太陽系とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 太陽系の意味・解説 

たいよう‐けい〔タイヤウ‐〕【太陽系】


太陽系

太陽と、その周りをまわる惑星彗星など全て

太陽系

太陽系には太陽を中心に回るさまざまな天体がある

太陽系とは、太陽太陽のまわりを回っている天体合わせたものを呼びます。太陽系は広い銀河系中心から約3万光年も離れたところに存在します太陽系の惑星には、8つ惑星彗星(すいせい)、小惑星などがあります惑星地球とともに太陽中心に同じ向きで、規則正しく回っている星です。それは、太陽近いところから水星金星地球火星木星土星天王星海王星順番で並んでます。


ガスとちりの雲から生まれた太陽系

銀河系中には星間雲(せいかんうん)と呼ばれるガスとちりの集まったようなものがたくさんありますが、太陽系もその星間雲1つから誕生しました。それは、今から46年前のことです。銀河系ただよっていたガスとちりなどが重力や熱などによって集合しその中心が原始太陽として輝きはじめました。そして、その周囲にできたかたまりが衝突くり返し、さらに大きなかたまりとなり、今の惑星大きさにまで成長したといわれています

太陽のまわりをケプラーの法則で回る惑星たち

太陽のまわりには、地球をはじめとした8つ惑星回ってます。それは、太陽のまわりをだ円描いて規則的に回っているのです。この惑星軌道運動法則17世紀ケプラーによってとき明かされ、「ケプラーの法則といわれています地球内側を回る惑星水星と金星で「内惑星」と呼ばれてます。また、地球外側を回る惑星には、火星木星土星天王星海王星があり、これらは「外惑星」と呼ばれてます。


太陽系の中の惑星とその特徴

太陽系の中には8つ惑星小惑星、そのまわりを回る衛星彗星めぐってます。惑星とは、星(恒星)のまわり公転している天体のことをいい、その性質から大きく2つ分けられます。水星金星地球火星岩石や金鉄のかたまりからできていて、「地球型惑星」と呼ばれますまた、木星土星天王星海王星液体やちりからできているため「木星型惑星」と呼ばれます。ほかにも太陽系の中には約6,000小惑星700ほどの彗星見つかってます。


太陽系

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/01 14:13 UTC 版)

太陽系(たいようけい、: Solar System[注 2]: systema solare シュステーマ・ソーラーレ)とは、太陽及び、その重力で周囲を直接的、あるいは間接的に公転する天体[注 3]から構成される惑星系である。主に、現在確認されている8個の惑星[注 4]、5個の準惑星、それらを公転する衛星、そして多数の太陽系小天体などからなる[11]。間接的に太陽を公転している天体のうち衛星2つは、惑星ではもっとも小さい水星よりも直径が大きい[注 5]。太陽系は約46億年前、星間分子雲重力崩壊によって形成されたとされている。総質量のうち、ほとんどは太陽が占めており、残りの質量も大部分は木星が占めている。銀河系(天の川銀河)の中心から約26,000光年離れた、オリオン腕の中に位置している。





太陽系

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/20 10:56 UTC 版)

パンスターズ」の記事における「太陽系」の解説

小惑星帯存在する小惑星大量に発見される期待されているが、パンスターズではこれだけでなく10万個のトロヤ群小惑星(2008年まで見つかっている同種の小惑星は2900個)、少なくとも2個のエッジワース・カイパーベルト天体(2005年中旬までに見つかっている天体800個)、さらには土星天王星海王星軌道上存在するトロヤ群小惑星数千個(現在海王星トロヤ群小惑星は6個、土星天王星にはトロヤ群小惑星見つかっていない)、大量のケンタウルス族小惑星彗星発見される期待されている。 新天体を大量に発見するだけでなく、パンスターズでは現在行われている観測偏りによって生じ問題解消されるはずである例えば、現在の観測では軌道傾斜角小さい、すなわち軌道黄道面に近いものが数多く発見されており、準惑星マケマケのような天体冥王星よりわずかに暗い(17等)だけにも関わらず最近まで発見されなかった。また、現在見つかっている彗星多く近日点距離が近いものが多い。限定的な観測手法によって生じこのような偏り軽減させることができれば、太陽系についてのより包括的な研究を行うことが可能になる例えば、直径1kmより大きい木星のトロヤ群小惑星の数は小惑星帯存在する小惑星の数とほとんど同じであるかもしれないが、現在では観測不十分であるために後者小惑星の数の方が何大きいことになっているパンスターズ発見されるかもしれないものとしては、太陽系を通過する未知の天体あげられる惑星系の形成過程においては惑星との重力相互作用によって数多く小天体太陽系外弾き飛ばされたと考えられている。太陽系の場合にはその数は1013にも及ぶと考えられている。こうした過程経て他の惑星系からはじき出された天体銀河系内を漂い、我々の太系の周辺通過している可能性がある。 さらに、パンスターズでは小惑星同士衝突発見されるかもしれないそのような衝突起き頻度非常に小さいためにこれまで観測されことはないが、パンスターズでは既存観測とは桁違い大量の小惑星観測されるので、統計的に考えると小惑星同士衝突のような現象とらえられる可能性がある。 またパンスターズでは、エリスのように冥王星よりも大きなエッジワース・カイパーベルト天体発見されるかもしれない

※この「太陽系」の解説は、「パンスターズ」の解説の一部です。
「太陽系」を含む「パンスターズ」の記事については、「パンスターズ」の概要を参照ください。


太陽系

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/02 10:03 UTC 版)

ビーストウォーズII 超生命体トランスフォーマー」の記事における「太陽系」の解説

劇中では基本的に、太陽系の各惑星第五惑星第四惑星数字呼称していたが、古代ガイア人台詞の中でのみ「火星」という名前が使われている。火星には、かつて人類コロニー築いてたようでアンゴルモアエネルギーが悪に傾いた際には、そこにあるピラミッド発動し惑星ガイアマザーコンピュータ制御するロボット送り込む仕掛けになっていた。人工惑星ネメシスによって、冥王星の衛星破壊され土星の環木星吸収され消滅、さらにネメシス爆発で月の一部砕けガイア地球周囲には無数の小惑星出現し地球10万年代の太陽系は大変貌遂げてしまった。 惑星ガイア 本作舞台である「遠未来地球」(劇中台詞によると、現代から「約10万年後」の地球である)。本作時代地球ガイア)に人間はおらず、そこは様々な野生動物達が棲む"自然の楽園"へと変貌していた。この惑星最大の特徴に、「アンゴルモアエネルギー」がある。この強力なエネルギー惑星地底マグマのように流れている惑星大気トランスフォーマーロボットとしての身体錆びさせる為、サイバトロン惑星にいる動物を、デストロン惑星コンピュータから兵器類を、それぞれスキャンして適応できるようにした。本惑星大陸など 北の大陸北アメリカ大陸ライオコンボイ部隊基地がある。 南の大陸南アメリカ大陸インセクトロンテリトリーや、人面ピラミッドがある。 東の大陸ユーラシア大陸) とても広大ジョイントロン船が不時着、彼らが活動海の大陸オーストラリア大陸シーコンズ活動範囲北極 謎の宇宙船落下しテレポートゲート作動アンゴルモアエネルギー 惑星ガイア長きに渡り眠っていた超強力なエネルギー。「神秘の力」、「惑星ガイアの命」などと呼ばれガイアにとって重要なのだった。だがそれは、手にした者の心の思ったことを現実にすることができるという善悪両面性質を持つ危険なエネルギーでもあった。 劇中ではエネルゴンマトリクスとの作用によってライオジュニアを生み出す、メガストームやスタースクリームたちの進化、ライオジュニアのデストロンへの傾倒など、さまざまな効果を発揮している。 そのエネルギー正体が、続編である『ネオ』で判明する事となる古代ガイア人地球人類」そのもの惑星ガイア各地には、人類文明の跡として、廃墟遺跡巨大なスーパーコンピュータなどが残されていた。デストロン達はそのコンピュータから、兵器機械の情報スキャンした。 かつて人類は、惑星ガイア想像を超えるほどの高度な文明築き上げていた。そして彼らは、惑星に眠るアンゴルモアエネルギー取り出すことに成功。しかし、そのエネルギーの"恐ろし性質"を知り、人の悪い心で使えば最終的には宇宙全体をも滅ぼしてしまうと悟り人類惑星ガイア宇宙滅亡から救うため、数万年前故郷を離れると同時に月内部にドーム建造。2体のガイア監視アンドロイドアルテミスムーン残していった。 月 惑星ガイア衛星で、ドーム内にいるアルテミスムーンここから常時ガイア見守っている。 もし惑星ガイアアンゴルモアエネルギーが悪に大きく傾きガイア自体危機陥った際、アルテミス隠された力を発揮し、月をガイア衝突させ、エネルギー消滅させるシステム備わっている。その証拠劇中アルテミスの力は、月を移動させている。 最終回ネメシス爆発と同時にドーム破壊されたが、アルテミスムーン無事に生還している。同時にバリアが解除され影響の為か、ライオジュニア以外のトランスフォーマー達にも見え様になった模様

※この「太陽系」の解説は、「ビーストウォーズII 超生命体トランスフォーマー」の解説の一部です。
「太陽系」を含む「ビーストウォーズII 超生命体トランスフォーマー」の記事については、「ビーストウォーズII 超生命体トランスフォーマー」の概要を参照ください。


太陽系

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/15 05:56 UTC 版)

古在メカニズム」の記事における「太陽系」の解説

古在機構近点引数 ω の 90° あるいは 270° 周辺での秤動引き起こす。すなわち、天体赤道面から最も離れている所がその天体近点となる。この効果は、冥王星海王星との近接遭遇から力学的に守られていることの一因となっている。 古在機構は、ある系内において天体取りうる軌道に対して制約与える。例えば、 規則衛星の場合、もしある惑星衛星軌道惑星軌道面に対して大きく傾いているであれば、最も近接した遭遇際に潮汐力によって破壊されるまで、衛星離心率増大続ける。 不規則衛星の場合、離心率増大することによってその衛星規則衛星惑星衝突起こす。あるいは、遠点距離が大きくなることによって、衛星ヒル球外に押し出されてしまう可能性もある。最近ヒル球内の安定半径衛星軌道傾斜角関数として見いだされており、このことは不規則衛星軌道傾斜角が非一様な分布をしていることを説明する。 この機構は、海王星より遠方軌道太陽公転する仮説上の惑星である惑星X探査おいても考慮されている。 惑星古在共鳴入っていることが知られている衛星多数存在する例えば、木星の衛星カルポエウポリエ土星の衛星キビウクイジラク天王星の衛星マーガレット海王星の衛星サオネソ挙げられるいくつかの出典では、ソビエト探査機ルナ3号が古在振動起こしていることが確認された初の人工衛星であると記述されている。この探査機1959年に、地球周回する大きく傾いた離心率大き軌道打ち上げられ月の裏側を初め撮影するミッションであった探査機11回の公転終えた後、地球の大気突入して消滅した。しかし Gkolias らの研究によると、地球形状扁平率影響によって古在振動阻害されるため、探査機軌道減衰には別の異な機構関わっているはずだと考えられる

※この「太陽系」の解説は、「古在メカニズム」の解説の一部です。
「太陽系」を含む「古在メカニズム」の記事については、「古在メカニズム」の概要を参照ください。


太陽系

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/23 06:56 UTC 版)

地球戦士ライーザ」の記事における「太陽系」の解説

地球 地球軍本拠地がある拠点全滅時にはここに戻ってくるパスワード記録できない。 月 地球の衛星マップでの侵入方向によって、月の表側と裏側それぞれ異なシェルターを持つ。どちらのシェルターエンカウント発生しないディック 地球一番近い宇宙ステーション金星 地球から一番近い惑星登場する敵も弱い。ただ深層部はやや強いガルム占拠されており「愛のハートに関する情報等を守っている。また暗闇中には友情ハート」に関わる秘密があるシンプソン 火星近くにある宇宙ステーション火星 FC版火星は一ダンジョンとして登場シェルター奥に「力のハート」が眠っている上層下層では敵ランク異なる。 ピクセル 地球からかなり離れた場所にある宇宙ステーションユニック 地球天王星のほぼ中間に位置する宇宙ステーション科学者セイギガルム研究行っている天王星 道中2つシェルター分岐する特殊な惑星。「勇気ハート」がどこかにあるが登場する敵は太陽系最強クラスばかり。 アルゴス 地球から一番遠い宇宙ステーション科学者ヒロキここにいるらしいが、ガルムのものと思われるバリアー張られており簡単には調査できない冥王星 地球から一番遠い惑星シェルター2つあるが一方厳重に警備されており科学者ヒロキ許可なしでは入ることできない太陽 太陽系の中心たる恒星暑くて調査することが出来ないガルムベース 太陽系各所に3機配備されガルム旗艦地球近くにベース1、火星近くにベース2、天王星近くにベース3が配備されている。ガルム空母に対して重力シールド張っておりこれらをすべて破壊しないガルム空母攻撃できないガルム空母 太陽系におけるガルム指揮空母。非常に頑強な装甲守られており並大抵兵器では一切の攻撃通じないスターゲート 太陽系と銀河系を繋ぐ宇宙トンネル。これをくぐると目的を達成するまで太陽系に戻れなくなる。

※この「太陽系」の解説は、「地球戦士ライーザ」の解説の一部です。
「太陽系」を含む「地球戦士ライーザ」の記事については、「地球戦士ライーザ」の概要を参照ください。


太陽系

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/17 14:57 UTC 版)

アレシボ・メッセージ」の記事における「太陽系」の解説

人間下には太陽系が描かれており、太陽と各惑星表している(送信当時、「第9惑星であった冥王星含まれている)。 地球太陽から3番目の惑星として他の惑星よりも1行上に描かれ、このメッセージの発信源であることが示されている。 またこの図形では各惑星太陽がその位置とともにおおよその大きさに従って区別して描かれている。

※この「太陽系」の解説は、「アレシボ・メッセージ」の解説の一部です。
「太陽系」を含む「アレシボ・メッセージ」の記事については、「アレシボ・メッセージ」の概要を参照ください。


太陽系

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/09 14:25 UTC 版)

パイオニア探査機の金属板」の記事における「太陽系」の解説

金属板下側には太陽系の模式図描かれている。ここには探査機小さな絵とその経路描かれており、地球から出て木星通過して太陽系を脱出する、という経路示されている。ソル太陽系を同定するためのヒントとして土星にはその環が描かれている。ただし打上げ当時にまだ確認されていなかった木星天王星の環描かれていない。 またこの図には、各惑星冥王星を含む9個)の軌道の径は反映されていない。それを補助するため、各惑星の上下に太陽からの距離について、水星軌道半径1/10単位とした相対的な値が2進法書かれている

※この「太陽系」の解説は、「パイオニア探査機の金属板」の解説の一部です。
「太陽系」を含む「パイオニア探査機の金属板」の記事については、「パイオニア探査機の金属板」の概要を参照ください。


太陽系

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/06 09:56 UTC 版)

「宇宙戦艦ヤマト2199」記事における「太陽系」の解説

本作では星系惑星の名称に、ガミラス側のもの設定されている。太陽系のガミラス呼称は「ゾル星系」。

※この「太陽系」の解説は、「宇宙戦艦ヤマト2199」の解説の一部です。
「太陽系」を含む「宇宙戦艦ヤマト2199」の記事については、「宇宙戦艦ヤマト2199」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「太陽系」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

太陽系

出典:『Wiktionary』 (2021/08/28 04:25 UTC 版)

名詞

たいようけい

  1. 太陽中心に構成される恒星系水星金星地球火星木星土星天王星海王星といった惑星や、冥王星小惑星彗星等の天体を含む。

翻訳


「太陽系」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

太陽系のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



太陽系のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本惑星協会日本惑星協会
All rights reserved. The Planetary Society of Japan 2022.
JAXAJAXA
Copyright 2022 Japan Aerospace Exploration Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの太陽系 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのパンスターズ (改訂履歴)、ビーストウォーズII 超生命体トランスフォーマー (改訂履歴)、古在メカニズム (改訂履歴)、地球戦士ライーザ (改訂履歴)、アレシボ・メッセージ (改訂履歴)、パイオニア探査機の金属板 (改訂履歴)、宇宙戦艦ヤマト2199 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの太陽系 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS