環太平洋造山帯とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 地理 > 地学 > 造山帯 > 環太平洋造山帯の意味・解説 

かん たいへいようぞうざんたい くわんたいへいやうざうざん- 【環太平洋造山帯】

太平洋取り巻く、中生代以後発達した造山帯。アンデス・ロッキー両山脈アリューシャン日本・フィリピン・ニューギニア・ニュージーランドなどの諸島から成る

環太平洋火山帯

(環太平洋造山帯 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/28 04:02 UTC 版)

環太平洋火山帯(かんたいへいようかざんたい、: Ring of Fireリング・オブ・ファイアー)は、太平洋の周囲を取り巻く火山帯のことで、日本列島も含め火山列島や火山群の総称である。環太平洋火山帯には世界の活火山の約6割があり、大・小スンダ列島インドネシア)と西インド諸島カリブ諸島)を含めた広義の環太平洋火山帯では世界の8割近くの火山を擁している[2]




  1. ^ a b c d e アメリカ海洋大気庁 World's Major Tectonic Plates
  2. ^ kotobank - ブリタニカ国際大百科事典日本大百科全書(ニッポニカ)「環太平洋火山帯」
  3. ^ National Geographic Facts About the Ring of Fire
  4. ^ a b Ring of Fire – Pacific Ring of Fire”. Geography.about.com (2010年6月14日). 2010年11月1日閲覧。
  5. ^ 以下、「プレート)」と略す。
  6. ^ a b ナショナルジオグラフィック Ring of Fire
  7. ^ USGS Ring of Fire
  8. ^ Illustration by Jose F. Vigil. USGS
  9. ^ a b c 北海道大学地球惑星科学科・竹下徹 「地球惑星科学 I」
  10. ^ アフリカに対する移動距離(mm/年)
  11. ^ 北アメリカ・プレートへ続くマイクロプレートである。
  12. ^ a b c ユーラシア・プレートへ続くマイクロプレートである。
  13. ^ 海洋プレートである。
  14. ^ kotobank - ブリタニカ国際大百科事典「ニューブリテン=ブーゲンビル海溝」
  15. ^ 地球科学 60巻 ,441〜447 (2006年) 太平洋地質・地球物理アトラ スを読む (2) 海溝名の和訳
  16. ^ アメリカ海洋大気庁(NOAA)Age of the Ocean Floor
  17. ^ 神戸大学・地球惑星科学科 「海嶺の火山活動」
  18. ^ カリブ海に小規模のプエルトリコ海溝ケイマン海溝などがある。
  19. ^ 気象庁 「火山噴火の仕組み」
  20. ^ 『付加体地質学』はじめに より
  21. ^ 活火山もゼロでは無いが、火山帯の連なりは途切れてはいる。山脈としては連続している。


「環太平洋火山帯」の続きの解説一覧



環太平洋造山帯と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「環太平洋造山帯」の関連用語

環太平洋造山帯のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



環太平洋造山帯のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの環太平洋火山帯 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS