マリアナ諸島とは? わかりやすく解説

マリアナ‐しょとう〔‐シヨタウ〕【マリアナ諸島】

読み方:まりあなしょとう

Mariana Islands太平洋西部にある火山列島。ウラカス・サイパン・テニアン・ロタ・グアムなど15のからなる1668年スペイン領グアム1898年米国領、他の島はドイツ領・日本委任統治領経て米国信託統治領となり、1978年には自治領北マリアナ連邦形成


マリアナ諸島


マリアナ諸島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/17 23:55 UTC 版)

マリアナ諸島(マリアナしょとう、Islas Marianas, Mariana Islands)は、ミクロネシア北西部の列島。東の北西太平洋と西のフィリピン海の境界に位置し、北には小笠原諸島、南にはカロリン諸島、東にはマリアナ海溝がある。南北約800キロメートルに連なる約15の島から構成され、北緯13度から21度東経144度から146度の間に弧状に広がっている。


  1. ^ 世界大百科事典(「マリアナ[諸島])
  2. ^ 諸島を形成し始めたのは4200万年前ごろで、パラウ、ヤップ、グアム、ロタ、アグイガン、テニアン、サイパン、ファラリョン・デ・メディニラ島が同時に海面に現れたと考えられている。(中山京子「火山活動でできた亜熱帯の島」/ 中山京子編著『グアム・サイパン・マリアナ諸島を知るための54章』明石書店 2012年 18ページ)
  3. ^ グアム、ロタ、アグイガン、テニアン、サイパン、ファラリョン・デ・メディニラ島は海面に現れたのち、サンゴ礁を発達させたが、島全体の隆起によりサンゴ礁が石灰岩化した島となった。(中山京子「火山活動でできた亜熱帯の島」/ 中山京子編著『グアム・サイパン・マリアナ諸島を知るための54章』明石書店 2012年 18ページ)
  4. ^ 500万年前にプレート移動と火山活動は再開し、アナタハンより北の島々(サリガン、ググアン、アラマガン、バガン、アグリハン、アスンシオン、マウグ、ファラリョン・デ・バハロス)9島ができた。(中山京子「火山活動でできた亜熱帯の島」/ 中山京子編著『グアム・サイパン・マリアナ諸島を知るための54章』明石書店 2012年 19ページ)
  5. ^ 中山京子「火山活動でできた亜熱帯の島」/ 中山京子編著『グアム・サイパン・マリアナ諸島を知るための54章』明石書店 2012年 20ページ
  6. ^ 紀元前1500年前ごろから東南アジア人が移り住んだ。古代チャモロ人と称される。(中山京子編著『グアム・サイパン・マリアナ諸島を知るための54章』明石書店 2012年 20ページ)
  7. ^ 前川啓治「<グアム> 13 チャモロ」/ 綾部恒雄監修 前川啓治・訓棚橋編集『講座 世界の先住民族 -ファースト・ピープルズの現在- 09 オセアニア』 明石書店 2005年 240-241ページ
  8. ^ 中山京子「火山活動でできた亜熱帯の島々」/ 中山京子編著 『グアム・サイパン・マリアナ諸島を知るための54章』 明石書店 2012年 21-22ページ
  9. ^ Australia-Oceania :: NORTHERN MARIANA ISLANDS (Territory of the US)”. The World Factbook. Central Intelligence Agency. 2017年9月22日閲覧。
  10. ^ Australia-Oceania :: Guam (Territory of the US)”. The World Factbook. Central Intelligence Agency. 2017年9月22日閲覧。


「マリアナ諸島」の続きの解説一覧

マリアナ諸島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 08:46 UTC 版)

残留日本兵」の記事における「マリアナ諸島」の解説

第一次世界大戦後日本の委任統治領となった北マリアナ諸島サイパン島北方アナタハン島駐在していた軍人民間人数十人が、終戦後アメリカ軍から拡声器終戦通告受けたものの、それを信じそのまま自給自足の生活を続け、またその後彼らの存在忘れたアメリカ軍そのまま放置した後に島に残った1人女性巡り残留同士殺し合った後、1950年6月1951年6月アメリカ軍救出されるまで在留続けたアナタハンの女王事件)。

※この「マリアナ諸島」の解説は、「残留日本兵」の解説の一部です。
「マリアナ諸島」を含む「残留日本兵」の記事については、「残留日本兵」の概要を参照ください。


マリアナ諸島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/11 05:55 UTC 版)

先住アメリカ人の一覧」の記事における「マリアナ諸島」の解説

記事参照 マリアナ諸島 ガダオ - グアム伝説的大酋長 マタ・パン - グアム先住民チャモロ族大酋長 フラオ - チャモロ族酋長。反スペイン抵抗戦の英雄

※この「マリアナ諸島」の解説は、「先住アメリカ人の一覧」の解説の一部です。
「マリアナ諸島」を含む「先住アメリカ人の一覧」の記事については、「先住アメリカ人の一覧」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「マリアナ諸島」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「マリアナ諸島」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「マリアナ諸島」の関連用語

マリアナ諸島のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



マリアナ諸島のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
気象庁気象庁
©2022 Japan Meteorological Agency. All rights reserved.
なお、「気象庁 予報用語」には、気象庁の「気象庁が天気予報等で用いる予報用語」に掲載されている2009年11月現在の情報から引用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマリアナ諸島 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの残留日本兵 (改訂履歴)、先住アメリカ人の一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS