岡崎トミ子とは?

岡崎トミ子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/21 08:27 UTC 版)

岡崎 トミ子(おかざき トミこ、1944年2月16日2017年3月19日[1])は、日本政治家、元アナウンサー




  1. ^ a b “元民主党副代表の岡崎トミ子さん死去”. 朝日新聞. (2017年3月19日). http://www.asahi.com/articles/ASK3M5Q3DK3MUNHB00F.html 2017年3月19日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f g h i 菅内閣 閣僚名簿”. 首相官邸. 2016年7月5日閲覧。
  3. ^ 2009/10/03 00:00 【河北新報】 民主、建設業界に急接近 宮城知事選  [1]
  4. ^ 民主代表に海江田氏 東北議員、結束し党再生を 2012/12/26 06:10 【河北新報】 [2]
  5. ^ 岡崎トミ子 参院選2013”. 読売新聞. 2016年7月5日閲覧。
  6. ^ 宮城県連について”. 民主党宮城県総支部連合会 (2016年2月10日). 2016年2月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月5日閲覧。
  7. ^ 民主党ホームページ:指導力なし・緊張感なし・責任感なしの“最低・最悪内閣”は即刻辞任を~参議院で問責決議案採決 [3]
  8. ^ 別姓通信41号、1997年
  9. ^ 民主党ホームページ:党男女共同参画委員会「クォータ制に関する勉強・調査」のため訪韓
  10. ^ 民主党:韓国・ウリ党女性議員と女性の政治参加・発展に向け懇談
  11. ^ 民主党ホームページ:男女共同参画推進本部、韓国の議員と少子高齢化などで意見交換
  12. ^ 朝鮮総連情報の収集指示=岡崎国家公安委員長 朝日新聞 2010年11月24日
  13. ^ 危機管理監到着1時間10分後 首相は『迅速対応』強調 東京新聞 2010年11月25日
  14. ^ “危機管理監到着1時間10分後 首相は『迅速対応』強調”. (2010年11月25日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2010112502000200.html 2010年11月25日閲覧。 
  15. ^ 民主党:【参院内閣委】岡崎議員、戦時性的強制被害者問題法案の趣旨を説明[4]
  16. ^ 民主党:【参院内閣委】戦時性的強制被害者問題法案、審議入り [5]
  17. ^ 2010年10月14日 参議院予算委員会
  18. ^ 第176回国会 法務委員会 第2号(平成22年10月22日(金曜日))”. 衆議院 (2010年10月22日). 2015年7月24日閲覧。
  19. ^ 民主党:岡崎副代表、戦時性的強制被害者問題解決促進法案早期成立へ決意 [6]
  20. ^ 民主党:民主党などが「戦時性的強制被害者問題解決促進法案」を再提出 [7][リンク切れ]
  21. ^ 赤旗 中国人「慰安婦」問題 院内集会開く/運動の再出発めざす [8]
  22. ^ 朝鮮新報 国会議員、市民団体ら 参院議員会館で集会 「慰安婦」解決促進法、早期制定を [9]
  23. ^ [10]
  24. ^ 第9回アジア連帯会議報告 [11]
  25. ^ 参院内閣委員会 [12]
  26. ^ 聯合ニュース日本語電子版「韓国女性家族部長官が日本議員と面談=慰安婦問題で」
  27. ^ 女性家族部長官、日本政府に日本軍慰安婦被害者問題解決要求
  28. ^ 第3回 韓国訪問報告書 [13]
  29. ^ 民主党ホームページ:野党有志議員の「小泉首相の靖国参拝反対の集い」ひらく [14]
  30. ^ “朝鮮学校理事長らから寄付 民主・岡崎議員の政治団体”. 共同通信社. 47NEWS. (2004-04-03to). http://www.47news.jp/CN/200404/CN2004040301000517.html 2011年8月17日閲覧。 
  31. ^ “民主・岡崎参院議員の政治団体 北朝鮮男性から寄付”. 産経新聞. (2004年4月3日) 
  32. ^ 戦後処理に関するPT捕虜問題小委員会発足のご挨拶とご協力のお願い [15]


「岡崎トミ子」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「岡崎トミ子」の関連用語

岡崎トミ子のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



岡崎トミ子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの岡崎トミ子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS