迫水久常とは?

迫水久常

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/03 02:28 UTC 版)

迫水 久常(さこみず ひさつね、1902年明治35年)8月5日 - 1977年昭和52年)7月25日)は、日本大蔵官僚弁護士[1]政治家位階正三位勲等勲一等。 いわゆる「玉音放送」を起草した人物の一人として知られる。 内閣書記官長第51代)、総合計画局長官貴族院議員、衆議院議員(2期)、参議院議員(4期)、経済企画庁長官(第910代)、郵政大臣第17代)、鹿児島工業短期大学学長(初代)などを歴任した。




注釈

  1. ^ 筆者は迫水の娘。
  2. ^ 当時総合的な外為の国家管理を実施している国はなく、のちの国家総動員法をはじめとする日本における真の意味における経済統制法の嚆矢だとされている。「青木一男」の項目も参照。
  3. ^ 柏戸は1961年9月場所後、大鵬幸喜とともに当時の最年少記録である22歳9ヶ月で横綱に昇進。

出典

  1. ^ a b c 下荒磯篤子「あとがきに代えて」『機関銃下の首相官邸 二・二六事件から終戦まで』筑摩書房<ちくま学芸文庫>、2011年2月、pp.339 - 343 ISBN 978-4-480-09349-3[注釈 1]
  2. ^ 東京府立第一中学校編 『東京府立第一中学校五十年史』巻末「如蘭会員及現在生徒名簿」 1929年
  3. ^ 戦前期官僚制研究会編 『戦前期日本官僚制の制度・組織・人事』 東京大学出版会、1981年
  4. ^ 川口 学「「革新官僚」の思想に関する一考察 -毛里英於菟の思想を中心に-」『一橋論叢121-6』1999年6月
  5. ^ a b #相撲 (1961/6) p.91
  6. ^ #相撲 (1961/6) p.86,88,90
  7. ^ #相撲 (1961/6) p.88
  8. ^ #相撲 (1961/6) p.89
  9. ^ #相撲 (1961/6)
  10. ^ #相撲 (1961/6) p.90
  11. ^ 千早正隆 『元連合艦隊参謀の太平洋戦争 千早正隆インタビュー 東京ブックレット17東京新聞出版局、1995年8月。ISBN 4-8083-0544-5
  12. ^ 『姶良町郷土誌』 姶良町郷土誌改定編さん委員会、姶良町長 櫟山和實、1995年10月、平成7年10月増補改訂版(日本語)。pp.151 - 152


「迫水久常」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「迫水久常」の関連用語

迫水久常のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



迫水久常のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの迫水久常 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS