実践哲学とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 哲学 > 哲学 > 実践哲学の意味・解説 

じっ せんてつがく [6][5] 【実践哲学】

人間実践研究対象とし、さらに実践の上での指針与えようとする哲学倫理学道徳論を中心として、広く人間社会諸方面(政治・経済芸術技術など)への考察を含む。 ⇔ 理論哲学

実践哲学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/21 18:09 UTC 版)

実践哲学(じっせんてつがく)とは哲学の一部門であり、哲学の中でも実践的な事柄が対象とされている。これは人間とはどのようであるべきであり、また何をなすべき存在であるかということを定義するという分野であり、たとえば倫理学道徳などがこれに当てはまる。倫理学や道徳というのは実践哲学の狭義であり、これらを中心として実践哲学というものの範囲が広がっていくこととなっているわけであり、このことから政治経済芸術技術なども広義という意味で実践哲学の対象となっているというわけである。




「実践哲学」の続きの解説一覧



実践哲学と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「実践哲学」の関連用語

実践哲学のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



実践哲学のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの実践哲学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS