荒井聰とは?

荒井聰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/31 09:23 UTC 版)

荒井 聰(あらい さとし、1946年5月27日 - )は、日本政治家農林水産官僚立憲民主党所属の衆議院議員(8期)、立憲民主党両院議員総会長、衆議院決算行政監視委員長学校法人札幌慈恵学園顧問。報道等では荒井 聡の表記も用いられる。




  1. ^ 総務省 衆議院議員選挙にかかる繰上補充
  2. ^ 荒井聰
  3. ^ a b c d 衆議院議員 荒井さとし プロフィール
  4. ^ 「人事異動」『官報』号外特17号、国立印刷局2010年6月8日、1面。
  5. ^ 北海道 - 開票速報 - 2014衆院選:朝日新聞デジタル
  6. ^ JR北海道再生推進会議 (2015年7月29日). “「持続可能な交通体系のあり方」について” (PDF). https://www.jrhokkaido.co.jp/press/2016/160729-1.pdf 2016年12月3日閲覧。 
  7. ^ 民進党北海道総支部連合会 (2016年8月2日). “「民進党北海道JR北海道路線維持対策本部」の設置について (PDF)”. 2016年12月3日閲覧。 “「名称「民進党北海道JR北海道路線維持対策本部」 設置日 2016年8月3日 構成 本部長荒井聰民進党NC国土交通大臣・衆議院議員 本部長代行佐々木隆博民進党北海道代表・衆議院議員 事務局長鉢呂吉雄参議院議員」”
  8. ^ 民進党北海道総支部連合会 (2016年8月3日). “「民進党北海道JR北海道路線維持対策本部」を設置”. 2016年12月3日閲覧。
  9. ^ 民進党北海道総支部連合会・民進党北海道JR北海道路線維持対策本部 (2016年10月24日). “JR北海道路線維持問題に関する要請書 (PDF)”. 2016年12月3日閲覧。 “「北海道旅客鉄道株式会社社長島田修様」”
  10. ^ 民進党北海道総支部連合会・民進党北海道JR北海道路線維持対策本部 (2016年10月24日). “JR北海道路線維持問題に関する要請書 (PDF)”. 2016年12月3日閲覧。 “「国土交通省大臣石井 啓一様」”
  11. ^ 民進党北海道総支部連合会・民進党北海道JR北海道路線維持対策本部 (2016年10月24日). “JR北海道路線維持問題に関する要請書 (PDF)”. 2016年12月3日閲覧。 “「北海道知事高橋はるみ様」”
  12. ^ 北海道総合政策部交通政策局交通企画課 (2016年11月1日). “地域公共交通検討会議「鉄道ネットワークWT」について”. 2016年12月3日閲覧。
  13. ^ 北海道総合政策部交通政策局交通企画課 (2016年11月1日). “地域公共交通検討会議「鉄道ネットワークWT」について (PDF)”. 2016年12月3日閲覧。
  14. ^ 北海道-開票速報-2017衆議院選挙(衆院選):朝日新聞デジタル
  15. ^ 公式ページ
  16. ^ a b c d e 2014年荒井聰選挙公約リーフレット「荒井さとし 未来への選択」7つの重点政策
  17. ^ 荒井さとしホームページ 「2005/05/18 靖国参拝」
  18. ^ 政策CPプロジェクト - 衆議院選挙2005プログラム アンケート
  19. ^ 選択夫婦別姓アンケート、mネット、2014年
  20. ^ a b c d e f g h i j k l m 2014年荒井聰選挙公約リーフレット「荒井さとし 未来への選択」
  21. ^ [ 国家戦略相、事務所実態ないのに4222万計上]2010年6月9日 読売新聞]
  22. ^ [荒井氏の事務所費問題「罷免に値する」野党、一斉に批判]2010年6月9日 産経新聞
  23. ^ [1]「事業は仕分けても領収書は出さない蓮舫議員 事務所経費問題はこのままうやむやに!?」livedoor news


「荒井聰」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「荒井聰」の関連用語

荒井聰のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



荒井聰のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの荒井聰 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS