必然とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > > 必然の意味・解説 

ひつ‐ぜん【必然】

[名・形動必ずそうなること。それよりほかになりようのないこと。また、そのさま。「必然の帰結」「なまけたのだから不合格は必然だ」⇔蓋然(がいぜん)/偶然。


必然性

(必然 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/26 20:10 UTC 版)

必然性(ひつぜんせい、Necessity)とは、そうなることが確実であって、それ以外ではありえない、ということである[1]カントは『純粋理性批判』の様相のカテゴリーで必然性 - 偶然性を対立概念として対置させている。


  1. ^ a b c d e f g h i 岩波 『哲学・思想事典』、p.1317-1318 『必然性』、高山守 執筆
  2. ^ a b 木田 2001, pp. 60-61.
  3. ^ 平凡社『哲学事典』
  4. ^ 注 20世紀になるとユークリッド幾何学以外に論理的整合性のある幾何学がありうることが理解されるようになり、ユークリッド幾何学は必ずしも論理的必然とは見なされなくなった。


「必然性」の続きの解説一覧

必然

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 18:39 UTC 版)

名詞

ひつぜん

  1. 必ずそのようになること。

上位語

対義語




必然と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「必然」の関連用語

必然のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



必然のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの必然性 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの必然 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 Weblio RSS