構文論とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 論理 > 論理学 > 構文論の意味・解説 

こうぶん‐ろん【構文論】

読み方:こうぶんろん

統語(とうご)論


統語論

(構文論 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/03/01 07:21 UTC 版)

統語論(とうごろん、: syntax)とは、ヒト人間言語(いわゆる自然言語)において構成(combine)される仕組み[1]、または、それ以外の形式言語なども含む言語学の対象である言語一般において文が構成される仕組み、及びそれを扱う言語学の一分野[1]である。統辞論(とうじろん)、構文論(こうぶんろん)ともいう。


  1. ^ a b c d Tallerman 2011, p. 1


「統語論」の続きの解説一覧

構文論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/07 01:46 UTC 版)

義務論理」の記事における「構文論」の解説

標準義務論理は、様相論理KD相当する論理である。したがって古典論理公理系に、次の公理推論規則とを追加したものが標準義務論理公理系である。 公理K: O ( A → B ) → ( O AO B ) {\displaystyle O(A\to B)\to (OA\to OB)} 公理D: O A → ¬ O ¬ A {\displaystyle OA\to \lnot O\lnot A} 必然規則: A {\displaystyle A} が無仮定証明可能ならばO A {\displaystyle OA} もまた無仮定成立する公理Kおよび公理Dを日本語表現すると、それぞれ次のうになる。 「A ならば B」でなければならないならば、「A でなければならないならば B でなければならない」。 A でなければならないならば、A でもよい。 前者直観的な意味は、 O ( A → B ) → ( O AO B ) {\displaystyle O(A\rightarrow B)\rightarrow (OA\rightarrow OB)} を同値命題 ( O ( A → B ) ∧ O A ) → O B {\displaystyle (O(A\rightarrow B)\wedge OA)\rightarrow OB} に置き換える理解しやすい。これは例えば、「『慈悲深い人は寄付する』が成り立つべきだ」と「慈悲深くあるべきだ」から「寄付すべきだ」を導く論法相当するまた、許可演算子 P と禁演算子 F は、各々義務演算子用いて次のように定義されるP A := ¬ O ¬ A {\displaystyle PA:=\lnot O\lnot A} F A := O ¬ A {\displaystyle FA:=O\lnot A} FA は、「A であってならない」という意味である。

※この「構文論」の解説は、「義務論理」の解説の一部です。
「構文論」を含む「義務論理」の記事については、「義務論理」の概要を参照ください。


構文論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/24 04:56 UTC 版)

Comprised of」の記事における「構文論」の解説

Comprise動詞であるものの、comprised は、of が頭に付く前置詞句補語にとると形容詞である。動詞comprise(もちろん前置詞過去分詞のcomprisedも含む)と形容詞comprisedの違いは、おそらくcompose(d) の例で最も簡単に理解できるだろう。 この話題を扱う際には、ほとんどの場合、is composed ofとis compised ofを受動態として誤って話してます。これらは受動態ではありません。音楽的文学的な意味でのcomposeには受動態ありますが(例文: The Moonlight Sonata was composed by Beethoven)、部分/全体の意味では受動態がありません。誰も *Brass is composed by copper and zinc とは言いません。その代わりBrass is composed of copper and zincとなり、理解されるby-フレーズはありません。 具体的には、"comprised of" 内のcomprisedは、「分詞形容詞」である。 英語には、ofで始まる前置詞句補語にする形容詞数多くある。一般的な例としては、afraid("He's afraid of spiders")、aware("They were aware of the dangers")、convinced("They became convinced of their strength")などがある。 動詞から形容詞への品詞転換過程で、補語が変わることがある動詞compriseはofで始まる前置詞句を必要としないその意味さておき、*"The book comprises of a hundred pages" は非文法的である。しかし、形容詞のcomprisedはofを必要とする:*"The book is comprised a hundred pages "も*"The book is comprised "も非文法的である。文法的には、これは動詞composeから形容詞composedへの品詞転換様式である(ただし、意味的に問題はより複雑である)。 しかし、"The book comprises a hundred pages" という文は非文法的でも同語反復でもない

※この「構文論」の解説は、「Comprised of」の解説の一部です。
「構文論」を含む「Comprised of」の記事については、「Comprised of」の概要を参照ください。


構文論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/26 14:17 UTC 版)

ソマリ語の文法」の記事における「構文論」の解説

ソマリ語には、意図関心焦点がどの句に位置するかを示すための方法いくつかある。話題または焦点構造である。単語 "buu"、"ayaa"、"waxaa" は名詞または名詞句焦点を置く。 例: John baa baxay - ジョンは「焦点」(baa出て行ったJohn ayaa baxay - ジョンは「焦点」(ayaa)出て行った。 Waxaa baxay John - 「焦点」(waxaa)出て行ったジョンは。 このように単語 baa、ayaa、waxaa は誰が出て行ったのかという問題無意識に心に抱かせる。つまり、焦点を置くのは名詞である。 ソマリ語には、動詞動詞句焦点を置く単語 waa もある。 例: John waa baxay - ジョンは「焦点」(waa)出て行った。 Waa は、ジョン何をしたのかという問題を心に抱かせるので、今まで見たものとは異なる。つまり、焦点を置くのは動詞である。 ソマリ語の文は一般的に主語-目的語-述語」(SOV)の語順である。名詞には数、性(男性女性か)によって、また文の中での格や役割によって異な声調がある。

※この「構文論」の解説は、「ソマリ語の文法」の解説の一部です。
「構文論」を含む「ソマリ語の文法」の記事については、「ソマリ語の文法」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「構文論」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「構文論」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



構文論と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「構文論」の関連用語

構文論のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



構文論のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの統語論 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの義務論理 (改訂履歴)、Comprised of (改訂履歴)、ソマリ語の文法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS