イマヌエル・カントとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 学者・研究者 > 哲学者 > 思想家 > イマヌエル・カントの意味・解説 

イマヌエル・カント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/28 04:12 UTC 版)

イマヌエル・カント(Immanuel Kantドイツ語: [ɪˈmaːnu̯eːl ˈkant, -nu̯ɛl -]1724年4月22日 - 1804年2月12日)は、プロイセン王国ドイツ)の哲学者であり、ケーニヒスベルク大学哲学教授である。


  1. ^ 以下は、Manfred Kuehn, Kant. A Biography. Cambridge: Cambridge University Press, 2001. また菅沢龍文・小谷英生「カント年譜:物語風に」牧野英二編『新・カント読本』法政大学出版局、2018年、348-68頁を参考にしている(というかすべきである)。とりわけ「カント年譜」は簡便である。以下では煩雑を避けるため、引用以外は注として記さない。
  2. ^ アカデミー版全集20:44。
  3. ^ アカデミー版全集10:56。
  4. ^ 坂部恵『カント』講談社学術文庫、2001年、152-3頁。
  5. ^ アカデミー版全集18:69。
  6. ^ この書評はクリスティアン・ガルヴェの元原稿にヨハン・ゲオルク・ハインリッヒ・フェーダーが手を加えたものであり、「ゲッティンゲン書評」や「ガルヴェ・フェーダー書評」と呼ばれ、『純理』の受容過程を見るために重要である。同書評については、小谷英生「隠された友情 : 『ゲッティンゲン書評』をめぐるカント‐ガルヴェ往復書簡について」『群馬大学教育学部紀要:人文・社会科学編』第63号、2014年、55-68頁。
  7. ^ アカデミー版全集8:35。
  8. ^ 「啓蒙とはなにか」という問いに対しては、メンデルスゾーンを含め、様々な著述家が解答を与えようとしていた。そうした議論のきっかけの一つとなったのは、フリードリヒ大王がベルリン王立アカデミーに出させたという懸賞課題であった。Hans Adler (Hg.), Nützt es dem Volke, betrogen zu werden? Est-il utile au Peuple d'être trompé? 2 Bände. Stuttgart: Frommann-Holzboog, 2007.
  9. ^ 例えば坂部恵『理性の不安:カント哲学の生成と構造』(勁草書房、1976)は、『視霊者の夢』(1766)にその一契機を見る。
  10. ^ アカデミー版全集6:224。
  11. ^ アカデミー版全集6:230。
  12. ^ アカデミー版全集6:237。
  13. ^ アカデミー版全集6:312。
  14. ^ アカデミー版全集6:313。
  15. ^ アカデミー版全集6:315。
  16. ^ アカデミー版全集6:330、また『永遠平和のために』「第二確定条項」を参照。
  17. ^ 「だから中国と日本が、そのような(極悪非道な)客人たちを試した上で、以下の措置を取ったことは賢明であった。すなわち中国は来航は許したが入国は許さなかった、日本はそれどころか来航さえもオランダ人というただ一つのヨーロッパ民族にしか許容しなかったし、しかも日本人はそのオランダ人さえ捕虜のように扱い、自国民との共同関係から排除しているのである」 平子友長「カント『永遠平和のために』のアクチュアリティ : ヨーロッパ帝国主義批判の書として」『唯物論 : 東京唯物論研究会会報』第79号、東京唯物論研究会、2005年、 27-42頁、 NAID 120001009884
  18. ^ a b c d #ポリアコフ III,p.248-251.
  19. ^ 下村 1972, p.111-112.
  20. ^ #ポリアコフ III,p.249. カント「たんなる理性の限界内の宗教について」カント全集10巻、岩波書店、p168-169.
  21. ^ カント「実用的見地における人類学」カント全集15、p138-139.カントはユダヤ人を「パレスティナ人」と表記している。
  22. ^ #ポリアコフ III,p.249-250.
  23. ^ カント全集18巻、岩波書店、p.73-74.
  24. ^ a b c 青野(1970):4ページ
  25. ^ 青野(1970):246ページ
  26. ^ a b Jon M. Mikkelsen 2013, p. 3.
  27. ^ a b c d Charles W. Mills 2017, p. 716.
  28. ^ a b Julie K. Ward 2016.
  29. ^ a b c d e Beobachtungen über das Gefühl des Schönen und Erhabenen, Ch,4-III.久保光志訳「美と崇高の感情にかんする観察」第4章、#カント 2000,p.378-380。
  30. ^ a b c d e Pauline Kleningeld 2007.
  31. ^ 高田紘二 2002, pp. 91-92.
  32. ^ Aaron Garrett 2004, pp. 130-132.
  33. ^ Aaron Garrett 2000, pp. 171-177.
  34. ^ Andrew Vallis 2005, pp. 132-139.
  35. ^ a b c #カント 2000,p.381-382.
  36. ^ #カント 2000,p.383.
  37. ^ Von den verschiedenen Racen der Menschen 1777(福田喜一郎訳「様々な人種について」『カント全集 第3巻』岩波書店 2001年
  38. ^ Bestimmung des Begriffs einer Menschenrace 1785.(望月俊孝訳「人種概念の規定」『カント全集 14』岩波書店 2000年)
  39. ^ #カント自然地理学,p.227.
  40. ^ Jon M. Mikkelsen 2013.
  41. ^ Charles W. Mills 2017.
  42. ^ 「人間の黒い色に関するいくつかの注目すべき点」(自然地理学 第2部第1編第2節)、#カント自然地理学、p.223.
  43. ^ 「この色の原因についての考察」(自然地理学第2部第1編第3節)、#カント自然地理学、p.225.
  44. ^ Todd Hedrick 2008, p. 263.
  45. ^ a b Jon M. Mikkelsen 2013, pp. 4-5.
  46. ^ Emmanuel Chukwudi Eze 1997.
  47. ^ Tsenay Serequeberhan 1996.
  48. ^ Jon M. Mikkelsen 2013, p. 6.
  49. ^ 加藤将之 1957, p. 27.
  50. ^ 広瀬悠三 2010, p. 71.
  51. ^ a b Persson Anders (2006). “Hadley's Principle: Understanding and Misunderstanding the Trade Winds.”. History of Meteorology (International Commission on the History of Meteorology) 3. 
  52. ^ 気象学と気象予報の発達史: 気象予測の考え方の主な変遷(4)大航海時代と科学革命”. 気象学と気象予報の発達史 (2020年4月8日). 2020年10月7日閲覧。
  53. ^ 堤之智. (2018). 気象学と気象予報の発達史 初期の風の力学理論. 丸善出版. ISBN 978-4-621-30335-1. OCLC 1061226259. https://www.maruzen-publishing.co.jp/item/?book_no=302957 
  54. ^ アカデミー版全集20:44。
  55. ^ ヤハマン『カントの生涯』(木場深定訳、弘文堂、1947年/角川文庫、1953年/理想社(改版)、1978年)





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「イマヌエル・カント」の関連用語


2
38% |||||

3
38% |||||

4
38% |||||


6
34% |||||

7
32% |||||

8
32% |||||


10
32% |||||

イマヌエル・カントのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



イマヌエル・カントのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのイマヌエル・カント (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS