三塚博とは?

三塚博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/09 07:32 UTC 版)

三塚 博(みつづか ひろし、1927年昭和2年)8月1日 - 2004年平成16年)4月25日)は、日本政治家




  1. ^ 衆議院会議録』、『外国為替及び外国貿易管理法の一部を改正する法律』。
  2. ^ 経済産業省によれば同法に基づき、2006年から北朝鮮への経済制裁が開始された。この改正に関する財務省『外為法の目的と変遷』には時期についての説明不足がある。
  3. ^ “1997年11月24日 山一証券が自主廃業 『日本式経営』の終焉 象徴”. 東京新聞. (1997年11月24日). オリジナル2016年2月16日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/nPd80 2016年9月27日閲覧。 
  4. ^ 三塚から森への禅譲に反発した亀井静香平沼赳夫をはじめ中堅・若手議員の一部は三塚派を離脱し、翌年村上・亀井派を結成した
  5. ^ 書籍『三塚博総理大臣待望論』小川空城 編纂共著、幸福の科学出版、1995年8月10日発行、ISBN 978-4-87688-260-1
  6. ^ “予算委員会”. 3. 第101回国会. (1984-02-14). http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/101/0380/10102140380003a.html 
  7. ^ 書籍『新生日本の指針』p19,p110
  8. ^ a b 山之上玲子・高橋淳子 (1995). AERA 1995年8月14日号. 朝日新聞社. p. 16. 
  9. ^ “[96政局 言いたい聞きたい](6)三塚博・自民前幹事長(連載)”. 読売新聞東京朝刊 (読売新聞社): p. 2. (1996年4月30日) 
  10. ^ 書籍『新生日本の指針』p19,p110
  11. ^ 書籍『新生日本の指針』p18
  12. ^ 書籍『新生日本の指針』p110
  13. ^ 書籍『新生日本の指針』大川隆法 著、幸福の科学出版、1995年7月31日発刊、ISBN 978-4-87688-259-5
  14. ^ 雑誌『ザ・リバティ』1995年10月号p2


「三塚博」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「三塚博」の関連用語

三塚博のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



三塚博のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの三塚博 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS