有田芳生とは?

有田芳生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/01 10:14 UTC 版)

有田 芳生(ありた よしふ、1952年(昭和27年)2月20日 - )[1]は、日本政治家ジャーナリストテレビコメンテーター立憲民主党所属の参議院議員(2期)。




  1. ^ a b 有田芳生の酔醒漫録「主要著書」
  2. ^ 有田芳生の酔醒漫録「随風録・無音の想い出」
  3. ^ 有田芳生の『酔醒漫録』2010年3月10日付け
  4. ^ 民主党:議員プロフィール 詳細 Who's Who
  5. ^ 2014年6月20日15:17の公式Twitter。
  6. ^ 『宝島30』(宝島社)1995年7月号
  7. ^ asahi.com: 2007参議院選挙 比例区開票結果・新党日本
  8. ^ asahi.com(朝日新聞社):東京11区 - 小選挙区開票結果 - 2009総選挙
  9. ^ 有田芳生の『酔醒漫録』2009年11月19日付け
  10. ^ asahi.com(朝日新聞社):民主党 - 政党別開票結果 - 2010参院選
  11. ^ 比例区開票速報2016参院選朝日新聞2016年7月11日閲覧
  12. ^ 独自】民進・有田芳生議員あす離党へ日テレNEWS24 2017年12月10日付
  13. ^ 立憲民主党が辺野古新基地反対を表明 沖縄県連の発足で枝野氏が会見 県知事選は玉城デニー氏を支援へ沖縄タイムス2018年8月29日付
  14. ^ a b 余命プロジェクトチーム 2016, p. 104.
  15. ^ [1]
  16. ^ 14日に参議院会館で排外主義・レイシズム反対集会開催 - 夕刊アメーバニュース
  17. ^ <일본 정치인이 전하는 혐한 시위의 살벌한 실태> 聯合ニュース 2014/11/13
  18. ^ 有田のツイート(2015年11月22日付け)
  19. ^ 有田のツイート(2013年7月12日付)
  20. ^ 有田のツイート(2014年7月18日付)
  21. ^ 有田のツイート(2014年7月25日付)
  22. ^ a b ニューズウィーク日本版 (Newsweek Japan) 2014年6月24日号『日本「反ヘイト」という名のヘイト』 p.34
  23. ^ “旧在特会系が武蔵小杉駅周辺でデモ 阻止に旧しばき隊らが集結 有田芳生氏がツイッターで「勝利宣言」(1/2ページ)”. 産経ニュース (産経新聞社). (2017年7月16日). http://www.sankei.com/politics/news/170716/plt1707160016-n1.html 2017年8月19日閲覧。 
  24. ^ “旧在特会系が武蔵小杉駅周辺でデモ 阻止に旧しばき隊らが集結 有田芳生氏がツイッターで「勝利宣言」(2/2ページ)”. 産経ニュース (産経新聞社). (2017年7月16日). http://www.sankei.com/politics/news/170716/plt1707160016-n2.html 2017年8月19日閲覧。 
  25. ^ 麻原彰晃の死刑執行、有田芳生議員が「常識的に判断してありえません。政治判断」と批判ビジネスジャーナル
  26. ^ 秋元司参院議員が統一教会の立場で質問有田芳生の『酔醒漫録』 2010年5月24日
  27. ^ 『人さらいからの脱出―違法監禁に二年間耐えぬいた医師の証言』小出浩久著 光言社、1996年、122頁。
  28. ^ “拉致監禁”の連鎖 パートⅡ「医師・小出浩久さんの手記」を終えて(2)
  29. ^ 月刊タイムス2010年4月号 座談会「追いつめられる統一教会の悪あがき」 信者の「保護・説得」を「拉致監禁・強制改宗」と強弁(16-23頁)
  30. ^ 神戸「酒鬼薔薇聖斗」事件から10年有田芳生の『酔醒漫録』 2007年5月23日
  31. ^ 有田芳生のツイート(2015年6月9日付)
  32. ^ 有田芳生のツイート(2015年6月17日付)
  33. ^ 有田芳生のツイート(2015年6月17日付)
  34. ^ 有田芳生のツイート(2015年6月18日付)
  35. ^ 都はるみホームページ「リンク」
  36. ^ 有田芳生の酔醒漫録「テレサ・テンさんのこと」
  37. ^ 長年の「同志」松井清人さんが文藝春秋の社長に就任しました。
  38. ^ 民主党参議院議員 有田芳生
  39. ^ a b 有田芳生 ‏@aritayoshifu 2016年1月11日 1:32のツイート
  40. ^ 有田芳生 ‏@aritayoshifu 2014年11月7日 22:02のツイート
  41. ^ ‏@aritayoshifu 2015年7月19日16:31 のツイート
  42. ^ 有田芳生 ‏@aritayoshifu 2015年8月28日8:23 のツイート
  43. ^ 有田芳生 @aritayoshifu 2013年7月13日22:50 のツイート
  44. ^ 民主・有田議員が訪朝…「相談なく残念」と外相 読売新聞 2012年10月25日
  45. ^ 民主党の有田参院議員が訪朝へ27日、拉致調査を聴取 共同通信47NEWS 2015年10月9日
  46. ^ 拉致調査報告、北が「越年も」と説明 訪朝の有田議員 産経ニュース 2015年10月31日
  47. ^ 有田芳生氏が北朝鮮訪問 金正恩新体制の本音を探る 〈週刊朝日〉2012年11月16日号 | dot.ドット朝日新聞出版 2012年11月9日
  48. ^ 民主党の有田参院議員が訪朝へ27日、拉致調査を聴取 共同通信47NEWS 2015年10月9日
  49. ^ “@aritayoshifu”. Twitter. (2012年2月10日). https://twitter.com/aritayoshifu/status/167990617002094592 2014年10月13日閲覧。 
  50. ^ 『朝鮮学校差別問題で院内集会/国会議員など日本人士も参加、180余人 〝許さない!子どもたちへの差別〟』(朝鮮新報)
  51. ^ 永住外国人に地方参政権を求め集会 在日本大韓民国民団東京本部
  52. ^ J-CASTニュース (2013年3月27日). “有田芳生参院議員ら、新大久保「反韓」デモの不許可を都公安委に要請”. http://www.j-cast.com/2013/03/27171314.html 
  53. ^ [2]
  54. ^ [3]
  55. ^ [4]
  56. ^ 参議院インターネット審議中継
  57. ^ 第183回国会 法務委員会 第5号 平成二十五年五月九日(木曜日)
  58. ^ 在日コリアン差別のヘイトスピーチが日本で台頭」が「ウォールストリートジャーナル」に掲載されました。
  59. ^ 在日コリアン差別のヘイトスピーチが日本で台頭 ウォール・ストリート・ジャーナル 日本版 2013年5月16日
  60. ^ 「反ヘイト名乗る「男組」幹部ら8人逮捕 右派系男性への暴行容疑」 - 産経新聞 2014年7月16日午前11時50分配信
  61. ^ a b 有田芳生「は?やまと新聞か、そんなもん新聞じゃねーよ」「おい。ちょっとこい」
  62. ^ 共産党大会が終わった。86歳の不破哲三さんを信任しない投票は8人という。
  63. ^ 14:07 - 有田芳生の2017年4月17日のツイート
  64. ^ “有田芳生参院議員、講演中止関与「まったくありません」 原口一博元総務相「有田さんは念頭になかった」”. 産経新聞. (2017年6月5日). http://www.sankei.com/premium/news/170605/prm1706050009-n2.html 2017年6月8日閲覧。 
  65. ^ 民進で“内ゲバ” 原口一博衆院議員が「特定の議員が介入」とツイートに有田芳生参院議員が「私が介入したというのか」 産経新聞 2017年6月5日
  66. ^ 「2010参院選 候補者アンケート」毎日jp (毎日新聞社)、2010年6月26日。
  67. ^ 本人のブログ 表現を規制する石原都知事の4選阻止をーー反対「陳情者」への手紙
  68. ^ 映画『ザ・コーヴ』上映とシンポジウム」ネット中継のお知らせ 篠田博之
  69. ^ 米大統領宛に集団的自衛権行使容認「不支持」を要請 蓮舫氏ら 産経新聞 2014年4月21日 2014年4月29日閲覧。
  70. ^ 参議院議員選挙のタバコ対策の政党・候補者アンケート201607”. 日本禁煙学会 (2016年6月16日). 2018年8月18日閲覧。
  71. ^ a b サザンが歌った「拉致問題」 有田議員が絶賛した理由 ライブドアニュース 2015年4月6日
  72. ^ a b 横田めぐみさん両親の孫、ひ孫の写真が明らかに 2年前のモンゴルで面会時 有田芳生参院議員が公開 2016年6月9日産経ニュース
  73. ^ 有田芳生 ‏@aritayoshifu 2016年6月9日20:46 のツイート
  74. ^ a b ★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2016.06.09)「写真は横田家から1枚も何処にも出していません」横田夫妻から連絡 (2016/06/09)
  75. ^ a b c d e ★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2016.06.10)「有田先生と私達の考えは違っている」孫との面会写真公開に対する横田ご夫妻コメント (2016/06/10)
  76. ^ 有田芳生 ‏@aritayoshifu 2016年6月12日6:39のツイート
  77. ^ 有田芳生 ‏@aritayoshifu 2016年6月11日 7:53のツイート
  78. ^ 東京連続集会91 今ここまで言える日本人拉致の全体像 (1/4)」 Youtube
  79. ^ 有田芳生 @aritayoshifu 2016年6月10日12:42のツイート
  80. ^ ★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2016.06.23)今ここまで言える日本人拉致の全体像-東京連続集会91報告1 (2016/06/23)
  81. ^ 【北朝鮮拉致】孫との写真、早紀江さんが経緯 横田家「出していない」2016年6月23日 産経ニュース
  82. ^ 山崎智之「特別研究 HMと反対運動の歴史 +特選・札付きお騒がせ盤」、『炎』、シンコーミュージック、1997年10月、 pp. 108-119。
  83. ^ 酒井康「驢鳴犬吠 第22回」、『炎』、シンコーミュージック、1997年11月、 pp. 160。
  84. ^ Player(プレイヤー・コーポレーション)1999年2月号 48P
  85. ^ ツイッターで壮絶バトル 民進・有田氏と日本のこころ・和田氏
  86. ^ 民主が原子力協定賛成へ 徳永エリ氏、有田芳生氏危機感 アメーバニュース 2014年3月27日
  87. ^ 民主、副代表まで造反「棄権1、欠席2」 原子力協定承認、参院でも 産経新聞 2014年4月18日
  88. ^ “参議院議員・有田芳生氏、「ニューズウィーク日本版」の取材に呆れ 「まともな記者なら絶対にやらないだまし討ち」「捏造に近い」”. Livedoor ニュース. (2014年6月17日). http://news.livedoor.com/article/detail/8948089/ 2017年7月19日閲覧。 
  89. ^ サザンライブにネット上で批判 「しばき隊寄り映像を放映」は本当なのか”. ジェイ・キャスト (2013年8月12日). 2013年11月16日閲覧。
  90. ^ “橋下徹氏が有田芳生参院議員に激怒 有田氏、蓮舫氏の二重国籍問題は「人権侵害」 橋下氏の出自暴露は「面白い」 「ダブルスタンダードだ」「有田、早く辞職しろ」”. 産経ニュース (産経新聞社). (2017年7月19日). http://www.sankei.com/politics/news/170719/plt1707190048-n1.html 2017年7月20日閲覧。 
  91. ^ [5]
  92. ^ 「ネットでわき寄ってくるゴキブリもどき」「たまには駆除するかな」民主党・有田芳生参議院議員のツイートが波紋 ガジェット通信 2014年7月13日
  93. ^ 民進党・有田芳生ネクスト法務大臣 「ネトウヨを『ゴキブリ』と呼んでもヘイトスピーチではない」とツイートし物議 livedoor ニュース2017年02月06日
  94. ^ 精神障害者差別を助長する記事を掲載した写真誌を発刊した解放出版社を糾す
  95. ^ 精神障害者に対する差別的記載に関する謝罪と見解 07年1月17日 部落解放同盟中央本部 執行委員長 組坂繁之
  96. ^ 14世ダライ・ラマ法王と中国政府首脳との直接対話を求める声明文[リンク切れ]
  97. ^ 民主、憲法審査会規程採決棄権の4氏を注意 読売新聞社2011年5月19日00時20分配信


「有田芳生」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「有田芳生」の関連用語

有田芳生のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



有田芳生のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの有田芳生 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS