][5])。
  5. ^ 富士銀行時代には、小笠原村父島にも、税金や保険料などの納付専用窓口としての指定金融機関出納派出所が存在した。伊豆諸島及び小笠原諸島の町村の指定金融機関は、主に七島信用組合による引受が多い。なお、三宅島出張所については、2011年平成23年)11月21日、母店である東京中央支店へ統合された。
  6. ^ 旧富士銀行本店だった東京中央支店は2013年11月に、旧興銀行本店のコンシューマ部門等を継承した丸の内中央支店は2014年5月7日に、それぞれ同地に移転し、内幸町営業部(旧第一勧銀本店よりスピンオフ)・大手町営業部(旧富士銀本店よりスピンオフ)を含めた5口座店のブランチインブランチの形を取る。
  7. ^ 2014年11月25日より、筋向いに所在した丸之内支店も取り込んだため、3店舗同居となった。
  8. ^ 当時のホームページでは、緒方の死去直後に当時の全CM出演者の姿が消去された。

出典

  1. ^ ディスクロージャー誌 Archived 2007年9月27日, at the Wayback Machine.』株式会社みずほフィナンシャルグループ、2007年[リンク切れ]
  2. ^ みずほ銀行:みずほコーポレート銀行との合併に関するよくあるご質問
  3. ^ “みずほ銀とコーポ銀、13年にも合併 システム障害受け体制一新”. 産経新聞. (2011年5月18日). オリジナルの2011年5月21日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110521084224/http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110518/fnc11051808180000-n1.htm 2011年5月20日閲覧。 
  4. ^ “指定金融機関の見直し経過について” (PDF) (プレスリリース), 北九州市会計室, (2014年5月16日), オリジナルの2014年5月22日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20140522085133/https://www.city.kitakyushu.lg.jp/files/000169402.pdf 2014年6月21日閲覧。 
  5. ^ “新たに西日本シティ、北九州銀 北九州市指定金融機関”. 産経新聞. (2014年6月19日). オリジナルの2014年6月19日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140619042359/http://sankei.jp.msn.com/region/news/140619/fkk14061902060002-n1.htm 2014年6月21日閲覧。 
  6. ^ 「大手町タワー」一次竣工のお知らせ (PDF)”. 東京建物 大成建設 (2013年8月29日). 2013年10月1日閲覧。
  7. ^ 新しいレンディングサービス開始に向けた合弁会社設立について”. みずほ銀行 (2016年9月15日). 2017年7月28日閲覧。
  8. ^ 5ヵ年経営計画 (PDF) - みずほフィナンシャルグループ2019年5月15日
  9. ^ 両替機はICキャッシュカード非対応のため、クレジット一体カードなどは逆方向に挿入が必要。
  10. ^ 入金ないしは出金のいずれかの多い方の枚数に応じて、両替手数料が紐付口座から引き落とされる。
  11. ^ みずほ銀行とのATM利用提携サービスの開始のお知らせ (PDF, SBJ銀行プレスリリース:2011年6月24日発表)
  12. ^ みずほ銀行とのATM利用提携サービスの開始時期延期のお知らせ (PDF, SBJ銀行プレスリリース:2011年5月2日発表)
  13. ^ みずほ銀行とのATM提携を開始”. 楽天銀行 (2014年2月10日). 2015年4月18日閲覧。
  14. ^ みずほ銀行とのATM分野における戦略的提携について (PDF)”. イオンフィナンシャルサービス株式会社 株式会社イオン銀行 (2013年12月8日). 2014年2月16日閲覧。
  15. ^ イオン銀行ATMでも、平日時間内無料でご利用いただけるようになりました。 - みずほ銀行
  16. ^ a b 非接触によるスマホデビット決済への取り組みについて”. 株式会社みずほ銀行. 2018年9月2日閲覧。
  17. ^ みずほWallet for Android | みずほ銀行” (日本語). www.mizuhobank.co.jp. 2018年9月2日閲覧。
  18. ^ みずほWallet for iOS | みずほ銀行” (日本語). www.mizuhobank.co.jp. 2018年9月2日閲覧。
  19. ^ a b “みずほ銀行の次期勘定系システム、1年間延期の方針が明らかに”. 日経コンピュータ (日経BP). (2014年2月27日). http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20140227/539841/ 2014年3月13日閲覧。 
  20. ^ みずほ銀行が語る、Linux搭載メインフレームによる基幹システム統合の“実際”(2008年5月31日時点のアーカイブ
  21. ^ “みずほ銀、システム統合1年延期 17年春に”. 47NEWS (共同通信社). (2014年2月27日). http://www.47news.jp/CN/201402/CN2014022701001285.html 2014年3月13日閲覧。 
  22. ^ “システム統合延期で他行が虎視眈々みずほのジレンマ”. 週刊文春 (文藝春秋). (2014年3月27日). オリジナルの2014年3月28日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140328113225/http://shukan.bunshun.jp/articles/-/3808 2014年3月28日閲覧。 
  23. ^ “ニュースの深層 統合と刷新を一挙、みずほ銀が挑む最難プロジェクト みずほ銀行「次期勘定系システム」の全貌(上)”. 日本経済新聞. (2015年12月10日). http://www.nikkei.com/article/DGXMZO94328910U5A121C1000000/ 2016年4月30日閲覧。 
  24. ^ “みずほ「システム更新」が絶望的に”. 選択 (選択出版株式会社). (2016年7月). http://www.sentaku.co.jp/articles/view/16013 2016年7月6日閲覧。 
  25. ^ “みずほ銀、システム統合再延期 動作テスト延長 運用18年以降”. 日本経済新聞. (2016年11月12日). http://www.nikkei.com/article/DGXLZO09463300R11C16A1EE8000/ 2016年11月12日閲覧。 
  26. ^ “みずほFGのシステム統合を再延期 数カ月遅れる見込み”. 朝日新聞. (2016年11月12日). http://www.asahi.com/articles/ASJCD340KJCDULFA001.html 2016年11月12日閲覧。 
  27. ^ a b “みずほ、新勘定系システムへの移行開始 障害起きず”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2018年6月11日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO31592120R10C18A6MM0000/ 2018年8月12日閲覧。 
  28. ^ a b “みずほ銀行社員が告白、システム障害と不祥事続出のずさんな社内体質…海外で不適切行為も”. ビジネスジャーナル. (2012年6月15日). http://biz-journal.jp/2012/06/post_262.html 2013年10月1日閲覧。 
  29. ^ “みずほ銀行、大規模障害を招いた「夜間バッチ処理」”. 日本経済新聞. (2011年3月19日). http://www.nikkei.com/article/DGXZZO25303720Z10C11A3000000/ 
  30. ^ a b 中田 敦; 大和田 尚孝 (2011年3月31日). “みずほ銀行、障害の発端は人為ミス”. ITpro (日経BP). http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20110329/358832/?ST=management&P=2 2017年6月22日閲覧。 
  31. ^ “みずほ銀障害:新たに6万件処理 残りは72万件に”. 毎日新聞. (2011年3月20日). オリジナルの2011年3月21日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110321085901/http://mainichi.jp/select/biz/news/20110321k0000m020063000c.html 
  32. ^ “みずほ障害 あまりにお粗末すぎる”. 北海道新聞. (2011年3月31日). オリジナルの2011年4月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110404025333/http://www.hokkaido-np.co.jp/news/editorial/282397.html 
  33. ^ “みずほ 正常振り込み 無断回収”. 東京新聞. (2011年4月8日). オリジナルの2011年4月11日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110411190116/http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/news/CK2011040802000020.html 
  34. ^ 詐欺:みずほ銀臨時払い悪用、25万円詐取容疑の男逮捕--京都 毎日新聞 2011年8月9日[リンク切れ]
  35. ^ “みずほ銀行及びみずほフィナンシャルグループに対する行政処分について” (プレスリリース), 金融庁, (2011年5月31日), http://www.fsa.go.jp/news/22/ginkou/20110531-5.html 2016年2月13日閲覧。 
  36. ^ “みずほ銀とみずほFGに業務改善命令、システム障害で=金融庁”. ロイター. (2011年5月31日). http://jp.reuters.com/article/idJPJAPAN-21453220110531 2016年2月13日閲覧。 
  37. ^ Watsonテクノロジーのコールセンター導入で次世代チャネルの構築 | みずほ銀行” (日本語). www.mizuhobank.co.jp. 2018年9月1日閲覧。
  38. ^ みずほ銀行のコールセンターで人工知能を積極的に使った取り組み PepperとIBM Watsonの導入事例を動画で公開 | ロボスタ - ロボット情報WEBマガジン」『ロボスタ』。2018年9月1日閲覧。
  39. ^ Pepperを活用した、新しい店舗サービスの創造 | みずほ銀行” (日本語). www.mizuhobank.co.jp. 2018年9月1日閲覧。
  40. ^ 資産運用ロボ「SMART FOLIO」 | みずほ銀行” (日本語). www.mizuhobank.co.jp. 2018年9月2日閲覧。
  41. ^ FinTechを活用したモバイルサービス 「MCPC award 2016特別賞」を受賞”. 株式会社みずほ銀行. 2018年9月2日閲覧。
  42. ^ みずほFG:【FinTech】新たな事業創出を目的とする合弁会社設立について” (日本語). www.mizuho-fg.co.jp. 2018年9月2日閲覧。
  43. ^ みずほ銀行とJR東日本が「Mizuho Suica」を提供開始”. 株式会社みずほ銀行. 2018年9月2日閲覧。
  44. ^ http://www.fsa.go.jp/news/25/ginkou/20131226-1.html
  45. ^ “みずほ銀行に業務改善命令、提携ローンに反社会的勢力との取引”. ロイターニュース. (2013年9月27日). http://jp.reuters.com/article/domesticJPNews/idJPTYE98Q06I20130927 2013年10月1日閲覧。 
  46. ^ “金融庁、みずほ銀に業務改善命令 反社会的勢力と取引”. 共同通信. (2013年9月28日). http://www.47news.jp/CN/201309/CN2013092701001586.html 2013年10月1日閲覧。 
  47. ^ a b “株式会社みずほ銀行に対する行政処分について”. 金融庁. (2013年9月27日). http://www.fsa.go.jp/news/25/ginkou/20130927-3.html 2013年10月1日閲覧。 
  48. ^ “みずほ銀、反社勢力との取引を温存させた社内体制と、ずさんな不祥事対応の背景”. ビジネスジャーナル. (2013年10月1日). http://biz-journal.jp/2013/10/post_3024.html 2013年10月8日閲覧。 
  49. ^ 「暴力団融資のみずほ銀行 内情はまるで「半沢直樹」?」ブルームバーグ2013/10/10
  50. ^ “みずほ銀、副頭取や常務ら歴代4役員が組員融資、会見で認める”. 朝日新聞デジタル. ハフィントンポスト. (2013年10月4日). オリジナルの2013年10月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131017103045/http://www.huffingtonpost.jp/2013/10/04/mizuhobank_n_4047251.html?utm_hp_ref=japanl 2013年10月8日閲覧。 
  51. ^ 「【Q&Aみずほ銀行の暴力団融資問題 】 審査は信販会社任せ 事実と異なる報告」共同通信2013/10/12
  52. ^ 「官房長官、みずほに報告徴求命令「極めて遺憾」 不快感示す 」日経QUICKニュース2013/10/10
  53. ^ 「金融庁:みずほ役員の問題認識の経緯など追加報告を命令 」ブルームバーグ10月10日
  54. ^ 「経済同友会代表幹事「金融機関として、あるまじき状況」 」 Archived 2013年10月17日, at the Wayback Machine.TBS2013年10月16日
  55. ^ 「信託協会長、みずほ問題「業界全体で再発防止」 」日経QUICKニュース2013/10/17
  56. ^ 「反社会的勢力に融資、みずほ銀歴代4役が把握、放置」 Archived 2013年10月17日, at the Wayback Machine.スポーツ報知2013年10月5日
  57. ^ 「提携ローン業務適正化に関する特別調査委員会の設置について」株式会社みずほ銀行2013年10月8日
  58. ^ 「オリコ、経産省に報告書=暴力団融資の再発防止策など .」 Archived 2013年10月19日, at the Wayback Machine.ウォールストリート・ジャーナル2013年10月16日
  59. ^ 「みずほ銀と共同で審査強化=暴力団融資問題で—オリコ 」 Archived 2013年10月17日, at the Wayback Machine.ウォールストリート・ジャーナル2013年 10月 15日
  60. ^ “みずほ銀、社内処分へ 暴力団融資問題”. 共同通信. (2013年9月29日). http://www.47news.jp/CN/201309/CN2013092901001963.html 2013年10月1日閲覧。 
  61. ^ 「高橋洋一の自民党ウォッチ 暴力団融資「発覚」の裏に人事抗争か みずほ銀「旧3行」人事のドロドロ劇」J-castニュース2013/10/10
  62. ^ “みずほ銀行”本店で繰り広げられた「詐欺」事件――元審査役逮捕で銀行の責任は 週刊金曜日ニュース - 2015年4月14日 AM10:21
  63. ^ 甲子園球場に、TOSHIBAシートとみずほ銀行シートが誕生”. ビジネス+IT (2007年12月19日). 2017年1月3日閲覧。
  64. ^ http://www.mizuho-fg.co.jp/onemizuho/ 「One MIZUHO CMスペシャルサイト」]





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「みずほ銀行」の関連用語

みずほ銀行のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



みずほ銀行のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのみずほ銀行 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS