ストイックとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 品詞の分類 > 修飾語 > 形容動詞 > 形容動詞(態度) > ストイックの意味・解説 

ストイック

英語:stoic

「ストイック」の意味・定義

ストイックとは、自身厳しく律し禁欲的に己を持するという意味のこと。わかりやすくいうと、さまざまな欲求左右されず、自分で定めた基準厳守して行動するという意味である。ストイックは、英語でstoic表記し、もともと、ストア学派ストア学派哲学者意味する言葉である。ストア学派が、禁欲主義基づ幸福論唱えたことにより、ストイックいう言葉そのものに「禁欲的なという意味定着したことが、日本語におけるストイックの語源とされる

「ストイック」の類語・類義語・対義語

「ストイック」に似た表現としては「禁欲主義的」「無欲」などが挙げられる対義語としては「エピキュリアン」あるいは「享楽的」などの表現挙げられる
ストイックには、禁欲主義的な、克己的な無欲な、といった類語がある。「禁欲主義的な」は、欲望走らず自身律することを表し、「克己的な」は、自分自身打ち勝つことを表す。そして、「無欲な」は、欲がなく、様々なものを欲しがらないことを表す。一方、ストイックの対義語には、エピキュリアン享楽的な、即物的な、などが挙げられる。「エピキュリアン」は、本来、エピクロス派哲学者を表す言葉だが、彼らが快楽主義唱えたことから、ストイックの対義語として用いられることがあるまた、享楽的な」は、快楽の追及第一とする考え方表し、「即物的な」は、物や金銭、利害などを重視する考え方を表す。

「ストイック」の用例・使用例

ストイックを使用した言葉には、例えば「ストイック女子」がある。ストイック女子は、仕事私生活において、高い意識理想を持っている女性表し何事にも高水準完成度達成度求め傾向にある。また、ストイックには「ストイックな生活」という使用例もある。ストイックな生活は、理想目標のために様々な欲望捨て厳しく身を律し自身高めることを第一に考える生活を表す。

ストイック

英語:stoic

「(目標への到達のために)自分厳しく律する」という禁欲的求道的な姿勢生き方を指す意味で用いられる表現。「ストイックな人」「ストイックな生活」という風に形容詞的に用いられることが多い。

【ストイックの語源
ストイック(stoic)という語は古代ギリシア哲学における「ストア派」という学派思想(「ストイシズム」)のことである。つまり元々は「ストア派の~」という意味形容詞である。ストア派哲学・思想とは、おおまかに言えば自律自制によって道徳的倫理的な幸福を求めようとする考え方」であるといえる。幸福を追求するにしても、その幸福は欲望情動囚われない冷静さ獲得によってこそ実現されるというわけである。

英語のstoicにも、日本語の「ストイック」と同様、「禁欲的な程度の意味合い用いられることがあるちなみに、英語では先頭大文字Stoic表記すると(固有名扱いになるため)「ストア派哲学の」という意味合い語意になる。

【ストイックの関連語
古代ギリシアには、ストア派とほど同時代に、ストア派とは対照的に「幸福はむしろ《快》と密接に結びつくものである」と唱えた学派もあった。この快を重視する学派は「エピクロス派」(エピキュロス派)という。エピクロス派立場は(さまざまな曲解経て今日では快楽主義」「享楽主義」を指す語として用いられるようになっている

ストイック【stoic】

【一】[名]

Stoicストア学派哲学者

ストア学派風の克己禁欲主義厳粛主義信奉する人。

【二】形動克己的、禁欲的なさま。「—な生活」


ストア派

(ストイック から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/07 23:52 UTC 版)

ストア派(ストアは、: Στωικισμός: Stoicism、ストイシズム)は、ヘレニズム哲学の一学派で、紀元前3世紀初めの古代ギリシャゼノンによって始められた。


  1. ^ NHK2019年4月1日放送、100分de名著「マルクス・アウレリウス」『自省録』第1回 自分の「内」を見よ。岸見一郎
  2. ^ a b Stoicism, Stanford Encyclopedia of Philosophy.
  3. ^ John Sellars. Stoicism, p. 32.
  4. ^ a b Agathias. Histories, 2.31.
  5. ^ a b David, Sedley (1998). "Ancient philosophy". In E. Craig (ed.). Routledge Encyclopedia of Philosophy. 2008年10月18日閲覧
  6. ^ Gnuse, Robert Karl (1 May 1997). No Other Gods: Emergent Monotheism in Israel. Sheffield Academic Press. p. 225. ISBN 1-85075-657-0. https://books.google.com/books?id=pBSJNDndGjwC&pg=PA225 
  7. ^ a b c Brenk, Frederick (January 2016). “Pagan Monotheism and Pagan Cult”. "Theism" and Related Categories in the Study of Ancient Religions. SCS/AIA Annual Meeting. 75.4. Philadelphia: Society for Classical Studies (University of Pennsylvania). オリジナルの6 May 2017時点におけるアーカイブ。. https://classicalstudies.org/annual-meeting/147/abstract/pagan-monotheism-and-pagan-cult 2021年8月3日閲覧. "Historical authors generally refer to “the divine” (to theion) or “the supernatural” (to daimonion) rather than simply “God.” [...] The Stoics, believed in a God identifiable with the logos or hegemonikon (reason or leading principle) of the universe and downgraded the traditional gods, who even disappear during the conflagration (ekpyrosis). Yet, the Stoics apparently did not practice a cult to this God. Middle and Later Platonists, who spoke of a supreme God, in philosophical discourse, generally speak of this God, not the gods, as responsible for the creation and providence of the universe. They, too, however, do not seem to have directly practiced a religious cult to their God." 
  8. ^ Epictetus, Discourses 1.15.2, Robin Hard revised translation.
  9. ^ a b Russell, Bertrand. A History of Western Philosophy, p. 254.
  10. ^ a b Russell, Bertrand. A History of Western Philosophy, p. 264.
  11. ^ Russell, Bertrand. A History of Western Philosophy, p. 253.
  12. ^ Charles Hartshorne and William Reese, "Philosophers Speak of God," Humanity Books, 1953 ch 4
  13. ^ Amos, H. (1982). These Were the Greeks. Chester Springs: Dufour Editions. ISBN 978-0-8023-1275-4. OCLC 9048254 
  14. ^ Gilbert Murray, The Stoic Philosophy (1915), p.25. In Bertrand Russell, A History of Western Philosophy (1946).
  15. ^ Becker, Lawrence (2003). A History of Western Ethics. New York: Routledge. p. 27. ISBN 978-0-415-96825-6 
  16. ^ A.A.Long, Hellenistic Philosophy, p.115.
  17. ^ [1] Stanford Encyclopedia of Philosophy: Susanne Bobzien, Ancient Logic
  18. ^ [2] Stanford Encyclopedia of Philosophy: Susanne Bobzien, Ancient Logic
  19. ^ Diogenes Laërtius (2000). Lives of eminent philosophers. Cambridge, MA: Harvard University Press  VII.49
  20. ^ Seneca, Epistles, lxv. 2.
  21. ^ Marcus Aurelius, Meditations, iv. 21.
  22. ^ Zeller 1931, p. 274.
  23. ^ Graver, Margaret (2009). Stoicism and Emotion. Chicago: University of Chicago Press. ISBN 978-0-226-30558-5. OCLC 430497127 
  24. ^ Passion”. Merriam-Webster. Encyclopædia Britannica. 2011年1月29日閲覧。
  25. ^ Seddon, Keith (2005). Epictetus' Handbook and the Tablet of Cebes. New York: Routledge. p. 217. ISBN 978-0-415-32451-9. OCLC 469313282 
  26. ^ a b Don E. Marietta, (1998), Introduction to ancient philosophy, pages 153-4. Sharpe
  27. ^ Cato's suicide in Plutarch AV Zadorojnyi. The Classical Quarterly. (2007). http://journals.cambridge.org/abstract_S0009838807000195 
  28. ^ William Braxton Irvine, (2009), A guide to the good life: the ancient art of Stoic joy, Oxford University Press, p. 200.
  29. ^ Davidson, A.I. (1995) Pierre Hadot and the Spiritual Phenomenon of Ancient Philosophy, in Philosophy as a Way of Life, Hadot, P. Oxford Blackwells pp. 9-10.
  30. ^ Hadot, P. (1992) La Citadelle intérieure. Introduction aux Pensées de Marc Aurèle. Paris, Fayard, pp. 106-115.
  31. ^ Hadot, P (1987) Exercices spirituels et philosophie antique. Paris, 2nd edn, p. 135.
  32. ^ Mac Suibhne, S. (2009). “'Wrestle to be the man philosophy wished to make you': Marcus Aurelius, reflective practitioner”. Reflective Practice 10 (4): 429–436. doi:10.1080/14623940903138266. 
  33. ^ Robertson, D (2010). The Philosophy of Cognitive-Behavioral Therapy: Stoicism as Rational and Cognitive Psychotherapy. London: Karnac. ISBN 978-1-85575-756-1. http://books.google.co.uk/books?id=XsOFyJaR5vEC&lpg 
  34. ^ Epictetus, Discourses, ii. 5. 26
  35. ^ Epictetus, Discourses, i. 9. 1
  36. ^ Seneca, Moral letters to Lucilius, Letter 47: On master and slave, 10, circa 65 AD.
  37. ^ On the Duties of the Clergy”. www.newadvent.org. 2017年3月1日閲覧。
  38. ^ Aurelius, Marcus (1964). Meditations. London: Penguin Books. p. 26. ISBN 978-0-140-44140-6. https://archive.org/details/meditations0000marc_m9z0 
  39. ^ a b Marcus Aurelius (1964). Meditations. London: Penguin Books. p. 25. ISBN 978-0-140-44140-6. https://archive.org/details/meditations0000marc_m9z0 
  40. ^ a b c Ferguson, Everett. Backgrounds of Early Christianity. 2003, page 368.
  41. ^ Grafton, Anthony; Most, Glenn W.; Settis, Salvatore (2010-10-25) (英語). The Classical Tradition. Harvard University Press. p. 911. ISBN 978-0-674-03572-0. https://books.google.co.uk/books?id=LbqF8z2bq3sC&pg=PA911 
  42. ^ 森本あんり『現代に語りかけるキリスト教』日本キリスト教団出版局、1998年、79頁。ISBN 9784818403307
  43. ^ 森本あんり『現代に語りかけるキリスト教』日本キリスト教団出版局、1998年、81頁。ISBN 9784818403307
  44. ^ Harper, Douglas (2001年11月). “Online Etymology Dictionary — Stoic”. 2006年9月2日閲覧。
  45. ^ Baltzly, Dirk (2004年12月13日). “Stanford Encyclopedia of Philosophy — Stoicism”. 2006年9月2日閲覧。



ストイック(HMSStoic,P231)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/19 01:04 UTC 版)

1943年に就役。第二次世界大戦生き延び1950年除籍解体

※この「ストイック(HMSStoic,P231)」の解説は、「S級潜水艦 (イギリス海軍・2代)」の解説の一部です。» 「S級潜水艦 (イギリス海軍・2代)」の概要を見る


ストイック(StoicktheVast)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/05 05:15 UTC 版)

ヒック父親で、モジャモジャ族のリーダー息子とは違って腕力強く考えることが苦手。 本名は、ナマエ・キイタダケデ・アア・オソロシヤ・ストイック。

※この「ストイック(StoicktheVast)」の解説は、「ヒックとドラゴン」の解説の一部です。» 「ヒックとドラゴン」の概要を見る


ストイック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 03:19 UTC 版)

主演映画『日本沈没』監督樋口真嗣草彅について「彼はものすごくストイック」と述べていて、作品向き合う、その集中力の凄さを語っており、求道者彷彿している。 主演連続ドラマおよび映画任侠ヘルパー』の監督西谷弘は、本作での草彅の役・翼彦一について、彦一にとっての人生美学は「やせ我慢」であると語り、「草彅剛という男は非常にストイックで、もし翼彦一という人格本当に存在していれば、ものすごく草彅くんに憧れるだろうなと思うんですよね彦一草彅くんのようにストイックに生きられないでも、そのストイックさを真似ることはできるんです。それが“やせ我慢”」と述べており、その孤独なまでのストイックさこそが、俳優草彅剛魅力でもあるという。当映画彦一組織から離れたアウトローとなった

※この「ストイック」の解説は、「草彅剛」の解説の一部です。» 「草彅剛」の概要を見る


ストイック (Stoick the Vast)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/19 01:48 UTC 版)

ヒック父親騎乗ドラゴンスカルクラッシャー相変わらバイキング頭領だが、ヒック頭領の座を譲ろうとしている。

※この「ストイック (Stoick the Vast)」の解説は、「ヒックとドラゴン2」の解説の一部です。» 「ヒックとドラゴン2」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ストイック」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ストイックのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ストイックのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2022 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのストア派 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのS級潜水艦 (イギリス海軍・2代) (改訂履歴)、ヒックとドラゴン (改訂履歴)、草彅剛 (改訂履歴)、ヒックとドラゴン2 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS