週刊文春とは? わかりやすく解説

週刊文春

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/17 03:43 UTC 版)

週刊文春』(しゅうかん ぶんしゅん[注釈 1])は、株式会社文藝春秋の発行する週刊誌である。


  1. ^ 実際には、「シューカンブンシュー」と発音されることが多い[1]
  2. ^ 後に山田は記事をまとめた『せんせい―わたくし山崎拓自民党幹事長の愛人でございました。』(飛鳥新社)を出版。
  3. ^ この時のLINEのやり取りで、ベッキーが用いた文春の英語直訳とされる『センテンススプリング』の隠語が話題を集め、同年上半期のネット流行語大賞で金賞を受賞[81]、年間でも『センテンススプリング』『文春砲』で特別賞を受賞した[82]新語・流行語大賞においても『ゲス不倫』『センテンススプリング』『文春砲』の3語がノミネートされ[83]、『ゲス不倫』がトップ10に選ばれた[84]。編集部は「こうした形で社会的に注目していただけるのはありがたいです」とのコメントを出している[83]。また、「センテンススプリング」にちなんだ「センテンスプリング」(メイショウボーラー産駒、牡馬、2014年3月21日生、馬主・内田玄祥)[85] という競走馬が登場した(日本の競走馬名は片仮名で9文字以内と定められているため、「ス」を一文字削っている[86]。名前の由来は、表向きには「千点&春」ということになっている[87]
  4. ^ 『週刊文春』(2017年3月9日号)にも「朝5時まで違法撮影 WOWOWドラマ「天才子役」号泣現場」との見出しで同様の記事が掲載された。
  5. ^ 毎日新聞(2017年3月1日付)でも報じられた[104]
  6. ^ 同年4月28日、WOWOWは外部有識者の助言・監修のもとで再発防止委員会が行った調査の結果、記事内容にあった"深夜に監督が子役のシーンを4、50回撮り直した"、"(撮り直しにより)子役が号泣した"の2点については、そのような事実はなかったことを確認したとしている[109]。WOWOWは同年6月以降も「東京すみっこごはん」の放送を当面の間見合わせるとしている[110]
  7. ^ 吉本興業の声明文では事前に、①本件記事は公益性なく弊社所属タレントの前科を実名で報道するものである、②しかも、当該前科はタレントが芸能活動を開始する前の未成年の時点におけるものである、③さらに、何ら刑事処分を受けていない事実についても、あたかも犯罪行為を行ったものであるかのように報道するものであり、兼近の人権を著しく侵害するものであると文春に伝えたのにもかかわらず報じられたことについて強く抗議するとともに、民事・刑事上の法的措置についても検討すると発表[140]



週刊文春

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/15 05:57 UTC 版)

木下富美子」の記事における「週刊文春」の解説

都民ファーストの会除名処分下した7月6日木下選対関係者に「この度事故につきまして」と題するグループメッセージ送信自民党関係者から情報入手したという木下は、メッセージの中で自民党辞職キャンペーン張ってます。7/4より3ヶ月以内辞職すれば、次点の候補者繰り上げ当選できるためです公民権停止となるような事案ではないので、本人追い込む作戦とのこと下村博文氏含む自民党3役が総力号令出しているが、3ヶ月でだめなら諦める。との話だそうですと書き記したまた、除名処分に関して昨晩都民ファーストの会本部呼ばれ幹部と話あいがもたれました。(略)私と党を切り離すため一旦『除名処分となりましたが、自民党キャンペーンのことなども承知で、うまく流れ回復できればとの話をされました」と述べ逃げ切れば復党できるとの見解示した

※この「週刊文春」の解説は、「木下富美子」の解説の一部です。
「週刊文春」を含む「木下富美子」の記事については、「木下富美子」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「週刊文春」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

週刊文春のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



週刊文春のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの週刊文春 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの木下富美子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS