近藤鉄雄とは?

近藤鉄雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/11 11:32 UTC 版)

近藤 鉄雄(こんどう てつお、1929年8月11日2010年3月4日)は、日本政治家自由民主党衆議院議員三木派・河本派に所属した。愛称は「コンテツ」。 1987年ドイツ連邦共和国功労勲章大功労十字星付大賞、2000年勲一等旭日大綬章を受賞。




注釈

  1. ^ 華山親義、堀田政孝の死去に伴い実施
  2. ^ 旧山形1区は県庁所在地の山形市と南部の中心地米沢市を併せた選挙区だった
  3. ^ 遠藤は新進党・民主党推薦で出馬、後に自民党に移籍し2000年の総選挙以来、自民党の公認候補として選挙戦を戦っている
  4. ^ 2000年の総選挙では民主党推薦の無所属で出馬し落選、2003年の総選挙からは民主党公認で出馬し、比例復活で当選している
  5. ^ 1976年ロッキード事件田中角栄が逮捕されたとき、自民党の有志代議士会で「国民は田中逮捕でよかったと思っている。これからは三木体制でいくべきだ」と発言。事件が表沙汰になる前、派閥は違うが田中がよく面倒を見ていた近藤の発言に憤慨した田中派橋本龍太郎に殴られかけた。
  6. ^ 高橋は12年後の知事選で加藤の推した斎藤弘に敗北する。ちなみに、この時近藤の息子・洋介は高橋知事を支援している
  7. ^ 妻が野原の二女・宏子。
  8. ^ 大蔵官僚時代の米国派遣時に妻も伴ったため、ワシントンD.C.生まれである。

出典

  1. ^ a b 「第3次中曽根内閣 閣僚の横顔 近藤鉄雄・経企庁長官 56 」『朝日新聞』1986年7月23日
  2. ^ 「経済学と人生(玉井龍象先生を囲んでの研究会) (玉井龍象教授退官記念号)」
  3. ^ 「宮沢内閣の横顔」『朝日新聞』1991年11月6日
  4. ^ a b 「議員多数巣立つ 元労相 近藤鉄雄さん死去」『朝日新聞』山形版 2010年3月5日
  5. ^ 「近藤前労相を処分 6ヶ月役職停止に 自民党紀委」『朝日新聞』1993年3月12日
  6. ^ 近藤鉄雄氏が死去 宮沢内閣で労相”. 共同通信 (2010年3月4日). 2010年3月26日閲覧。
  7. ^ 「近藤鉄雄氏葬儀に1000人 米沢」『朝日新聞』山形版 2010年3月21日
  8. ^ 今井県議、勇退へ・山形市区 「次世代に託す」”. 山形新聞 (2019年1月21日). 2019年5月11日閲覧。


「近藤鉄雄」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「近藤鉄雄」の関連用語

近藤鉄雄のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



近藤鉄雄のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの近藤鉄雄 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS