幸福の科学とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 方式・規則 > 主義・方式 > 宗教 > 宗教 > 幸福の科学の意味・解説 

幸福の科学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/11 01:44 UTC 版)

幸福の科学(こうふくのかがく、: Happy Science)は、日本発祥の宗教団体である。世界120カ国以上に会員組織がある。世界通称として「Happy Science」を使用。関連団体に日本国外の宗教法人70の他、幸福の科学出版幸福実現党幸福の科学学園ニュースター・プロダクションなどがある。




注釈

  1. ^ 「アージ新聞」(ヒンディー語紙)、「ヒンドゥスタン・タイムス」(英字紙)、「サンマルグ新聞」(ヒンディー語紙)、「ザ・テレグラフ」(英字紙)、「サハラ」(ヒンディー語紙)、「デニックジャグラン」(ヒンディー語紙)、「プラバットカバル」(ヒンディー語紙)
  2. ^ 「Bukedde」紙(ルガンダ語紙)、「Ovserver」紙、「New Vision」紙、「Monitor」紙
  3. ^ 英語(イギリスVer・USA,Ver、インドVer、オーストラリアVer他)、ポルトガル語スペイン語ドイツ語フランス語ハンガリー語スウェーデン語ブルガリア語リトアニア語ロシア語アラビア語ペルシャ語トルコ語中国語簡体字繁体字 台湾・香港)、韓国語インドネシア語タイ語ヒンディー語タミル語テルグ語マラーティー語グジュラティ語ネパール語シンハラ語タガログ語ベンガル語スワヒリ語ウルドゥー語オリヤー語マラヤーラム語ルガンダ語モンゴル語カンナダ語、など。

出典

  1. ^ “1か月半の宣伝費約20億円 宗教法人「幸福の科学」”. 朝日新聞朝刊 (朝日新聞社): p. 29. (1991年7月30日) 
  2. ^ 講演会 行事の種類 幸福の科学 HAPPY SCIENCE 公式サイト
  3. ^ a b c d 沼田健哉『宗教と科学のネオパラダイム』創元社、1995年。ISBN 4-422-14019-1
  4. ^ 『日蓮聖人の霊言』(後に『日蓮の霊言』に改題、潮文社、1985年8月15日初版発行、ISBN 978-4806311454、1992年頃に絶版)
  5. ^ 『日蓮の霊言』(潮文社、1985年8月15日初版発行、ISBN 978-4806311454 )p126
  6. ^ 『大川隆法霊言全集 第2巻』第1章 真理を述べ伝えよ p33
  7. ^ 『幸福の科学』リンダパブリッシャーズ・秋谷航平 著、2015年10月1日発行、ISBN 978-4-8030-0779-4
  8. ^ 新語・流行語大賞 - 過去の受賞データ
  9. ^ 新語・流行語大賞第8回1991年
  10. ^ 「月刊幸福の科学」1996年12月号
  11. ^ 「月刊幸福の科学」2009年12月号
  12. ^ 海外講演情報 大川隆法 公式サイト
  13. ^ 台湾講演「愛は憎しみを超えて」を公開!(3/5~) 幸福の科学 HAPPY SCIENCE 公式サイト
  14. ^ 「幸福の科学」教団史『法輪、転ずべし』2008 より
  15. ^ 幸福の科学とは | 幸福の科学 HAPPY SCIENCE 公式サイト
  16. ^ 『月刊 幸福の科学』2008年4月号
  17. ^ a b c 種田博之 (1993). “「幸福の科学」の急成長についての一考察 「幸福の科学」の特性とそのアンビバレンス”. 年報人間科学 (大阪大学) 14: 31-46. ISSN 02865149. NAID 110004746775. 
  18. ^ a b 塚田穂高『宗教と政治の転轍点 保守合同と政教一致の宗教社会学』花伝社、2015年3月25日。ISBN 978-4763407313
  19. ^ 塚田穂高 2015, p. 303.
  20. ^ 沼田健哉 1995, p. 196.
  21. ^ 「幸福の科学」教団史2008法輪、転ずべし。
  22. ^ 「幸福の科学」教団史2008法輪、転ずべし。
  23. ^ 幸福の科学
  24. ^ 幸福の科学大学は開設「不可」大学など8校を新設認可文科省審議会答申産経ニュース2014年10月29日
  25. ^ 平成27年度開設予定大学一覧(判定を「不可」とするもの)
  26. ^ “幸福の科学、私塾に260人入学へ 俳優・ジャーナリスト養成計画も”. withnews. (2015年3月30日). http://withnews.jp/article/f0150330000qq000000000000000W00b0401qq000011737A 2015年4月26日閲覧。 
  27. ^ 「月刊 幸福の科学」1994年2月号p50
  28. ^ 雑誌『週刊ダイヤモンド』2009年9/12号
  29. ^ 「月刊幸福の科学」2010年7月号
  30. ^ 塚田穂高 『宗教と政治の転轍点 保守合同と政教一致の宗教社会学』
  31. ^ 『宗教と科学のネオパラダイム』沼田健哉 著
  32. ^ 『宗教と科学のネオパラダイム』沼田健哉 著
  33. ^ 『宗教と科学のネオパラダイム』沼田健哉 著
  34. ^ 「月刊幸福の科学」1987年5月号
  35. ^ 「幸福の科学」教団史2008法輪、転ずべし。
  36. ^ 『宗教と科学のネオパラダイム』沼田健哉 著
  37. ^ 「幸福の科学」教団史2008法輪、転ずべし。
  38. ^ 『月刊幸福の科学』1991年8月号
  39. ^ 『宗教と科学のネオパラダイム』沼田健哉 著
  40. ^ a b c d e f g h i j 沼田健哉「第六章 幸福の科学の研究」『宗教と科学のネオパラダイム 新新宗教を中心として』創元社、1995年、190-207頁。ISBN 4-422-14019-1
  41. ^ 、2009、「大川隆法インタビュー「ウチは創価学会より集票力がある」」、『文藝春秋』(2009-8)、文藝春秋 p. 322
  42. ^ 塚田穂高 『宗教と政治の転轍点 保守合同と政教一致の宗教社会学』
  43. ^ 「幸福の科学」教団史2008法輪、転ずべし。
  44. ^ 「幸福の科学」教団史2008法輪、転ずべし。
  45. ^ 東京地裁平成8年12年20日判決(判時1619号104頁)
  46. ^ “「幸福の科学」敗訴確定”. 東京新聞朝刊 (中日新聞社東京本社). (1999年7月17日) 
  47. ^ “週刊誌フライデー「幸福の科学」報道で講談社側が逆転敗訴”. 読売新聞東京朝刊 (読売新聞社): p. 30. (1998年11月17日) 
  48. ^ “「幸福の科学」名誉棄損訴訟 講談社に200万円の賠償命令/東京高裁”. 読売新聞東京朝刊 (読売新聞社): p. 38. (2000年10月26日) 
  49. ^ “「幸福の科学」の名誉棄損記事で講談社敗訴/最高裁”. 読売新聞東京朝刊 (読売新聞社): p. 38. (2001年6月13日) 
  50. ^ “「幸福の科学」訴訟、景山民夫さんら勝訴 - 東京高裁”. 毎日新聞東京朝刊 (毎日新聞社): p. 30. (1995年10月31日) 
  51. ^ “2審を支持、上告を棄却 - 「幸福の科学」集団訴訟で勝訴、最高裁”. 毎日新聞東京朝刊 (毎日新聞社): p. 30. (1999年3月26日) 
  52. ^ 『宝島30』1994年10月号特集「幸福の科学」における裁判の研究
  53. ^ 東京地裁平成13年6月29日判決(判タ1139号184頁)
  54. ^ “「批判的言論威嚇」幸福の科学側が敗訴 100万円賠償命令/東京地裁”. 読売新聞東京夕刊 (読売新聞社): p. 27. (2001年6月29日) 
  55. ^ “一審判決支持し教団の控訴棄却「幸福の科学」訴訟”. 朝日新聞朝刊 (朝日新聞社): p. 34. (2002年5月28日) 
  56. ^ “宗教法人「幸福の科学」の敗訴確定”. 毎日新聞東京朝刊 (毎日新聞社): p. 24. (2002年11月9日) 
  57. ^ 井上順孝「グローバル化時代の近代新宗教とポスト近代新宗教」『グローバル化するアジア系宗教 経営とマーケティング』中牧弘允ほか、東方出版ISBN 978-4-86249-189-3
  58. ^ 母体である幸福の科学は国内外に1100万人の会員がいると公称していた。
  59. ^ 『日本の新宗教』島田裕巳著P285
  1. ^ 大川隆法パーソナルヒストリー Archived 2016年2月6日, at the Wayback Machine.
  2. ^ 大川隆法総裁 ブラジル大講演会 - サンパウロ講演会 『愛と天使の働き』
  3. ^ a b インド・ネパールにて大川隆法総裁初の講演
  4. ^ 大川隆法総裁によるフィリピン講演・香港講演が行われました
  5. ^ 2011年9月15・18日マレーシア・シンガポール大講演会前後の現地レポート
  6. ^ 2011/11/6 およそ13,000名が参加!スリランカ野外大講演会レポート!
  7. ^ a b 国営放送を含む3局で同時中継! アフリカ・ウガンダ大講演会レポート!
  8. ^ 「未来世界への大志」大川隆法総裁オーストラリア講演会レポート!
  9. ^ お近くの幸福の科学
  10. ^ 『「幸福の科学」教団史2008 法輪、転ずべし』p57
  11. ^ アフリカ大陸初! ウガンダ支部精舎が8月7日に落慶
  12. ^ 9月4日 マレーシア支部精舎が落慶しました!
  13. ^ オーストラリア正心館が12月11日に落慶しました!ついに五大陸全てに精舎が落慶!
  14. ^ ブッダガヤ精舎建立祈念堂
  15. ^ 祝・ネパール支部精舎が落慶!盛大な式典を開催
  16. ^ Toronto Local Temple | HAPPY SCIENCE Official Website
  17. ^ 『忍耐の法』より。
  18. ^ 幸福の科学グループサイト
  19. ^ 来世幸福園
  20. ^ ヘレンの会
  21. ^ ネバー・マインド(不登校児支援スクール)
  22. ^ ブックスフューチャー (Web書店)
  23. ^ ARI Production株式会社
  24. ^ HS政経塾
  25. ^ 来世幸福セレモニー
  26. ^ 『幸福の科学立宗10周年記念誌』宗教法人幸福の科学、1996年10月
  27. ^ 宗教法人幸福の科学「第2章 真理の太陽が昇る」『「幸福の科学」教団史2008,法輪、転ずべし。』幸福の科学出版、2008年、34-35頁。
  28. ^ 『幸福の科学立宗10周年記念誌』宗教法人幸福の科学、1996年10月
  29. ^ 幸福の科学 体験談投稿サイト voicee(ボイシー)オープン!
  30. ^ ヒューストン国際映画祭で「神秘の法」が「スペシャル・ジュリー・アワード」を受賞!
  31. ^ 映画「心に寄り添う。」
  32. ^ 映画「さらば青春、されど青春。」公式サイト
  33. ^ 式典・大祭 | 行事の種類 | 幸福の科学 HAPPY SCIENCE 公式サイト
  34. ^ 『救世の法』p157
  35. ^ 「幸福の科学」教団史2008法輪、転ずべし。p7
  36. ^ 雑誌「フライデー」に対する東京高裁平成10年11月16日判決、この判決はマスコミ側の上告もなく確定した。
  37. ^ 雑誌「週刊現代」に対する最高裁平成13年6月12日第三小法廷決定 平成13年(オ)第101号・(受)第80号損害賠償請求上告及び上告受理申立事件、東京高裁平成12年10月25日判決の確定裁定
  38. ^ 最高裁平成11年3月25日第一小法廷判決 平成8年(オ)第382号損害賠償請求上告事件
  39. ^ 「講談社フライデー事件」
  40. ^ 『ストップ・ザ・ヘア・ヌード―あなたの子供が、危ない!』幸福の科学広報局、1995年1月10日、ISBN 4-87688-232-0
  41. ^ 書籍『阪神大震災神戸を救え!!―救援ボランティア活動全記録』幸福の科学出版、1995年2月、ISBN 4-87688-237-1
  42. ^ 『新生日本の指針―新時代への国家選択』幸福の科学出版
  43. ^ 大川隆法『理想国家日本の条件』幸福の科学出版、1994年4月25日、ISBN 4-87688-202-9
  44. ^ 大川隆法『奇跡の法』幸福の科学出版
  45. ^ 大川隆法『永遠の生命の世界 - 人は死んだらどうなるか』幸福の科学出版、2004年4月27日、ISBN 978-4-87688-522-0
  46. ^ a b 幸福の科学 自殺防止サイト
  47. ^ 『永遠の生命の世界』参照、ISBN 4-87688-522-2
  48. ^ 幸福の科学「自殺者を減らそう」キャンペーン
  49. ^ 強制献金 捏造訴訟
  50. ^ 東京高裁平成12年1月20日判決







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「幸福の科学」の関連用語

幸福の科学のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



幸福の科学のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの幸福の科学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS