マグマとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 化学物質 > 物質 > マグマの意味・解説 

マグマ【magma】

読み方:まぐま

地下存在する高温溶融状態の物質冷却固結すれば火成岩になる。岩漿(がんしょう)。

積もり積もった不平不満また、危険な要素動き。「若手議員から執行部に対する—が噴き出す」「金利上昇という—がたまりつつある」


マグマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/18 06:34 UTC 版)

マグマ: magma)とは、地球をはじめとする天体を構成する固体が、その内部で溶融しているものである。地球のマントル地殻は主にケイ酸塩鉱物でできているため、その溶融物であるマグマも一般にケイ酸塩主体の組成を持つが、稀に「炭酸塩」鉱物を主体とするマグマも存在する[1]岩漿(がんしょう)ともいう[2]。 地球以外の天体でマグマの存在は推定のみで確認されていないため、本項では地球におけるマグマについて記載する。


  1. ^ 「マントル・地殻の地球科学」p187
  2. ^ 坪井誠太郎『岩石學I』(岩波全書
  3. ^ アフリカのオルドイニョ・レンガイは炭酸塩マグマの火山
  4. ^ 「地球惑星科学入門」p85
  5. ^ 常温での水あめ程度
  6. ^ 「火山入門 日本誕生から破局噴火まで」島村英紀 NHK出版新書461 2015年 p96
  7. ^ 「地球惑星科学入門」p85
  8. ^ 海洋ではなくアメリカ大陸に存在するイエローストーンもホットスポットと考えられている。「地球惑星科学入門」p87
  9. ^ この節の内容は「マントル・地殻の地球科学」p189-196 から
  10. ^ 「地球惑星科学入門」p91 の溶融曲線図より
  11. ^ 「地球惑星科学入門」p92
  12. ^ この節の内容は「地球惑星科学入門」p93-95 から
  13. ^ この節の内容は「マントル・地殻の地球科学」p271-275 から
  14. ^ 「最新地球史が良くわかる本」p104
  15. ^ 「新装版 地球惑星科学13 地球進化論」平朝彦ら 株式会社岩波書店 2011年
  16. ^ 川添貴章, 大谷栄治「熔融金属鉄とMg-ペロヴスカイト、マグネシオヴスタイト間のFe、Ni、Co分配とマグマオーシャンの深さ」『日本岩石鉱物鉱床学会 学術講演会 講演要旨集』2004年 日本岩石鉱物鉱床学会 学術講演会G6:岩石・鉱物・鉱床学一般、日本鉱物科学会、2004年、 62-62頁、 doi:10.14824/jampeg.2004.0.62.0NAID 130006960881


「マグマ」の続きの解説一覧

マグマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/25 10:25 UTC 版)

バンジョーとカズーイの大冒険2」の記事における「マグマ」の解説

ウィッチわーるどのインフェルノ・ホットアイスやまのホットサイド登場前作では触れると即死扱いだったが、今作ではダメージを受けるだけ。リュックマンで潜れる

※この「マグマ」の解説は、「バンジョーとカズーイの大冒険2」の解説の一部です。
「マグマ」を含む「バンジョーとカズーイの大冒険2」の記事については、「バンジョーとカズーイの大冒険2」の概要を参照ください。


マグマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/09 08:53 UTC 版)

輝竜戦鬼ナーガス」の記事における「マグマ」の解説

ヴァルカン使用する技。地面からマグマを湧き出させ、広範囲攻撃する明らかに軍団向けの技で、単体の敵を相手取るには大雑把である。

※この「マグマ」の解説は、「輝竜戦鬼ナーガス」の解説の一部です。
「マグマ」を含む「輝竜戦鬼ナーガス」の記事については、「輝竜戦鬼ナーガス」の概要を参照ください。


マグマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 06:09 UTC 版)

マリオカート ツアー」の記事における「マグマ」の解説

3DS クッパキャッスル」に登場する上から下へ流れるものや、噴き出るものもある。当たるとクラッシュする

※この「マグマ」の解説は、「マリオカート ツアー」の解説の一部です。
「マグマ」を含む「マリオカート ツアー」の記事については、「マリオカート ツアー」の概要を参照ください。


マグマ(4巻)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 14:41 UTC 版)

星のカービィ デデデでプププなものがたり」の記事における「マグマ(4巻)」の解説

辛さ100倍カレーライス食べたカービィ頭頂部から大量の溶岩噴き出したもの。「バーニングストーン」と似ているが、大粒の火山弾噴き出ていないうえ、威力桁違いである。

※この「マグマ(4巻)」の解説は、「星のカービィ デデデでプププなものがたり」の解説の一部です。
「マグマ(4巻)」を含む「星のカービィ デデデでプププなものがたり」の記事については、「星のカービィ デデデでプププなものがたり」の概要を参照ください。


マグマ(イフリート)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 00:10 UTC 版)

パワーレンジャー・ミスティックフォース」の記事における「マグマ(イフリート)」の解説

テン・テラーズ第1の使者。炎を操る。パワーレンジャー駆け引き申し出ラジオ塔に火を灯し火が消えるまでパワーレンジャー生き残っていたら自分の敗北を認める宣言する圧倒的な力パワーレンジャー追い詰めるものの、戦っている最中塔の火が消えてしまい、スキュルピンに殺された

※この「マグマ(イフリート)」の解説は、「パワーレンジャー・ミスティックフォース」の解説の一部です。
「マグマ(イフリート)」を含む「パワーレンジャー・ミスティックフォース」の記事については、「パワーレンジャー・ミスティックフォース」の概要を参照ください。


マグマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/19 10:22 UTC 版)

ASTRO BOY・鉄腕アトム -アトムハートの秘密-」の記事における「マグマ」の解説

マグマ大使」の二つ名を持つロケット人。ロケット人は現在の科学では説明できない存在であり、機械にも生物にも分類されない

※この「マグマ」の解説は、「ASTRO BOY・鉄腕アトム -アトムハートの秘密-」の解説の一部です。
「マグマ」を含む「ASTRO BOY・鉄腕アトム -アトムハートの秘密-」の記事については、「ASTRO BOY・鉄腕アトム -アトムハートの秘密-」の概要を参照ください。


マグマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/12 09:35 UTC 版)

スーパーピットフォール」の記事における「マグマ」の解説

落ちるとミス溶岩噴き出す所もある。ミス後の再開時の無敵態であってもこれは例外であるが、溶岩に対してこの限りでは無い

※この「マグマ」の解説は、「スーパーピットフォール」の解説の一部です。
「マグマ」を含む「スーパーピットフォール」の記事については、「スーパーピットフォール」の概要を参照ください。


マグマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/16 06:53 UTC 版)

ディグダグ ディギング ストライク」の記事における「マグマ」の解説

横を掘ると数秒後にその方向へ一直線に噴火し直線状にいる全ての敵やタイゾウ巻き込む。ただしマグマファイガには全く効かない

※この「マグマ」の解説は、「ディグダグ ディギング ストライク」の解説の一部です。
「マグマ」を含む「ディグダグ ディギング ストライク」の記事については、「ディグダグ ディギング ストライク」の概要を参照ください。


マグマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/30 04:50 UTC 版)

ドラゴンクエストシリーズの特技一覧」の記事における「マグマ」の解説

大地底からマグマを呼び寄せ相手全体にダメージ激しい炎と同等の効果だがこちらは失敗することがある。『バトルロードII』では単体攻撃

※この「マグマ」の解説は、「ドラゴンクエストシリーズの特技一覧」の解説の一部です。
「マグマ」を含む「ドラゴンクエストシリーズの特技一覧」の記事については、「ドラゴンクエストシリーズの特技一覧」の概要を参照ください。


マグマ(リメイク版)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/13 09:30 UTC 版)

Moon Whistle」の記事における「マグマ(リメイク版)」の解説

ハルト祖父にしてノアの父。本名不明ハルト甘やかし、常にノア対立しているハルト社長にしようと常に彼に帝王学学ばせている。元オニヅカ株式会社社長だったが、今は社長の座をノア譲り会長になっているが、未だに経営口を出すことでノアから疎まれている社長時代ワンマン経営それゆえに会社傾きかけたこともあった。カルト宗教教祖的カリスマがあり、会長退いた後も彼を経営神様あがめる社員少なくないハルト部屋には彼の著書(ビジネス書)があり、人の言うこと聞くな、とワンマン経営大切さ訴えている

※この「マグマ(リメイク版)」の解説は、「Moon Whistle」の解説の一部です。
「マグマ(リメイク版)」を含む「Moon Whistle」の記事については、「Moon Whistle」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「マグマ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

マグマ

出典:『Wiktionary』 (2018/07/01 22:59 UTC 版)

名詞

マグマ

  1. 岩石高温にために液状になったもの。

関連語


「マグマ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



マグマと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

マグマのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



マグマのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマグマ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのバンジョーとカズーイの大冒険2 (改訂履歴)、輝竜戦鬼ナーガス (改訂履歴)、マリオカート ツアー (改訂履歴)、星のカービィ デデデでプププなものがたり (改訂履歴)、パワーレンジャー・ミスティックフォース (改訂履歴)、ASTRO BOY・鉄腕アトム -アトムハートの秘密- (改訂履歴)、スーパーピットフォール (改訂履歴)、ディグダグ ディギング ストライク (改訂履歴)、ドラゴンクエストシリーズの特技一覧 (改訂履歴)、Moon Whistle (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのマグマ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS