様相論理とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 様相論理の意味・解説 

様相論理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/16 00:45 UTC 版)

様相論理(ようそうろんり、: modal logic)は、いわゆる古典論理の対象でない、様相(modal)と呼ばれる「〜は必然的に真」や「〜は可能である」といった必然性や可能性などを扱う論理である(様相論理は、部分の真理値からは全体の真理値が決定されない内包論理の一種と見ることができる)。


  1. ^ 序説(2010) p.138
  2. ^ 以下のK,T,S4,S5の公理系については戸田山(2000)p306-310に拠った。
  3. ^ Priest(2008) p36-35
  4. ^ Priest(2008) p64-65
  5. ^ Blackburn (2002). Modal Logic. Cambridge University Press. https://www.cambridge.org/core/books/modal-logic/F7CDB0A265026BF05EAD1091A47FCF5B 


「様相論理」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「様相論理」の関連用語

様相論理のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



様相論理のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの様相論理 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS